ランプドラゴンのデッキレシピ/立ち回りと対策

シャドウバース(シャドバ)のランプドラゴンのデッキレシピを紹介します。大会入賞デッキや立ち回り、対策はもちろん、特徴や相性、おすすめ代替カードなどを記載しています。ランプドラゴンデッキ構築の参考にしてください。

ランプドラゴン

ドラゴンのおすすめデッキ
ランプドラゴン 疾走ドラゴン
ウロボロスドラゴン フェイスドラゴン
サハクィエル疾走ドラゴン

ランプドラゴンの評価

評価点 95/100点

デッキレシピ

ランプドラゴン

フォロワー 効果 枚数
風読みの少年・ゼル 【風読みの少年・ゼル】
-
3枚
ドラゴンナイト・アイラ 【ドラゴンナイト・アイラ】
ラストワード 自分のPP最大値を+1する。
3枚
風の軍神グリームニル 【風の軍神グリームニル】
守護 エンハンス10:相手のリーダーとフォロワー全てに1ダメージ。これを4回繰り返す
3枚
ラハブ 【ラハブ】
守護 自分のターン終了時、「自分の残りのPPの値」と同じ数だけ攻撃力を+1する。
3枚
水竜神の巫女 【水竜神の巫女】
ファンファーレ このターンが自分の5ターン目以降(5ターン目を含む)なら、自分のPP最大値を+1する。 覚醒状態なら、自分のターン終了時、自分のリーダーを3回復。
3枚
サハクィエル 【サハクィエル】
ファンファーレ 手札にあるニュートラルのフォロワー1枚を場に出す。それは突進と自分のターン終了時、手札に戻るを持つ。
3枚
ルシフェル 【ルシフェル】
自分のターン終了時、自分のリーダーを4回復。
3枚
ウロボロス 【ウロボロス】
ファンファーレ 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。 ラストワード 自分のリーダーを3回復。その後、ウロボロス1枚を手札に加える。
2枚
ダークエンジェル・オリヴィエ 【ダークエンジェル・オリヴィエ】
ファンファーレ 自分のEPを3ポイントにする
1枚
イスラーフィール 【イスラーフィール】
ファンファーレ 自分のリーダーを4回復。攻撃時 相手のリーダーとフォロワーすべてに2ダメージ。
2枚
バハムート 【バハムート】
ファンファーレ 他のフォロワーすべてと、アミュレットすべてを破壊する。相手の場にフォロワーが2体以上いるなら、このフォロワーは相手のリーダーを攻撃不能。
3枚
スペル 効果 枚数
ブレイジングブレス 【ブレイジングブレス】
相手のフォロワー1体に2ダメージ。
2枚
竜の託宣 【竜の託宣】
自分のPP最大値を+1する。 このカードをプレイするとき既に覚醒 状態なら、カードを1枚引く。
3枚
サラマンダーブレス 【サラマンダーブレス】
相手のフォロワー1体に3ダメージ
エンハンス6 上記の効果の後、相手のフォロワーすべてに2ダメージ
3枚
竜の闘気 【竜の闘気】
自分のPP最大値を+1する。カードを2枚引く。自分のリーダーを3回復。
3枚

デッキコードを発行

おすすめ代替カード

カード おすすめ理由
ウルズ 【ウルズ】
アイラを対象に使うことで、よりPPを加速できます。エンシェントエルフや、進化後フォロワーにぶつけてスタッツを下げるといった小回りも効くカードです。7~8コスト帯のカードと入れ替え候補。
ダークドラグーン・フォルテ 【ダークドラグーン・フォルテ】
盤面の制圧には貢献しませんが、高い攻撃力と疾走を持つことからフィニッシャーとしての活躍が見込めます。8コストカードなどと入れ替え候補。
ライトニングブラスト 【ライトニングブラスト】
ドラゴンの苦手なネクロのフォロワーを、消滅することが出来るカードです。また、バハムートを出した次のターンにエンハンスを発動させ、全体消滅させる動きも強力です。ラハブなどと入れ替え候補。
ネプチューン 【ネプチューン】
進化時効果で、大きく盤面を取ることができます。サハクィエルとルシフェルが上位互換とも呼べる動きをとれますが、デッキスロットを圧迫しないことが魅力です。サハクィエルなどの代用候補。
ジェネシスドラゴン 【ジェネシスドラゴン】
高いスタッツと疾走を持つので、フィニッシャーとしての活躍が期待できます。勝ち筋が広がるのが魅力です。イスラーフィールなどと入れ替え候補。

大会入賞デッキ

大会名・結果 入賞者 時期
JCG 2nd Season Vol.19 優勝 澤村スペンサー英梨々 2017/4/2

ランプドラゴンの特徴と相性

ランプドラゴンの特徴

PPを上げて大型フォロワーを召喚

ランプドラゴンは、託宣アイラでPPを加速し、早期に大型フォロワーを出して、盤面を制圧していくデッキです。

水竜神の巫女の登場で更にPPを増やす手段が増え、より早く大型フォロワーをプレイできます。

PPの加速にはややテンポロスを伴いますが、強力な効果を持つサハクィエルルシフェルバハムートといったフォロワーを早い段階で展開していくことで、盤面を取り戻しやすいです。

手札事故が起きやすい

ランプドラゴンは、PPを加速することを前提としているため、高コストカードが多くなりがちで、序盤での手札事故が起こりやすいのが欠点です。

かといって低コストカードを増やすと、PPブーストの強みを活かせなくなるジレンマを抱えています。

デッキの相性

疾走ヴァンパイアに有利

疾走ヴァンパイアは、復讐状態から疾走フォロワーを展開してくる立ち回りのため、有利な相手です。

サハクィエルからバハムートを出し、風読みの少年・ゼル を進化することで、簡単に13点ダメージによるリーサルを狙うことができます。

さらに水竜神の巫女ルシフェル など、回復持ちのフォロワーが豊富なので、相手の息切れを狙いやすいです。

アグロネクロに不利

アグロネクロはとにかくライフを削る速度が速いので、PPを上げる隙もなく、中盤辺りで削りきられてしまうことが多いため不利な相手です。

相手がネクロの場合はアグロネクロを想定し、ブレイジングブレスユニコといった、アグロに有効な低コストカードを狙ってマリガンを行いましょう。

主流デッキとの相性

対戦デッキ 相性
疾走ヴァンパイア 有利
陽光イージスビショップ 有利
ヘクターミッドレンジネクロ やや有利
アルベールロイヤル やや有利
白狼エルフ やや有利
イージスビショップ やや有利
OTKエルフ(コンボエルフ) やや不利
アグロネクロ やや不利

立ち回りのコツ

ランプドラゴンは、大型フォロワーで攻めていくデッキなので、PPを上げるカードを優先してプレイしていきましょう。ルシフェル以外にも、水竜神の巫女といった回復手段も増え、テンポロスを補いやすいです。

しかし、アグロネクロのような早い段階で勝負を決めてくるアグロタイプのデッキには、除去カードやフォロワー展開を優先していくことが重要です。

引き直し(マリガン)

PPを増やしたい

竜の託宣アイラを引けているならば、優先してプレイしPPを増やしていきましょう。早い段階で、水竜神の巫女竜の闘気などのPPを上げるカードが使いやすくなります。

被ダメージを抑える

PPを加速できるカードを引けていない場合は、ブレイジングブレスサラマンダーブレスといったカードで相手フォロワーの処理を優先して、受けるダメージを最小限に抑えましょう。

4~6ターン

引き続きPPブースト

引き続き、水竜神の巫女竜の闘気を使ってPPを上げていきましょう。7PPに持っていくことで、サハクィエルといったフォロワーを出せるようになり、竜の闘気を使ったテンポロスを取り返しやすくなります。

サラマンダーブレスを有効に使う

相手が展開を得意とするデッキであれば、サラマンダーブレスのエンハンス効果を有効に使っていきましょう。

アグロネクロなどは小型フォロワーを横に展開することが多く、単体除去より全体除去として使用したほうが、結果的にダメージを抑えることに繋がりやすいです。

7~9ターン

サハクィエルをプレイする

サハクィエルの効果を活かして盤面を制圧していきましょう。体力が少ないならルシフェル、フォロワーを並べられているならイスラーフィールと合わせるなど、幅広い対応が可能です。

相手のリーサルを警戒

残りライフが僅かなときはルシフェルイスラーフィールなどで体力を回復しておきましょう。終盤では、相手のリーサルを考慮して回復をすることが重要です。

バハムートで勝負を決める

バハムートで盤面を制圧し勝負を決めにいきましょう。バハムートの攻撃を防ごうと小型フォロワーを並べてきた相手には、サラマンダーブレスなどを使って処理できます。

また、進化権が残っていればゼルサハクィエルのコンボが強力です。バハムートをコンボパーツとして利用して大ダメージを狙いましょう。

ランプドラゴンの対策

早期決着を狙う

序盤は竜の託宣アイラなどでPPブーストしていることが多いので、相手の準備が整う前に積極的に体力を削るのが有効です。

相手が大型フォロワーを展開する頃までに、勝負を決めにいくのが理想です。

除去手段をキープ

確定除去できるカードは安易に使用せず、大型フォロワーにプレイするのが重要です。

バハムートがフィニッシャーとなることが多いため、勝負が長引きそうであれば、バハムートを処理できる手段を手札に揃えておきましょう。

全体除去を警戒

全体除去が多いので、むやみにフォロワーを並べないようにしましょう。特にバハムートが出てきそうな場合は、フォロワーを温存することも重要です。

タイプ 対策方法
アグロ ・先攻後攻問わず、フェイス優先
ミッド
レンジ
・早期決着を狙ってフェイス優先
コント
ロール
・早期決着を狙ってフェイス優先

クラス毎の立ち回りのコツ

エルフ

OTKエルフを想定したマリガン

OTKエルフは、エンシェントエルフを出されることを考慮して、ブレイジングブレスサラマンダーブレスをキープできるのが理想です。

序盤のフォロワーをしっかり処理することによって、エンシェントエルフのステータスアップを阻止できます。

守護フォロワーが重要

OTKエルフと対戦した場合は、グリームニルラハブの立て方が重要になります。7ターン目以降から大ダメージを狙ってくることが多いため、6、7ターン目を迎えるまで守護フォロワーをキープできるのが理想です。

盤面を取られている状態で6、7ターン目を迎えたら、迷わず守護フォロワーを立てるようにしましょう。

しかし、相手が事前に0コストフォロワーを準備できているなら、5ターン目からでも最大10点のダメージを与えられるため注意しなければなりません。

ロイヤル

アルベールロイヤルを想定したマリガン

マリガンではアルベールロイヤルを想定して、PPを上げる竜の託宣アイラを優先していきましょう。ロイヤルは決してフォロワーの展開が遅いわけではないので、水竜神の巫女竜の闘気は戻して構いません。

ツバキに注意する

相手の手札にツバキがいることを前提に立ち回り、大型フォロワーを連続で展開できる準備をしておきましょう。

また、水竜神の巫女などのフォロワーは、進化すると攻撃力5以上になってしまうため、ツバキの効果対象に入ってしまうので注意が必要です。

バーストダメージに警戒する

終盤は、アルベールファングスレイヤーなどのバーストダメージを計算して立ち回りましょう。

相手に進化権が残っているときは、水竜神の巫女ルシフェルでしっかり回復して10点以上のライフを保つ必要があります。

ウィッチ

超越は割り切ることが重要

超越ウィッチの数が非常に多いですが、超越に対して有効なマリガンを行ったところでさほど勝率は変わりません。したがって、苦手な超越ウィッチは割り切り、2番目に多いドロシーウィッチを想定したマリガンを行いましょう。

ドロシーウィッチは、1ターンで複数体のフォロワーを展開してくるため、サラマンダーブレスをキープできるのが理想です

ゼルの進化で大ダメージを狙う

超越ウィッチが相手の場合は、序盤からPPをとにかく上げていき、早期にゼル+サハクィエルで削りきることを意識しましょう。超越ウィッチは単体除去に長けているため、フォロワーの展開はほとんど有効になりません。

ドラゴン

ランプドラゴンを想定としたマリガン

現環境は対ミラー戦がほとんどのため、いかにPPを上げられるかが重要です。マリガンではPPを上げるカード優先します。

竜の闘気などは5コストですが、ランプドラゴンは序盤のフォロワー展開はほとんどないため、気にせずキープしていきましょう。

疾走に注意する

ランプドラゴンの勝ち筋の1つである、疾走によるバーストダメージに注意することが重要です。

フォルテジェネシスドラゴンに警戒するのはもちろん、相手に進化権が残っている状態ではゼルの効果も警戒しなければなりません。

ゼルの組み合わせは9、10ターン目にプレイすることが多いので、終盤ではラハブを展開できるのが理想です。

ネクロ

ミッドレンジネクロを想定したマリガン

相手がネクロの場合はヘクターミッドレンジネクロを想定し、竜の託宣はもちろん、ブレイジングブレスなどのバーンカードを狙ってマリガンを行いましょう。

骨の貴公子など、場のフォロワーに効果を付与するカードを使わせない立ち回りが重要です。

破魂の少女に注意する

破魂の少女は、進化したフォロワーを破壊する効果を持っているため、進化の使い方には注意しましょう。守護フォロワーなどに進化を使ってしまうと、守れずに破壊されてしまう恐れがあります。

サラマンダーブレスを有効に使う

サラマンダーブレスは無駄打ちはせず、エンハンス効果を有効活用していきましょう。

ボーンキマイラ骨の貴公子など、ラストワード効果で場にフォロワーを残しやすいカードが多いため、相手のラストワード効果をしっかり発動させてから使用することが重要です。

ヴァンパイア

疾走ヴァンパイアを想定したマリガン

疾走ヴァンパイアを想定すると序盤から攻める必要はないため、マリガンではPPブーストするカードを優先しましょう。竜の託宣アイラはもちろん、水竜神の巫女竜の闘気もキープする対象です。

フォロワー除去に徹する

疾走ヴァンパイアは、ベルフェゴールなどで自ら復讐状態に入る立ち回りをするため、中盤までは相手のライフは気にせず、フォロワー処理を優先していきましょう。

序盤はひたすらPPを上げ、相手が復讐状態に入ったらゼルの効果を使って一気に勝負を決めにいきましょう。ゼル+サハクィエル+バハムートで13点のダメージを与えられます。

復讐の悪魔に警戒

3ターン目に復讐の悪魔をプレイしてきたら、4ターン目に攻撃できるようになることを想定して立ち回りましょう。処理する手段があれば迷わず処理することが重要です。

ビショップ

イージスビショップを想定したマリガン

イージスビショップは立ち上がりが遅いため、マリガンではPPを上げるカードを優先しましょう。

しかし、アイラ漆黒の法典などで消滅されてしまう可能性があるため、竜の託宣竜の闘気を引けているなら戻しても構いません。

イージスをプレイさせない

フィニッシャーであるイージスを出させない立ち回りを意識しましょう。もしくはイージスを出されても勝負を決められる盤面になっていることが理想です。

序盤はPPを上げるカードを優先的に使っていき、中盤以降は進化権を抑えつつ立ち回ります。9PPに達したらゼルサハクィエルのコンボで詰めていきましょう。

ランプドラゴンを使った人の評価

ランプドラゴンに対するみんなの評価

グラフ グラフ グラフ グラフ 1人グラフ グラフ 1人グラフ 4人グラフ 16人グラフ 7人グラフ
10 20 30 40 50 60 70 80 90 100

※評価人数は使った人の声や独自の調査で集計した人数です

ランプドラゴンを使った人の声

【プレイヤーレベル】A0~3

強い点高打点、体力調整、全体除去を兼ね備え、的に応じて柔軟に対応できる。
弱い点序盤のPP加速、的に応じてのマリガンで勝敗が決まる点。

参考になった

25

【プレイヤーレベル】Beginner0~3

強い点pp上げて物理で殴る
弱い点ミラー戦はくそ時間かかることがある
ネクロは若干不利な運ゲー

参考になった

24

【プレイヤーレベル】Master

強い点回復、手札増強、AOEなんでもござれな点。後半にビショが追いつかないほどの高い打点や疾走を入れられる点。スタッツが高いので超越ではメタリにくい点も◯。
弱い点単体除去や手札事故を引きずることがある。また、大型疾走やファッティ持ちのため軽量AOEを少なくしてしまった点。

参考になった

31
もっと見る

その他のドラゴンデッキ一覧

ランプドラゴン 疾走ドラゴン
ウロボロスドラゴン フェイスドラゴン
サハクィエル疾走ドラゴン

ランプドラゴンを使ったことある方へ!
評価を募集してます!

  • プレイヤーレベル
  • 評価
    ①コストバランス②手札の回しやすさ③カードの強さの観点から見て点数付け
    ※評価人数は使った人の声や独自の調査で集計した人数です。
  • ランプドラゴンが強い点
  • ランプドラゴンが弱い点

2015y09m08d_165507318

  • LINEで送る
攻略メニュー