回復エレメント出現率アップのコメント表記

メビウスFF(メビウスファイナルファンタジー)のオートアビリティである「回復エレメント出現率アップ」のコメントの表記法則について説明します。サポーターなどを使用する場合の参考にしてください。

回復エレメント出現率

回復エレメント出現率アップとは

回復エレメント出現率アップとは回復エレメントを出現しやすくさせるオートアビリティです。

パーティに編成した場合、複数編成していくとコメントの表記が変化し、出現率が上がっていきます。

アビリティごとの出現率アップのコメント表記

わずかに少し

アビリティ ポイント 1つ装備した時のコメント表記
覚醒オートアビ 0.1~0.9pt わずかに上がります。
ランスロット 1pt わずかに上がります。
ユ・リ・パ 1pt わずかに上がります。
ラーサー星5 1pt 少し上がります。
挑発系アビリティ 2pt 少し上がります。
不滅なるもの星5 3pt 少し上がります。
メタトロン星5 6pt 少し上がります。
ハートエッグ 8pt 上がります。

アビリティにもともと付属しているオートアビリティは複数種類あり、それぞれ内部でポイントが付与されています。

デッキに、各サポートアビリティカードを装備させ、そのひとつひとつのコメント表記の変化を確認すると、上記のようにポイント(仮)が設定されているようでした。

覚醒オートアビリティについて

付属のオートアビリティのほかに、フラクタルを付与することで覚醒するアビリティにも「回復エレメント出現率アップ」があります。

覚醒オートアビリティに関しては、「0.1~0.9pt」が付与されているようで、複数枚のサポアビをデッキにセットすると、微妙にコメント変化が見受けられました。

内部設定であるため、0.1~0.9ptの幅は確認できません。

複数編成した場合のコメント表記の変化

上記のアビリティを組み合わせてコメントを見ていったところ、表記が変わる条件は以下の通りになっています。

また、10.1pt以上はいくらptを上げたとしても表記が変わることはありません。

ポイント 表記
0.1~1pt わずかに上がります
1.1~6 少し上がります
6.1~10 上がります
10.1以上 大幅に上がります

例「上がります」から「大幅に上がります」に変更される組み合わせ

上がります編成上がります

上記の編成ですと、挑発系(2pt)+ハートエッグ(8pt)になり10ptとなるため、コメント表記は「上がります」になります。

ここにフラクタルで「回復エレメント出現率アップ」が覚醒したアビリティを1つ編成すると

大幅にあがります編成大幅

画像のように挑発系(2pt)+ハートエッグ(8pt)+覚醒オートアビ(0.1~0.9pt)になり10.1pt以上となるため、表記が「大幅に上がります」になります。

また、表記が変わったことで、出現率がどのくらい変わるかは今後検証していきます。

検証系関連記事

検証系記事一覧
デバリア(防御力ダウン)の比較 多段攻撃のダメージ
デバリアとノーガード比較 ドライブヒールの回復量を検証
クリティカル&ブレイク防御ダウン比較 魔石ドロップで黒字化?検証
ブレイク防御力ダウンの性能調査 エキスパンドスキルの覚醒条件
CCカードドロップ率超アップの確率 バリアとウォールどちらが強い
エレメントドライブの軽減率と持続ターン スサノオ・モーグリ・ギガント比較
デバリアとブレイブはどちらが強い 範囲攻撃の対象範囲
フルオート機能検証 必殺技ゲージの溜め方
ダメージランキング アビリティ攻撃力計算式
  • LINEで送る

書き込み

ご指摘、ご意見、ご感想などなど、 あなたのコメントをお待ちしてます!

攻略メニュー
▼ガチャシミュ