2Pickでのビショップカード評価一覧

ナーフ後もやはりネクロは強かった!!
ヘクターミッドレンジネクロのデッキレシピと対策

シャドウバース(シャドバ)の2Pick/2Pick(アリーナ)においてのビショップの各カードの評価一覧です。評価理由なども記載しているため、Pickの参考にしてください。

ビショップのレジェンド・ゴールド評価

5点

カード 理由
ヘヴンリーイージスヘヴンリーイージス
  • 除去されることがないため、盤面の取り合いになる2Pickでは、より凶悪なフィニッシャーと化します。Pick最優先候補です。
苦罰の審判者苦罰の審判者
  • 相手の除去とドローを同時に行いながら展開できる強力なフォロワーです。Pick最優先候補です。

4点

カード 理由
ダークジャンヌダークジャンヌ
  • 全体2ダメージと2点のバフを付与する強力な効果ですが、盤面全体に影響するので使うタイミングには気をつけましょう。
ヴァルハラジェネラルヴァルハラジェネラル
  • 味方に2/2のバフと突進を付与するフォロワーです。小型フォロワーと共に展開すれば、進化権を使わずに盤面を返せます。
サリッササリッサ
  • 突進持ちなので、進化権を使用せずに盤面に干渉できます。ダメージ軽減効果により、1:2交換も望めます。
神魔裁判所神魔裁判所
  • ランダム対象ですが、1枚で2体の確定除去効果を持つカードです。コストが低いことも魅力の1つです。

3点

カード 理由
カグヤカグヤ
  • ラストワードで出るうたかたの月のデバフで盤面を制圧しやすくなりますが、自身の進化後のスタッツが低めです。
天空の守護者・ガルラ天空の守護者・ガルラ
  • カウントダウンを進める効果を発動できれば強いですが、使用できる場面は限られます。

2点

カード 理由
封じられし熾天使封じられし熾天使
  • カウントダウンを進めるカードをPickしづらい点や、テンポロスが大きいのでPickは控えましょう。
狂信の偶像狂信の偶像
  • 効果を活かせる機会が限られ、非常に大きなテンポロスになるため、Pickしないほうが良いでしょう。
穢れた聖杯穢れた聖杯
  • テンポロスとカウントダウンが長い点がマイナスになります。他のカードを素直にPickしましょう。
黄金都市の姫・リテュエル黄金都市の姫・リテュエル
  • スタッツの高さは魅力的ですが、デメリットがある点と、フィニッシャーをPickできる枠なので優先度は低いです。

1点

カード 理由
エイラの祈祷エイラの祈祷
  • テンポロスかつ効果も活かせないので、Pickは厳禁です。

ビショップのシルバー評価

5点

カード 理由
カリュドーンカリュドーン
  • 突進持ちで進化権を使わずに盤面を取りに行くことができ、場にアミュレットがあればカウントダウンを進められます。
エンシェントレオスピリットエンシェントレオスピリット
  • 進化時にスタッツこそ上がらないものの、相手のみ全体2点ダメージの強力なカードです。優先的にPickしましょう。
詠唱:獣姫の呼び声詠唱:獣姫の呼び声
  • 2コスト最強のカウントダウンアミュレットです。複数枚Pickも視野に入れて、できるだけ取っていきましょう。

4点

カード 理由
黄金都市の墓守・ソニア黄金都市の墓守・ソニア
  • 条件付きでスペルと効果ダメージを無効にする守護フォロワーです。破壊耐性は付与されないので注意しましょう。
スレッジエクソシストスレッジエクソシスト
  • 3コスト2/3の優秀なスタッツを持ち、進化時の確定除去効果で盤面をとれる優秀なフォロワーです。

3点

カード 理由
レディアンスエンジェルレディアンスエンジェル
  • 回復とドロー効果は優秀ですが、スタッツの低さが気になります。
邪悪なる予言者・ダムス邪悪なる予言者・ダムス
  • 相手のフォロワーの攻撃を抑止できますが、2コストフォロワーに処理されたり、除去も容易にされる点がネックです。
煌翼の戦士・リノ煌翼の戦士・リノ
  • 交戦時と進化時にバーンダメージを与えることが可能ですが、盤面に影響を与える効果を持っていないのがネックです。
聖なる弓使い・クルト聖なる弓使い・クルト
  • 回復する度にバーンダメージを与えることができますが、2Pickでは効果を発動できる機会が少ないのがネックです。

2点

カード 理由
アイアンメイデンアイアンメイデン
  • 盤面に干渉できるアミュレットですが、足止めにしかならない場合があるため、2Pickでの優先度は低いです。
詠唱:禁じられた儀式詠唱:禁じられた儀式
  • 相手の小型フォロワーを一掃できる効果を持っていますが、テンポロスになりがちなので、2Pickでの優先度は低いです。

1点

カード 理由
ペガサスの結晶像ペガサスの結晶像
  • 回復カードとして扱いづらく、有効な場面がほぼないため、できればPickしたくないカードです。

ビショップのブロンズ評価

5点

カード 理由
ソウルコレクターソウルコレクター
  • スタッツは低いですが死の宣告が出せるので、アドバンテージを稼いだり相手のテンポロスを誘えます。
オクトパスビショップオクトパスビショップ
  • 自身を回復する効果により、進化してフォロワーを処理した際でも、非常に返されづらいフォロワーです。
熟達の調教師熟達の調教師
  • カウント進められるをカリュドーンなどと相性が良いカードです。聖獣への誓いを置けるので、展開を継続することができます。実質5コスト分の働きができます。
詠唱:神鉄の翼詠唱:神鉄の翼
  • 突進持ちなので盤面にすぐ干渉できる点が優秀です。進化に反応してカウントが進むので、出した際のテンポロスを補うことができます。

4点

カード 理由
破邪の光破邪の光
  • 確定除去カードです。消滅なのでラストワード持ちにも強い点がポイントです。
詠唱:白竜降臨詠唱:白竜降臨
  • カウントダウンは重いですが、他のアミュレットと同時に展開することで強固な盤面を作ることができます。
スカイスピリットスカイスピリット
  • 優秀なスタッツを持ち、ファンファーレによる突進付与もあるので、カウントダウンアミュレットとの相性が良いです。
漆黒の法典漆黒の法典
  • 相手の小型フォロワーを除去できます。中盤以降はトレードで残ったフォロワーに活躍します。
詠唱:聖獣への誓い詠唱:聖獣への誓い
  • 序盤はテンポロスになりやすいカードですが、カウント進めるカードと組み合わせることで強力な盤面を作りやすいです。
ミストシャーマンミストシャーマン
  • 選択できない効果を大型フォロワーに付与したり、2コストフォロワーとして展開しても優秀な働きを見せます。
天界の忠犬天界の忠犬
  • 効果を発動できれば、体力を+2と守護を得ることができるため、2コスト以上の性能を発揮できます。
詠唱:天馬召喚詠唱:天馬召喚
  • カウントダウンが気になりますが、アミュレットを多数同時に展開することで大量展開できます。

3点

カード 理由
大修道女大修道女
  • リーダーの体力を大きく回復できますが、7コストでありながら盤面に干渉できないことを考えると、他の高コストカードを優先したいです。
翼の王子翼の王子
  • 平均的なステータスを持っていますが、2Pickでは効果を活かしづらいのがネックです。
ホーリーフォックス・グリモーホーリーフォックス・グリモー
  • 平均的なスタッツと除去スペルに耐性を持ったフォロワーなので、他にPickできるカードが弱ければ優先的にPickしても良いでしょう。
フロッグクレリックフロッグクレリック
  • 平均的なスタッツを持っており、中盤以降でも回復役として活躍することができます。
スネークプリーストスネークプリースト
  • 1/3で守護を持ってるため、他のフォロワーを盤面に残しやすくなります。ただし、後攻で2ターン目に展開すると有利交換されてしまうのがネックです。

2点

カード 理由
清浄の治療師清浄の治療師
  • リーダーかフォロワーの体力を回復できますが、平均以下のスタッツなので2Pickでの優先度は低いです。
僧侶の聖水僧侶の聖水
  • 手札アドバンテージを損なわずに、リーダーを回復することがきます。しかし、盤面に干渉できないため優先度は低いです。
気高き教理気高き教理
  • カウントダウンを持つカードと組み合わせる前提のカードです。使える状況が限られるため、2Pickでの優先度は低いです。

1点

カード 理由
マスターレディセージマスターレディセージ
  • 効果を活かせる場面が限られ、スタッツも平均以下なので、できればPickしたくないカードです。
祈りの燭台祈りの燭台
  • 効果を活かせる場面が限られ、テンポロスになりがちなので、できればPickしたくないカードです。

ニュートラルのレジェンド・ゴールド評価

5点

カード 理由
バハムートバハムート
  • 全体除去持ちの大型フォロワーです。1枚で不利な盤面も覆すことができる、2Pick最強クラスのパワーカードなので、最優先でPickしましょう。
ダークエンジェル・オリヴィエダークエンジェル・オリヴィエ
  • 進化権を回復するため、盤面を制圧しやすくなります。地味ながらも2Pick最強クラスのカードなので、最優先でPickしましょう。

4点

カード 理由
ゼウスゼウス
  • 疾走、守護、必殺とまさに万能と言えるフィニッシャーです。2Pick評価5点のレジェンドを見なかった場合は、Pickしましょう。
イスラーフィールイスラーフィール
  • 終盤では全体除去は活かしづらいですが、スタッツも高く全体除去と回復ができる強力な大型フィニッシャーです。
風の軍神グリームニル風の軍神グリームニル
  • できるだけレジェンドをPickしたいですが、グリームニルも高いスタッツと守護を持ち、エンハンスで全体除去ができる万能なカードです。

3点

カード 理由
オーディンオーディン
  • スタッツは低いですが、消滅効果で単体除去のできる大型フォロワーです。相手の大型フォロワーを処理しましょう。
激震のオーガ激震のオーガ
  • 盤面に干渉できる効果なので使いやすいですが、少しコストに対してカードパワーが低い点が気になるカードです。
癒しの奏者・アンリエット癒しの奏者・アンリエット
  • 場にフォロワーが残っていれば強力な効果になります。フォロワーが残るように立ち回るのが重要です。

2点

カード 理由
ゴブリンスレイヤー・ルシウスゴブリンスレイヤー・ルシウス
  • 全体に1ダメージを与えるため、骨の貴公子に対して有効なカードになります。
ゴブリンブレイカー・ティナゴブリンブレイカー・ティナ
  • 進化時に複数処理ができるカードなので、マリガンでキープしたいカードになります。

 1点

カード 理由
サハクィエルサハクィエル
  • ニュートラルを8枚しかピックできない2Pickでは、効果を活かせないので低評価になります。
アークエンジェル・レイナアークエンジェル・レイナ
  • スタッツが低いので低評価になります。進化権を8ターン目まで残すのが難しいため8コスト5/5だけのフォロワーと考えましょう。
ウリエルウリエル
  • スタッツが低いので低評価です。アミュレットをサーチする効果も2Pickでは意味が薄い効果になります。
忌むべき悪魔の像忌むべき悪魔の像
  • ほとんど役に立たないカードなので、極力ピックしない方が良いカードです。ピックした場合は、終盤にフォロワーを守るために、出しましょう。

ニュートラルのシルバー・ブロンズ評価

5点

カード 理由
ゴブリンプリンセスゴブリンプリンセス
  • 横並びに展開でき、4コスト最強クラスのフォロワーであるゴブリンキングを手札に加えられる強カードです。最優先でピックしましょう。
歴戦の傭兵・フィーナ歴戦の傭兵・フィーナ
  • 進化でミニゴブを展開でき、2コスト以下のカードを手札に加えられる、アドバンテージの塊です。優先的にピックしましょう。
ハンプティダンプティハンプティダンプティ
  • アミュレットを序盤に置きたいので、テンポロスを返せるカードとして非常に重宝します。
覇食帝・カイザ覇食帝・カイザ
  • 2コストフォロワーのリソースが切れなくなるカードです。余ったマナでアルティメットキャロットを展開していきましょう。

4点

カード 理由
氷獄の呼び声氷獄の呼び声
  • 相手のフォロワーを除去しつつ、サタンズサーヴァントを手札に加えることができるので、盤面を制圧できます。
烈火の魔弾烈火の魔弾
  • 4,5コスト程度の進化後フォロワーを除去できるコスパの良いカードです。
リリエル天弓の天使・リリエル
  • 2/2/2のスタッツと進化時の1ダメージが非常に使いやすく、小回りが効きます。
インペリアルマンモスインペリアルマンモス
  • 7コスト最高スタッツを持つため、進化すれば上のコスト帯のフォロワーも倒せます。
死の舞踏死の舞踏
  • 5コストで使える確定除去です。2Pickでは大型フォロワーが展開されるので、使う機会は多いでしょう。
アックスファイターアックスファイター
  • 3/2/3の基礎スタッツの高さに加え、エンハンスで中型フォロワーになるので後から引いても効果的に使えます。
御言葉の天使御言葉の天使
  • 盤面の処理ができる優秀なフォロワーです。小型フォロワーと組み合わせることで強さを発揮します。
ハンサハンサ
  • 相手の大型フォロワーと相打てる可能性のある、低コストフォロワーです。除去されづらい2Pickでは大いに役立ちます。

3点

カード 理由
ユニコーンの踊り子・ユニコユニコーンの踊り手・ユニコ
  • 2/2/2のスタッツに加え回復効果を持っているため、展開する場面に困らないです。
レイジングエティンレイジングエティン
  • 守護を持ちますが、ややスタッツが低いのがネックです。6コストフォロワーが少ない場合はピックしましょう。
天剣の乙女天剣の乙女
  • 守護持ちで体力が高い点は評価できますが、攻撃力の低さがネックです。5コストフォロワーが少ない場合はピックを優先します。
ミニゴブリンメイジミニゴブリンメイジ
  • 3コストで2/2とスタッツは高くはありませんが、後続で低コストフォロワーを展開できます。
オウルキャットオウルキャット
  • 効果により攻撃力1のフォロワーを処理できる可能性がありますが、体力が低いために処理されやすいです。

2点

カード 理由
エルタ彷徨の詩人・エルタ
  • 2コストフォロワーが足りない場合にPickしましょう。効果を意識する必要はないです。
ゴリアテゴリアテ
  • 4コスト標準スタッツのフォロワーですが、効果を持たないので他のフォロワーをピックするほうが賢明でしょう。
流浪の傭兵流浪の傭兵
  • 4/4/3を処理できる可能性がありますが、体力が2なので自身が2コストのフォロワーに取られやすい点がマイナスです。
セクトールセクトール
  • 効果を発揮できる場面が少ないので、2/2/2のフォロワーとして扱いましょう。
ファイターファイター
  • 効果を持たない2コスト標準スタッツのフォロワーなので、できるなら他の2コストフォロワーをピックしましょう。

1点

カード 理由
均衡の大梟均衡の大梟
  • 2Pickでは効果を発動できないため、スタッツが低いだけのフォロワーです。なるべくピックしないようにしましょう。
凍りづけの巨象凍りづけの巨象
  • テンポロスになりますが、同時に7コストフォロワーが並ぶ盤面を作れるため、カードパワーがあります。
魔術書の解読魔術書の解読
  • コストが重くドローのみなので、テンポロスが響くカードです。なるべくピックしないようにしましょう。
力比べ力比べ
  • 持続ターンが短いため活躍しにくいカードです。テンポロスも大きいので、できる限りピックしないようにしましょう。
戦乙女の槍戦乙女の槍
  • ほとんど役に立つことがないため、極力ピックを避けましょう。
運命の泉運命の泉
  • ピックを避けたほうが良いカードです。ピックした場合は、先攻2ターン目に置ければ活躍するため、マリガンでキープしてもよいでしょう。
ワイズマーマンワイズマーマン
  • 効果を活かすことが難しいため、できる限りピックしないようにしましょう。
ゴブリンゴブリン
  • 2Pickではカードパワーが重要なため、1コストフォロワーは低評価になります。

関連記事

最強デッキランキング

クラス別最新デッキ一覧
アリサエルフ エリカロイヤル イザベルウィッチ ローウェンドラゴン
ルナネクロ ユリアスヴァンプ イリスビショップ ニュートラル無課金
デッキレシピ一覧
デッキ一覧と評価 アグロデッキ一覧
ミッドレンジデッキ一覧 コントロールデッキ一覧
コンボデッキ一覧 守護系デッキ一覧
大会情報
全国大会情報 第5回アルテマ杯レポート
カード一覧とデッキ投稿
全カード一覧 デッキ投稿と観覧 リセマラ
  • LINEで送る

書き込み

ご指摘、ご意見、ご感想などなど、 あなたのコメントをお待ちしてます!

最新を表示する
    2 名無し

    >>1

    ご指摘ありがとうございます。


    2Pick/2ピック(アリーナ)でのビショップカード評価一覧で【神域の守護者】の評価が2点に対し、2Pick/2ピック(アリーナ)でピックすべきおすすめカードに【神域の守護者】が入っていたため削除修正いたしました。


    1 名無し

    神域の守護者の評価が食い違ってます。各リーダーの評価が載っているページでは、最優先でpickすべきカードに挙げられていました。


攻略メニュー