ダブルレート使用率ランキング【シーズン3】

ポケモンサンムーンのダブルバトルのレート使用率をランキングで掲載しています。公式PGLのシーズン3分析結果です。ダブルバトル限定で考察をしていますので、レーティング戦の参考にして下さい。

関連記事
最強パーティ構築論 最強コンビポケモン
スーパーシングル攻略 スーパーダブル攻略
サンムーンの強いポケモン 対策必須ポケモンまとめ

ダブルバトル最強ポケモン

SSランク(レート使用率1位~5位)

ダブルバトルのレーティング戦で選出率の高い環境トップメタに位置するポケモンです。

カプ・テテフ
カプ・テテフ
ダブルでの採用率が高い「ねこだまし」を始めとした先制技を封じ込められるため、採用率が高いです。また、自身の火力も申し分なく、アタッカーとして十分な働きをしてくれます。カプ・テテフに苦手なベトベトン(R)や鋼タイプを牽制できる、「ウインディ」がおすすめです。
▶カプ・テテフの育成論
ランドロス(れいじゅうフォルム)
ランドロス(霊獣)
ダブルバトルの環境に多いカプ・コケコやウインディに強く、強力な特性「いかく」によって物理アタッカーの火力を落とせます。地面と電気技を1体で無効にできる点もダブルで非常に有効です。
▶ランドロス(霊獣)の育成論
カプ・コケコカプ・コケコ ポケモンバトルにおいて、最も重要な素早さが130族の位置に存在し、更に自身の特性で眠り無効、電気技の威力が1.5倍とダブル向けの特性をもっています。ATとしての働きの他、壁貼りや挑発もできる器用なポケモンです。苦手な地面やガラガラ(R)をメタれる「ギャラドス」や「サザンドラ」と相性が良いです。
▶カプ・コケコの育成論
ガブリアスガブリアス シングルにおいても強いポケモンですが、ダブルでも非常に強力です。高い攻撃からの岩雪崩や一致地震で範囲攻撃を行えるため、アタッカーとして活躍し、パーティの苦手な相手を引き受けやすいので、色々なパーティの補完として組み込まれることが多くなっています。
▶ガブリアスの育成論
リザードン
リザードン

メガシンカでどちらに進化するかは、選出時にはわからないので、相手を迷わせることができます。
ダブルバトルではYの方が90%以上採用されており、晴れ起動として優秀ですが、採用率の低いXを選択することで、相手の意表をつくこともできます。
▶リザードンの育成論

Sランク(レート使用率6位~15位)

環境トップメタまではいかないものの、レーティングバトルで選出率が高いポケモンです。

ガルーラガルーラ 特性「おやこあい」からのねこだましで潰しができ、ふいうちで強力な縛りも行えるため無視ができない強力なポケモンです。
もう1体のポケモンでサポートすることで、より一層動きやすくなるのでエースとして採用されます。
▶ガルーラの育成論
カプ・レヒレカプ・レヒレ 水・妖タイプの複合タイプは技の通りが良く、アタッカーとしてだくりゅうやマジカルシャイン等の全体技を使えるためダブルバトルでは重要な役目を果たします。特性「ミストフィールド」で味方も竜技の威力を半減できる他、コケコやテテフのフィールドを書き換える要員としても使えます。
▶カプ・レヒレの育成論
ウインディウインディ 環境に多いテッカグヤ、キュウコン(R)に強く、特性「いかく」+鬼火による物理アタッカーの突破力を半減できます。新技もえつきるを習得したため、弱点である地面、水タイプを受けられるようになりました。カプ系やテッカグヤを見られるため、「ガブリアス」を動きやすくできます。
ウィンディの育成論
メタグロスメタグロス 耐性が多く、高い耐久をして受けが可能な上に、メガシンカすることで素早さが上昇し、ダブルにおいて重要な縛りが行いやすくなります。環境トップの面々には、鋼技と冷凍パンチを搭載することで、比較的有利に立ち回れる強みもあります。
▶メタグロスの育成論
ヒードラン
ヒードラン
唯一、鋼/炎の複合タイプで、特性含めて半減以下の耐性が11なため、パーティの相性補完に優れたポケモンです。
高い特攻と耐久面を持ち、アタッカーはもちろん耐久型もこなせるなど器用な運用ができます。
▶ヒードランの育成論
ボーマンダボーマンダ 範囲攻撃として強力な地震をスカせ、威嚇で物理アタッカーを抑止できるため、補完のできるメガ枠+威嚇役として筆頭のポケモンです。シングル同様の物理アタッカーはもちろんいますが、ダブルでは、みがわりが貫通できて範囲攻撃ができるハイパーボイス搭載の特殊型の運用が多くなっています。
▶ボーマンダの育成論
クレセリア
クレセリア
高い耐久を活かした受けポケモンの筆頭で有名ですが、ダブルではトリル起動役として猛威を振るいます。
トリル以外にも電磁波や凍える風でコントロールが可能で、さらに豊富な攻撃技でアタッカーも可能なため、対策必須のポケモンです。
▶クレセリアの育成論
ペリッパーペリッパー コータスを圧倒的に封じ込めることができ、ぼうふうやハイポンの火力にも期待できます。おいかぜによる補助も可能であり、起用に立ち回れます。
▶ペリッパーの育成論
ポリゴン2ポリゴン2 受けポケモンとしての耐性の高さと「どくどく」役としての選出前駆け引きにも必要なポケモンです。冷凍ビームとシャドーボールの一貫性も高くCに振ったポリゴンも多く見受けられます。
▶ポリゴン2の育成論
カミツルギカミツルギ 7世代から増えたフェアリー勢に比較的強く、色々な天候パでも活躍できるタイプを持った優秀なポケモンです。素早さが高いので、ダブルにおいて非常に重要な縛りを行いやすい点も強みです。
▶カミツルギの育成論

Aランク(ランキング16位以下のポケモン)

ミミッキュミミッキュ
▶ミミッキュの育成論
バンギラス
バンギラス

▶バンギラスの育成
クチート
クチート

▶クチートの育成論
ギルガルド(シールドフォルム)
ギルガルド

▶ギルガルドの育成論
ゲンガーゲンガー
▶ゲンガーの育成論
ガラガラ(アローラのすがた)
ガラガラ(R)

▶ガラガラ(R)の育成論
テッカグヤテッカグヤ
▶テッカグヤの育成論
ベトベトン(アローラのすがた)ベトベトン(R)
▶ベトベトン(R)の育成論
キュウコン(アローラのすがた)キュウコン(R)
▶キュウコン(R)の育成論
ギャラドス
ギャラドス

▶ギャラドスの育成論
ゲッコウガ
ゲッコウガ
▶ゲッコウガの育成論
コータスコータス
▶コータスの育成論
トリトドン(ひがしのうみ)
トリトドン

▶トリトドンの育成論
ヤレユータン
ヤレユータン

▶ヤレユータンの育成論

ルンパッパ

▶ルンパッパの育成論

レーティングダブルバトルの集計で定義

ダブルバトルの最強ポケモンランキングは、公式PGLのダブルバトルの使用率を参考に作成しています。

ポケモンバンクが解禁されたことによって、順位こそ入れ替わったり、過去作のポケモンが何体かランキング入りしましたが、大きく動くことはありませんでした。

従って、環境トップのポケモンの対策をすることで勝率が上がっていくと思います。

組合せで強力になるポケモン

ダブルバトルでは縦の相性、横の相性と呼ばれるようなタイプや特性、技構成で補完しあえる関係性がシングル以上に求められます。

組み合わせる事で一層強力になるポケモンの一覧をまとめているので、参考にしてください。

最強コンビポケモン

最強ポケモン関連記事

関連記事
最強パーティ構築論 最強コンビポケモン
スーパーシングル攻略 スーパーダブル攻略
サンムーンの強いポケモン 対策必須ポケモンまとめ
  • LINEで送る

書き込み

ご指摘、ご意見、ご感想などなど、 あなたのコメントをお待ちしてます!

最新を表示する
    3 名無し

    メガガルーラはダブルバトルでは全体技はおやこあい適応外ですよ


    2 名無し

    ポリ2のところシャドウボールてなってます

    ✖️シャドウボール

    ○シャドーボール


    1 名無し

    メガマンダ、ランク外なん?


攻略メニュー

ポケモン図鑑

効率的なポケモン入手

QRコードまとめ

▼世代別&色違いQRコード