アルベールロイヤルのデッキレシピ/立ち回りと対策

シャドウバース(シャドバ)のアルベールロイヤルのデッキレシピを紹介します。立ち回りや対策はもちろん、評価や特徴、相性、おすすめ代替カードなどを記載しています。アルベールロイヤルデッキ構築の参考にしてください。

アルベールロイヤル

アルベールロイヤルの特徴と相性

評価点 90/100点

アルベールロイヤルの特徴

疾走フォロワーで攻め立てる

アルベールロイヤルは、疾走/突進フォロワーを多く採用し、相手を一気に攻め立てるアグロ系のデッキです。アルベールなどの強力な疾走フォロワーによって、相手のライフを直接削ることでフィニッシュを狙います。

アグロデッキというと、盤面の制圧は一切試みないイメージがあります。しかしアルベールロイヤルは、豊富な突進フォロワーやツバキによって、盤面をとりながらリーダーを攻めるのが特徴です。

アルベールを確定サーチ

指揮官フォロワーをアルベールだけにすることによって、メイドリーダーで確定サーチできます。

アルベールのエンハンス効果を発動させるのは少し難しいですが、進化権を消費できれば10点バーストダメージを出すこともできます。

展開力は低めで長期戦に弱い

従来のミッドレンジロイヤルと違って乙姫などを採用していないので、展開能力が高くなく、長期戦になれば息切れをおこしやすいです。

オーレリアエミリアも採用していないため、盤面が不利な状態になってしまうとなかなか取り返せないのが弱点です。

デッキ相性

超越ウィッチに有利

守護が少ないデッキ超越ウィッチのようなデッキには、序盤から積極的に相手の体力を減らしアルベールや他の疾走フォロワーで攻め切ることができます。

また、死の舞踏御言葉の天使のバーンダメージでリーサルに入れることが可能です。

しかし、ドロシーウィッチ(テンポウィッチ)には、フォロワー展開能力で負けてしまい、盤面を制圧されて押し切られるため不利です。

アグロヴァンパイアに有利

低コストフォロワーが多く、アグロ系の猛攻を対処しやすいため、アグロヴァンパイアなどのアグロ系のデッキに有利です。

また、フォロワーを複数展開するデッキにエミリアオーレリアが刺さるため、中盤からは相手の攻撃をより耐えやすいです。

しかし、ドロシーウィッチ(テンポウィッチ)には、フォロワー展開能力で負けてしまい、盤面を制圧されて押し切られるため不利です。

コントロールデッキが苦手

従来のミッドレンジロイヤルより短期戦に強くなっていますが、ドロースペルに乏しく、手札が枯渇しやすい点は、ミッドレンジロイヤル同様の弱点です。

特に、コントロールヴァンプは全体除去や回復手段にも長けているので、長期戦に持ち込まれてジリ貧に陥りやすいです。

デッキの相性

対戦デッキ 相性
OTKエルフ(コンボエルフ) 有利
アグロロイヤル 有利
エイラビショップ 有利
超越ウィッチ(スペルウィッチ) 五分
アグロヴァンパイア 五分
秘術ウィッチ 五分
アグロネクロ 五分
陽光サタンビショップ 五分
ランプドラゴン 五分
セラフビショップ 五分
エイラセラフビショップ 五分
コントロールヴァンパイア やや不利
コントロールロイヤル やや不利
ドロシーウィッチ(テンポウィッチ) やや不利

デッキレシピ

アルベールロイヤル

作成コスト 25,850

デッキコードを発行

カード 効果 枚数
クイックブレーダー 【クイックブレーダー】
疾走
3枚
ヴァンガード 【ヴァンガード】
-
3枚
師の教え 【師の教え】
自分か相手のフォロワー1体を、ターン終了まで+1/+0する。カードを1枚引く
1枚
メイドリーダー 【メイドリーダー】
ファンファーレ 指揮官・カードをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
3枚
渾身の一振り 【渾身の一振り】
「相手の場のフォロワーの数」が自分より多いなら、ナイト1体を出す。相手のフォロワー1体に2ダメージ
2枚
天弓の天使・リリエル 【天弓の天使・リリエル】
進化時 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に1ダメージ。
3枚
歴戦のランサー 【歴戦のランサー】
守護
3枚
御言葉の天使 【御言葉の天使】
ファンファーレ 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に1ダメージ。
3枚
ノーヴィストルーパー 【ノーヴィストルーパー】
疾走
3枚
フローラルフェンサー 【フローラルフェンサー】
進化時 スティールナイト1体とナイト1体を出す。
3枚
デモンストライク 【デモンストライク】
相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。
2枚
レヴィオンセイバー・アルベール 【レヴィオンセイバー・アルベール】
疾走 ファンファーレ エンハンス9:「このフォロワーは、1ターンに2回攻撃できる」を持つ。ターン終了まで、このフォロワーへのダメージは0になる
3枚
死の舞踏 【死の舞踏】
相手のフォロワー1体を破壊する。相手のリーダーに2ダメージ
2枚
ツバキ 【ツバキ】
潜伏 ファンファーレ 攻撃力5以上の相手のフォロワー1体を破壊する。
3枚
アルビダの号令 【アルビダの号令】
パイレーツ1体とヴァイキング1体を出す。
3枚

デッキコードを発行

おすすめ代替カード

カード おすすめ理由
レヴィオンヴァンガード・ジェノ 【レヴィオンヴァンガード・ジェノ】
アグロ対策としての入れ替え候補
フロントガードジェネラル 【フロントガードジェネラル】
ラストワードでもう一体守護フォロワーを展開することができ、より長期戦に強くなります。アルベールを確定サーチできなくなるので注意。
ファングスレイヤー 【ファングスレイヤー】
ファングスレイヤーからアルベールの最強ムーブが可能になります。
ダークエンジェル・オリヴィエ 【ダークエンジェル・オリヴィエ】
EPを3回復することが可能で、長期戦になった際に有利に戦いを進められます。ファングスレイヤーなどと入れ替え、枚数調整候補。

不採用理由

フロントガードジェネラルは、長期戦で有効な場面が多く、盤面を制圧しやすくなるフォロワーですが、テンポロスに繋がるため不採用としました。

基本的には、長期戦になる前に勝負を決めるコンセプトで作られたデッキで、フロントガードジェネラルでは一時的に攻撃が止まってしまうと判断したためです。

その他代替カードについても、環境に多く見られるリーダーや流行りのカードを考慮して枚数調整するのがおすすめです。

立ち回りのコツ

アルベールロイヤルはアグロ寄りのため、序盤から相手の体力を意識して狙っていくことでが立ち回りのコツです。

盤面の取り合いに負けてしまうと立て直しが厳しいため、突進フォロワーや処理カードで盤面の有利をキープしながら相手リーダーへダメージを与えます。

中盤~終盤までに相手リーダーのライフを5点以下にする動きを意識しましょう。10点以下にできれば、アルベールで強引にトドメを刺す、最強ムーブができます。

引き直し(マリガン)

マナカーブ通りにキープ

アルベールロイヤルは、2、3、4とマナカーブ通りにフォロワーを出していくことが重要といえ、バランスよく引けるようにマリガンするのが理想です。

また、メイドリーダーでアルベールをサーチできますが、相手のクラスや他の手札状況次第では引き直してもかまいません。

後攻であればフロフェンをキープ

後攻であれば、4ターン目にフローラルフェンサーを進化することで一気に盤面を取り戻すことができるため、2コストフォロワーがキープ出来てるのであればキープしておきましょう。

1~3ターン

マナカーブ通りに展開しよう

序盤(1~3ターン)はマナカーブ通りにフォロワーを展開していき、盤面にフォロワーがいなければリーダーにダメージを与えてプレッシャーをかけていきます。

4~6ターン

引き続きフェイスを意識しよう

序盤に続き、中盤もフェイスを狙っていきましょう。

進化権を消費してフローラルフェンサーで盤面を固めるのも強力ですが、進化権はなるべくアルベールに使用できるようにしておくことが大事です。

フェイスに進化を使おう

超越ウィッチなどのコントロールデッキが相手の場合は、ダメージレースで優位に立ちたいため、積極的に場のフォロワーを進化してリーダーを攻撃しましょう。

ノーヴィストルーパーアルベールなどの疾走フォロワーを出して早めに体力を削り切ることが重要です。

7~9ターン

アルベールやファングスレイヤーで詰めよう

アルベールやアルビダの号令を使って相手のライフを削りきりましょう。

エンハンス+進化権消費のアルベールで10点バーストが最強ムーブです。

アルベールロイヤルの対策

丁寧にフォロワーを処理

アルベールロイヤルは展開力が高くないので、積極的にフォロワーを処理します。

また、メイドリーダーで引いてくるカードはアルベールのため、バーストダメージでどのくらい受けてしまうかを常に考えましょう。

マリガンでは先行ならフォロワーを、後攻なら除去カードを優先してキープし、序盤を有利に進めます。

有利トレードを狙う

疾走フォロワーのほかに突進フォロワーや除去カードも多数採用されているので、瀕死のフォロワーを倒す手段が増えています。

相打ちを狙うのではなく、フォロワーが生き残るように攻撃して有利トレードを行い除去カードも使わせてしまいましょう。

予想外のダメージに注意する

アルベールのバーストダメージを考慮するのはもちろん、他にも死の舞踏やアルビダの号令のような予想外のダメージに注意しましょう。

特にアルベールは、1枚で6~10点のバーストダメージを出せるため、終盤でも自分のライフを高く保つようにして、負け筋をしっかりと潰しておくようにしましょう。

各デッキタイプの対策方法

タイプ 対策方法
アグロ ・フェイス重視で攻める
・中盤以降は進化を使ってフェイス優先に切り替える
ミッド
レンジ
・有利トレードでフォロワー処理優先
・アルベールなどのバーストダメージを警戒して守護を並べる
コン
トロール
・フォロワーを徹底的に除去して息切れを狙う
・アルベールのバーストダメージに警戒して、自分のライフを高く保つ

評価の高いおすすめロイヤルデッキ一覧

【A0到達】乙姫守らない系ロイヤル(★4.33)
ねぎちょん作
【A0到達】ミッドレンジロイヤル(★4.25)
らいあん作
【勝率75%】逆転オセロロイヤル(★4.17)
てりーぬ作
ロイヤルサタンver2(★4.00)
宮園かをり作
【A1帯で勝率7〜8割】逆転可能ミッドレンジロイヤル(★4.00)
ふぁにお作
ニュートラルロイヤル(★4.00)
リナ作

アルベールロイヤルを使った人の評価

アルベールロイヤルに対するみんなの評価

2人グラフ グラフ グラフ グラフ グラフ 2人グラフ グラフ 2人グラフ 5人グラフ 8人グラフ
10 20 30 40 50 60 70 80 90 100

※評価人数は使った人の声や独自の調査で集計した人数です

アルベールロイヤルを使った人の声

【プレイヤーレベル】A0~3

強い点確定サーチのおかげでアルベール3枚引っ張ってこれることも珍しくなく、さらに5コスでも9コスでもいい仕事するから腐らないので事故が少ない
渾身やジェノやフロフェンで盤面もとれて、アルビダなど疾走も優秀なので、バランスがとれていてアグロの割には粘り強く戦える
弱い点アグロなので当然コントロールには弱く、オーレリアやフロントガードジェネラルがいないせいでドロシーの展開力にはかなわないし、エルフにも押し負けることが多く、速さだけで見ればアグヴの方が圧倒的に早い
見方によっては中途半端なだけ、実際回してみるまではビリビリおじさん好きな人のためのネタデッキだと思ってた
あと、過去コメが別デッキのものなのが気になる

参考になった

3

【プレイヤーレベル】Master

弱い点強いけどただそれだけ。顔面系はやっぱつまらん。これで勝っても何も残らん。

参考になった

9

【プレイヤーレベル】Master

強い点幼稚園児でも勝てるぐらい簡単

参考になった

18
もっと見る

アルベールロイヤルを使ったことある方へ!
評価を募集してます!

  • プレイヤーレベル
  • 評価
    ①コストバランス②手札の回しやすさ③カードの強さの観点から見て点数付け
    ※評価人数は使った人の声や独自の調査で集計した人数です。
  • アルベールロイヤルが強い点
  • アルベールロイヤルが弱い点

2015y09m08d_165507318

  • LINEで送る
攻略メニュー