アグロネクロのデッキレシピ/立ち回りと対策

シャドウバース(シャドバ)のアグロネクロのデッキレシピを紹介します。立ち回りや対策はもちろん、評価や特徴、相性、おすすめ代替カードなどを記載しています。アグロネクロデッキ構築の参考にしてください。

アグロネクロ

ネクロマンサーのおすすめデッキ
ヘクターミッドレンジネクロ アグロネクロ
ヘクターアグロネクロ 骸の王ネクロ
ネフティスネクロ 手帳ネクロ

アグロネクロの評価

評価点 95/100点

デッキレシピ

アグロネクロ

フォロワー 効果 枚数
ゴブリン 【ゴブリン】
-
3枚
スカルビースト 【スカルビースト】
ラストワード 自分の墓場を+1する。
3枚
スケルトンファイター 【スケルトンファイター】
ファンファーレ ネクロマンス 1; +1/+1する。
3枚
レッサーマミー 【レッサーマミー】
ファンファーレ ネクロマンス 4; 疾走 を持つ。
3枚
ダークコンジュラー 【ダークコンジュラー】
ファンファーレ 自分の場に進化後フォロワーがいるなら、ゴースト1体を出す
3枚
天弓の天使・リリエル 【天弓の天使・リリエル】
-
3枚
シャドウリーパー 【シャドウリーパー】
ファンファーレ 相手のターン終了まで、【潜伏】 を持つ。 自分の他のフォロワーが破壊されるたび、+1/+1する
3枚
破魂の少女 【破魂の少女】
ファンファーレ ネクロマンス:4 相手の進化後フォロワーを1体破壊する。
2枚
ラビットネクロマンサー 【ラビットネクロマンサー】
ラストワード 相手のリーダーに2ダメージ。
3枚
骨の貴公子 【骨の貴公子】
ファンファーレ 自分のフォロワーすべては、「ラストワード スケルトン1体を出す。」を持つ。
3枚
オルトロス 【オルトロス】
ファンファーレ ランダムな相手のフォロワー1体に2ダメージを与える。ランダムな自分の他のフォロワー1体の攻撃力を+2する。
3枚
ケルベロス 【ケルベロス】
ファンファーレ ミミとココ1枚ずつを手札に加える。
3枚
スペル 効果 枚数
ゾンビパーティ 【ゾンビパーティ】
相手のフォロワー1体に3ダメージ。エンハンス:7 その後、ゾンビ3体を出す。
1枚
ファントムハウル 【ファントムハウル】
場が上限枚数になるまで「ネクロマンス 1; ゴースト1体を出す」をくり返す。 (上限は5体)
3枚
死の舞踏 【死の舞踏】
相手のフォロワー1体を破壊する。相手のリーダーに2ダメージ
1枚

デッキコードを発行

おすすめ代替カード

カード おすすめ理由
ソウルコンバージョン 【ソウルコンバージョン】
中盤以降腐りやすい1コストフォロワーをコストに発動できれば強力です。フォロワーを破壊するので、シャドウリーパーの攻撃力を能動的に上げることができます。ゾンビパーティなどと入れ替え候補。
御言葉の天使 【御言葉の天使】
1点のダメージで、序盤の盤面をとりやすいです。相手リーダーにもダメージを与えられるのが魅力です。2コストフォロワーなどと入れ替え候補。
風神 【風神】
骨の貴公子などにより、盤面にフォロワーが残りやすいので、盤面を大きく強化することができます。死の舞踏などと入れ替え候補。
魔将軍・ヘクター 【魔将軍・ヘクター】
風神と同様に、骨の貴公子などにより、盤面にフォロワーが残りやすいので、盤面大きく強化することができます。エンハンスで突進ゾンビを出すので、守勢の状況でより強さを発揮します。死の舞踏などと入れ替え候補。

アグロネクロの特徴と相性

アグロネクロの特徴

大ダメージを活かしたアグロデッキ

アグロネクロは、序盤から積極的に相手リーダーのライフを削っていき、ケルベロスを絡めたファントムハウルの大ダメージで、勝利を狙うデッキです。

6ターン以降には、ミミ+ココ+ファントムハウル+進化で、11点のライフを一気に削ることができます。

フォロワーが場に残りやすい

骨の貴公子のおかげで、場にフォロワーが残しやすく、相手にダメージを与えやすいです。 シャドウリーパーのステータスを上げたり、オルトロスなどが腐りづらくなります。

手札切れが起こりやすい

アグロネクロは、アグロ系の中でも低コストカードが多く採用されているため、息切れがしやすいデッキです。

長期戦になると不利になっていく一方なので、積極的にリーダーにダメージを与えていき、残り僅かなライフは、ファントムハウルで削りきりましょう。

デッキの相性

超越ウィッチに有利

超越ウィッチは、序盤からライフを削りやすく、有利な相手です。 守護の展開がほとんどなく、ファントムハウルで大ダメージが与えられます。

イージスビショップにやや不利

イージスビショップは、漆黒の法典鉄槌の僧侶苦罰の審判者などの消滅手段が豊富で、こちらのラストワード持ちフォロワーを、容易に除去されてしまい苦手です。

ラストワード持ちフォロワーの体力を4以上にし、消滅を警戒する立ち回りが重要です。

主流デッキとの相性

対戦デッキ 相性
疾走ヴァンパイア 有利
OTKエルフ(コンボエルフ) やや有利
ランプドラゴン やや有利
アルベールロイヤル やや有利
白狼エルフ やや有利
ヘクターミッドレンジネクロ やや不利
イージスビショップ やや不利
陽光イージスビショップ 不利

立ち回りのコツ

アグロネクロの立ち回りのコツは、序盤からフェイスを狙い続け、進化権をフォロワー除去に使うのでなく、フェイスを殴れるフォロワーに使用するのが重要になります。

ケルベロスファントムハウル、進化権を1つ組み合わせると、1ターンで11ダメージ与えられるため、6ターン目までに9ダメージ以上与える立ち回りを意識しましょう。

アグロ系同士の場合は、手札の状況や盤面の様子などから、フェイスに行くか盤面のフォロワーを処理するか常に考え、不必要なトレードは極力行わず、相手のライフを削るのが理想です。

引き直し(マリガン)

マナカーブ通り引きたい

1コスト、2コストとフォロワーを出せるのが理想なので、1コストフォロワーと2コストフォロワーを探します。

2コストフォロワーが複数来た場合、リリエルを残しましょう。レッサーマミー破魂の少女は、中盤や終盤に引いた場合、強力な効果を発揮するためです。

シャドウリーパーは、2コストフォロワーだと考えないので基本的にキープしませんが、1コストフォロワーと2コストフォロワーを、握れている場合はキープします。

組み合わせを意識する

オルトロスは、1コストフォロワーと2コストフォロワーが握れている場合はキープします。4ターン目にフォロワーを処理しながらバフを行う動きが強力です。

2コストフォロワーがなく、1コストフォロワーと骨の貴公子をキープ出来ている場合、両方キープします。

2コストフォロワーか、1コストフォロワーをマリガン1枚と2枚のドローで引けば問題ありません。1コストフォロワーを引いた場合でも、場に2体並ぶので効果を2体に付与でき強力な動きになります。

1点ダメージに注意

エルフ、ウィッチが相手の場合はスケルトンファイターをキープしない方が良いでしょう。メイエンジェルスナイプで処理をされてしまいます。

1~3ターン

積極的にフォロワーを展開

積極的にフォロワーを展開して、相手のライフを削っていきましょう。1ターン目スカルビースト、2ターン目天弓の天使・リリエル、3ターン目ラビットネクロマンサー骨の貴公子を場に出す動きが理想です。

トレードは控えよう

6ターン目までに相手のライフを11以下に削っておくことが理想なので、有利トレードをされる状況であっても最優先で相手リーダーを攻撃しましょう。

リーダーのライフを削ってプレッシャーを与えることで、相手に除去を強要できます。

4~6ターン

ライフを11以下にしておこう

6ターン目にココとミミ+ファントムハウルのコンボで削りきれる状況にしておくためにも、4ターン目前後に相手のライフを11以下にすることを意識してプレイしましょう。

進化して積極的にフェイスに攻撃

場に相手のリーダーを攻撃できるフォロワーがいる場合、積極的に進化して相手のライフを削りにいきます。

ファントムハウルの温存しすぎに注意

ココ+ミミ+ファントムハウルのコンボを狙ってしまいがちですが、温存しすぎに注意しましょう。

ファントムハウル2枚目を引いてしまい、前のターンで1枚目をプレイしていれば勝っていたという場合があります。

他の手札や以後のトップを考えて、最速で相手のライフを削りきるためには何を引けばいいか、どのプランの期待値が大きいかなど考えたうえで、プレイするのが重要です。

7~9ターン

直接火力でフィニッシュ

終盤までくれば、相手のライフは残り僅かなことが多いです。ファントムハウル死の舞踏などを使って、フィニッシュを狙いましょう。

もし手札が枯渇してしまっても、相手のライフが残り僅かであれば諦めずに戦いましょう。相手に守護がなければファントムハウルやレッサーマミーで削りきれる場合があります。

アグロネクロの対策

フォロワー除去最優先

アグロネクロは、序盤からフォロワーを展開して、早い段階で勝負を決めるデッキです。

場にフォロワーを残してしまうと、骨の貴公子オルトロスで強化されてしまいます。なので、除去を最優先するのが重要です。

バーストダメージを警戒する

ミミとココを組み合わせたファントムハウルで、一気に9点以上ダメージを与えられてしまいます。

事前に守護フォロワーを並べておくか、回復カードなど使って、ライフを高く保つようにしましょう。

各デッキタイプの対策

タイプ 対策方法
アグロ ・先行であればライフを優先で削っていく
・後攻であればフォロワー処理を優先してライフを高めに維持する
ミッド
レンジ
・フォロワーを徹底的に処理して息切れを狙う
・直接ダメージを与えるスペルに備えて、ライフを高めに維持する
コン
トロール
・フォロワーを徹底的に処理して息切れを狙う
・直接ダメージを与えるスペルに備えて、ライフを高めに維持する

クラス毎の立ち回りのコツ

エルフ

OTKエルフを想定したマリガン

環境のエルフの多くはOTKエルフなので、OTKエルフを想定したマリガンをします。先行の場合は基本通りのマリガンを行いましょう。

後攻の場合、エルフはエンシェントエルフグリームニルを出すことが多いので、ゾンビパーティをキープしてもいいでしょう。

エンシェントエルフを警戒

エンシェントエルフを警戒しましょう。フェアリーなどを有利交換出来る場合は、処理を優先します。

相打ちの場合は、相手から処理をしてくるのでフェイスを攻撃しましょう。しかしメイは、相打ちしてでもこちらから処理します。自然の導きなどで何度も使われると、盤面が処理されやすくなってしまうためです。

処理しない場合は、エンシェントエルフを出された場合どのぐらいのスタッツになるかを予想し、対処出来るカードが手札にあるか検討しましょう。ない場合は処理をした方が安定です。

森の意志に注意

5ターン目以降は、森の意志に注意します。相手に森の意志を使われる場合、何点出るのかしっかり把握しながら戦いましょう。

森の意志で全滅してしまうことを考慮して盤面の処理をするか考えましょう。ただし次のターンなどに、手札からリーサルが見える場合は、処理をせずライフを削ることが重要です。

ロイヤル

マナカーブ通りのマリガン

ロイヤル全般は早期に押し切りたい相手のため、マナカーブ通りに展開出来るようにマリガンしましょう。

複数有利交換を避ける

アルビダの号令で複数処理をされることが多いので警戒しましょう。体力5以上のフォロワーを出すことで、パイレーツの進化で処理出来なくなるため、複数処理されにくくなります。

さらに進化した2コストフォロワー+ジェノなどにも有効です。シャドウリーパーは体力5以上になれることが多いため意識して戦いましょう。

ツバキが裏目になりますが相手に進化権が残っている間は、アルビダやジェノを警戒した方が良いでしょう。

ウィッチ

基本通りのマリガン

ウィッチ全般は早期に押し切りたい相手です。マナカーブ通りにフォロワーを展開出来るようにマリガンしましょう。

虹の輝きに注意

虹の輝きで2コスト以下のフォロワーは戻されてしまうため、フェイスに進化を使う場合は、3コスト以上のフォロワーを進化させるようにしましょう。

レヴィを警戒

レヴィで有利交換をされないために、4/4以上のスタッツを場に残すようにしましょう。例えば1/1フォロワーと2/2フォロワーが、並ぶ状況で進化する場合は2/2フォロワーを進化させることで、レヴィと相打ちを狙うことができます。

ドラゴン

基本通りのマリガン

環境に多いドラゴンはランプドラゴンなので、マナカーブ通りにフォロワーを展開出来るようマリガンをしましょう。

サラマンダーブレスに注意

相手が6pp以上の場合は、サラマンダーブレスで全滅しない盤面を作りましょう。体力3以上のフォロワーを2体場に残すことで全滅を回避出来ます。

サハルシを意識する

サハクィエル進化とルシフェルの攻撃力は6なので、体力を7以上にすることで2体処理されることを防ぐことが出来ます。シャドウリーパーが7以上に出来る場合があるので、意識しましょう。

ネクロマンサー

アグロネクロを想定したマリガン

環境に多いネクロマンサーはアグロネクロのため、アグロネクロを想定したマリガンをします。先行の場合は基本通りのマリガンを行い、後攻の場合はゾンビパーティをキープしていいでしょう。

どちらのリーサルが早いか見極める

基本的に先行の方が早くトドメを刺せるため有利です。後攻の場合は、処理に回るしかない場合がほとんどになります。先行側が1コストを出せなかった場合は、後攻側が攻めに出れる可能性もあります。

ケルベロスを出された際、6ターン目に11点のダメージを与えられるしまう可能性がありますが、12点以上のライフがある場合は後攻でも攻めにまわりましょう。

後攻で処理をする場合は、なるべく有利交換を意識して処理しましょう。フォロワーの数を減らすことで骨の貴公子の効果が付与されるフォロワーが減り、盤面を取りやすくなります。

破魂の少女に注意

進化する場合は、破魂の少女に注意します。破壊されても問題ないようなフォロワーを進化するよう心掛けましょう。

スタッツ3/3のシャドウリーパーと2/2フォロワーがいた場合は、2/2フォロワーを進化することで破魂の少女を出され進化されても、相打ちに持ち込むことが可能になります。

ヴァンパイア

基本通りのマリガン

環境に多いヴァンパイアは疾走ヴァンパイアなので、マナカーブ通りにフォロワーを展開出来るようにマリガンしましょう。

群れなす飢餓を警戒

群れなす飢餓を使われると、同名のフォロワーをまとめて処理されてしまいます。スケルトンと2体のスカルビーストが並んだ場合は、スカルビーストを処理に使うなど、同名フォロワーが複数並ばないように気をつけましょう。

カオスシップに注意

カオスシップの効果で糸蜘蛛の悪魔が2体出てくると、リーサルが1ターン伸びたりするので注意しましょう。カオスシップは復讐状態で2コストフォロワーを2体出すので安易に復讐状態にしない方がよいです。

疾走ヴァンパイアベルフェゴールなどで自分から復讐状態になるため、無理にリーダーを狙わず盤面の有利交換をした方が、優勢の状態を維持出来ます。

ビショップ

マナカーブ通りのマリガン

ビショップ全般は早期に押し切りたい相手です。マナカーブ通りにフォロワーが展開出来るようにマリガンをしましょう。

消滅系を警戒

漆黒の法典鉄槌の僧侶などの、消滅効果を警戒します。ラビットネクロマンサー骨の貴公子の効果を付与された2コストフォロワーなどを、進化し体力4以上にしましょう。

単純に攻撃力の高いフォロワーを進化させ体力を4以上にすることも、相手フォロワーと相打ちを狙えるので重要です。

レオスピリットを意識

5PP時は、エンシェントレオスピリットで盤面が一掃されないように意識しましょう。体力3以上のフォロワーを2体並べるのが重要です。

シャドウリーパーを進化して、潜伏させた状態にしておくのも有効です。体力3なのでレオスピリットの効果で一掃されず、フォロワーが破壊される度にスタッツが上昇するので、牽制にもなります。

6PP以降はテミスの審判がありますが、気にせず積極的にフェイスに進化を使っていきましょう。

アグロネクロを使った人の評価

アグロネクロに対するみんなの評価

2人グラフ 1人グラフ グラフ グラフ グラフ 1人グラフ 2人グラフ 12人グラフ 23人グラフ 9人グラフ
10 20 30 40 50 60 70 80 90 100

※評価人数は使った人の声や独自の調査で集計した人数です

アグロネクロを使った人の声

【プレイヤーレベル】Master

強い点横展開は最強。7ターン目以降もヘクターがいるため打点が出るようになった。
弱い点アグロ共通だが、マナカーブ通りに引けるか否か。また、守護やAOEに弱い。現在はランプドラゴンのため、左記が少なくメタられにくいが‥

参考になった

14

【プレイヤーレベル】Master

強い点・初手が事故りにくい
・骨の貴公子、ケルベロス、ハウル、リーパー、ヘクター、オルトロス、破魂の少女が強すぎる
・早く試合が終わるので、精神的に楽
・1コスから理想ムーブが出来れば、ビショップの回復量を超えて殴り倒せる

総評:理想ムーブが出来れば全デッキに対して有利が取れるので、当然100点
弱い点・1ターンでも攻めが遅れると勝利出来る確率がガクンと下がりやすい
・構築が難しい

参考になった

183

【プレイヤーレベル】AA0~3

強い点アグロ系の攻勢時のフォロワー維持がラストワードにより容易なことにより進化権をフェイスに使用しやすい
また、ケルベロス、オルトロス、シャドウリーパーなどの強力なユニットも多く早期決着を求めやすい
弱い点プレイングがなっていないと勝てる試合も落としてしまうくらいには繊細なデッキ
フェイスとトレードを間違えないようにしなければならない

参考になった

176
もっと見る

その他のネクロマンサーデッキ一覧

ヘクターミッドレンジネクロ アグロネクロ
ヘクターアグロネクロ 骸の王ネクロ
ネフティスネクロ 手帳ネクロ

アグロネクロを使ったことある方へ!
評価を募集してます!

  • プレイヤーレベル
  • 評価
    ①コストバランス②手札の回しやすさ③カードの強さの観点から見て点数付け
    ※評価人数は使った人の声や独自の調査で集計した人数です。
  • アグロネクロが強い点
  • アグロネクロが弱い点

2015y09m08d_165507318

  • LINEで送る
攻略メニュー