ランプドラゴンのデッキレシピ/立ち回りと対策

シャドウバース(シャドバ)のランプドラゴンのデッキレシピを紹介します。立ち回りや対策はもちろん、評価や特徴、相性、おすすめ代替カードなどを記載しています。ランプドラゴンデッキ構築の参考にしてください。

ランプドラゴン

ランプドラゴンの特徴と相性

評価点 90/100点

ランプドラゴンの特徴

PPを上げて大型フォロワーを召喚

ランプドラゴンは託宣アイラでPPをあげ、中盤から大型フォロワーを出していき、盤面をとっていくデッキです。

ウルズをアイラに当てることで、さらに早くPPをブーストする動きも強みです。

バハムートでフィニッシュを狙う

バハムートは、ファンファーレで他のすべてのカードを破壊する強力な効果を持ち、出すだけで盤面を制圧することができます。

中盤以降は全体除去としても使えるサラマンダーブレスや、サハクィエルルシフェルで凌ぎつつ、終盤でバハムートを出し、盤面を制圧していきます。

手札事故が起きやすい

ランプドラゴンは高コストカードの採用が多いため、序盤での手札の事故が起こりやすいのが欠点です。マリガンで低コストカードを引き入れ、マナカーブ通りに出すことが重要です。

デッキの相性

遅いデッキに有利

エイラビショップなど序盤のフォロワー展開が遅いデッキには、竜の託宣などPPを上げるカードがを出しやすく、相手より大きいフォロワーを出せるため、中盤以降で制圧しやすいです。

テンポウィッチにもやや有利

早いデッキには不利になりがちなランプドラゴンですが、サラマンダーブレスの採用により、小型フォロワーを一掃できます。

コストを下げてフォロワーを展開するテンポウィッチに刺さりやすいため、優位に立てるといえます。

アグロヴァンパイアに弱い

アグロヴァンパイアは序盤でライフを削ってくるため、中盤以降の動きを得意とするドラゴンは不利といえます。

アグロ系のデッキには託宣の使用は控え、ユニコなどの低コストフォロワー展開していきましょう

デッキレシピ

ランプドラゴン

作成コスト 51,050

デッキコードを発行

カード 効果 枚数
ブレイジングブレス 【ブレイジングブレス】
相手のフォロワー1体に2ダメージ。
3枚
サラマンダーブレス 【サラマンダーブレス】
相手のフォロワー1体に3ダメージ
エンハンス6 上記の効果の後、相手のフォロワーすべてに2ダメージ
3枚
ユニコーンの踊り手・ユニコ 【ユニコーンの踊り手・ユニコ】
自分のターン開始時、自分のリーダーを2回復。
3枚
ファイアーリザード 【ファイアーリザード】
ファンファーレ 相手のフォロワー1体に1ダメージ。
2枚
竜の託宣 【竜の託宣】
自分のPP最大値を+1する。 このカードをプレイするとき既に覚醒 状態なら、カードを1枚引く。
3枚
ドラゴンナイト・アイラ 【ドラゴンナイト・アイラ】
ラストワード 自分のPP最大値を+1する。
3枚
ウルズ 【ウルズ】
ファンファーレ 自分の他のフォロワー1体か相手のフォロワー1体を破壊して、それと同名のフォロワーを場に出す。 (相手のフォロワーを破壊したなら、相手の場に出す。)
3枚
ジークフリート 【ジークフリート】
ファンファーレ ダメージを受けている相手のフォロワー1体を破壊する
2枚
ゴブリンマウントデーモン 【ゴブリンマウントデーモン】
守護 ファンファーレ 自分の他のフォロワーすべてに3ダメージ。
3枚
ダークドラグーン・フォルテ 【ダークドラグーン・フォルテ】
疾走 覚醒 状態なら、このフォロワーは攻撃されない。
3枚
騎竜兵 【騎竜兵】
ファンファーレ 手札のカード1枚のコストを-2する。(0より小さくはならない。)
3枚
サハクィエル 【サハクィエル】
ファンファーレ 手札にあるニュートラルのフォロワー1枚を場に出す。それは突進と自分のターン終了時、手札に戻るを持つ。
3枚
ルシフェル 【ルシフェル】
自分のターン終了時、自分のリーダーを4回復。
3枚
バハムート 【バハムート】
ファンファーレ 他のフォロワーすべてと、アミュレットすべてを破壊する。相手の場にフォロワーが2体以上いるなら、このフォロワーは相手のリーダーを攻撃不能。
3枚

デッキコードを発行

おすすめ代替カード

カード おすすめ理由
スカイドラコ・エチカ 【スカイドラコ・エチカ】
PPブースト要因として、ウルズと入れ替え候補です。
ドラゴンウォーリア 【ドラゴンウォーリア】
進化時にフォロワーに3点ダメージ与えられる、除去に特化した優秀なフォロワーカード。ジークフリートと入れ替え候補です。
ハンプティダンプティ 【ハンプティダンプティ】
進化で全てのフォロワーに3ダメージを与えることができるハンプティダンプティは、アグロメタとして入れ替え候補です。
竜の闘気 【竜の闘気】
PPブースト、手札補充、リーダー3回復と1枚で3役こなせるカードで、ゴブリンマウントデーモンやウルズと入れ替え候補です。5コスト分のロスがあるため、相手の展開が遅いときに使うと有効です。
ネプチューン 【ネプチューン】
守護持ちが有用な点と、進化時にはオルカも攻撃でき、1枚で攻撃と守りを同時にすることができるため、サハクィエルとルシウェルなどの大型フォロワーと入れ替え候補です。
灼熱の嵐 【灼熱の嵐】
全体除去に加え、バハムートと出したあとに展開されるフォロワーを一層できるため、高コストフォロワーと入れ替え候補です。
オーディン 【オーディン】
フォロワーかアミュレットを選んで消滅できるオーディンはデッキに1枚入れておけば、ラストワードで強力な効果を発揮するフォロワーやアミュレットの効果を発動させないので優秀ですが、ステータスが低いので注意が必要です。
ダークエンジェル・オリヴィエ 【ダークエンジェル・オリヴィエ】
貴重なEPを増やすことで後半にアドバンテージがとりやすく、騎竜兵でコスト下げ、早めにEPを回復できるのも強みです。サハクィエルとルシウェルの入れ替え候補です。
ジェネシスドラゴン 【ジェネシスドラゴン】
言わずと知れた高ステータス疾走持ちのフィニッシャーカードです。勝ち筋が広がるため高コストフォロワーと入れ替え候補です。

不採用理由

ドラゴンウォーリアはどのドラゴンデッキも採用される優秀カードではありますが、大型フォロワーの除去にはすこし心許なく、進化を使わないと効果を発揮できないため、後半に手札で腐る可能性があります。

また進化せず効果を発揮することや、ミラー時のバハムートも除去できるジークフリートが有用であるため、不採用としています

立ち回りのコツ

ランプドラゴンは、早めにPPを上げ、フォルテウルズとのコンボでバーストダメージを出すこともできますが、バハムートで盤面を制圧するのが基本戦略になります。

序盤でできるだけPPをあげて、サハクィエルなどの大型フォロワーで凌いでいきます。サラマンダーブレスは全体除去として使うことが理想です。

騎竜兵でバハムートのコストを落とすことができれば、早い段階で盤面を制圧することができます。

引き直し(マリガン)

2、3コストが中心

コストが重いフォロワーが比較的多いため事故が起きやすいため、2、3コストのカードを引いていたらキープします。ブレイジングブレスは1コストで手軽に使えてしまうため、手札の消費が激しく、相手が遅いデッキの場合にはマリガンを行いましょう。

アグロヴァンパイア以外は託宣はキープ

託宣は、序盤にほとんどのデッキに対して使えるPPブーストカードのためキープしていきましょう。ただし、現環境のヴァンパイアデッキは、序盤から攻めてくるアグロヴァンパイアが多く、2コストのロスが大きな影響を与えるため、マリガンを行う必要があります。

1~3ターン

PPブーストは優先

低コストフォロワーが限られているため、2コストからマナカーブ通りに出せるだけで、ランプドラゴンにとっては大きな動きといえます。

託宣アイラは、多少のロスは気にせず積極的に出していきましょう。

除去カードの使い道

ブレイジングブレスサラマンダーブレスの除去カードは序盤で使っていくと、中盤以降に手札が枯渇する恐れがあります。序盤ではあまり使わず、ジークフリートなどのフォロワーと合わせていき、生産性を高めていきましょう。

対アグロヴァンパイアの場合

ひたすらフェイスを狙うアグロヴァンパイアに対しては、PPをブーストすることが大きなロスになるため、除去スペルや低コストフォロワーを出していくようにしましょう。

4~6ターン

盤面を取り返す

進化ができるようになり、ジークフリートやエンハンスを使ったサラマンダーブレスを使い、ロスした分の盤面を取り返していきましょう。

サハクィエルの効果でルシフェルを出すことができれば、除去と回復を同時に行うことができるため、非常に強力です。

騎竜兵を使う

騎竜兵バハムートのコストを下げることができれば、早ければ6、7ターン目でバハムートを出すことができます。基本は高コストフォロワーに使っていき、次に繋げる動きが強力ではありますが、盤面がとられている状況なら、低コストフォロワーを下げて、フォロワーを展開していきましょう。

7~9ターン

バハムートで盤面を制圧

バハムートは、相手の場にフォロワーが2体以上並んでいる場合はリーダーに攻撃できないデメリットを持っていますが、サラマンダーブレスで除去するなどして、バーストダメージを与えましょう。

展開次第ではフォルテ

相手のフォロワー展開が甘ければ、ウルズフォルテで大ダメージを狙うこともできるため、臨機応変に使っていきましょう。

ランプドラゴンの対策

早期決着を狙う

ランプドラゴンと対戦した場合は、序盤のPPを上げている間にフォロワーを展開しつつ、相手リーダーのライフを削ることが有効です。

進化はリーダーを削ることのできるフォロワーに使い、積極的の相手のライフを削っていきましょう。

有用なラストワードを活用する

バハムートは消滅ではなく破壊効果のため、カウントダウンを持つアミュレットや、よろめく不死者などラストワードで破壊効果を持つフォロワーが有用です。

各デッキタイプでの戦い方

タイプ 対策方法
アグロ ・フォロワーよりフェイス優先
ミッド
レンジ
・基本は早期決着を狙ってフェイス優先

・確定除去カードの採用を検討

コント
ロール
・確定除去カードを検討

超越ウィッチセラフビショップが有利を取りやすい

ランプドラゴンを使った人の評価

ランプドラゴンに対するみんなの評価

グラフ グラフ グラフ グラフ 1人グラフ グラフ グラフ 1人グラフ 5人グラフ 2人グラフ
10 20 30 40 50 60 70 80 90 100

※評価人数は使った人の声や独自の調査で集計した人数です

ランプドラゴンを使った人の声

【プレイヤーレベル】AA0~3

強い点やはりまずバハムートが強い。相手が手札を使って展開してきたところに叩きつけると一気にゲームを掴める。
環境トップのドロシーに五分以上取れるのもGOOD
それから竜の闘気で回復と手札補充ができるので、安心して長期戦に持ち込める点も高評価
弱い点フォロワーを使わない、もしくはラストワード主体のデッキに非常に弱い。オーディン二枚で勝てるかどうか

参考になった

28

【プレイヤーレベル】A0~3

強い点とにかくバハムートが強い。PPブーストからのゴブリンマウントデーモン、フォルテ、サハクィエル→ルシフェル、バハムートと安定した動きが出来る。相手を圧倒する竜の力は使ってて爽快感がある。
弱い点事故ると何もできない。ネクロはマジで無理。

参考になった

30

【プレイヤーレベル】B0~3

強い点「バハムート」出したタイミングで「サラマンダーブレス
」や「灼熱の嵐」があれば次のターン除去しつつフェイスを殴る行動が強い
相手の展開が甘ければ「ジェネシスドラゴン」と「バハムート」で1ターン20ダメージも目指せる
「騎竜兵」で「バハムート」のコストを下げられるのも魅力
弱い点アグロヴァンパイアやネフティスネクロマンサーなどにはかなりキツイ展開になる
PP上昇カードが来ないとキツイ上とても事故りやすい
確定除去系に非常に弱い

参考になった

38
もっと見る

トップランカーのおすすめドラゴンデッキ一覧

ギルガメッシュ採用 馬場ドラゴン(★4.33)
馬場豊作
リヴァイアドラグーンデッキ(★4.25)
勇者王作
ハイブリッドドラゴン(★4.00)
なっつ作
ガウェ式ドラゴンアグロ(★4.00)
gawain作
ディザエース(★4.00)
りん作
A0到達!疾走ドラゴン(★4.00)
ぴよすけ作

ランプドラゴンを使ったことある方へ!
評価を募集してます!

  • プレイヤーレベル
  • 評価
    ①コストバランス②手札の回しやすさ③カードの強さの観点から見て点数付け
    ※評価人数は使った人の声や独自の調査で集計した人数です。
  • ランプドラゴンが強い点
  • ランプドラゴンが弱い点

2015y09m08d_165507318

  • LINEで送る
攻略メニュー
矢印 トップへ