バハムート降臨のおすすめカードランキング

シャドウバース(シャドバ)の「バハムート降臨」のおすすめカードランキングです。新カードの効果や強い点、他のカードとのシナジーなどを記載しているので、バハムート降臨の新カードやデッキ考察の参考にしてください。

バハムート降臨

バハムート降臨関連記事
新カード一覧 新カードパック情報まとめ
新能力エンハンス解説 ガチャシミュ
構築済デッキ一覧

Sランク一覧

カード カード名と概要
マヘスエルフ マヘス

  • ・守護、ファンファーレでこのターン中に2枚以上プレイしていたなら相手のフォロワー全てに2ダメージ与える効果を持ちます。
  • ・発動出来れば盤面で大きく優位をとれる効果を持ちます。事前に0コストフェアリーを用意できれば、5ターン目フェアリー×2クリスタリアプリンセス・ティアも綺麗に返すことができます。
  • ・ティア以上に防御に向いた効果なので、冥府エルフではティアを抜いての採用も有効です。冥府エルフ以外の多くのエルフデッキにおいても活躍できます。
レヴィオンセイバー・アルベールロイヤル レヴィオンセイバー・アルベール

  • ・疾走、エンハンス9でターン中2回攻撃でき、そのターンアルベールはダメージを受けない効果を持ちます。
  • ・エンハンスと進化の利用で、1枚で10点を叩き出せるため、高確率でフィニッシャーとなり得ます。ターン中ダメージを受けないのでフォロワー除去としても優秀です。
  • ・エンハンスを利用できなくとも、標準ステータスと疾走を持つので、総じて幅広いデッキでの活躍ができます。
白銀の騎士・エミリアロイヤル  【白銀の騎士・エミリア

  • ・ファンファーレでサブリーダー・ゲルト1枚を手札に加える。相手の場にフォロワーが3体以上いるなら、手札に加えたサブリーダー・ゲルトのコストを0にする効果を持っています。
  • ・フォロワーを手札に加えることもでき、エミリアが指揮官なのでサブリーダーゲルトの効果を発動するトリガーにもなる優秀なフォロワーといえます。
  • ・ファンファーレ効果が特殊なため、同じ4コストの動きとして使用するカードの交換候補としては、勇猛たる騎士などと入れ替えて使用をおすすめします。
ドロシーウィッチ 次元の魔女・ドロシー

  • ・スペルブースト-1 ファンファーレ 手札を全て消滅させ、カードを5枚引き、5回スペルブーストする効果を持ちます。
  • ・テンポウィッチ必須のカードで、中盤以降の展開力に厚みを持たせられます。ドロシーでドロシーを引ければ、2ターン続けて大量展開を狙えるので、引き次第では全体除去にも対応可能です。
  • ・スペルブーストは他のカードに依存し、手札で腐ることが多いので、マリガンではデッキに戻すことをおすすめします。
禁忌の研究者ウィッチ 禁忌の研究者

  • ・自分のターン中に相手のフォロワーが破壊されるたびにゾンビ1体を召喚し、ターン終了時に土の印を置きます。さらに土の秘術でランダムな相手のフォロワー1体を破壊します。
  • ・狙ったフォロワーは除去しづらいですが、相手のフォロワーを破壊しつつゾンビを出します。進化なども利用すればさらにゾンビを展開できるので、1ターンで大きく盤面を有利にできます。
  • ・1枚で完結した効果を持つ優秀なカードなので、秘術ウィッチはもちろん、様々なデッキで採用が可能です。
サラマンダーブレスドラゴン サラマンダーブレス

  • ・相手のフォロワー1体に3ダメージ、エンハンス6で、追加で相手のフォロワーすべてに2ダメージ与える効果を持ちます。
  • ・単体除去としても全体除去としても強力で、特に乙姫を1枚で返せる点は素晴らしいです。
  • ・灼熱の嵐と比べて使い勝手も良いので、様々なドラゴンデッキにも使用することが可能です。
グリフォンナイトドラゴン グリフォンナイト

  • ・ファンファーレで、相手のフォロワー1体に2ダメージ与え、手札からコスト最小のカードをランダムに1枚捨てる効果を持ちます。
  • ・序盤の盤面の取り合いにおいて、有効な効果を持つ上、ジークフリートなどとのシナジーもあります。手札を捨てる効果はデメリットになりやすいですが、効果でフォロワーを除去すれば1:1交換となるので使い勝手は悪くありません。
  • ・序盤戦におけるドラゴンの弱点を克服するようなカードであるので、ディスカードドラゴンはもちろん、多くのデッキタイプに採用が可能です。
冥守の戦士・カムラネクロ 冥守の戦士・カムラ

  • ・7コストで4/5守護、ラストワードで相手の場の攻撃力が1番高いフォロワーを1体破壊し(攻撃力最大のフォロワーが複数いるなら、その中からランダムに1体)、破壊したフォロワーの攻撃力と同じだけ回復する効果を持ちます。
  • ・除去と回復を同時にこなすだけではなく、守護も持ち故に相手はこのカードを無視出来ないので、壁役としても優秀です。ネフティスの効果で出現した場合もラストワードが発動するので、ネフティス主軸のデッキにも採用可能です。
  • ・相手のフォロワーが、カムラ破壊時に存在しないと、ラストワード効果は発動しないので注意が必要です。
ネクロアサシンネクロ  【ネクロアサシン

  • ・ファンファーレで自分の場にこのカード以外のフォロワーがいるなら、このカード以外のフォロワー1体と、ランダムな相手のフォロワー1体を破壊する効果を持っています。
  • ・ランダムな相手ですが相手のフォロワーを確定で破壊できる効果は強力です。自分のフォロワーを1体破壊する効果もネクロマンサーとしてはあまりデメリットにならない点も魅力です。
  • ・盤面で役目がなくなったスカルウィドウや、よろめく不死者など、ラストワード効果を持つカードとのコンボも強力です。
レヴィオンデューク・ユリウスヴァンプ レヴィオンデューク・ユリウス

  • ・相手の場にフォロワーが出るたび、相手のリーダーに1ダメージ与える効果を持ちます。
  • ・非常に緩い条件で相手のライフを削れるうえ、2コストで1/3と序盤では比較的場持ちが良い優秀なフォロワーです。
  • ・場にフォロワーを並べるミッドレンジロイヤルや、テンポウィッチなどには効果的です。
バハムートニュートラル バハムート

  • ・ファンファーレで場のフォロワーとアミュレットを全て破壊し、相手の場に2体以上フォロワーが存在する場合はリーダーに攻撃できないデメリットを持ちます。
  • ・単純にスタッツが高いため除去されづらく、効果は言わずもがな強力です。騎竜兵や竜の伝令などで、1ターンでもはやくだせればそれだけで非常に厄介なカードとなります。
  • ・コントロールデッキにおいてはどのクラスでも保険としての採用も可能です。ただし、カードのコストが10コストと重いため、ドラゴンデッキ以外の、複数枚採用は手札事故の原因の一つとなるでしょう。
  • ・現状では、どのデッキにも、死の舞踏を始めとする確定除去が多いので注意が必要です。

Aランク一覧

カード カード名と概要
古き森の白狼エルフ 古き森の白狼

  • ・突進、ラストワードで次の自分ターン開始時、古き森の白狼を除いたコスト最大のエルフのカードをコスト0にして、デッキから手札に加えます。
  • ・8コストに加えラストワードと重いですが、突進を持つので即盤面に干渉しつつ、相打ちを狙えます。デッキの構成を工夫することで、狙ったカードをサーチできます。
  • ・今までフィニッシュ力に欠けた白銀エルフでこのカードを採用することにより、1ターンに2回、白銀の矢を使用できます。
天馬のエルフエルフ  【天馬のエルフ

  • ・ファンファーレで相手のフォロワー1体を選択し、選択したフォロワーの体力を1にする効果を持っています。
  • ・4コスト並のステータスを持っていて、2コストの精霊の呪いを搭載しているため1コスト分得できる優秀なカードです。
  • ・テンポエルフなど攻撃的なエルフデッキにおいて、自分の場に残っている場のフェアリーや、ベイビーエルフ・メイの効果のみで、相手の強力なフォロワーを除去することも可能です。
ファングスレイヤーロイヤル ファングスレイヤー

  • ・必殺 突進 フォロワーに攻撃したなら、相手のリーダーにファングスレイヤーの攻撃力の値と同じダメージを与える効果を持ちます。
  • ・フォロワーを除去しつつ、リーダーにもダメージを与えることができ、疑似疾走のように扱える効果です。アルベールと並び、中盤以降の盤面制圧、フィニッシュに使えます。
  • ・カードのコストがやや重いので、コントロールロイヤル以外での複数枚採用は難しいです。
蒼穹の提督・モニカロイヤル 蒼穹の提督・モニカ

  • ・5コスト4/4、ファンファーレでナイト(1/1)1体を出し、進化時、相手のフォロワー1体に「自分の場のフォロワーの数」と同じダメージを与える効果を持ちます。
  • ・ナイトを合わせると実質5/5とコスト相応であり、進化時最低でも2ダメージ、他にフォロワーがいれば+されるため、盤面を取りやすいフォロワーです。
  • ・単体でみれば強力なフォロワーですが、ロイヤルの5コスト帯はオーレリアやアルベールなど激戦区なので、採用されるかは環境に合わせて採用を考えるべきでしょう。
レヴィオンヴァンガード・ジェノロイヤル レヴィオンヴァンガード・ジェノ

  • ・4コスト4/3突進、ファンファーレ エンハンス6で「ラストワード ナイト2体を出す」を持つ効果を持ちます。
  • ・突進を持つため有利トレードしやすく、エンハンス効果も後続を確保できるため優秀です。
  • ・4コストのフォロワーにフローラルフェンサーやエミリア、エンハンス時の6コストにも海底都市王・乙姫など優秀なフォロワーがおり、どちらも重要な場面の多いコスト帯のため採用は好みなるでしょう。
サブリーダー・ゲルトロイヤル サブリーダー・ゲルト

  • ・自分の場に指揮官が存在すれば、攻撃力を+1して守護を持つ効果を持ちます。
  • ・守護はどの場面においても活躍する能力なので、比較的緩い条件で得られつつ、攻撃力を上げられるゲルトが活躍する盤面は多いといえます。
  • ・同じ2コストに不屈の兵士など優秀なフォロワーがいるので、採用はするかどうかはデッキによって変える良いでしょう。
サムライロイヤル 【サムライ】

  • ・ファンファーレで、相手の場に3体以上のフォロワーがいた場合、+1/+1と必殺を得ます。
  • ・コスト相応のスタッツを持ちながら、相手が展開してきた場合は強力な補正を得ます。特に必殺は有用で、有利なトレードを狙いやすいです。
  • ・とはいえ3体以上フォロワーが並ぶ状況、デッキは選ぶので、環境次第で評価が変わるカードといえます。
エラスムスの秘儀ウィッチ エラスムスの秘儀

  • ・3コストでランダムな敵フォロワーに5ダメージ、エンハンス9でダメージを与えず、アークサモナー・エラスムスを出します。
  • ・ランダムな点はネックですが、3コストで5ダメージと強力です。エンハンス効果は消耗戦となった際に有効に機能する優秀なカードです。
  • ・エンハンスの効果自体は優秀ですが、エンハンス時のコストが9と重いため、除去カードとしての採用ならば、他のカードで代用できるでしょう。秘術ウィッチなど持久戦を主としたデッキならば、前半、後半と活躍出来ます。
神秘の探求者・クラークウィッチ 神秘の探求者クラーク

  • ・ファンファーレで自分の手札のスペルブーストを持つフォロワー全てを2回スペルブーストします。
  • ・スペルブーストを持ったフォロワーが増え、ドロシーを軸としたデッキにおいて活躍ができます。
ドワーフアルケミストウィッチ ドワーフアルケミスト

  • ・ウィッチ、ファンファーレで土の魔片を手札に加える効果と、進化時、土の秘術を持つカードをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
  • ・似たような効果を持つクラフトウォーロックと比べると、ファンファーレ故の即効性と妨害される危険がないこと、スタッツが2/2と序盤の盤面の取り合いにおいて有用なことがあげられ、上位互換と呼べる性能です。
  • ・進化時効果はあれば便利であり、状況次第では活躍が見られるでしょう。秘術ウィッチの強化に繋がる小型フォロワーです。
ゲイザーウィッチ  【ゲイザー

  • ・スペルブーストするたび、コストを-1する効果を持っています。
  • テンポウィッチに主に採用したいカードです。ステータスが5コストの平均以下ですが、1回ブーストすればコスト相応であるため、あまり気にならないものとなります。
  • ・ドロシーの効果でドローした場合、そのままプレイできる点は魅力です。ドロシーを軸としたフォロワー主体のウィッチで活躍します。
  • ・スペルブーストをすることが前提のカードなので、マリガン時は手札の状況次第でキープか戻すか判断することになります。
タイムレスウィッチウィッチ タイムレスウィッチ

  • ・コスト4の3/4でファンファーレ 自分のリーダーへのダメージは0になる。この能力は、このフォロワーが場を離れるとき失われる効果を持っています。
  • ・アグロ系のデッキに非常に刺さる場面があり、タイムレスウィッチの除去を強要できる強力なフォロワーといえます。
  • ・超越ウィッチに採用する際に、なんとかその場を凌ぎたいという時に活躍することが出来るでしょう。ただし、スペルブーストを溜めることが出来ず、4コストを支払うことになるので、状況による判断が必要です。
破魔の術式ウィッチ 破魔の術式

  • ・3コスト、コスト3以下の相手のフォロワー1体を破壊する。エンハンス 5:コスト3以下のフォロワーではなく、相手のフォロワー1体か、相手のアミュレット1つを破壊する。
  • ・エクスキューションの完全上位互換で、1枚で3通りの使い方ができ、デッキスロットの圧縮に繋がる優秀なカードです。
  • ・超越ウィッチ以外にも、様々なウィッチデッキに採用が可能なポテンシャルを持っています。
マナリアウィザード・クレイグウィッチ マナリアウィザード・クレイグ

  • ・ファンファーレで手札のフォロワー1枚を2回スペルブーストする効果を持っています。
  • ・スペルブーストを持ったフォロワーが増えていますので、ドロシーを軸としたデッキにおいて優秀な活躍が出来ます。
  • ・スペルブースト出来るのはフォロワーのみとなるので、マリガンではスペルブーストが可能な違うフォロワーを確保することが大事です。
オウルガーディアンドラゴン オウルガーディアン

  • ・進化時に相手のフォロワー1体に5ダメージを与え、手札からコスト最小のカードをランダムに1枚捨てます。
  • ・4/6の守護と中盤~終盤にかけてのバーストダメージを防げるフォロワーです。進化時の効果も相手の中型フォロワーを除去できる点で評価でき、進化しなくても十分に活躍できる点も強みです。
  • ・手札を1枚捨てる点と、同じ6コストにダークドラグーン・フォルテ、騎竜兵と優秀なフォロワーがいるということを考慮し、採用はデッキによるか、好みによって異なります。
ワイリーワイバーン ドラゴン ワイリーワイバーン

  • ・5コスト4/5、ラストワード ブレイジングブレス1枚を手札に加える効果を持ちます。
  • ・ブレイジングブレスは1コストで2ダメージとコスパが良く、余ったPPで盤面をとれる使い勝手が良いスペルです。ジークフリートなどとのシナジーもあります。
  • ・ワイリーワイバーン自身のスタッツも悪くなく、様々なドラゴンデッキに採用することが可能な優秀なカードです。
ワイバーンライダー・エイファドラゴン ワイバーンライダー・エイファ

  • ・攻撃されない効果を持ち、ファンファーレ エンハンス7で+2/+2し、疾走を得ます。
  • ・エンハンスを使用すれば疑似フォルテの様な扱いができ、3コストフォロワーとして頼りないスタッツは攻撃されない効果を持つので、あまり気にならないでしょう。
  • ・ランプドラゴンなど、PPブーストを掛けるデッキでは早い段階で強力な高スタッツフォロワーを展開できるので、採用するかどうかは好みとなります。
バロールネクロ バロール

  • ・必殺、ラストワードで相手のフォロワーすべてに3ダメージ与えます。
  • ・非常に強力な効果とスタッツを持つ優秀なカードです。特にネフティスと相性が良いので、ネフティスを主軸としたデッキにも採用が可能です。
  • ・必殺持ちですが、突進などの効果もなく、バロールを出した次のターンに確定除去を使用されたり、無視をされてしまうと、相手に展開を許してしまうこともあるので注意です。
血餓の女帝ヴァンプ  【血餓の女帝

  • ・ファンファーレで相手のフォロワーすべてに2ダメージを与え、相手のフォロワーが破壊されるたび、相手のリーダーに1ダメージを与える効果を持っています。
  • ・全体攻撃とバーンを同時こなすことができ、ロイヤルやエルフに刺さる場面が多い優秀なカードといえます。
  • ・コストが7コストと重い点が若干気になりますが、コントロールヴァンパイアを筆頭に採用されるデッキは多いといえます。
氷剣の戦鬼ヴァンプ 氷剣の戦鬼

  • ・7コスト5/7突進、自分のターン中、相手のフォロワーへ攻撃して破壊し、このフォロワーは破壊されなかったなら、カードを1枚引く効果を持ちます。
  • ・体力が高いので、一方的なトレードを狙いやすいです。使い切りの除去カードのように使うことができ、場に残れば大きなアドバンテージを狙えます。
  • ・7コストといえばアルカードがおり、血餓の女帝も追加されたことから激戦区です。これらを差し置いてまで採用されるかは環境次第といえます。
サディスティックナイトヴァンプ サディスティックナイト

  • ・自分のリーダーに2ダメージ与え、相手のフォロワー1体に6ダメージ与えます。エンハンス7でビーストドミネーターを出します。
  • ・3コストで6ダメージと破格なコストパフォーマンスを誇ります。序盤から終盤まで使える能力なうえ、エンハンスを利用すればビーストドミネーターもだせるので、腐る場面はほとんどないでしょう。
  • ・劣勢の場合、自分への2点ダメージが致命的となることもあるので注意が必要です。
吸血貴・ヴァイトヴァンプ 吸血貴ヴァイト

  • ・守護、交戦時、フォレストバット1体をだす効果を持ちます。
  • ・交戦時効果、かつ守護を持つので比較的発動が狙いやすく、コスト以上の働きをしやすいです。また守護を持っている点が魅力で、相手のリーサルを妨害することが出来ます。
  • ・ヴァンピィなどとフォレストバットシナジーも見込めるので、デッキタイプを選ばずに採用が可能です。
群れなす飢餓ヴァンプ 群れなす飢餓

  • ・相手のフォロワー1体を選択し、そのフォロワーと同名の相手のフォロワーすべてに3ダメージ。
  • ・死の祝福やガーディアンゴーレムなど、複数の同名フォロワーが場に並びやすいデッキに対して有効な効果です。2コスト3ダメージのスペルとして使っても十分強力です。
  • ・複数の同名カードが並ぶものは強力なものが多く、環境でみる機会が多いので、とりあえずデッキに入れておいて損はないカードです。
ヴァルハラジェネラルビショップ ヴァルハラジェネラル

  • ・ファンファーレで、他のフォロワー1体を+3/+3し、突進を付与します。
  • ・ガブリエルに近い効果を持ち、盤面をとったり、リーダーのライフを削るにも有用な効果です。
  • ・疾走ガルラビショップに採用に採用することで、疾走フォロワーを強力にすることが出来ます。
  • ・自分の場にフォロワーがいない状態ですと、効果が腐ることがあるので注意が必要です。
煌翼の戦士・リノビショップ 煌翼の戦士・リノ

  • ・2コスト2/2、交戦時相手のリーダーに1ダメージ与え、進化時に相手のリーダーに1ダメージ与える効果を持ちます。
  • ・交戦時のため発動は比較的容易で、非常に攻撃的なカードです。エルフなどが相手であれば複数回の起動を狙え、プレッシャーを与えるでしょう。
  • ・疾走ガルラビショップといった、とことん攻めるデッキと相性が良いです。
フィーナニュートラル 歴戦の傭兵・フィーナ

  • ・進化時、ミニゴブリンメイジ1枚を手札に加え、そのコストを0にする効果を持ちます。
  • ・進化時のスタッツは5/6と控えめですが、加えたミニゴブリンメイジは即座にプレイできるので実質7/8として扱えます。ミニゴブリンメイジの効果で後続も確保できる優秀なフォロワーです。
  • ・どのデッキでも5コスト帯には優秀なフォロワーがいるので、使用するかはデッキ次第か、好みによります。
ハンサニュートラル ハンサ

  • ・ファンファーレで、相手フォロワーの最大攻撃力の値と同じ攻撃力を得ます。
  • ・相手の場に大抵2コスト2/2のフォロワーがいるので、コスト相応のステータスは見込めるうえ、中盤以降に出す場合はコスト以上のスタッツに化けるので強力です。
  • ・サハクィエルとの効果で、除去役にも使えます。

Bランク一覧

カード カード名と概要
エルフの王子・レオネルエルフ エルフの王子・レオネル

  • ・5コストで手札のコスト4以下のエルフ・カード1枚をコスト0にする効果を持っています。
  • ・エルフプリンセスメイジなどを0コストで召喚することができ、コンボに繋げやすいカードといえます。
  • ・しかし、効果を発動するのが最短5ターンと遅く、レオネルのステータスが2/2と低いため採用されることは少ないでしょう。
クリスタリア・リリィエルフ クリスタリア・リリィ

  • ファンファーレのエンハンス6で相手のフォロワー1体をスノーマンに変身させる効果を持っています。
  • ・エンハンスを発動できれば、大型フォロワーや厄介なラストワードをもつフォロワーを無力化できます。
  • ・しかし、序盤でプレイするカードとしては能力がなく、エルフの少女リザやフェアリーウィスパラーなどのカードがあるため採用されるケースは少ないといえます。
フォレストギガースエルフ フォレストギガース

  • ・守護とファンファーレで自分の他の手札1枚につき+1/+0する効果を持っています。
  • ・終盤の守りとしては非常に優秀で、多くの疾走フォロワーをカウンターできます。
  • ・しかし、7コストと重く展開するまでに時間がかかってしまう点や、確定除去に弱いため、注意が必要です。
  • ・古き森の白狼の効果で出すことが出来れば、クリスタリアプリンセス・ティアや、エンシェント・エルフ等との強力なシナジーを生み出すことが出来ます。
フォレストスピリットエルフ フォレストスピリット

  • ・3コスト3/2、ラストワード 精霊の呪い1枚を手札に加える。
  • ・コスト相応のスタッツを持ち、手札に加わる精霊の呪いも優秀です。テンポエルフや冥府エルフで採用が可能です。
旋風刃ロイヤル 旋風刃

  • ・5コストで自分のフォロワー1体を選択し、他のフォロワーすべてに「選択したフォロワーの攻撃力の値」と同じダメージを与える。
  • ・自分のフォロワーが大型フォロワー1体の時であれば、自分のフォロワーに被害を受けず相手のフォロワーを除去できます。
  • ・しかし、5コストと重く展開能力が高いロイヤルでは使える場面が限られることがあります。とは言え、場のアドバンテージを取られている状態では効果的なものとなります。
ニンジャアーツロイヤル ニンジャアーツ

  • ・3コスト、相手のフォロワー1体に4ダメージ。エンハンス8:その後、ニンジャマスター1体を出す効果を持ちます。
  • ・くせがなく扱いやすい効果を持ちますが、8コスト支払って確定除去では無いことが懸念される点で、採用は好みによります。
ルーンの貫きウィッチ ルーンの貫き

  • ・相手のフォロワー1体に2ダメージと相手のリーダーに2ダメージを与えます。自分のフォロワーが進化したとき、このカードのコストを1にすることができます。
  • ・レヴィと相性が良いカードで、紅蓮の魔術と組み合わせると最大で相手のフォロワーを3体除去できます。
  • ・1コストで使用することが出来ない場合でも、相手のライフがリーサル圏内であればとどめとして使用することも可能なので、テンポウィッチには必須級のカードと言えます。
刃の魔術師ウィッチ 刃の魔術師

  • ・6コスト2/2 疾走、スペルブーストするたび、コストを-1する効果を持っています。
  • ・ドロシーの効果や、スペルブーストを行うことを前提としたカードになります。元々のコストが高く、スタッツは2/2と低いので、盤面への影響は限りなく薄いです。
  • ・上手くスペルブーストを行えたり、ドロシーの効果と噛み合えば、相手のライフを削りきるテンポウィッチでは、採用出来るカードです。
インペリアルドラグーンドラゴン インペリアルドラグーン

  • ・ファンファーレで手札をすべて捨て、捨てたカード1枚につき、相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに1ダメージの効果を持っています。
  • ・全体除去とバーストダメージの2つの役割をもつカードといえ、最大で8ダメージのバーストダメージを与えられます。
  • ・龍巫女の儀式が場にある状態であれば捨てたカードを無駄にしないで済みますが、安定して高いバーストダメージを出せるわけでは無いので注意が必要です。
  • ・とはいえ、相手の守護を無視してバーストダメージを出せるので、場の掃除といざというときのフィニッシャーとしても活躍出来ます。
竜の闘気ドラゴン 竜の闘気

  • ・PPブースト+2枚ドロー+リーダー3点回復とドラゴンにほしい要素を豊富に含んだ効果を持ちます。
  • ・ただし、5コスト時に竜の闘気しか使えないと、盤面をとれていなければ場ががら空きで攻撃され放題になるデメリットもあります。
  • ・終盤に神竜の代わりのドローソースとして使えると考えると、手札切れを起こしやすいドラゴンには相性のいいカードだと思われます。
輝石のドラゴンドラゴン 輝石のドラゴン

  • ・4コスト3/4、ファンファーレで手札からコスト最小のカードをランダムに1枚捨てる。これを2回行う。ラストワード カードを3枚引く効果を持ちます。
  • ・破壊されるまで2枚捨てた状態で戦わなくてはならず、破壊されず消滅されてしまったら目も当てられません。
  • ・竜巫女の儀式とは相性が良いので、竜巫女ドラゴンでの活躍は期待できます。
キットドラゴン 煌牙の戦士・キット

  • ・他のカードの能力で、このカードが手札から捨てられたなら「煌牙の戦士・キット」1体を場に出す効果をもっています。
  • ・新たなる運命やドラゴニュートフィストと相性が良く、相手のフォロワーを除去しながら展開することも可能です。
  • ・しかし、2/1と体力が低く1コストのフォロワーとトレードされてしまう点や、他に効果を持っていないため採用されるデッキは限られるといえます。
ネフティスネクロ ネフティス

  • ・ファンファーレでそれぞれコストの異なるフォロワー(ネフティスを除く)をランダムに1枚づつ、自分のデッキから場が上限枚数になるまで出し、この能力で出たフォロワーすべてを破壊する能力をもっています。
  • ・運が良ければ最大4体のラストワードを活かすことができ、デュエリスト・モルディカイなどがだせれば盤面を非常に制圧しやすくなります。
  • ・しかし、運要素が高いカードで安定した効果とはいえ現状では使い道があまりないカードといえます、新カード次第で評価が変わるカードです。
シャドウリーパーネクロ シャドウリーパー

  • ・ファンファーレで相手のターン終了時まで潜伏をもち、自分の他のフォロワーが破壊されるたびに+1/1する効果を持ちます。
  • ・1ターン限定の潜伏のため、序盤では大したステータスは望めません。中盤などに場に出し、死の祝福などで守るような立ち回りが出来れば活躍が期待できます。
  • ・破壊されなければいけないので、ファントムハウルなどと組み合わせられないのがネックです。扱いづらい印象を受けるカードです。
よろめく不死者ネクロ よろめく不死者

  • ・ラストワードでランダムな相手のフォロワー1体を破壊する効果と、守護フォロワーしか攻撃できないデメリットを持ちます。
  • ・ラストワードはシンプルに強力ですが、守護フォロワーしか攻撃できないので、能動的に機能させるためにはソウルコンバーションやソウルアサシンによるサポートが必要です。
  • ・ネフティスなどの新カードや、既存カードと概ね相性がいいため採用されることはあるでしょう。しかし超越ウィッチなど、全く苦にしないデッキもあることから、環境次第で評価が変わるカードです。
海賊ゾンビネクロ 海賊ゾンビ

  • ・ネクロマンサー、ファンファーレ ネクロマンス2で「ラストワード ゾンビ1体を出す」を持ちます。
  • ・中盤以降に引いても腐りづらい点は評価できますが、肝心の3ターン目で効果を発動できるかがやや不安定です。
  • ・ネクロマンサーは優秀なカードが多く、ラビットネクロマンサーや、スケルトンナイトを差し置いてまで採用されるかは怪しいです。
怪犬の墓守ネクロ 怪犬の墓守

  • ・ファンファーレで自分の場のフォロワーが消滅するとき、消滅せず破壊される効果を付与します。
  • ・ビショップ対策だけでなく、ファントムハウルと組み合わせれば、実質ネクロマンスなしでゴーストを4体場に出せます。
マステマヴァンプ マステマ

  • ・必殺とこのフォロワーは守護を持たないフォロワーを攻撃できないの効果をもっています。
  • ・コスト以上のステータスを持ちながら、守護フォロワーに攻撃できないデメリットしか持っておらず、アタッカーとしての活躍が期待できるカードです。
  • ・盤面が不利な状態であれば、プレイする暇がなく手札で腐る確率があるカードといえます。
キャタラクトビーストヴァンプ キャタラクトビースト

  • ・【交戦時】に相手のフォロワーすべてに1ダメージの効果を持っています。
  • ・小型フォロワーを一掃できるカードとして活躍できる可能性があり、エルフやロイヤルに有効な効果です。
  • ・交戦時なので、確実に発動できる効果と違い、コストも6コストと思いため採用されるケースは少ないでしょう。
高慢なる悪魔ヴァンプ 高慢なる悪魔

  • ・6コスト3/7、自分のターン終了時、自分のリーダーに2ダメージを与え、このフォロワーの攻撃力を+2する効果を持ちます。
  • ・体力が高いため、有利トレードに向いたカードです。エンドフェイズに攻撃力を上げていく効果が無視できないうえ、フォロワーでの処理を試みた相手に大きな損失を与えやすいです。
  • ・しかし、出したターンにEPなどを用いなければ盤面に干渉できない点が欠点です。インプランサーの方が様々使い道があり、性能も大差ないので、優先されやすいでしょう。
人狼ヴァンプ 人狼の群れ長

  • ・必殺とファンファーレで復讐状態なら、人狼の群れ長1体を出す効果を持っています。
  • ・復讐状態なら3コストで4/4に値するフォロワーを展開でき、必殺を持っているため大型フォロワーとのトレードも狙うことができます。
  • ・しかし、復讐状態なので効果の恩恵を受ける前にトドメを刺される可能性もあり、守護を優先しなければならない場合もあるため、使うタイミングが難しいカードといえます。
処刑人の斧ヴァンプ 処刑人の斧

  • ・1コスト、味方フォロワー1体に突進を付与でき、エンハンス4でそのフォロワーを+2/2できます。
  • ・1コストという手軽さで、盤面に影響を与えられる点が魅力です。エンハンス効果は微妙ですが、有利トレードをしやすくなる、あって困らない効果といえます。
  • ・枚数こそ多くはないものの、ミッドレンジやコントロールに1枚ぐらいは採用されそうなカードです。
狂言の偶像ビショップ 狂信の偶像

  • ・このフォロワーは攻撃できず、攻撃されない。自分のターン開始時、進化する。進化後は攻撃できず、攻撃されないと、自分のターン終了時に自分のアミュレット全て破壊する効果を持ちます。
  • ・ラストワードを持ったアミュレットを即座に発動できるようになるのは非常に魅力なうえ、場に出しておけば無視できない効果のため、囮としての働きが期待できます。
  • ・アミュレットを活かすためにデッキの構成を工夫しなくてはいけない点と、噛み合わなければいけないことが懸念点です。
煌角の戦士・サリッサビショップ 煌角の戦士・サリッサ

  • ・突進とこのフォロワーへの4以上のダメージは3になる効果をもっています。
  • ・同コストのフォロワーと相打ちにならず、一方的に打ち勝つ点が強い点といえます。
  • ・コストが重く、7ターン目にプレイするカードの性能としてはイマイチです。主流のビショップデッキで採用されるデッキは現状ないです。
神魔裁判所ビショップ 神魔裁判所

  • ・ファンファーレで相手フォロワー1体を破壊、カウントダウン3のラストワードで相手フォロワー1体を破壊するアミュレットです。
  • ・4コストでの確定除去は強力なものの、疾走ビショップではフェイスを2点削れる死の舞踏のほうが優秀。
  • ・気高き教理などと組み合わせることで発動を早められ、コントロールデッキなどでは採用候補に上がります。
エンシェントレオスピリットビショップ エンシェントレオスピリット

  • ・5コスト4/5、進化時、相手のフォロワー全てに2ダメージ与える効果を持ちます。
  • ・状況次第では有用な効果であり、スタッツもコスト相応であるため採用されることはあるかもしれません。
邪悪なる預言者・ダムスビショップ 邪悪なる予言者・ダムス

  • ・相手のターンに、相手のフォロワーが攻撃するとき、そのフォロワーは「ターン終了時、このフォロワーは破壊される」の効果を付与します。
  • ・邪悪なる予言者・ダムスの除去を強要することができ、序盤の攻撃を防ぎやすいフォロワーといえます。
  • ・しかし、体力が2と除去スペルで簡単に除去できてしまい、効果を活かす前に除去されてしまう可能性が高く、使うタイミングが難しいカードといえます。
ペガサスの結晶像ビショップ ペガサスの結晶像

  • ・カウントダウン4 自分のターン終了時、自分のリーダーと自分のフォロワーすべてを1回復する効果を持ちます。
  • ・エイラの祈祷とのコンボが狙え、そうでなくともフォロワーの体力を回復してくれるのは嬉しい点です。しかし、単体ではあまり強力とは言えず、エイラとのコンボができても、発動した分のテンポロスを取り戻すことは難しい印象です。
ソウルコレクタービショップ ソウルコレクター

  • ・7コスト4/3、ファンファーレ 詠唱:死の宣告 1つを出す効果を持ちます。
  • ・死の宣告が発動するのは次のターンであるため、7ターン目という終盤でこのラグは気になります。
  • ・4/3というスタッツ低いです。EPなどを用いなければ盤面に干渉することができないため、採用されること少ないと思われます。
熟達の調教師ビショップ 熟達の調教師

  • ・ファンファーレで【詠唱:聖獣への誓い】1つを出す効果を持っています。
  • ・アミュレットを展開した時の隙を埋められるカードといえ、盤面が有利な状態ならアドバンテージを作りやすいカードといえます。
  • ・しかし、盤面が不利な状態で出すとアミュレットのラストワード発動までに時間がかかってしまうため、展開できるタイミングが限られるフォロワーといえます。
サハクィエルニュートラル サハクィエル

  • ・手札にあるニュートラルのフォロワー1枚を場に出し、突進と自分のターン終了時、手札に戻る効果を付与します。
  • ・サハクィエルの効果で場に出したカードのファンファーレが発動しません。ギルガメッシュでリーダーに攻撃か、高スタッツのフォロワーで盤面をとるのが理想の使い方です。
ゴブリンスレイヤー・ルシウスニュートラル  【ゴブリンスレイヤー・ルシウス

  • ・ニュートラル・ファンファーレ コスト2以上の他のフォロワーすべてに1ダメージ。コスト1のフォロワーすべてに2ダメージ与える効果を持ちます。
  • ・さながらエンジェルバレッジを内蔵しており、実質2コスト3/4と考えれば悪くありません。しかし相手に場に依存する効果は評価が低く、腐る場面が目立つと思われます。
  • ・環境に効果が有効なエルフやロイヤル、ヴァンパイアなどが多くなってきたなら採用を検討しても良いでしょう。また、ニュートラルデッキでは有用な採用候補です。
ウリエルニュートラル  【ウリエル

  • ・アミュレットをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加えます。
  • ・アミュレットを多く採用する秘術(土)ウィッチなどに採用される可能性が高いカードといえます。コストが4コストと若干重いのがネックです。
  • ・バハムート降臨で追加されるアミュレット次第では、評価が変わる可能性があります。
ミニゴブリンメイジニュートラル ミニゴブリンメイジ

  • ・コスト2のフォロワーを一体ランダムに手札に加える効果をもっています。
  • ・アグロヴァンパイアのヴァンピィや、ブラッドウルフをサーチできるカードとして採用される可能性があります。
  • ・平均以下のステータスで、2コストのフォロワーとトレードされてしまう点や、テンポロスに繋がる点が残念です。
御言葉の天使ニュートラル 御言葉の天使

  • ・3コスト2/2、ファンファーレ 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に1ダメージ与える効果を持ちます。
  • ・小型フォロワーや体力が残り僅かなフォロワーを倒せる、扱いやすい効果を持ちます。しかし、2コストフォロワーと相討ちされてしまうスタッツは欠点です。
セクトールニュートラル セクトール

  • ・2コスト2/2、ファンファーレで、場に5コスト以上のニュートラルフォロワーがいれば、+2/2する効果を持ちます。
  • ・発動できれば2コストで4/4を展開できるのは優秀、肝心のニュートラルフォロワーで優秀なものが少ないため、発動が不安定なのが懸念点です。
  • ・追加のニュートラルフォロワー次第で、評価が変動する可能性があります。

その他

カード カード名と概要
宝石のエルフエルフ 宝石のエルフ

  • ・自分の他のフォロワーが場に出るたび、【突進】を付与する効果を持っています。
  • ・大型フォロワーを多く採用した、新しいコンセプトのデッキができるかも知れません。
  • ・しかし、ステータスが5コストの平均以下な点や、小型フォロワーが多くエルフに突進を付与してもあまりメリットが無いため採用されるケースは少ないでしょう。
セルウィンの号令エルフ セルウィンの号令

  • ・エルフ・飛翔する狩鳥1体を出す。(飛翔する狩鳥は2/1疾走)エンハンス 8; その後、グランドアーチャー・セルウィン1枚を手札に加え、そのコストを0にする効果を持ちます。
  • ・3コストで2/1疾走をだすのは心許なく、あまり強力ではありません。8ターン目ともなればゲーム終盤であり、セルウィンを悠長に出している暇もないと思われるので、あまり有効な使い道がないカードです。
剣を樹にエルフ 剣を樹に

  • ・3コスト、コスト2以下の相手のフォロワー1体を破壊する。このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、コスト2以下のフォロワーではなく、コスト5以下の相手のフォロワー1体か、相手のアミュレット1つを破壊する効果を持ちます。
  • ・3コスト使って1or2コストのフォロワーを破壊しているので、テンポの面では損をしています。主にコンボ効果がメインになりますが、5コスト以下の制約が終盤では厄介で発動できる状況が限られる点が欠点です。
  • ・剣を樹によりは、どのタイミングでも使いやすいエクスキューションの方が採用されると思われます。
ベビーフェルパーエルフ ベビーフェルパー

  • ・ファンファーレ このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、+1/+1する効果を持ちます。
  • ・1コストの標準スタッツを下回っているうえ、効果のリターンも小さいので、環境で見ることはないと思われます。
絡みつく蔦エルフ からみつく蔦

  • ・相手フォロワー1体を、自分のターン終了時まで-10/0、エンハンス5で-10/0ではなく破壊する効果を持ちます。
  • ・フェアリーを多数並べていれば、守護持ちのフォロワーを強引に突破できるため、テンポエルフでは採用に一考の余地がありそうです。
  • ・一方、冥府エルフでは採用率が低いと思われます。
天空城ロイヤル 天空城

  • ・ロイヤル・カウントダウン15、自分の場にフォロワーが出るたび、このアミュレットのカウントダウンを1進める。 ラストワード 自分のロイヤル・フォロワーすべては+1/+1されて、疾走を持つ効果を持ちます。
  • ・カウントダウンが非常に長く、ロイヤルが得意とする展開力を持ってしてもラストワード発動は容易ではありません。しかし、ラストワードは場面次第では強力で、乙姫との相性が非常に良いです。
  • ・バフと疾走を付与する対象がロイヤル・フォロワーすべてであるため、もしかしたらその後全てのロイヤルフォロワーが恩恵を受けるかもしれません。そうだった場合は、専用デッキを構築する価値があるかも知れません。
ソードウィップメイドロイヤル ソードウィップメイド

  • ・6コスト5/6、ファンファーレ 自分の場に指揮官・カードがあるなら、相手のフォロワーすべてに1ダメージ。
  • ・6コストは乙姫やセージコマンダーが存在し、ただでさえ枠がカツカツな状態です。6ターン以降では全体1ダメージが活きる場面は限られているため、採用されることはないでしょう。
ブリッツランサーロイヤル ブリッツランサー

  • ・突進の効果を持っているフォロワーです。
  • ・相手のダメージを負った進化フォロワーにぶつけて相打ちを狙うことが可能です。
  • ・突進の効果とステータスが噛み合っていなく、歴戦のランサーなどの2コストのフォロワーで止められてしまうため採用されるケースは少ないでしょう。
シーフロイヤル シーフ

  • ・交戦時(交戦時を持つフォロワーと、相手のフォロワーとの戦闘時)にカードを1枚引く効果を持っています。
  • ・小型フォロワーとの戦闘が続けば、相手のフォロワーを除去しつつ複数枚ドローできるカードです。
  • ・しかし、除去スペルで破壊されると効果を発動できない点や、3コスト2/2とステータスが低く2コストのフォロワーにトレードされるため採用されるケースは少ないでしょう。
プリンセスマナリア・アンウィッチ プリンセスマナリア・アン

  • ・ファンファーレでマナリアドラコ・グレアを出し、進化させます。また、進化後であれば、攻撃時に相手のフォロワー全てに1ダメージ与える効果を持ちます。
  • ・グレアが2回攻撃出来る点と、アンの持つAOEの性能から、小型フォロワーを一掃することに長けた効果です。しかし、ステータスが低いので1体のフォロワーと相打ちになりやすく、効果を活かしづらいことがネックです。
  • ・現状のウィッチのデッキタイプには適さないうえ、単体のカードパワーがあまり高くないことから、今後も採用されることは少ないと思われます。
マナリアドラコ・グレアドラゴン マナリアドラコ・グレア

  • ・ファンファーレでプリンセスマナリア・アンを出し、進化させる効果と、進化後であれば2回攻撃出来る効果を持ちます。
  • ・アンが攻撃時に相手のフォロワー全てに1ダメージ与える効果を持ち、自身も2回攻撃できることから小型フォロワーの除去に長けた効果です。しかし、ステータスが低いので1体のフォロワーと相打ちになりやすく、効果を活かしづらいことがネックです。
  • ・ジルニトラの方がカードパワーが高く、疾走を持ち状況に応じた扱いができるため、グレアが採用されることは少ないでしょう。
伊達政宗ドラゴン 伊達政宗

  • ・2コスト2/2、ファンファーレ エンハンス7:攻撃力と体力を+3して、突進 と 必殺を持つ効果を持ちます。
  • ・7コストとしては心許ない性能であり、2コストであればユニコや、覚醒状態で効果を発揮するドラゴンライダーなどの方がいいでしょう。
竜爪の首飾りドラゴン 竜爪の首飾り

  • ・自分のフォロワー、スペル、アミュレットが与えるダメージを+1する(攻撃によるダメージも、能力によるダメージも+1する)効果を持っています。
  • ブレイジングブレスを1コストで3ダメージにできるなど、全体的に火力を上げれるカードです。
  • ・しかし、5コストと若干重い点がネックで、5ターン目に出してしまうと隙ができてしまう場合が多いため、採用されるケースは少ないといえます。
ドラゴンテイマードラゴン ドラゴンテイマー

  • ・2コスト2/2、ファンファーレ 覚醒状態であれば、他のフォロワー1体を+1/+1します。
  • ・体力も上げてくれるので、有利なトレードを狙えたり、打たれ強くできる点は魅力です。しかし、そもそも単体の制圧力が高いドラゴンでは、あまり有用とは言えません。
  • ・ムシュフシュや、発動条件がやや難しいですがリターンが大きい、変化する魔術師の方が採用されると思われます。
冥府神の契約ネクロ 冥府神との契約

  • ・冥府神との契約は、相手の体力4以下のフォロワー1体を破壊し、エンハンス7で破壊したフォロワーの攻撃力、体力をそれぞれをプルートのプラスする効果をです。
  • ・3コストで体力4と除去スペルとして優秀で、エンハンス7でプルートを出せるので強力です。
  • ・体力4以下のフォロワーしか除去できず大型フォロワー使用できず、7コストでも盤面を取り返せない場合があるため採用されるケースは少ないでしょう。
死霊の手ネクロ 死霊の手

  • ・体力1の相手のフォロワー1体破壊し、自分の墓場が8枚以上あるなら、好きなフォロワーを一体選び破壊する効果を持っています。
  • ・序盤から使うことができるカードで、ネクロマンスを発動できれば1コストで相手のフォロワーを破壊できるコストパフォーマンスを持っています。
  • ・しかし、墓地が8枚ないかぎり体力1のフォロワーしか破壊できず、ネクロマンスを発動しても墓地を8枚も消費してしまうため、採用されるケースは少ないでしょう。
双翼の警護者ネクロ 双翼の警護者

  • ・守護、ファンファーレ ネクロマンス4で、相手のフォロワー1体に2ダメージ与える効果を持ちます。
  • ・効果は便利な場面があるかもしれませんが、ネクロマンスの量やスタッツも考えるとあまりコストパフォーマンスは良いとはいえません。
  • ・また、死の祝福や腐の嵐などにネクロマンスを使いたいので、3コストフォロワーではスパルトイソルジャーの方が優先されると思われます。
闇の従者ネクロ 闇の従者

  • ・コスト3の1/1でこのフォロワーは守護を持たないフォロワーを攻撃不能。ラストワードでリッチ1体を出す効果を持っています。
  • ・ラストワードを発動できれば、4/4とコスト以上に値するフォロワーを展開できます。
  • ・しかし、守護フォロワーしか自害の手段を持たず、無視される確率が高いため採用されるケースは少ないといえます。
怨嗟の声ネクロ 怨嗟の声

  • ・ゴースト2体を出し、 エンハンス8でその後、それらのゴーストは必殺を持つ効果を持ちます。
  • ・3コストで場にゴーストを2体展開できるため盤面を埋めやすいカードといえ骸の王を3ターンで出しやすくなるカードといえます。
  • ・しかし、展開するゴーストは場に残らないため相手に盤面を取られる可能性が非常に高く、エンハンス8ですが大型フォロワーなどがいなければ刺さらないので採用されるケースは少ないでしょう。
千雨の槍使いヴァンプ 千雨の槍使い

  • ・5コスト4/5、ファンファーレで復讐状態なら相手のフォロワーに2ダメージ与える効果と、進化時、相手のフォロワー1体に2ダメージ与える効果を持ちます。
  • ・コスト相応のスタッツを持つ点は評価できるものの、効果はやや扱いづらさが伺えます。条件が緩くリーダーにもダメージを狙えるエリニュスの方が優先されるでしょう。
  • ・進化時の効果はEPさえあれば状況を選ばず発動できますが、進化後のスタッツが5/6な点がさらに評価を下げます。
ジュエルデビル・モリアナヴァンプ ジュエルデビル・モリアナ

  • ・ファンファーレ、復讐状態なら、自分のEPの1回復する効果を持ちます。
  • ・効果の発動タイミングから、コントロールであればオリヴィエ、アグロであればそもそも入る余地がないといった印象を受ける効果です。
  • ・ステータスも3/3と、4コストフォロワーの標準スタッツを下回っているので、採用されることは少ないと思われます。
信仰の具現化ビショップ 信仰の具現化

  • ・ビショップ・コスト2以下の、それぞれ名前の異なる「カウントダウンを持つアミュレット」をランダムに3枚、自分のデッキから場に出す効果を持ちます。
  • ・1枚で3枚分の役割ができるカードですが、このカードを発動したターンは他のカードを使いづらく、隙が大きいカードです。カウントダウンを早めるカードが手札になければ、ラストワード起動までさらにラグが入るので、致命的な敗因になりやすいカードです。
  • ・隙が大きく、カウントダウンを早めるカードと組み合わせが必須です。このカードを採用する場合は1コストアミュレットの採用枚数を抑えるなどしなくてはならないので、そこまでして使うほどのカードではないでしょう。
マスターレディセージビショップ マスターレディセージ

  • ・自分のターン終了時、自分のアミュレット全てのカウントダウンを1進める効果を持っています。
  • ・ユニコのように場にいる限り効果を発動できるため、継続的にアミュレットを進められる可能性があります。
  • ・しかし、3コストで1/2とステータスが低く簡単に除去出来てしまい継続的にアミュレットを進めるのは難しいため、採用されるケースは少ないでしょう。
フロッグクレリックビショップ フロッグクレリック

  • ・ファンファーレ エンハンス4で自分のリーダーか、自分のフォロワー1体の体力を3回復する効果を持っています。
  • ・類似したカードにレディアンスエンジェルがおり、エンハンス発動でも1コスト低い点が優れています。
  • ・しかし、レディアンスエンジェルの方がステータスは高く、ドロー効果も持つためフロッグクレリックが採用されるケースは少ないといえます。
ゴブリンブレイカー・ティナニュートラル  【ゴブリンブレイカー・ティナ

  • ・進化時、相手のフォロワーに2ダメージ、そのフォロワーがニュートラルであれば、代わりに5ダメージ与える効果を持ちます。
  • ・対象が局所的、かつニュートラルで採用されるカードの多くは、ルシフェルやサタンといったティナの効果では破壊できないようなカードばかりなので、あまり効果が活きる場面は少ないでしょう。
  • ・進化後のスタッツも4/5と低くです。総じて採用されることはあまりないと思われます。
氷獄の呼び声ニュートラル 氷獄の呼び声

  • ・氷獄の呼び声は、相手のフォロワー1体を破壊し、エンハンス8で上記の効果の後、サタンズサーヴァント1枚を手札に加える効果です。
  • ・エンハンスの効果で、サタンデッキから作られるサタンズサーヴァントを手札に加えられるのでラウラと組み合わせると13点のバーストダメージを与えることができます。
  • ・しかし、ラウラ以外に組み合わせられるカードは現状なく、サタンズサーヴァントに疾走を与えられないと対策するターンを与えてしまうため採用されるケースは少ないと思います。
覇食帝・カイザニュートラル 覇食帝・カイザ

  • ・ファンファーレでアルティメットキャロット1枚を手札に加える効果をもっています。
  • ・アルティメットキャロットは、ラストワードで手札に戻り再利用できるので、手札切れを防げるカードです。
  • ・しかし、3ターン目で出すカードとしては弱く、テンポロスにも繋がるカードなため、採用されるケースは少ないでしょう。
リリエルニュートラル 天弓の天使・リリエル

  • ・2コスト2/2、進化時、相手のリーダーか相手のフォロワーに1ダメージ。
  • ・ほぼ全てのクラスに扱いやすい効果を持った2コストフォロワーがいるうえに、進化時の効果も特別強力なわけでもありません。
  • ・リリエルにEPを割く状況は稀であるため、採用されることはまずないと思われます。
戦乙女の槍ニュートラル 戦乙女の槍

  • ・2コスト、自分の場にニュートラル・フォロワーが出るたび、それを+1/+0する効果を持ちます。
  • ・ニュートラルフォロワー自体あまり優秀なカードが少なく、体力が上がらないため使いづらいです。発動した際のテンポロスをカバーできるほどの働きも難しいでしょう。
バハムート降臨関連記事
新カード一覧 新カードパック情報まとめ
新能力エンハンス解説

強くなるための関連記事一覧

最強デッキランキング

プロのシャドバ講座
2pick虎の巻「第2回環境で強いリーダーは?」 第5回超越ウィッチ対策編
2pick虎の巻「第1回環境の変化」 第4回アグロヴァンプ対策編
ぜろろ軍曹デッキ一覧 maiデッキ一覧
デッキレシピ一覧
デッキ一覧と評価 アグロデッキ一覧
ミッドレンジデッキ一覧 コントロールデッキ一覧
コンボデッキ一覧 守護系デッキ一覧
クラス別デッキ一覧
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロ ヴァンプ ビショップ 無課金
大会情報
全国大会情報 第5回アルテマ杯レポート
カード一覧とデッキ投稿
ティア全カード一覧 ケリドウェンデッキ投稿と観覧 オリヴィエリセマラ
  • LINEで送る

書き込み

ご指摘、ご意見、ご感想などなど、 あなたのコメントをお待ちしてます!

最新を表示する
    2 名無し

    >>1

    お忙しい中、ご指摘いただきましてありがとうございます。


    サラマンダーブレスをランキングに追加いたしました、この度はご不便おかけいたしまして、大変申し訳ございません。


    1 名無し

    全カード追加と言っておきながらサラマンダーブレスがないぞ。


攻略メニュー
矢印 トップへ