神々の騒嵐のおすすめカードランキング

シャドウバース(シャドバ)の神々の騒嵐のおすすめカードランキングです。新カードの詳細や概要、他のカードとのシナジーなどを考慮したランキングを記載しているので、神々の騒嵐の新カード考察の参考にしてください。

神々の騒嵐

神々の騒嵐関連記事
神々の騒嵐情報まとめ 神々の騒嵐の新カード一覧

Sランク一覧

カード カード名と概要
円卓の騎士・ガウェイン
ロイヤル
円卓の騎士・ガウェイン

  • ・ファンファーレ エンハンス:6 +1/1され、突進を持つ。攻撃時 自分の手札の指揮官・カードすべてのコストを-1する。
  • ・指揮官カードは強力な効果を持っているものが多く、1ターンでも早くだせれば大きなアドバンテージを得られます。
  • ・4コストのため、後攻であればちょうど進化権を使えます。エンハンス効果も、場を取り戻しながらさらに戦況を有利にできるため、有用です。
魔導の巨兵ウィッチ 魔導の巨兵

  • ・相手の能力で選択できません。ファンファーレで自分の手札の土の印・アミュレットをすべて捨て、捨てた土の印・アミュレット1枚につき+2/+2します。
  • ・圧倒的なスタッツに加え、相手の能力で選択できないため、出すだけで相手に相当なプレッシャーを与えることができます。
  • ・強力なアミュレットも捨ててしまうため、使うタイミングには気を付けましょう。
水竜神の巫女ドラゴン 水竜神の巫女

  • ・5コスト4/5。ファンファーレで、出したターンが自分の5ターン目以降なら、自分のPP最大値を+1する。覚醒状態なら、自分のターン終了時、自分のリーダーを3回復する効果を持ちます。
  • ・自身が5コスト相当のスタッツを持つので、テンポを損なわずにPPを加速する効果が強力です。
  • ・回復効果を持つので、実質守護のような働きもします。終盤であっても腐りづらいので、今後のドラゴンデッキに必ず採用されるであろうカードです。
ブラッドムーンヴァンパイア ブラッドムーン

  • ・カウントダウン4 ファンファーレ 自分のリーダーは(体力が11以上でも)復讐状態になります。この能力は、このアミュレットが場を離れるとき失われます。
  • ・ヴァンパイアのカードには、復讐状態になると強力になるカードが多く、主にコントロールヴァンパイアに採用されるでしょう。
  • ・カウントダウンなので、手札に復讐を持ったカードがあるときにプレイしましょう。
黒死の仮面ヴァンパイア
【New】
黒死の仮面

  • ・カウントダウン5、自分のリーダーがダメージを受けるとき、そのダメージを0にして、このアミュレットのカウントダウンをそのダメージの分だけ減らす効果を持っています。
  • ・アグロ系の猛攻を防ぐことや、白銀の矢などの大ダメージも防ぐこともできます。
  • ・また、自傷ダメージも防ぐことができるため、ソウルディーラーなどと組み合わせることも可能で、多くのヴァンパイアデッキに採用される可能性が高いカードです。
苦罰の審判者ビショップ 苦罰の審判者

  • ・ファンファーレ 体力3以下の相手のフォロワー1体を消滅させ、カードを1枚引く効果を持ちます。
  • ・1:2交換が期待でき、破壊効果ではなく、消滅効果というのが強力です。
  • ・更にカードも1枚引けるため、後続を確保できるので、コントロール系のデッキには採用しやすいと思われます。
イスラーフィールニュートラル イスラーフィール

  • ・ファンファーレ 自分のリーダーを4回復。攻撃時 相手のリーダーとフォロワーすべてに2ダメージ与える効果を持ちます。
  • ・回復効果を持つため、高コスト特有の出したターンに無視されるということが起こりにくく、無視できない強烈なスタッツと効果が魅力です。
  • ・9ターン目に素で出すのも十分強力ですが、サハクィエルとのコンボが強力です。ランプドラゴンをはじめとした様々なデッキに、サハクィエルとともに採用されると考えられます。

Aランク一覧

カード カード名と概要
エルフクイーンエルフ エルフクイーン

  • ・ファンファーレ 自分のリーダーを自分の墓場の枚数と同じだけ回復して、自分の墓場を0にします。
  • ・7ターン目には墓地が10枚以上溜まっていることがほとんどなので、このカードを出すだけでアグロ系のデッキに対して決着がつくこともあるでしょう。
  • ・前環境で猛威を振るった冥府エルフとは相性が悪いです。
エルフの執事・ヴィストエルフ
エルフの執事・ヴィスト

  • ・守護  自分が元のコスト6以上のエルフ・フォロワーをプレイするたび、このカードのコストを-3する効果を持ちます。
  • ・6コスト以上のフォロワーを1体でもプレイすれば、1コストで2/5の守護となるため強力です。体力が高いのでアグロ対策としても効果的でしょう。
  • ・コストが下がる効果は、コンボにも活かすことができます。4コストで出しても悪くない性能なため、総じて使い勝手が良いカードです。
ビートルウォーリアーエルフ ビートルウォリアー

  • ・ファンファーレ このターン中に(このカードを含めずに)カードを2枚以上プレイしていたなら、+1/+1して、疾走を持つ効果を持ちます。
  • ・効果を発揮できれば3点、進化も利用すれば5点ダメージが狙えます。進化権を消費することなくフォロワー除去にも利用できるため、使い勝手は良い印象を受けます。
  • ・ミニゴブリンメイジのサーチ対象にならず、守護などを突破するのに十分なスタッツを持つため、OTKエルフなどで活躍が見込めます。
ローランロイヤル 不滅の英雄・ローラン

  • ・守護とファンファーレ 自分のリーダーと、フォロワーに与える5以上のダメージを全て4ダメージにする不滅の聖剣・デュランダルを展開することができます。
  • ・相手のバーストダメージを妨害できるカードで、OTKエルフや超越ウィッチの対策カードとして活躍が期待できます。
  • ・コストの割にステータスが低いのがネックです。
援護射撃ロイヤル 援護射撃

  • ・自分の場に指揮官フォロワーが出るたびに相手の場にフォロワーがいるなら、ランダムな相手フォロワー1体に、いないなら相手リーダーに「その指揮官フォロワーの攻撃力」と同じダメージ。
  • ・指揮官フォロワーを場に出すだけで相手のフォロワーを除去できる可能性があるため、回れば5コストのテンポロスは比較的取り戻しやすいと思われます。
  • ・効果こそ悪くないものの、指揮官フォロワーと限定されているので事故が起きやすいのが懸念されます。採用する場合は、指揮官フォロワーの配分などに気を使いましょう。
キャプテン・リーシャロイヤル キャプテン・リーシャ

  • ・ファンファーレ 自分の兵士・フォロワーすべては、「フォロワー、スペル、アミュレットの能力によるダメージは0になり、能力で破壊されない」を持ちます。この能力は、このフォロワーが場を離れるとき失われます。
  • ・平均以上のステータスに加え、エルフの少女・リザに似た効果持つという極めてカードパワーが高いカードです。
  • ・ロイヤルの特徴である横の動きに対して、最善の解答になるでしょう。
学院の新入生・ルゥウィッチ 学院の新入生・ルゥ

  • ・ファンファーレ スペルブーストを持つカードをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える効果を持ちます。
  • ・ドロシーや次元の超越といった、デッキのキーカードとなるようなカードをサーチできるので、より安定したゲームプランの構築が可能になります。
天輪のゴーレム
ウィッチ
天輪のゴーレム

  • ・土の秘術で相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ与える効果を持っています。
  • ・秘術ウィッチに採用される可能性が非常に高く、リーダーへのダメージソースとして活躍が期待されます。
  • ・ルーンの貫きや紅蓮の魔術などのバーンスペルを多く採用した、新しい秘術ウィッチができるかもしれません。
夜の魔術師ウィッチ
【New】
夜の魔術師

  • ・土の秘術でステータスを+1/+1して、潜伏を持つことができるフォロワーです。
  • ・秘術効果によって潜伏を得られるので、有利トレードを仕掛けやすいく、返しにプレイされるであろう4コストフォロワーも打ち取れるのが強力です。
  • ・また、フォロワートレードだけでなく、効果を発動できれば4点、進化すれば6点と、相手リーダーにダメージ与えやすい点も評価でき、アグロ秘術といった新しいデッキができるかもしれません。
ラハブドラゴン ラハブ

  • ・守護 自分のターン終了時、「自分の残りのPPの値」と同じ数だけ攻撃力を+1することができます。
  • ・高い体力を持っており、中盤の壁役として期待できるフォロワーです。
  • ・また、余ってしまったPP分攻撃力を上げられるため、余ったPPを利用できる点も強みです。
ライトニングブラストドラゴン ライトニングブラスト

  • ・相手のフォロワー1体か相手のアミュレット1つを消滅させ、エンハンス 10で、相手のフォロワーすべてと、アミュレットすべてを消滅させる効果です。
  • ・全体消滅は非常に強力と思われます。6コストでも使えるため、汎用性が高いです。
  • ・また、コストの重さもPPを上げるドラゴンにとっては、あまり苦にならないのが強みです。
魔将軍・ヘクターネクロ 魔将軍・ヘクター

  • ・ファンファーレ 場が上限枚数になるまで「ネクロマンス 3:ゾンビ1体を出す」をくり返す。その後、ターン終了まで自分のほかのフォロワーすべてを攻撃力が+2して、突進を与えることができます。
  • ・墓地が多く溜まっている状態であれば、ヘクター1枚で盤面を有利にできるため、盤面制圧能力が高いフォロワーといえます。
  • ・ゾンビを複数体展開すると、墓地の消費が激しくなっていまう点がネックです。
ミントネクロ 魂の番人・ミント

  • ・このフォロワーが場にいる時、自分のカードのネクロマンスでの墓地消費を0にする効果を持ちます。
  • デスタイラントなどとぜひ組み合わせたいカードです。4コスト3/4と悪くないスタッツを持ち、相手に処理を迫れるのは十分強力です。
  • ・神々の騒嵐の新カードで、強力なネクロマンス効果を持ったフォロワーが追加される可能性もあり、今後注目のカードです。
不死の大王ネクロ 不死の大王

  • ・ファンファーレ ワイトを2体出す効果と、ラストワードでワイトキングを0コストにして手札に加える効果を持ちます。
  • ・効果は非常に強力で、一気に盤面にフォロワーを展開できます。破壊されれば、0コストでワイトキングを手札に加えられるのも優秀です。
  • ・1枚で墓場を4枚も肥やせるのも、後のネクロマンスカードにつなげることができるので嬉しい点です。
破魂の少女
ネクロ
破魂の少女

  • ・ファンファーレ ネクロマンス4で、進化後の相手フォロワー1体を破壊する効果を持ちます。
  • ・2コストとして十分なスタッツを持ちながら、後半でも腐りづらく強力な効果です。
  • ・同じような効果を持ったジークフリートが幅広い活躍をみせていることから、破魂の少女も多くのデッキにおいて採用されると思われます。
メメイルストロームサーペントヴァンパイア メイルストロームサーペント

  • ・ファンファーレ、メイルストロームサーペントをもう一体だす。復讐状態なら、盤面がいっぱいになるまでメイルストロームサーペントを出します。
  • ・復習状態でなくても、十分なカードパワーを秘めています。
  • ・8コストとやや重いので、うまくバフォメットの効果を利用したいところです。
ベルフェゴール
ヴァンパイア
ベルフェゴール

  • ・ファンファーレ カードを2枚引く。その後、復讐 状態でないなら、自分のリーダーの体力が10になるようにダメージを与える効果を持ちます。
  • ・高いステータスと、ドロー効果は優秀ですが、ライフを10にしてしまうのが怖いです。
  • ・ソウルディーラーと違い守護もないため、展開次第では出せないまま勝負がつくことも十分考えられます。
スノーマン
ヴァンパイア
カオスシップ

  • ・5コスト3/4。ファンファーレ コスト2以下のフォロワーを、自分のデッキからランダムに1枚場に出す。復讐状態なら1枚ではなく2枚場に出す効果を持ちます。
  • ・糸蜘蛛の悪魔で守りを固めたり、ブラッドウルフでリーサルを狙えるなど、様々な状況で活躍する可能性を持ちます。
  • ・ファンファーレによるデメリットは消せますが、反面バフォメットのようなメリット効果も消してしまう点には注意が必要です。
バフォメットヴァンパイア バフォメット

  • ・ファンファーレ 攻撃力5以上のヴァンパイア・フォロワーをランダムに1体、自分のデッキから手札に加える効果とエンハンス5:その後、そのコストを-3する効果を持っています。
  • ・構築次第では、アザゼルなどの強力なフォロワーを確定サーチすることが可能です。
  • ・新カードで、強力な攻撃力5以上のヴァンパイア・フォロワーが追加される可能性もあり、今後に期待できるカードです。
糸蜘蛛の悪魔ヴァンパイア 糸蜘蛛の悪魔

  • ・守護とファンファーレ 復讐状態でないなら、自分のリーダーに2ダメージ与える効果を持っているフォロワーです。
  • ・2コストでありながら体力が4と高く、序盤の守護フォロワーとして機能しやすいです。アグロデッキ対策としての活躍が期待できます。
ダークジャンヌ
ビショップ
ダークジャンヌ

  • ・ファンファーレ 場のフォロワーすべてに2ダメージ。他の場のフォロワーすべてを+2/+0する
  • ・ファフニールや血餓の女帝と比べてわかる通り、6コストで全体2ダメージは強力です。攻撃力を上げてしまうデメリットはありますが、ほとんどの場合気にならないでしょう。
  • ・味方のフォロワーの攻撃力を上げる目的で使用するのも面白いです。+2と上昇値が高いので、ダークジャンヌの効果でリーサルという場面も訪れるかもしれません。
リティエル
ビショップ
黄金都市の姫・リテュエル

  • ・攻撃時 自分の場に他のフォロワーがいるならランダムな自分の他のフォロワー1体に、いないなら自分のリーダーに2ダメージ与える効果を持ちます。
  • ・3コストフォロワーとしては一際高いスタッツを持ちます。先行3ターン目におければ倒す手段が限られるうえ、有利なトレードが狙いやすく強力です。
  • ・攻撃時に味方にダメージを与えてしまうデメリットがあるので、アミュレットが主体の疾走ビショップと相性が良いでしょう。
ミストシャーマンビショップ ミストシャーマン

  • ・ファンファーレ 自分の他のフォロワー1体に「相手の能力で選択できない」を付与する効果を持ちます。
  • ・2コストとして文句ないスタッツに加え、相手の能力で選ばれないという厄介な能力を2コストで付与できるのは強力です。
  • ・相手の能力で選ばれないという能力は、現環境のドロシーウィッチに効果的です。ルーンの貫き、死の舞踏などの発動を防げるので、スペルブーストを稼ぐことすら許しません。
ゼウスニュートラル ゼウス

  • ・疾走、必殺、守護と強力な効果を併せ持ち、守りにも攻めにも使えるフォロワーです。
  • ・10コストと重い点がネックではありますが、PPブーストができるドラゴンクラスと相性が良いカードです。
  • サハクィエルの効果で出せれば強力なため、現状ではランプドラゴンに採用される可能性が高いです。
グリームニル
ニュートラル
風の軍神・グリームニル

  • ・守護 エンハンス10:相手のリーダーとフォロワー全てに1ダメージを4回繰り返す効果を持っています。
  • ・確実に2点以上ダメージを軽減してくれることから、ヒーリングエンジェルの上位互換ともいえる性能です。
  • ・終盤であればエンハンスの効果で盤面制と相手リーダーへのダメージを同時にこなすことができます。10コストは重いですが、あって損はない強力な効果です。

Bランク一覧

カード カード名と概要
深き森の異形エルフ
【New】
深き森の異形

  • ・8コスト8/8。攻撃時 相手のリーダーを攻撃したなら、相手のリーダーにの体力が0になるようにダメージを与える効果を持ちます。
  • ・リーダーへの攻撃に成功すれば勝利に繫がる効果を持ったカードです。出した次のターンまで生き残るのは難しいですが、スタッツが高いので、除去を試みた相手にも被害をもたらすでしょう。
  • ・神々の騒嵐で、防御的な効果を持ったカードが数多く登場したため、コントロールエルフの新たなフィニッシャーとして利用されるのではないかと思われます。
クリスタリア・エレンエルフ クリスタリア・エリン

  • ・守護とファンファーレで自分のリーダーを3回復。エンハンス8: その後、自分のEPを1回復する効果を持っています。
  • ・非常に守りを固めやすいフォロワーで、エンハンス発動で進化枠を回復できるため、盤面を制圧しやすくなるフォロワーといえます。
ジャングルの守護者エルフ ジャングルの守護者

  • ・守護とエンハンス10 ジャングルの守護者1体を出し、自分のジャングルの守護者すべてに疾走を付与できるフォロワーです。
  • ・中盤の壁役として展開することができ、エンハンスを発動できればフィニッシャーとしての活躍も望めます。
  • ・しかし、エンハンスを発動できるのは終盤になってしまい、エンハンスの効果を発動する前に勝負をつけられる可能性があります。
キャプテンヴァルフリート
ロイヤル
キャプテンヴァルフリート

  • ・ファンファーレで自分のほかのフォロワーすべての攻撃力と体力を+2して、自分の兵士・フォロワーすべてに守護を付与できます。
  • ・盤面にフォロワーを並べやすいロイヤルと相性が良いカードといえ、非常に強力な能力を発揮できるフォロワーです。
  • ・8コストと重い点が欠点ではありますが、ミッドレンジロイヤルなどでの活躍が期待できます。
ルミナスメイジロイヤル ルミナスメイジ

  • ・ファンファーレ 《ルミナスナイト》1体を出す。このフォロワーが場にいる限り、自分の指揮官フォロワーはEPを消費せず進化できるという効果を持ちます。
  • ・進化権を消費することなく、指揮官フォロワーを進化できるのが魅力的です。ルミナスナイトは攻撃力を上げる効果を持つので、アグレッシブなデッキに採用されることが考えられます。
シャドウアサシンロイヤル シャドウアサシン

  • ・潜伏 必殺を持ちます。
  • ・潜伏 必殺の組み合わせが活かしやすく、除去されにくいので、高い確率で1:1交換が期待できます。
ルミナス騎士団の旗印ロイヤル
【New】
ルミナス騎士団の旗印

  • ・自分の場に指揮官・フォロワーが出るたび、それを+1/+1する効果を持ちます。
  • ・指揮官を多く採用するデッキと相性が良く、体力も上昇することから、有利トレードを行いやすくできます。
  • ・しかし、発動のテンポロスと場を埋めてしまうのは注意が必要です。
旅ガエルロイヤル 旅ガエル

  • ・自分のターン終了時、潜伏状態を持つことができます。
  • ・潜伏を持っているので、今もなお環境で猛威を振るっている超越ウィッチにかなり有効です。
  • ・真っ先に思い浮かぶのは盗賊の極意とのコンボです。毎ターン1/1上がるのは強いですが元のスタッツが低いので、過信しないようにしましょう。
 言霊使い・ジンジャーウィッチ 言霊使い・ジンジャー

  • ・ファンファーレ ターン終了まで、自分の手札のフォロワーすべてのコストを0にする。ターン終了まで、自分のリーダーは「ファンファーレ能力を働かせることができない」を持つ。ターン終了まで、自分のフォロワーすべてと新たに場に出たフォロワーすべては、相手のリーダーを攻撃不能。
  • ・非常にインパクトの強い効果を持ちますが、現状のウィッチでは扱いづらい効果です。
  • ・ルシフェルやゼウスといったカードを豊富に採用したようなデッキであれば活躍が見込めるため、新たなデッキタイプが生まれることが考えられます。
変異の雷撃ウィッチ 変異の雷撃

  • ・相手のフォロワー全てを《燃えネズミ》に変身させることができるスペルカードです。
  • ・変身なので、ラストワードを発動させずに除去できる点が魅力です。また、《燃えネズミ》の効果でリーダーへの相手リーダーへのダメージソースとして使うことも可能です。
  • ・しかし、燃えネズミはお互いのリーダーに1ダメージする効果を持っているため、自分が不利になる場合もあるフォロワーです。
キマイラウィッチ キマイラ

  • ・スペルブースト コスト-1 ファンファーレ 相手フォロワー1体に4ダメージを与えます。
  • ・うまくスペルブーストすることができれば破格の性能を持つフォロワーに化けます。
  • ・元のコストが9と重いので事故の原因になりやすく、扱いが難しいカードです。
スノーマン
ウィッチ
キラキラヒーラー

  • ・ファンファーレ 自分のフォロワーすべての体力を1回復し、スペルブーストで回復量に+1ことができるフォロワーです。
  • ・フォロワーを大量回復できるため、有利なトレードを行いやすくなります。
  • ・しかし、回復する対象がフォロワーに限定され、リーダーを回復できないのが欠点です。
魔法図書館
ウィッチ
魔法図書館

  • ・カウントダウン2、ターン終了時にランダムなスペルを1枚、デッキから手札に加える効果を持ちます。
  • ・このカード1枚で、2枚手札に加えることができるので、アドバンテージをとることができます。
  • ・超越ウィッチに入りそうですが、すでにデッキが完成されているのと、他のスペルでスペルブーストをしながらデッキを回したほうが強いと思われるので採用は難しいと思われます。
スノーマンドラゴン
【New】
ウロボロス

  • ・8コスト8/4。ファンファーレ 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。ラストワード 自分のリーダーを3回復。その後、ウロボロス1枚を手札に加える効果を持ちます。
  • ・対コントロールデッキで活躍します。消滅されなければ無限に出せるので、ファンファーレ効果と相まって敵を徐々に消耗させることができます。
  • ・しかし、現環境で主流のランプドラゴンは、サハクィエルシステムの採用でデッキの枠が空いていないのが現状です。サハクィエルなどを差し置いて採用されるかは難しいところです。
竜殺しの代価
ドラゴン
竜殺しの代償

  • ・自分の手札を全て捨て、全てのフォロワーに5ダメージを与える効果です。
  • ・デメリットが非常に大きく、普通の構築では採用しづらいと思われます。
  • ・竜巫女の儀式と組み合わせれば一転、コスパが非常に良く、専用デッキには重宝します。
風読みの少年・ゼルドラゴン 風読みの少年・ゼル

  • ・進化時 覚醒状態なら、自分の他のフォロワー1体に疾走を付与する効果を持ちます。
  • ・効果を発揮するためには、覚醒状態かつ進化権を残しておく必要がありますが、疾走付与する効果は非常に強力です。
  • ・騎竜兵と組み合わせれば、バハムートととのコンボも可能です。相手の意表をついた動きが狙えます。
骨の貴公子ネクロマンサー
【New】
骨の貴公子

  • ・ファンファーレ 自分のフォロワーすべては、「ラストワード スケルトン1体を出す。」を持たせることが可能です。
  • ・展開次第では、自身も含めて実質+5/+5の動きを期待でき、盤面にフォロワーを残しやすくなるカードです。
  • ・しかし、ステータスが低く、盤面にフォロワーが居なければ効果を活かせない点が欠点です。
フロッグバットヴァンパイア フロッグバット

  • ・自分のターン終了時、攻撃力を+1する効果を持ちます。
  • ・出したターンの終了時から効果を発揮するので、実質3/2として扱えます。相手としては放置できないので、処理を迫れる3コストフォロワーは魅力です。
1159ビショップ ヘブンリーイージス

  • ・ヘブンリーイージスへのダメージを0にする効果と、他のカードの能力(攻撃力/体力への能力は除く)を受けない効果を持ちます。
  • ・必殺も受けないので、出されてしまうと除去する手段がありません。相手は出される前に倒すか、出されてから無視して勝負を決めなくてはならないので、大きなプレッシャーをかけられます。
  • ・しかし、出すことが勝利に直結するわけではなく、封じられし熾天使よりもフィニッシュ力に欠けます。9ターンというと勝負がついていることも多く、あまり目立った活躍はしないと思われます。
黄金都市の墓守・ソニアビショップ 黄金都市の墓守・ソニア

  • ・守護とファンファーレ 自分の場にほかのフォロワーがいないなら、攻撃力を+1して、このフォロワーへのフォロワー、スペル、アミュレットの能力によるダメージは0にする効果を持っています。(攻撃によるダメージはそのまま)
  • ・自分の場にフォロワーが居ない状態であれば、除去されづらい守護フォロワーとして活躍しやすいフォロワーです。
スノーマンビショップ 聖なる弓使い・クルト

  • ・2コスト2/2。自分のリーダーが回復するたび、相手のリーダーに2ダメージ与える効果を持ちます。
  • ・2コストとして十分なスタッツを持ち、効果によるダメージが比較的大きいため、無視できないフォロワーです。
  • ・攻撃的な性能を持ちますが、現状のビショップデッキとは効果が噛み合わないため、採用されることは少ないと思われます。
オクトパスビショップビショップ
【New】
オクトパスビショップ

  • ・自分のターン終了時、このフォロワーの体力を3回復する効果を持ったフォロワーです。
  • ・自身の体力回復効果から、有利とレードを行いやすい点が強みです。
  • ・しかし、4コスト帯は鉄槌の僧侶などの優秀なカードが多く、採用されるケースは少ないと思われます。
清浄の治療師ビショップ 清浄の治療師

  • ・ファンファーレ 自分のリーダーか自分のフォロワー1体の体力を2回復する。エンハンス6; 自分のリーダーか自分のフォロワー1体ではなく、自分のリーダーと自分のフォロワーすべての体力を2回復する。
  • ・エイラの祈祷と相性が良いカードです。マナカーブ通りに動けば4/4と悪くないスタッツになるうえ、味方フォロワーの回復にも使える点は優秀です。
  • ・ヒーリングエンジェルと比較すると、コストが1上がって攻撃力が1増えただけですので、採用するなら4枚目のヒーリングエンジェルといった使い方になるでしょう。
激震のオーガニュートラル
【New】
激震のオーガ

  • ・ファンファーレ 相手のリーダーか、相手のフォロワー1体に3ダメージ与えることができるフォロワーです。
  • ・ファンファーレと進化時にダメージを与える効果を持っているため、盤面を取ることやリーダーへのダメージソースとして活躍が期待できます。
  • ・しかし、8コストとコストが重い点がネックで、採用されるデッキはミッドレンジ・コントロールに限られると思われます。
ゴブリンプリンセスニュートラル ゴブリンプリンセス

  • ・ファンファーレ《ゴブリン》を2体を出し、ラストワード 《ゴブリンキング》1枚を手札に加える。
  • ・非常に高い展開力を持ち、盤面を制圧しやすいフォロワーといえます。
  • ・フォロワーを横に並べやすいため、ロイヤルクラスと相性が良いと思われます。
スノーマンニュートラル
【New】
氷漬けのマンモス

  • ・3コストアミュレット。7コスト以上のフォロワーをプレイするとき、このアミュレットを破壊する。ラストワード インペリアルマンモスを場に出す効果を持ちます。
  • ・3コストで7コストフォロワーを出せるのは非常に強力です。しかし、多くのデッキは早くて7ターン目以降でなければ7コスト以上のフォロワーをプレイできないので、発動まで時間がかかるのがネックです。
  • ・PPを加速するドラゴンであれば、早い段階で7コストフォロワーを出せるので相性が良いです。ビショップも、狂信の偶像で能動的にラストワードを起動できるので、採用が検討できます。

その他

カード カード名と概要
フェアリーケージエルフ フェアリーケージ

  • ・自分がカードをプレイするたび、自分のほかの手札にフェアリーが0枚なら、フェアリー1枚を手札に加える効果を持っています。
  • ・フェアリーを確実に1枚手札に抱えることができるカードではありますが、現状ではフェアリーサークルやフェアリーウィスパラーなどで十分に足りるため、採用されるケースは少ないと思われます。
  • ・またアミュレットのため、場を圧迫してしまうのもエルフにとってはデメリットです。
勇猛なるドワーフエルフ 勇猛なるドワーフ

  • ・交戦時 相手のリーダーに2ダメージ与える効果を持っています。
  • ・飛びぬけたステータスを持つわけでもなく、効果も7コストとしては物足りないと思われます。
人喰いの庭エルフ 人食いの庭

  • ・カウントダウン2 相手フォロワーが自分のリーダーを攻撃してきた時、 そのフォロワーに2ダメージ与える効果を持っています。
  • ・盤面に能動的に影響を与えることができず、いわゆるロックの劣化版みたいなものです。ロックの弱さは今までの環境でも一目瞭然です。
小さな勇士・スクナエルフ 小さな勇士・スクナ

  • ・進化時 このターン中にカードを3枚以上プレイしていたら、攻撃力と体力を+2する効果を持ちます。
  • ・2コスト2/2というのは優秀です。進化時効果は発揮できれば強力ですが、事前に3枚以上のカードプレイが要求されるため、起動させづらいのが難点です。
  • ・リノセウスとの兼ね合いが難しいのも評価を下げます。既存のデッキタイプとは効果が噛み合わないので、採用されることは少ないでしょう。
スノーマンエルフ キュベレー

  • ・3コスト1/4。自分のターン終了時、自分の他のフォロワーすべてを+0/+1する効果を持ちます。
  • ・エルフは展開力に優れるので、効果を活かしやすいカードです。とはいえ、体力が1上がった程度では、戦況に大した影響を与えることありません。
蔦の呪文爆弾
エルフ
蔦の魔弾

  • ・蔦の魔団は、敵フォロワー1体に3ダメージを与え、このターン中にこのカード以外に2枚以上のカードがプレイされていた場合、敵リーダーに2ダメージを与える効果です。
  • ・手札とコストの消費を考えると、物足りなさが感じられます。
  • ・優先したいコンボ効果を持つカードが多いのがネックです。
ドリアード
エルフ
ドリアード

  • ・ドリアードは、交戦時に交戦相手の攻撃力を-1する効果を持っています。
  • ・攻撃力が1と少なく、相手のフォロワーと有利トレードをするのが難しいです。
  • ・感覚的に1/4のスタッツと考えるとわかりやすいかもしれません。
円卓の騎士・トリスタン
ロイヤル
円卓の騎士・トリスタン

  • ・ファンファーレで自分の場に指揮官・フォロワーがいるなら、ラストワードで《円卓の騎士・トリスタン》1枚を出す効果を持っています。
  • ・5コストとしては見劣りするスタッツですが、効果を発動できればもう1体3/4を出せると考えると悪くない効果です。
  • ・とはいえロイヤルの5コストには、既にアルベールやオーレリアといった強力なフォロワーがいるため、採用されることはないと思われます。
大掃除
ロイヤル
大掃除

  • ・カウントダウン3 自分のターン終了時、手札からコスト最大のカードをランダムに1枚捨て、カードを1枚引く効果を持ちます。
  • ・コスト最大のカードを捨て、ドローを進めることができるので、手札事故の解消につながります。
  • ・とはいえ、PPが増えるにつれて扱いづらくなってくるカードです。冥府を採用するなど、変わったロイヤルでなければ採用されることはないでしょう。
スノーマンウィッチ マジカルガール・メルヴィ

  • ・5コスト4/4。ファンファーレ 自分と相手はカードを手札が7枚になるまで引く効果を持ちます。
  • ・相手の手札が多い状態であれば、自身だけがメリットを受けられる強力なカードとなりますが、いかんせん状況が限定的です。
  • ・ウィッチに手札を消費するデッキタイプが少ないこともあり、現状効果を活かすのはむずかしいでしょう。
魔力の剣
ウィッチ
魔力の剣

  • ・スペルブースト コスト-1 フォロワー1体を+2/+2する効果を持ちます。
  • ・回れば0コストでの発動が狙えますが、いかんせん元の7コストというのがネックです。
  • ・うまく回らなければ腐るリスクを大きいうえに、効果も研磨の魔法と一緒とメリットがあまりないので、採用されることはまずないと思われます。
ジョリー・ロジャー
ロイヤル
ジョリー・ロジャー

  • ・ファンファーレ ランダムに突進、必殺、守護のうち1つを得る効果を持ちます。
  • ・単体として見れば優秀ですが、ランダム効果のため扱いづらいです。
  • ・EPを使い切った状態だと、必殺の効果は腐りやすいです。
幻惑の奇術師ウィッチ 幻惑の奇術師

  • ・ラストワード 土の秘術 幻惑の奇術師を場に出す効果を持ちます。
  • ・2コスト2/2のインフレが進む中でこの効果は非常に弱いです。
  • ・幻惑の奇術師が出続けることによって、土の印を消費したいカードに使えないことも出てくるでしょう。
フェニックスライダー・アイナ
ドラゴン
不死身の乗り手・アイナ

  • ・疾走 ファンファーレ お互いの場にいる他のフォロワーの数だけ、+1/+0する効果を持ちます。
  • ・最大で9も攻撃力があがりますが、ドラゴンは展開力に優れているわけではないため、やや相手に依存しすぎています。
  • ・コストの割りに体力もさほど優れているわけではないため、採用されるケースは少ないと思われます。
邪毒の紫竜
ドラゴン
邪毒の紫竜

  • ・自分のターン終了時、手札からコスト最小のカードをランダムに1枚捨てて、+2/+2する効果を持っています。
  • ・展開したターンの終了時には、コスト以上のステータスを持つことができ、進化も組み合わせれば強力なステータスを持つことが可能です。
  • ・手札が毎ターン1枚減るのはかなりのデメリットということも忘れないようにしましょう。
ラースドレイクドラゴン ラースドレイク

  • ・ファンファーレ 他のフォロワー全てに1ダメージ、エンハンス 8; 1ダメージではなく3ダメージ与える効果を持っています。
  • ・フェアリーやフォレストバットなどを一掃できる点や、エンハンス発動で小型フォロワーを一掃できるため、アグロデッキに刺さる場面が多いカードといえます。
  • ・しかし、他のフォロワー全てにダメージを与えてしまうため、自分のフォロワーにもダメージを与えてしまうのがネックです。
ヒッポカムポスドラゴン ヒッポカムポス

  • ・守護を持っています。進化すると7/7になる代わりに守護がなくなります。
  • ・ドラゴンに多く採用されているゴブリンマウントデーモンと比較すると体力が2も低いです。
  • ・進化しても平均なステータスに加え、守護も取れてしまいます。
アクアネレイドドラゴン アクアネレイド

  • ・ファンファーレ 「オルカ」1体を出す効果を持ちます。
  • ・オルカを出せる軽量フォロワーですが、オルカに関わる効果がネプチューンしか存在しないため、あまり魅力ではありません。
  • ・3コストで実質3/3のように扱えるものの、さほど活躍はみられないでしょう。1枚で墓場を2枚貯められるのは、覚えておくと良いかもしれません。
大釜の竜騎ドラゴン 大釜の竜騎

  • ・必殺 覚醒状態なら、このフォロワーは疾走を持ちます。
  • ・3コスト確定除去と考えれば強いです。
  • ・覚醒状態でしか発動しないのと、ドラゴンに全体除去が豊富で確定除去があまり有用ではないのがデメリットです。
ドラゴンの卵ドラゴン ドラゴンの卵

  • ・覚醒状態なら、自分のターン開始時、自分のリーダーの体力を2回復して、カードを1枚引きこのアミュレットを破壊する効果を持ちます。
  • ・ドラゴンの卵発動に1枚カード消費が伴うので、効果は実質リーダーを2点回復するものと考えると頼りないカードです。
死神の手帳ネクロマンサー 死神の手帳

  • ・カウントダウン2 自分のターン終了時、自分の現在のPP数より少ないコストの、ネクロマンサーのカードを場に出して、それを破壊します。
  • ・ネフティスみたいに確定サーチができないため、ランダム要素が強いです。
  • ・専用のデッキを組まないと活躍は難しそうです。
スノーマンネクロマンサー
【New】
忌刃の戦士

  • ・5コスト4/5。ファンファーレ 自分の場に他のフォロワーがいるなら、自分の他のフォロワー1体を破壊して、このフォロワーを+2/+2する効果を持ちます。
  • ・効果を発揮できれば、7コスト相当のスタッツを得ることできます。デメリットは痛いですが、ラストワードを持ったフォロワーをコストにすることで、被害を軽減できます。
  • ・活用するならラストワードを活かした構築ですが、ウルズやネクロアサシンといった優秀なカードが既に存在しているため、採用されることは少ないと思われます。
オルトロスネクロマンサー オルトロス

  • ・ファンファーレ ランダムな相手のフォロワー1体に2ダメージを与え、ランダムな自分の他のフォロワー1体の攻撃力を+2することができるフォロワーです。
  • ・相手のフォロワーを除去しつつ味方フォロワーの強化ができるため、有利トレードや相手リーダーにダメージを与えやすくなるフォロワーです。
  • ・しかし、自身のスタッツの低く戦力としては機能せず、状況次第で腐ってしまう場合があります。
漆黒の鎌使いネクロマンサー 漆黒の鎌使い

  • ・必殺 ラストワード ランダムな自分のフォロワー1体は必殺を持ちます。
  • ・体力が高く必殺と相性がいいのですが、6コストの割には、やや効果が物足りないです。
ゴブリンゾンビネクロマンサー ゴブリンゾンビ

  • ・自分のターン終了時、ネクロマンス4:+2/+2する効果を持っています。
  • ・ネクロマンス発動で、コスト以上のステータスを持つことができる点や、コストの軽さからアグロネクロに採用される可能性があるカードです。
  • ・しかし、ネクロマンスの使用量が多い点がネックです。
生命奪還ヴァンパイア 生命奪還

  • ・相手のフォロワー1体に3ダメージ。ランダムな自分のフォロワー1体を+3/+3する効果を持ちます。
  • ・はまれば相手のフォロワーを除去したうえ、強化したフォロワーが数ターンに渡って生き残ることも考えられます。
  • ・しかし、場にフォロワーがいなければならないので、安定したパフォーマンスができないのは欠点です。
スノーマンヴァンパイア 人狼の突撃兵

  • ・4コスト2/5。交戦時 交戦する相手のフォロワーが守護を持つなら、ターン終了時まで必殺を持つ効果を持っています。
  • ・守護フォロワーは攻撃力が低く、体力が高いものが多いので、噛み合えば1枚で複数の守護フォロワーを倒すことができます。
  • ・しかし、守護フォロワーを採用していないデッキに対しては活躍しづらいです。幸い、4コストとして十分なスタッツを持っているので、環境次第で採用の余地はあります。
穢れた聖杯ビショップ 穢れた聖杯

  • ・カウントダウン3 ファンファーレ 全てのフォロワーに2ダメージ ラストワード 「サタンズサーヴァント」「沈黙の魔将」「ディースの裁き」「アスタロトの宣告」の中からランダムで3枚自分の手札に加えます。
  • ・アポカリプスデッキはいずれも強力で、上記4枚のカードをケアするとなると相手動きをかなり制限することができ、試合を有利に運ぶことができます。
  • ・全体2ダメージのおまけもついています。
アイアンメイデンビショップ アイアンメイデン

  • ・カウントダウン2 自分のターン終了時、ランダムな相手のフォロワー1体に2ダメージ。そのフォロワーを、次のターン攻撃不能にする効果を持ちます。
  • ・ほとんどのフォロワーは処理できず、対象もランダムのため、扱いづらさが目立ちます。
  • ・同コスト帯の神魔裁判所のほうが、確定除去で活躍しやすいです。
スノーマンビショップ 濁りの灯台

  • ・3コストアミュレット。自分がアミュレットをプレイするたび、そのアミュレットのカウントダウンを1進める効果を持っています。
  • ・カウントダウンを進めることで、アミュレットの弱点であったテンポロスを抑えられるカードです。
  • ・濁りの灯台の発動が大きなテンポロスな点に注意しましょう。少なくとも3枚以上のアミュレットを張らなければ、効果の割りに合いません。
エルタニュートラル 彷徨の詩人・エルタ

  • ・進化時に、お互いのリーダーは「ファンファーレ能力を働かせることができない」を持ち、エルタが場を離れるとき能力が失われます。
  • ・ドロシーやサタンなどの強力なファンファーレの効果を防ぐことができますが、自分のフォロワーもファンファーレを発動できなくなります。
  • ・効果を発動するためには、進化を使う点や進化してもステータスが+1+1しかされない点が欠点といえ、現状では採用されるケースが少ないと思われます。
オウルキャットニュートラル オウルキャット

  • ・交戦時 相手のフォロワーが攻撃力1ならそれを破壊する。
  • ・攻撃力1のフォロワーが多く採用されているエルフ全般やアグロヴァンパイアに有用です。
  • ・2コストフォロワーのインフレが激しく採用の枠が厳しいように思われます。
ワイズシャーマンニュートラル ワイズマーマン

  • ・ファンファーレ 自分の他のニュートラル・フォロワー1体の攻撃力を+1することができるフォロワーです。
  • ・1コストでありながら、1ターン目に展開しては効果を活かせないのがネックです。
  • ・中盤に出すカードとしては弱く、他のカードを用いたほうが打点を稼げる場合が多いため、採用されるケースは少ないと思われます。
神々の騒嵐関連記事
【神々の騒嵐】情報まとめ 神々の騒嵐の新カード一覧【効果詳細記載】

強くなるための関連記事一覧

最強デッキランキング

プロのシャドバ講座
2pick虎の巻「第2回環境で強いリーダーは?」 第5回超越ウィッチ対策編
2pick虎の巻「第1回環境の変化」 第4回アグロヴァンプ対策編
ぜろろ軍曹デッキ一覧 maiデッキ一覧
デッキレシピ一覧
デッキ一覧と評価 アグロデッキ一覧
ミッドレンジデッキ一覧 コントロールデッキ一覧
コンボデッキ一覧 守護系デッキ一覧
クラス別デッキ一覧
エルフ ロイヤル ウィッチ ドラゴン
ネクロ ヴァンプ ビショップ 無課金
大会情報
全国大会情報 第5回アルテマ杯レポート
カード一覧とデッキ投稿
ティア全カード一覧 ケリドウェンデッキ投稿と観覧 オリヴィエリセマラ

 

 

  • LINEで送る

書き込み

ご指摘、ご意見、ご感想などなど、 あなたのコメントをお待ちしてます!

最新を表示する
    3 名無し

    >>2

    ご指摘ありがとうございます。修正致しました。

    今後ともアルテマを宜しくお願いします。


    2 名無し

    ジョリーロジャーがウィッチになってる


    1 名無し

    ここのカード評価は参考しない方が良いよ


攻略メニュー