コントロールロイヤルのデッキレシピ/立ち回りと対策

シャドウバース(シャドバ)のコントロールロイヤルのデッキレシピを紹介します。立ち回りや対策はもちろん、評価や特徴、相性、おすすめ代替カードなどを記載しています。コントロールロイヤルデッキ構築の参考にしてください。

コントロールロイヤル

コントロールロイヤルの特徴と相性

評価点 95/100点

コントロールロイヤルの特徴

圧倒的なカードパワーで盤面を制圧

コントロールロイヤルは、フロントガードジェネラルなどの強力なフォロワーを採用している、長期戦に特化させてロイヤルデッキです。

ミッドレンジロイヤルと違い、長期戦になったとしても強力な高コストフォロワーで盤面を制圧しやすいのが特徴です。

また、不滅の英雄・ローランを採用したことにより、超越ウィッチOTKエルフのバーストダメージを妨害することも可能です。

手札切れをカバーできる

ドローするカードが少なく、終盤は息切れを起こしやすいのがロイヤルの欠点です。しかし、コントロールロイヤルは、アドバンスブレーダーを採用しているため息切れを起しづらいのも特徴です。

守りが堅い

オーレリアフロントガードジェネラルなど強力な守護持ちフォロワーを採用しているため、アグロネクロなどが得意とする疾走の大ダメージを防ぎやすいです。

デッキ相性

アグロネクロに有利

オーレリアフロントガードジェネラルなどの強力な守護フォロワーを採用しているため、アグロネクロに対し有利に立ち回れます。

アグロネクロの強みである、ミミココ+ファントムハウルの大ダメージを強力な守護フォロワーで防ぎやすいためです。

ネフティスネクロは苦手

ネフティスネクロには、強力なラストワード持ちフォロワーが多く、モルディカイを展開されてしまうと永続的に不利なトレードが行われるため、苦手です。

デッキレシピ

コントロールロイヤル

作成コスト 46,850
カード 効果 枚数
歴戦のランサー 【歴戦のランサー】
守護
3枚
メイドリーダー 【メイドリーダー】
ファンファーレ 指揮官・カードをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
3枚
ユニコーンの踊り手・ユニコ 【ユニコーンの踊り手・ユニコ】
自分のターン開始時、自分のリーダーを2回復。
3枚
渾身の一振り 【渾身の一振り】
「相手の場のフォロワーの数」が自分より多いなら、ナイト1体を出す。相手のフォロワー1体に2ダメージ
2枚
風の軍神グリームニル 【風の軍神グリームニル】
守護 エンハンス10:相手のリーダーとフォロワー全てに1ダメージ。これを4回繰り返す
3枚
キャプテン・リーシャ 【キャプテン・リーシャ】
ファンファーレ 自分の兵士・フォロワーすべては、「フォロワー、スペル、アミュレットの能力によるダメージは0になり、能力で破壊されない」を持つ。この能力は、このフォロワーが場を離れるとき失われる。
2枚
白銀の騎士・エミリア 【白銀の騎士・エミリア】
ファンファーレ 《サブリーダー・ゲルト》1枚を手札に加える。相手の場にフォロワーが3体以上いるなら、手札に加えた《サブリーダー・ゲルト》のコストを0にする。
3枚
円卓の騎士・ガウェイン 【円卓の騎士・ガウェイン】
ファンファーレ エンハンス 6; +1/+1して、突進 を持つ。攻撃時 自分の手札の指揮官・カードすべてのコストを-1する
3枚
ロイヤルセイバー・オーレリア 【ロイヤルセイバー・オーレリア】
守護 ファンファーレ 「相手のフォロワーの数」と同じだけ+1/+0する。相手のフォロワーが3体以上なら、「相手の能力で選択できない」を持つ。
3枚
アドバンスブレーダー 【アドバンスブレーダー】
ファンファーレ 兵士・カードをランダムに2枚、自分のデッキから手札に加える。
2枚
レヴィオンセイバー・アルベール 【レヴィオンセイバー・アルベール】
疾走 ファンファーレ エンハンス9:「このフォロワーは、1ターンに2回攻撃できる」を持つ。ターン終了まで、このフォロワーへのダメージは0になる
3枚
アルビダの号令 【アルビダの号令】
パイレーツ1体とヴァイキング1体を出す。
2枚
フロントガードジェネラル 【フロントガードジェネラル】
守護 ラストワード フォートレスガード1体を出す。
2枚
不滅の英雄・ローラン 【不滅の英雄・ローラン】
守護 ファンファーレ 自分の場に不滅の聖剣・デュランダルがないなら、不滅の聖剣・デュランダル1つを場に出す。
2枚
ファングスレイヤー 【ファングスレイヤー】
突進、必殺 攻撃時、フォロワーへ攻撃したなら、相手のリーダーにこのフォロワーの攻撃力の値と同じダメージ。
2枚
ダークエンジェル・オリヴィエ 【ダークエンジェル・オリヴィエ】
ファンファーレ 自分のEPを3ポイントにする
2枚

デッキコードを発行

おすすめ代替カード

カード おすすめ理由
ブリッツランサー 【ブリッツランサー】
突進効果で盤面に即干渉できるため、進化を使わずにトレードを行えるのが強みです。フローラルフェンサーなどと入れ替え候補。
フローラルフェンサー 【フローラルフェンサー】
進化時の効果で、フォロワーを2体展開できるため、盤面を制圧しやすくなるフォロワーです。エミリアなどと入れ替え候補。
ミラージュディフェンサー 【ミラージュディフェンサー】
守護以外の能力は持ちませんが体力寄りのステータスで、有利トレードを行いやすいです。エミリアなどと入れ替え候補。
蒼穹の提督・モニカ 【蒼穹の提督・モニカ】
展開と、進化時には複数体のフォロワー除去ができるため、中盤の盤面の取り合いで活躍できるカードです。オーレリアなどと入れ替え候補。
海底都市王・乙姫 【海底都市王・乙姫】
1枚で上限枚数になるまで場にフォロワーを出せるため、手札の消費を抑えつつ盤面を取れます。セージコマンダーとの組み合わせが強力でセットで採用したいカードです。アルビダの号令などと入れ替え候補。
ゼウス 【ゼウス】
高いステータスを持っているうえに、疾走と必殺、守護を持っており、盤面を有利にしやすいフォロワーです。オリヴィエなどと枚数調整候補。

不採用理由

海底都市王・乙姫は、一気に盤面を制圧できる優秀なフォロワーですが、現環境ではサラマンダーブレスなどの全体除去カードの採用が増えてきているため、不採用としています。

その他代替カードについても、環境に多く見られるリーダーや流行りのカードを考慮して調整するのがおすすめです。

立ち回りのコツ

コントロールロイヤルは長期戦を意識したデッキのため、基本の立ち回りは相手リーダーは狙わず、盤面を取ることを意識して立ち回りましょう。

アグロ系のデッキが相手であれば、ユニコ歴戦のランサーを展開できれば序盤の被害を抑えやすくなります。

引き直し(マリガン)

2コストカードを最優先

基本は序盤からフォロワーを展開して、盤面を取っていくのが理想です。ユニコ歴戦のランサーを狙ってマリガンを行いましょう。

渾身の一振りは、アグロ系統が多いエルフやネクロに刺さりやすいため、相手のクラスによってキープするのが理想です。

1~3ターン

盤面の制圧を目指す

相手がアグロやミッドレンジ系のデッキであれば、長期戦に持ち込んで息切れを狙いたいため、序盤は盤面制圧に徹してライフを高く保つようにしましょう。

メイドリーダーは基本は戻す

メイドリーダーは、2PP時のムーブを確定させるためにキープする場合もありますが、ステータスが低いため、2コスト帯では優先度が低いです。

4~6ターン

ガウェインで指揮官のコストを下げる

ガウェインで攻撃することができれば、手札にあるフロントガードジェネラルなどの強力な指揮官カードのコストを下げることができます。

可能であれば、積極的に狙っていき早い段階で強力な指揮官フォロワーを展開するようにしましょう。

オーレリアで攻撃を防ぐ

相手に盤面を制圧されている場合は、オーレリアを展開して相手の攻撃を防ぎましょう。特に相手がアグロ系のデッキであれば、小型フォロワーの攻撃を非常に止めやすいため、効果的です、

7~9ターン

高コストフォロワーで盤面を制圧

終盤は強力なフロントガードジェネラルファングスレイヤーなどの強力なフォロワーを展開して盤面を制圧していきましょう。

EPを使い切った場合でも、オリヴィエでEPを回復できるため、積極的に使ってしまいましょう。

超越にはローランを展開

相手が超越ウィッチOTKエルフなどが相手の場合は、不滅の英雄・ローランを展開して、相手のバーストダメージを妨害するようにしましょう。

相手にアミュレットを除去する時間を与えられることや、除去する手段がなければ相手の勝ち筋を潰すことにもつながります。

コントロールロイヤルの対策

並べ過ぎに注意

フォロワーを並べ過ぎると、オーレリアエミリアを有効に使われる可能性があります。

4ターン目以降は、フォロワーを2体以上展開しないように意識してプレイしましょう。

バーストダメージに注意

終盤ではアルベールのエンハンス効果で大きなバーストダメージを与えてくる可能性が高いです。

盤面のフォロワー+バーストダメージでどのくらい受けてしまうか考えながらプレイし、相手のバーストダメージより高いライフを保ちましょう。

各デッキタイプの対策

タイプ 対策方法
アグロ ・先行後攻問わずフェイス優先で攻撃
・オーレリアを意識する
ミッド
レンジ
・先行後攻問わずフェイス優先で攻撃
・オーレリアを意識する
コン
トロール
・フォロワーを徹底的に除去して、息切れを狙う
・できるならローランを展開される前に決着を付ける

評価の高いおすすめロイヤルデッキ一覧

【A0到達】乙姫守らない系ロイヤル(★4.33)
ねぎちょん作
【A0到達】ミッドレンジロイヤル(★4.25)
らいあん作
【勝率75%】逆転オセロロイヤル(★4.17)
てりーぬ作
ロイヤルサタンver2(★4.00)
宮園かをり作
【A1帯で勝率7〜8割】逆転可能ミッドレンジロイヤル(★4.00)
ふぁにお作
ニュートラルロイヤル(★4.00)
リナ作

コントロールロイヤルを使った人の評価

コントロールロイヤルに対するみんなの評価

1人グラフ 1人グラフ グラフ グラフ 1人グラフ 4人グラフ 1人グラフ 6人グラフ 13人グラフ グラフ
10 20 30 40 50 60 70 80 90 100

※評価人数は使った人の声や独自の調査で集計した人数です

コントロールロイヤルを使った人の声

【プレイヤーレベル】A0~3

強い点盤面の制圧を突進で行い進化権に余裕を持たせるのは大きいと思う
弱い点ドローソース不足、事故という所だと思う
事故については仕方ないが、ドローソースの少なさを頭に入れて置きながらプレイする事になるので多少窮屈なプレイになるような感じがする
手札の補充がしにくいため展開、制圧後の全体除去を連続でされるとか起こると相当厳しくなると思う
あとは引き次第って感じだと思う

参考になった

58

【プレイヤーレベル】Master

強い点ユニコランサー渾身などを序盤しっかり引けていればアグロ相手には勝てる。
コントロール相手でも、多面展開には旋風刀、高スタッツにはバハムートツバキオーディンなど回答手段が多く、疾走・突進持ちが多いので盤面をとる力も豊富。
その上守護も多いので、相手の攻勢を耐えた上で進化アルベールやバハムートへのフィニッシュに十分に繋げられる。
弱い点コントロールデッキらしからぬドロー手段の少なさと回復手段の少なさ。この2点が大きな欠点。
特にドローソースの少なさは事故率の点から言って高コストを多く採用するデッキでは少々致命的。昆布相手でもあちらはドローソースが豊富なので息切れしがち。メイドは三枚採用でいいかもしれない。

回復手段も少ないのでマリガンで事故るとアグヴァをはじめとするアグロには押しきられる。
展開力で後塵を拝するドロシー相手も基本的に厳しい。旋風刀の使い所を工夫するしかない。
またコントロール全般に言えるが超越には普通に弱い。疾走は多いので押しきるしかない。

参考になった

106

【プレイヤーレベル】AA0~3

強い点アグロ系デッキには手札が事故らない限り勝てる。
突進を多く採用しているので進化権をかなり温存できアルベールに回せる。
ツバキオーディンなどで高スタッツの敵への回答も豊富。
弱い点回復手段に乏しいので、ユニコランサーが引けないなどの手札事故の場合アグロにも負けることがある。(特にアグヴァ)
また基本的にドロシーの展開力の下位互換。

参考になった

92
もっと見る

コントロールロイヤルを使ったことある方へ!
評価を募集してます!

  • プレイヤーレベル
  • 評価
    ①コストバランス②手札の回しやすさ③カードの強さの観点から見て点数付け
    ※評価人数は使った人の声や独自の調査で集計した人数です。
  • コントロールロイヤルが強い点
  • コントロールロイヤルが弱い点

2015y09m08d_165507318

  • LINEで送る
攻略メニュー