PS4と3DSの違いを徹底比較【任天堂スイッチの発売も決定】

ドラクエ11(DQ11)のPS4と3DSの違いについて記載。機種ごとのメリットや、ニンテンドースイッチでの挙動についても考察しているので、対応機種を比較する際の参考にしてください。

2017y04m11d_141725117

対応機種の違い

PS4と3DS・任天度スイッチの違い

比較一覧 PS4 3DS
ジャンプ あり なし
エンカウント シンボル シンボルとランダムを選べる
戦闘 フリー移動バトル
オートカメラバトル
2Dモード
3Dモード
戦闘中グラ 3D表現 3D表現とドット表現を選べる
価格 8980円+税 5980円+税

ドラクエ11PS4の場合は、地形に高低差があり、ジャンプなどを用いて街の探索が可能です。戦闘についてはどちらも従来のコマンド入力式を採用していますが、敵との遭遇(エンカウント)は大きな違いがあります。

PS4は、敵キャラクターと接触することにより戦闘が始まるシンボルエンカウント式を採用しているのに対して、3DS版はシンボルエンカウントとランダムエンカウントを選べるようになっています。

またコマンド式に違いはないものの、PS4版はDQ10のようなフリー移動バトル、DQ8のようなオートカメラバトルが可能です。

3DS版ではDQ9のような3Dモード、初代DQのようなマップに直接ポップアップウィンドウが表示される2Dモードが選択できます。

PS4のメリット

PS4プレイ画面

圧倒的なグラフィック

PS4ならではの圧倒的なグラフィックでドラクエ11をプレイすることが可能です。キャラクターやモンスターはもちろん、背景やフィールドの隅々まで鮮麗なグラフィックで表現されています。

また、テレビ(モニター)を使ってプレイする事になるので、大画面での迫力あるプレイができることは間違いありません。

 体当たりで弱い敵との戦闘を回避

PS4版では、自分より一定レベル低い敵キャラに対し馬に乗った状態でぶつかると、敵を吹き飛ばして戦闘を回避することが可能です。

また、4月11日(火)の発売日発表会の実機プレイ映像では、倒した敵の乗り物を操作できる事が判明しました。

戦っても特にメリットのない無駄な戦闘を回避できるため、非常にテンポよくゲームを進められそうです。

装備によって見た目が変わる

PS4版では、剣などの装備によって見た目が変わります。4月11日(火)にあった、発売日発表会では、両手剣が装備されていましたが、他の武器でも見た目が変わるようです。

3DSのメリット

3DSプレイ画面

すれちがい通信で見知らぬ人と通信

3DS版のドラクエ11ではすれちがい通信機能が実装されることが判明しました。ドラクエ9ではすれ違い通信を使用してアイテムを入手出来たりました。

DQ11も同様にすれ違い通信を行うことでアイテムを入手したり、限定の称号を入手出来る可能性が高いです。

昔ながらのドット絵でプレイできる

ドラクエファンは「ドット絵でプレイできる」に一度は引っかかるでしょう。3Dと2D好きな画面を選択して遊ぶことができるので、過去作のドラクエのようなドット絵でのプレイが可能だからです。

もちろん3Dを選択して、最新の画面でプレイすることもできます。

持ち運び自由でどこでも遊べる

携帯機ならではのメリットです。持ち運びに便利なので友達と集まってプレイしたり、通勤・通学時に電車に乗っている間にプレイすることも可能です。

ニンテンドースイッチでの挙動は不明

スイッチ

ニンテンドースイッチでもドラクエ11がプレイできることは公表済みですが、どのような挙動になるかは明らかになっていません。

【PS4版と同じ仕様で持ち運びができる】が可能性としては一番高いのではないか?と考えていますが、そうなった場合は高低差やジャンプが使えることになるでしょう。

外ではスイッチ、家ではテレビ画面でプレイができるためPS4版と同じグラフィックになる可能性も十分にあります。

逆に3DSと同じ仕様(似た仕様)の場合は、3DSと大した違いがないため、可能性としては低いと思われます。

  • LINEで送る

書き込み

攻略メニュー
矢印 トップへ