種族値とは?

ポケモンサンムーンにおける種族値について掲載しています。ポケモンごとに決まっている、育成を考えるにあたって非常に重要な要素です。ポケモンSM攻略の参考にしてください。

種族値とは

ポケモンの種類別に決まっている値であり、ポケモンの能力値の上昇を決める要素の一つです。

例えば100匹同じコイキングを捕まえればコイキングは全て同じ種族値であり、違う種族値の個体は存在はしません。また、レベルアップをしても変動しません。

同じポケモンで能力値が違うのは、個体値や努力値の二つの隠しステータスがあるため、能力差がでてきます。

種族値の具体例

ハピナスの場合

ハピナス

▶ハピナスのデータはこちら

ハピナスの種族値

ステータス 種族値
HP 255
攻撃 10
防御 10
特攻 75
特防 135
素早さ 55

ハピナスは全ポケモン中1番HPが高く、耐久型のポケモンとして有名です。

ハピナスのHPが高いのは種族値の平均が70~80に対し、HPの種族値が255と非常に高いためです。

育成は苦手分野を補わず得意分野を伸ばす

ハピナスはHPの種族値が255に対し、攻撃と防御の種族値がわずか10しかありません。

育成をするときは低い攻撃と防御を補うのではなく、HPや特防など高い分野を伸ばすのが一般的には良いとされています。

得意分野を伸ばし、苦手分野は他のポケモンに任せるのがパーティ構築の基本です。

種族値ランキング

ランキング
総合種族値
HP
攻撃
防御
特攻
特防
素早さ

種族値は大きく差がでるポケモンの強さなので、ランキングをタップして、差異を確認してください。

種族値用語

600族

ガブリアスやバンギラスなど、種族値の合計値が600のポケモンを指します。

対戦での使用率は非常に高く、レート戦でよく使われる反面、対策を立てられてしまうことが多いです。

130族

サンダースやクロバットなど、素早さの種族値が130のポケモンを指します。

素早さに性格補正をかけ、努力値を素早さに最大に振ると実数値が200になるため、こだわりスカーフを持たせて実数値が201になるような調整がよく行われます。

ストーリー攻略関連記事

攻略チャートまとめ

メレメレ島 アーカラ島

メレメレ島攻略チャート

▼メレメレ島MAP

アーカラ島攻略チャート

▼アーカラ島MAP
 ウラウラ島  ポニ島

ウラウラ島攻略チャート

▼ウラウラ島MAP

ポニ島攻略チャート

▼ポニ島MAP
ポケモンリーグと殿堂入り(クリア)後

 最強育成論とポケモン図鑑

最強ポケモンランキング

アローラ図鑑

図鑑 QRコード 色違いQR
第一世代
(No.001~151)
QRで図鑑登録 QRで図鑑登録
第二世代
(No.152~251)
QRで図鑑登録 QRで図鑑登録
第三世代
(No.252~386)
QRで図鑑登録 QRで図鑑登録
第四世代
(No.387~494)
QRで図鑑登録 QRで図鑑登録
第五世代
(No.495~649)
QRで図鑑登録 QRで図鑑登録
第六世代
(No.650~721)
QRで図鑑登録 QRで図鑑登録
第七世代
(No.722~801)
QRで図鑑登録 QRで図鑑登録
ポケモン検索 全世代QR 全世代色違いQR
  • LINEで送る

書き込み

ご指摘、ご意見、ご感想などなど、 あなたのコメントをお待ちしてます!

攻略メニュー

ポケモン図鑑

効率的なポケモン入手

QRコードまとめ

▼世代別&色違いQRコード