トレード(交換)機能の詳細とメリット

ポケモンGO(ポケモンゴー)のトレード(交換)機能について詳しく紹介します。トレードの詳細や機能、メリットや実装日はいつなのかなどを詳しく紹介します。

トレード

トレード機能とは

トレード機能とは、ポケモンを交換することができる機能のことです。初代ゲームボーイのポケモンからある機能で、近々ポケモンGOでの実装もあると言われています。

トレード詳細

ポケモンGOでトレード機能が実装された時の詳細を予想します。

伝説のポケモンの交換は可能?

ミュウツー

伝説のポケモンはトレード機能の対象にならないと思われます。

現状、伝説のポケモンの入手方法は不明。簡単に伝説のポケモンをトレードできてしまうと、イベントに参加するトレーナーの数が減ってしまう可能性があるため、伝説のポケモンやレア度の高いポケモンはトレーナー対象外だと思われます。

トレードをキャンセルできる?

海外サイト「GOHUB」より、1/18のアップデートで、トレードをキャンセルできる新機能っが追加されたことが発見されました。気に入らないポケモンは選んでキャンセルできるのではないかと予想。

近くの人としかトレードできない?

ポケットモンスター「オメガルビー」「アルファサファイア」では、遠くの人ともポケモンをトレードすることが出来ました。しかし、ポケモンGOでは遠くの人とポケモンをトレードすることが出来ないと思います。

「カモネギ(日本)」「ガルーラ(オーストラリア)」「ケンタロス(アメリカ)」「バリヤード(ヨーロッパ)」の地域限定ポケモンがいる中、遠くの人とトレードできてしまうと、限定ポケモンの価値がなくなってしまいます。

アイテムのトレードもできる?

道具

ハイパーボールやおこう、モジュールなどのアイテムのトレードもできるのではないかと予想します。

ポケモンのトレードだけでなく、アイテムの交換ができることで、よりトレーナーが楽しめるコンテンツになると思います。

しかし、ポケモンのアメの交換は出来ないと思います。簡単に進化・育成ができてしまうと、ポケモンGOの醍醐味である、「ポケモンを探す」必要がなくなってしまいます。

トレーナーのメリット

ポケモンが集まる場所に行かなくて良い

コダック祭

ポケモンをトレードできることで、欲しいポケモンをわざわざ探しに行かなくてもよくなります。そのため、ポケモンの巣やモジュールが湧いているところへ出向く必要がなくなります。

しかし、簡単にポケモンが手に入ることから、町中で見つけるドキドキ感はなくなってしまいます。

ポケストップが少ない地域でも楽しめる様になる

田舎

都心と田舎では、ポケストップの数に差があり、ポケモンの出現頻度にも差があります。田舎に住んでいる人はどうしてもポケモンをゲットするのに時間がかかってしまいます。

しかし、トレードができるようになることで、ポケモンに余裕がある人からポケモンをゲットすることが出来ます。

トレードは実装日はいつ?

確実な実装日はまだ発表されていませんが、次回のアップデートで実装されるのではないかと思われます。

次回アップデート時、相棒システムが実装されることから、トレード機能も一緒に追加されると予想出来ます。

▶相棒ポケモンのシステム詳細とアメの入手距離はこちら

関連記事

ポケモン一覧
ポケモン一覧 ポケモンの巣一覧
出現場所一覧 有名スポットの一覧
ポケストップ
全国のポケストップ場所一覧
道具の入手方法と使い道
monsuta-モンスターボール スーパーボール paipa-ハイパーボール
おこうおこう ルアーモジュールルアーモジュール しあわせタマゴしあわせタマゴ
きずぐすりキズぐすり ズリの実ズリの実 ポケコインポケコイン
ふかそうちふかそうち アメアメ ほしのすなほしのすな
  • LINEで送る

書き込み

ご指摘、ご意見、ご感想などなど、 あなたのコメントをお待ちしてます!

攻略メニュー
矢印 トップへ