アグロヴァンパイアのデッキレシピ/立ち回りと対策

シャドウバース(シャドバ)のアグロヴァンパイアのデッキレシピを紹介します。立ち回りや対策はもちろん、評価や特徴、相性、おすすめ代替カードなどを記載しています。アグロヴァンプデッキ構築の参考にしてください。

アグロヴァンパイア

アグロヴァンパイアの特徴と相性

評価点 95/100点

アグロヴァンパイアの特徴

超高速でフィニッシュを狙える

アグロヴァンパイアは、とにかくライフを削る効果を持ったカードを多く採用しており、相手ライフを高速で削ることができるので、早ければ5,6ターン目でのフィニッシュが狙えます。

疾走フォロワーをはじめ、鋭利な一裂きデモンストームといった、手札から直接ライフを削れるカードが多いので、盤面が不利な状況からでも逆転しやすいのが強味です。

手札消費が激しい

フォロワー1枚1枚のスタッツは高いとはいえず、数で押すデッキなので手札消費が激しいことがネックです。早い段階で盤面を一掃されてしまうと、相手のライフを削るリソースが足りず、息切れしてしまいやすいです。

デッキの相性

コントロール系デッキに有利

展開が遅いデッキであれば、5ターン以内にゲームを制することができるほどアグロヴァンプの展開は早いため、回復を積まないコントロールデッキに対して有利に立ち回れます。

アグロ系に対して優位に立ち回れる

アグロヴァンパイアは、回復を積まないコントロール系デッキに強いのはもちろん、アグロ系のデッキにも有利に立ち回れます。

相手の場にフォロワーが出るたびに相手リーダーに1点ダメージを与えるレヴィオンデュークユリウスは、ミラーマッチやアグロ系デッキとの対戦時に効率よくダメージを与えてくれます。

また、フォロワーとの戦闘時に自分の場にフォレストバットを出す吸血貴ヴァイトのおかげで、相手フォロワーからフェイスを守りつつ、場にフォレストバットを展開できます。

回復や守護が豊富なデッキに不利

テンポ良くプレイして早い段階で勝負を決めたいデッキなので、リーサルをずらされてしまう回復カードが採用されてるデッキを苦手とします。

特に回復カードが多く、長期戦に持ち込まれやすいエイラビショップには、厳しい戦いを強いられます。

デッキレシピ

アグロヴァンパイア

作成コスト 6,700

デッキコードを発行

カード 効果 枚数
呪剣の吸血鬼 【呪剣の吸血鬼】
ファンファーレ 復讐 状態なら+1/+1する。
3枚
蠢く死霊 【蠢く死霊】
ファンファーレ お互いのリーダーに1ダメージ。
3枚
吸血鬼の古城 【吸血鬼の古城】
自分の場にフォレストバットがいる状態で自分のターンを終了したなら、さらに1体出す。ターンを終了するとき「自分の場にフォレストバットを含めてカードが4枚あったなら、相手のリーダーにフォレストバットの数」と同じダメージを与え、このアミュレットを破壊する。
2枚
吸血姫・ヴァンピィ 【吸血姫・ヴァンピィ】
自分の場にフォレストバットが出るたび、相手のリーダーに1ダメージ。
3枚
ブラッドウルフ 【ブラッドウルフ】
疾走 ファンファーレ 自分のリーダーに2ダメージ。
3枚
眷属の召喚 【眷属の召喚】
フォレストバット2体を出す。
3枚
鋭利な一裂き 【鋭利な一裂き】
自分のリーダーに2ダメージ。 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。
3枚
レヴィオンデューク・ユリウス 【レヴィオンデューク・ユリウス】
相手の場にフォロワーが出るたび、相手のリーダーに1ダメージ。
3枚
吸血貴・ヴァイト 【吸血貴・ヴァイト】
守護 交戦時、フォレストバット1体を出す。
3枚
キラーデビル 【キラーデビル】
ファンファーレ フォレストバット1体を出す。
3枚
夜の群れ 【夜の群れ】
フォレストバット2体を出す。 相手のフォロワー1体に、自分の場のフォレストバットの数と同じダメージ。
3枚
デモンストライク 【デモンストライク】
相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。
1枚
死の舞踏 【死の舞踏】
相手のフォロワー1体を破壊する。相手のリーダーに2ダメージ
2枚
デモンストーム 【デモンストーム】
お互いのリーダーとフォロワーすべてに3ダメージ。
2枚
インプランサー 【インプランサー】
疾走
3枚

デッキコードを発行

おすすめ代替カード

カード おすすめ理由
御言葉の天使 【御言葉の天使】
ファンファーレで相手リーダーに1点ダメージを与えれるので、リーサルを早められます。ただし、3コストでは吸血貴・ヴァイトを出すほうが強いムーブなので、採用する優先度は低めです。
ソウルミニデビル 【ソウルミニデビル】
相手が4ターン目を迎える前のターンに場に出せると、進化を牽制できます。攻撃力が高い点も相性は良いです。キラーデビルなどとの入れ替え候補。
ミニゴブリンメイジ 【ミニゴブリンメイジ】
優秀な2コストフォロワーをサーチでき、手札の枯渇を防ぐことにも繋がります。ミニゴブリンメイジ自体がややテンポロスになる点はネックです。ユリウスやキラーデビルとの入れ替え候補。

不採用理由

ミニゴブリンメイジは、アグロヴァンパイアでは貴重な手札補充要因となりますが、ミニゴブリンメイジ自体がテンポロスになりがちなことと、レヴィオンデューク・ユリウスを持ってくる動きがそこまで強力でないことから不採用にしました。

もっとも、ユリウスを抜くことでどの場面でも強力な吸血姫・ヴァンピィブラッドウルフのどちらかをサーチできるので、有力な採用候補となります。

立ち回りのコツ

アグロヴァンパイアは、序盤はスペルを極力使わず、フォロワーで積極的に相手のライフを削っていくことが立ち回りのコツです。

中盤に差し掛かるまでにライフを大きく削っておくことで、鋭利な一裂きデモンストライクなどのバーンスペルで、守護を気にすることなく残りライフを削れます。

鋭利な一裂きやデモンストライクなどは、相手リーダーに対して発動できる貴重なスペルです。フォロワーを除去するために発動することは極力避けて、相手リーダーへのダメージソースとして使いましょう。

引き直し(マリガン)

シナジーを意識して引き直す

吸血姫・ヴァンピィ吸血鬼の古城といったカードは、フォレストバットを出すカードと組み合わせることで真価を発揮するため、なるべく眷属の召喚などと合わせてキープするようにしましょう。

マナカーブ通りに引きたい

序盤はテンポ良くプレイするのが重要なので、PP順にプレイできるような手札を狙いましょう。蠢く死霊レヴィオンデューク・ユリウス吸血貴・ヴァイトといったカードを1枚ずつ引けるのが理想です。

バーンカードは戻そう

バーンスペルは、主に相手リーダーに対して発動したいうえに、序盤はテンポよくフォロワーをプレイしていきたいので、全て戻してしまいましょう。

ただし、後攻の場合はエンシェントエルフ教会の護り手などの厄介な守護フォロワーを出されてしまうとフォロワーを消耗させられ、手札が枯渇する要因になります。

序盤に厄介な守護フォロワーを立てられる可能性のある相手の場合は、鋭利な一裂きのキープを検討しましょう。

1~3ターン

テンポよくプレイしていこう

序盤はとにかくフォロワーを展開していくことが重要です。蠢く死霊吸血姫・ヴァンピィ吸血貴・ヴァイトや、蠢く死霊→眷属の召喚ミッドナイトヴァンパイアなどが理想のムーブになります。

ひたすらフェイスを攻撃

フォロワーを展開したら、相手のフォロワーは無視してひたすらフェイスを攻撃しましょう。フォロワーのステータスが低いので、フォロワー同士の戦闘をしていてはアグロヴァンプ側が先に息切れしてしまいます。

ただ、相手がエルフクラスの場合は、序盤のフォロワーを無視するとエンシェントエルフが裏目となります。1/2のフォロワーがいれば、フェアリーを1体でも処理しておくと、突破が楽になります。

古城で毎ターン蝙蝠を生成

吸血鬼の古城は、早い段階で発動できれば自壊させず、ある程度維持して毎ターンフォレストバットを出し続けましょう。

手札切れしやすいアグロヴァンパイアにとって毎ターンフォレストバット生成は非常に心強く、吸血姫・ヴァンピィなどを引ければ追加のダメージも期待できます。

手札にフォロワーが少ないようであれば、発動後すぐに自壊効果は使わずに、温存しておくことも視野に入れおきましょう。

4~6ターン

EPを積極的に使おう

進化が使えるようになったら、疾走を持ったフォロワーや、リーダーに攻撃できるフォロワーを積極的に進化して、ライフを削っていきましょう。

特にインプランサーは進化すると体力が8と高く、非常に場持ちが良くなるため、積極的に進化することがおすすめです。

残りライフに注意

順調にライフを削れていて、盤面が優勢であっても、自身の残りのライフには注意しましょう。

アグロヴァンパイアは自身のライフを削るカードが多いので、気付いたら相手のリーサル圏内に陥っていたという状況は珍しくないです。

ケアしきれない状況もありますが、そうならないようあらかじめ注意し、可能であれば負け筋を潰しておくことが重要です。

7~9ターン

トップを意識してプレイ

終盤に差し掛かり、手札がジリ貧に陥ってきている頃合いです。しかし相手のライフが残り僅かであれば、盤面が劣勢でも勝つことができるので諦めないようにしましょう。

盤面が劣勢の場合は、取り返すことはほぼ不可能であるため、相手のライフを何を引けば削れるかを考えてプレイします。

特にフォレストバットをだすカードは、吸血姫・ヴァンピィが場にいればダメージソースとなるので、無闇に出さずに温存しておくことが立ち回りのコツとなります。

アグロヴァンパイアの対策

フォロワーを優先的に処理

アグロヴァンパイアの基本戦略はフォレストバットを展開、ミッドナイトヴァンパイアでの強化や吸血姫・ヴァンピィの効果を使ってダメージを稼ぐことです。

吸血鬼の古城やミッドナイトヴァンパイアといったカードを効果的に使用させないためにも、フォレストバットは常に処理するようにしましょう。

また、場に残ると厄介なヴァンピィも即座に処理することで余分なダメージを受けず済みます。

ライフを高く維持しよう

鋭利な一裂きをはじめとした豊富なバーンカードのおかげで、こちらのライフが残りわずかであれば守護を用意しても削りきられてしまいます。

フォロワーからのダメージを最小限にするのはもちろん、複数枚バーンカードを打たれることを考慮して、ライフはなるべく高く維持するようにしましょう。

各デッキタイプの戦い方

タイプ 対策方法
アグロ ・デッキタイプによって戦い方が異なる
・先行であれば有利トレードだけ行いひたすらフェイス
・後攻の場合はフォロワーを徹底して処理し、被ダメを抑える
ミッド
レンジ
・先行後攻問わず、フォロワーを徹底して処理し、被ダメを抑える
・ライフと盤面に余裕がでてきたら相手のライフを削っていく
コン
トロール
・先行後攻問わず、フォロワーを徹底して処理し、被ダメを抑える
・ライフと盤面に余裕がでてきたら相手のライフを削っていく

アグロヴァンパイアを使った人の評価

アグロヴァンパイアに対するみんなの評価

3人グラフ グラフ グラフ 1人グラフ 1人グラフ 1人グラフ 1人グラフ 9人グラフ 10人グラフ 2人グラフ
10 20 30 40 50 60 70 80 90 100

※評価人数は使った人の声や独自の調査で集計した人数です

アグロヴァンパイアを使った人の声

【プレイヤーレベル】A0~3

強い点構築のしやすさ、強さ、安定感のどれをとってもトップクラスのデッキです。まさにアグロと言ったデッキでしょう。序盤にフォロワーを増やし、中盤は進化でフェイスを攻め、終盤相手が守りの耐性を整えたところでスペルによるダイレクトダメージ。完璧です。
弱い点1コスを初手に持てないと途端に厳しくなる点。
現環境最強の一角なのでメタをはられている点。
守護持ちと回復にはめっぽう弱いですね。

参考になった

16

【プレイヤーレベル】AA0~3

強い点基本的低コストだらけだからマリガンで事故ってもトップで引ける。手札きれても相手の体力を3ぐらいまで削れてればトップのバーンで勝てることがほとんど。ユリウスのおかげでエルフにも勝てるようになったと思う。古城は事故の元だから抜いた方がいいかも
弱い点5ターンめのオーレリアには勝てないので諦めよう
ぶんまわってるドロシーにも勝てないので諦めよう
昆布はむやみに復讐にしてはいけない
脳死で使うと意外に負けまくるから頭使った方がいい

参考になった

52

【プレイヤーレベル】A0~3

強い点スピードの一点に尽きる
弱い点アグロの宿命とも言える耐久のなさ

参考になった

52
もっと見る

トップランカーのおすすめヴァンパイアデッキ一覧

コントロールヴァンパイア(★4.33)
you戯王作
コントロールヴァンパイア(★4.20)
きよの作
コントロールヴァンパイア(★4.00)
ツキノワ作
天翼ラウラ(★4.00)
ヴァンピィはよ作
ヴァンピィwithけんぞくぅ♪(★4.00)
超鬼畜リィ作
A0 コントロールヴァンパイア(★3.33)
T_Teika作

アグロヴァンパイアを使ったことある方へ!
評価を募集してます!

  • プレイヤーレベル
  • 評価
    ①コストバランス②手札の回しやすさ③カードの強さの観点から見て点数付け
    ※評価人数は使った人の声や独自の調査で集計した人数です。
  • アグロヴァンパイアが強い点
  • アグロヴァンパイアが弱い点

2015y09m08d_165507318

  • LINEで送る
攻略メニュー
矢印 トップへ