ブラッドムーンヴァンパイアのデッキレシピ/立ち回りと対策

シャドウバース(シャドバ)のブラッドムーンヴァンパイアのデッキレシピを紹介します。立ち回りや対策はもちろん、評価や特徴、相性、おすすめ代替カードなどを記載しています。ブラッドムーンヴァンパイアデッキ構築の参考にしてください。

ブラッドムーンヴァンパイア

ヴァンパイアのおすすめデッキ
アグロヴァンパイア 疾走(復讐)ヴァンパイア
メイルストロームヴァンパイア

ブラッドムーンヴァンパイアの評価

評価点 75/100点

デッキレシピ

フォロワー 効果 枚数
蠢く死霊 【蠢く死霊】
ファンファーレ お互いのリーダーに1ダメージ。
3枚
レヴィオンデューク・ユリウス 【レヴィオンデューク・ユリウス】
相手の場にフォロワーが出るたび、相手のリーダーに1ダメージ。
3枚
ナイトメア 【ナイトメア】
ファンファーレ 復讐 状態なら+2/+0する。
2枚
ブラッドウルフ 【ブラッドウルフ】
疾走 ファンファーレ 自分のリーダーに2ダメージ。
3枚
デモンコマンダー・ラウラ 【デモンコマンダー・ラウラ】
ファンファーレ 復讐 状態なら、自分の他のフォロワー1体は疾走 を持つ。
2枚
復讐の悪魔 【復讐の悪魔】
復讐 状態でないなら、このフォロワーは攻撃不能。
2枚
吸血貴・ヴァイト 【吸血貴・ヴァイト】
守護 交戦時、フォレストバット1体を出す。
3枚
ダークジェネラル 【ダークジェネラル】
ファンファーレ 復讐 状態なら疾走 を持つ。
3枚
インプランサー 【インプランサー】
疾走
3枚
アルカード 【アルカード】
疾走 ファンファーレ 復讐 状態なら、自分のリーダーを4回復。
2枚
アミュレット 効果 枚数
ブラッドムーン 【ブラッドムーン】
カウントダウン4 ファンファーレ 自分のリーダーは(体力が11以上でも)復讐状態になる。この能力は、このアミュレットが場を離れるとき失われる。
3枚
スペル 効果 枚数
眷属の召喚 【眷属の召喚】
フォレストバット2体を出す。
3枚
鋭利な一裂き 【鋭利な一裂き】
自分のリーダーに2ダメージ。 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。
3枚
死の舞踏 【死の舞踏】
相手のフォロワー1体を破壊する。相手のリーダーに2ダメージ
2枚

ブラッドムーンヴァンパイアの特徴と相性

ブラッドムーンヴァンパイアの特徴

復讐状態を活かした疾走デッキ

ブラッドムーンヴァンパイアは、ブラッドムーンの復讐状態を活かして、ダークジェネラルなどの疾走フォロワーでダメージを与えるデッキです。

ブラッドウルフインプランサーなどの疾走フォロワーを多く採用しているため、瞬間的にダメージを与えやすいのが強みです。

コンボが豊富

ブラッドムーンを展開できている状態であれば、ラウラが疾走の効果を付与できるため、コンボの幅が大幅に広がります。

5ターン目にラウラナイトメアを組み合わせてのコンボや、6ターン目に復讐の悪魔ラウラを組み合わせてのコンボが可能になり、コンボが豊富なのも特徴です。

デッキの相性

コントロールデッキに有利

疾走フォロワーが多く、早い段階で相手リーダーの体力を削るのが得意なので、フォロワー展開が遅いコントロールデッキが得意だと思われます。

特にフォロワーをあまり展開しない超越ウィッチが相手であれば、序盤からダメージを与えやすいため、早い段階で勝負を決めやすいと予想されます。

守護が多いデッキに弱い

疾走フォロワーで与えるダメージが多いため、守護フォロワーを複数展開する陽光ビショップ秘術ウィッチが苦手と思われます。

立ち回りのコツ

ブラッドムーンヴァンパイアは、ブラッドムーンを展開するタイミングが立ち回りのコツです。

手札にダークジェネラルラウラがいる場合は、最速で展開したいカードではありますが、コンボになるカードが手札になければテンポロスになる場合があるため、判断が必要です。

また、相手に盤面が制圧されてる状態でブラッドムーンを展開すると、盤面の状況を悪化させ、そのまま押し切られる場合もあります。なるべく盤面が有利な状態で展開するようにしましょう。

引き直し(マリガン)

マナカーブ通りに引きたい

序盤はテンポ良くプレイするのが重要なので、PP順にプレイできるような手札を狙いましょう。蠢く死霊ユリウスヴァイトといったカードを1枚ずつ引けるのが理想です。

コンボを意識してキープ

ヴァンピィ吸血鬼の古城といったカードは、フォレストバットを出すカードと組み合わせることで真価を発揮するため、なるべく眷属の召喚などと合わせてキープするようにしましょう。

ブラッドムーンに関しては、相手がアグロ系のデッキだと思われる場合は、テンポロスになるためマリガンしてしまいしましょう。

バーンカードは戻そう

序盤は、バーンスペルよりテンポよくフォロワーをプレイして盤面を制圧していきたいので、バーンカードは全て戻してしまいましょう。

ただし、後攻の場合はエンシェントエルフ教会の護り手などの厄介な守護フォロワーを出されてしまうとフォロワーを消耗させられ、手札が枯渇する要因になります。

序盤に厄介な守護フォロワーを立てられる可能性のある相手の場合は、鋭利な一裂きのキープを検討しましょう。

1~3ターン

テンポよくプレイしていこう

序盤はとにかくフォロワーを展開していくことが重要です。蠢く死霊ヴァンピィヴァイトや、蠢く死霊→ユリウス→ヴァイトなどが理想のムーブになります。

盤面が有利であればブラッドムーンを展開

盤面が有利な状態であれば、強力なコンボが可能になるブラッドムーンを最短で展開しましょう。

ブラッドムーンを展開できれば、ナイトメア復讐の悪魔で盤面を制圧しやすくなり、ラウラを使用したコンボが可能になります。

4~6ターン

ラウラのコンボを積極的に狙う

ブラッドムーンが展開できていれば、ラウラナイトメア復讐の悪魔を使ったコンボを積極的に狙って行きましょう。

ラウラのコンボが発動できれば、瞬時に相手リーダーにダメージを与えられるため、ダメージレースで勝ちやすくなります。

EPを積極的に使おう

進化が使えるようになったら、疾走を持ったフォロワーや、リーダーに攻撃できるフォロワーを積極的に進化して、ライフを削っていきましょう。

特にインプランサーは進化すると体力が8と高く、非常に場持ちが良くなるため、積極的に進化を使用したいフォロワーです。

7~9ターン

トップを意識してプレイ

終盤に差し掛かり、手札がジリ貧に陥ってきている頃合いです。しかし相手のライフが残り僅かであれば、盤面が劣勢でも勝つことができるので諦めないようにしましょう。

盤面が劣勢の場合、取り返すことはほぼ不可能であるため、何を引けば相手のライフを削れるか考えてプレイします。

特にフォレストバットを出すカードは、ヴァンピィが場にいればダメージソースとなるので、無闇に出さずに温存しておくことが立ち回りのコツとなります。

ブラッドムーンヴァンパイアの対策

盤面制圧を優先

相手にブラッドムーンを展開されると非常に厄介なので、盤面の有利をキープして展開しづらい環境をつくりましょう。

もし、相手に展開されてしまった場合は、なるべくライフを高くするか、展開できるなら守護フォロワーを出しましょう。

ライフを高く維持しよう

鋭利な一裂きや疾走フォロワーを使用してくるため、ライフが少ないと削りきられる可能性が高いです。

フォロワーからのダメージを最小限にして、ライフはなるべく高く維持するようにしましょう。

各デッキタイプの戦い方

タイプ 対策方法
アグロ ・デッキタイプによって戦い方が異なる
・先行であれば有利トレードだけ行いひたすらフェイス
・後攻の場合はフォロワーを徹底して処理し、被ダメを抑える
ミッド
レンジ
・先行後攻問わず、フォロワーを徹底して処理し、被ダメを抑える
・ライフと盤面に余裕がでてきたら相手のライフを削っていく
コン
トロール
・先行後攻問わず、フォロワーを徹底して処理し、被ダメを抑える
・ライフと盤面に余裕がでてきたら相手のライフを削っていく

ブラッドムーンヴァンパイアを使った人の評価

ブラッドムーンヴァンパイアに対するみんなの評価

グラフ グラフ 1人グラフ グラフ グラフ 1人グラフ グラフ グラフ グラフ グラフ
10 20 30 40 50 60 70 80 90 100

※評価人数は使った人の声や独自の調査で集計した人数です

ブラッドムーンヴァンパイアを使った人の声

【プレイヤーレベル】AA0~3

強い点4Tからディアボリック、裁き、黙示、ダークジェネラルと強い回復、除去、打点を継続できる。ラウラサーヴァントといった手段も後半でかなり有効になる
弱い点ブラッドムーンがないと弱い、ドラゴンには回復手段が今回から大量追加され、早期決着に持ち込みにくい

参考になった

19

【プレイヤーレベル】A0~3

弱い点回復する奴が多いから打点が足りない

参考になった

34

その他のヴァンパイアデッキ一覧

アグロヴァンパイア 疾走(復讐)ヴァンパイア
メイルストロームヴァンパイア

ブラッドムーンヴァンパイアを使ったことある方へ!
評価を募集してます!

  • プレイヤーレベル
  • 評価
    ①コストバランス②手札の回しやすさ③カードの強さの観点から見て点数付け
    ※評価人数は使った人の声や独自の調査で集計した人数です。
  • ブラッドムーンヴァンパイアが強い点
  • ブラッドムーンヴァンパイアが弱い点

2015y09m08d_165507318

  • LINEで送る
攻略メニュー