おすすめの職業(転職)ランキング

メタスラの冠&ローブが登場!
▶メタスラの冠&ローブガチャは引くべきか?

転職

星のドラゴンクエスト(星ドラ)の戦士、武闘家、魔法使い、僧侶、踊り子、船乗り、レンジャー、みならい冒険者で「性能・ステータス・得意武器・職業スキル」などを含めて総合的に評価し、ランキング付けしています。追加アップデートや新しい職業、上級職などが出ましたら、随時更新していきたいと思います!

職業ランキング

得意な武器一覧

職業 得意な武器
戦士 剣・オノ・ヤリ
武闘家 オウギ・棍・ツメ
魔法使い 短剣・杖・ムチ
僧侶 ヤリ・杖・棍
船乗り 剣・オノ・ハンマー
踊り子 短剣・オウギ・ブーメラン
レンジャー ムチ・ブーメラン・弓

職業解説

第1位 戦士

戦士の説明

耐久力・攻撃性能トップクラス

戦士の性能
高ステータス さいだいHP・みのまもり
得意な武器 剣・オノ・ヤリ
職業スキル チャージブレイク・やいばくだき

耐久力が高いためボス戦でも死なないことが一番強い点です。

戦士は、最大HPとみのまもりが高いため耐久力に優れており、攻撃手段が豊富で攻撃力も高く、他の職業よりも手数を多く出せるため攻守のバランスが特に優れています。また、チャージブレイクややいばくだきといった攻撃系特技を覚えるので、アタッカーとして優秀で、敵を殲滅しやすいです。

また、クエストの難易度が高くなるにつれて、敵モンスターの攻撃力も高くなってくるため、特にイベントのボス戦では耐久力の高い「戦士」はパーティには必須です。

戦士の装備できる武器は「剣・ヤリ・オノ」があり、現状、全武器中トップクラスの性能をもつ「メタスラの剣」や「ロトの剣」などのほとんどが「剣」という事も戦士が1位となっている要因の一つです。

最初に選ぶ職業として、最高の職業と言えるでしょう。

戦士の職業スキル

戦士の職業スキルは、「チャージブレイク」と「やいばくだき」で、攻撃しながら相手の攻撃力やスキルゲージを減らす効果があります。

チャージブレイクでは、LV5までいくと威力220%の攻撃でチャージタイムを14%削ることができ、やいばくだきでは、LV7までいくと威力240%の攻撃+確率53%で敵の攻撃力をダウンさせることができます。

戦士というのは基本的にアタッカーとしての役割を担うため、両者共に使い勝手の良い特技です。

戦士の評価はこちら

第2位 船乗り

船乗りの説明

全職業攻撃力NO.1

船乗りの性能
高ステータス さいだいHP・ちから
得意な武器 剣・オノ・ハンマー
職業スキル 守りの舟歌・頑強なる舟歌・かぶと割り

船乗りは、全職業の中で最も攻撃力が高く、得意武器も「剣・オノ・ハンマー」などの攻撃力が高いぶきを装備することができるため、高ダメージを与えることができます。

得意武器を装備することでも職業スキルでちからがアップするので「剣・オノ・ハンマー」のいずれかを装備しましょう。

船乗りは、ただ攻撃力が高いだけではなく、敵の防御力を下げられる「かぶと割り」や、仲間の防御力を上げられる「頑強なる舟歌」などの職業スキルを覚えるためサポート役もできる職業です。

また、「戦士」と同じようにトップクラスの攻撃性能をもつメタスラの剣やロトの剣、グレートハンマーが得意武器なことも2位となっている要因です。

船乗りの職業スキル

船乗りの職業スキルは、物理的防御力を上げることができるスキルと相手の防御力を下げることができるスキルを持っています。

かぶとわりでは、LV5になると威力160%の攻撃で45%の確率で敵の守備力をダウンさせることができます。頑強なる舟歌では、LV5になると仲間全員の守備力を20%上げることができます。

パーティに身の守りの低い、魔法使いや僧侶がいれば「頑強なる舟歌」が活躍できます。

船乗りの評価はこちら

第3位 僧侶

僧侶の説明

かいふく呪文のスペシャリスト

僧侶の性能
高ステータス かいふく魔力
得意な武器 ヤリ・杖・棍
職業スキル ホイミ・ベホイミ・聖なる祈り

僧侶は、仲間のキズをいやすパーティに欠かせない職業です。

回復や補助のじゅもんを多く覚えるため、パーティのサポート役です。ただ、火力が低く攻撃呪文も覚えないため敵を倒す観点からみると評価は低くなりますが、「ベホイミ」などの特技があればボス戦でも困らないためおすすめです。

パーティは、攻撃タイプ3回復役1の形がオーソドックスなパーティ編成なので、一人は僧侶を作ったほうが良いです。パーティに一人いれば良いため、マルチではおすすめはできません。

僧侶の職業スキル

僧侶は、回復系特技と自身の回復魔力を上げる特技を覚えます。

聖なる祈りLV5では、自分のかいふく魔力を100%最低3ターン上げることができます。ベホイミLV5では、仲間一人を中回復させることができます。

僧侶の評価はこちら

第4位 レンジャー

レンジャーの説明

オールマイティな職業

レンジャーの性能
高ステータス さいだいHP・きようさ
得意な武器 ムチ・ブーメラン・弓
職業スキル いやしの風・かまいたち

レンジャーは、攻撃から回復まで器用にこなす万能型の職業です。

特に、職業スキルのいやしの風が序盤から後半戦まで使えて、全体回復をすることができるため第3位となります。上位の職業に勝てない理由としては、火力が低いことです。

得意武器も「ムチ・ブーメラン・弓」などで、弓以外は全体攻撃系の武器で攻撃力に期待ができないため、ボス戦で活躍することが難しいです。しかしながら、そこそこ耐久力が高く、回復魔力もあるので汎用性が高く扱いやすいため、上手く立ち回りたい方におすすめの職業です。

レンジャーの職業スキル

レンジャーの職業スキルは、序盤では唯一の全体回復スキルと攻撃系特技を覚えます。

かまいたちでは、LV5になるとバギ属性攻撃でエレメント系の敵に170%の威力を与えます。また、いやしの風では、LV5になると仲間全員のHPを小回復させることができます。

レンジャーらしい攻撃と回復のバランスの良い職業スキルです。

レンジャーの評価はこちら

第5位 武闘家

武闘家の説明

全職業会心率NO.1

武闘家の性能
高ステータス すばやさ・きようさ
得意な武器 オウギ・棍・ツメ
職業スキル せいけんづき・きあいため

武闘家はすばやい動きと鍛えた肉体で敵と戦う職業です。

ステータスはちからとすばやさが上がりやすいため攻撃主体です。ただ、みのまもりが低いため、打たれ弱い一面があります。

クエストでは、圧倒的な攻撃力で先に敵を倒さなければいけません。そのため、イベントなどの強力なボス戦では活躍することが難しく、5位の評価となっています。また、もっとも優れている所が会心率なので、あまりおすすめできません。

武闘家の職業スキル

武闘家は高威力の攻撃スキルと自分の攻撃力を上げるスキルを覚えます。

きあいためLV5は、自己の攻撃力を最低2ターンの間上げることができます。せいけんづきLV7では、267%の攻撃を敵に与えることができます。

武闘家の評価はこちら

第6位 魔法使い

魔法使いの説明

こうげき呪文のスペシャリスト

魔法使いの性能
高ステータス こうげき魔力
得意な武器 短剣・杖・ムチ
職業スキル ギラ・ベギラマ・まりょくかくせい

魔法使いは、こうげき魔力が高く、強力なじゅもんで高いダメージを与えることができます。

ただ、みのまもりが低いため打たれ弱く、ちからも低いため、こうげき呪文でなければ火力が出せません。しかし、強力なこうげき呪文スキルさえ手に入れられれば高火力をだして敵を殲滅することができます。

「ギラ」や「ベギラマ」を職業スキルとして覚えることができますが、それ以外にも「イオラ」や「メラミ」、「バギクロス」といった呪文を覚えさせる必要があるでしょう。今後、強力な呪文が出てくれば活躍の場が増えることでしょう。

魔法使いの職業スキル

魔法使いは、こうげき魔法であるギラ系の特技と、自信のこうげき魔力を上げる特技を覚えます。

まりょくかくせいLV5では、自己の攻撃魔力を100%上げることができます。ベギラマLV5では、ギラ属性の中級威力の攻撃をすることができます。

魔法使いの評価はこちら

第7位 踊り子

踊り子の説明

多様な攻撃と高い回避性能

踊り子の性能
高ステータス すばやさ・きようさ・こうげき魔力
得意な武器 短剣・オウギ・ブーメラン
職業スキル メラ・メラミ・みかわしステップ

踊り子の一番の利点はみかわしステップを覚えることです。

みかわしステップは自分の回避率を上げられるため、敵の攻撃を回避しながら戦えます。また、攻撃力・攻撃魔力のステータスが比較的高く上がるため、物理攻撃と呪文を使い分けながら戦うことができます。

踊り子の職業スキル

踊り子の職業スキルは、中級威力のメラミと、自身の回避率が50%上昇するみかわしステップを覚えます。

みかわしステップでは、自己の回避率を3ターンの間50%上げることができます。

踊り子の評価はこちら

第8位 みならい冒険者

みならい冒険者の説明

みならい冒険者は、レベルが最大20までしか上がらなく、職業スキルも覚えないため、ダーマ神殿まで進めたらすぐに他の職業に転職させた方が良いです。

ステータスも低いため、クエスト後半になるとみならい冒険者では攻略が難しくなります。

関連記事一覧

上級職
バトルマスターバトルマスター パラディンパラディン 賢者賢者 魔法戦士魔法戦士
スーパースタースーパースター 海賊海賊 まものマスター魔物マスター
  • LINEで送る

書き込み

攻略メニュー

メニュー