環境分析メタレポート【ShadowverseLog考察】

ナーフ後もやはりネクロは強かった!!
ヘクターミッドレンジネクロのデッキレシピと対策

シャドウバース(シャドバ)のデッキの使用率や勝率を、シャドウバースログ(シャドログ)を基にまとめています。先週の環境考察や次週の環境変化の予想を記載しています。環境分析やデッキ構築の際の参考にしてください。

シャドウバースログ

環境考察に便利なShadowverseLog

Shadowverse logは、シャドウバースの対戦戦績を管理するWebサービスです。

自身の戦績を記録できるだけでなく、登録しているユーザーか記録した膨大なデータを閲覧できるので、上達に繋げられます。

クラス別使用率・勝率と注目デッキ

リーダー使用率

全体リーダー使用率

リーダー勝率

全体リーダー勝率

ネクロとドラゴンの2トップ

神々の騒乱8週目の使用率は、2週目から変わらずネクロマンサーが1位、2位にドラゴンと変わらない結果になりました。

現状、Sランクのヘクターミッドレンジネクロランプドラゴンのデッキパワーが非常に高く、使用率が上昇し続けているためです。

勝率はネクロがダントツ

神々の騒乱8週目の勝率は、2週目から引き続きネクロマンサーが首位を獲得しました。2位のドラゴンに約5%の差をつけており。先週より差を広げています。

ミッドレンジネクロアグロネクロが、勝率55%超えをキープしているのが要因です。

アップデート後環境予想

ランプドラゴンの使用率と勝率が下がる

5/23(火)にアップデートで、ゼルライトニングブラストのナーフが行われるため、ランプドラゴンの使用率と勝率が下がると予想します。

ゼルがナーフされることにより、ウロボロスなどを使った大ダメージを与えることができなくなるため、イージスビショップヘクターミッドレンジネクロに対して有利に立ち回りづらくなると考えられます。

また、ライトニングブラストのエンハンス効果がなくなるため、ヘクターミッドレンジネクロなどのデッキに対しても有効な手段少なくなり、勝率が下がると思われます。

ヘクターミッドレンジネクロは現状維持

骨の貴公子のナーフが行われますが、ヘクターミッドレンジネクロはSランクのデッキパワーを維持すると予想します。

ナーフに伴い、3ターン目に骨の貴公子をプレイしづらくなるため、序盤の盤面は維持しづらくなります。

しかし、中盤~終盤にかけては変わらず強力なラストワードを付与することができるため、ナーフ後でも高いデッキパワーを維持すると考察します。

ビショップクラスの使用率増加

アップデート後の環境は、ランプドラゴンが環境から減り、ヘクターミッドレンジネクロアグロネクロが環境に増えると予想されます。

ネクロ系のデッキが環境に増えることにより、疾走ガルラビショップイージスビショップなどのネクロデッキに有利なビショップデッキの使用率が増加すると考察します。

また、ビショップが環境に増えることで、ビショップをメタることができる「エルフ」「ロイヤル」「ウィッチ」「ヴァンパイア」クラスの使用率もある程度上昇すると思われます。

ランク別のデッキ使用率・勝率と環境考察

マスターランク

リーダー使用率

全体リーダー使用率(マスター)

リーダー別勝率

全体リーダー勝率(マスター)

デッキ勝率

デッキタイプ 使用数 勝利数 勝率
ランプドラゴン 22319 11027 49.4%
ミッドレンジネクロ 21024 11946 56.8%
アグロネクロ 12617 7100 56.3%
イージスビショップ 9603 4816 50.2%
復讐ヴァンパイア 4782 2254 47.1%
アグロヴァンパイア 4041 2176 53.8%
超越ウィッチ 3977 1538 38.7%
(OTK)コンボエルフ 3658 1755 48%
疾走ビショップ 3487 1692 48.5%
疾走ランプドラゴン 3314 1886 56.9%
疾走ビショップ 3695 1812 49%
ミッドレンジロイヤル 2698 1198 44.4%

 環境考察【ミッドレンジネクロが環境メタ】

神々の騒乱8週目、マスターランクでは先週と変わらず、ミッドレンジネクロが環境メタだと考察します。トップクラスの使用数でありながら、イージスビショップ以外には勝ち越しており、非常に高い勝率を誇っているからです。

環境が変わらない限り、今後もミッドレンジネクロが環境トップに君臨し続けると考えられます。

AAランク

リーダー使用率

全体リーダー使用率(AA)

リーダー勝率

全体リーダー勝率(AA)

デッキ勝率

デッキタイプ 使用数 勝利数 勝率
ランプドラゴン 10982 5472 49.8%
アグロネクロ 8125 4583 56.4%
ミッドレンジネクロ 7379 3972 53.8%
イージスビショップ 5430 2842 52.3%
復讐ヴァンパイア 2258 1106 49%
疾走ビショップ 2205 1132 51.3%
疾走ランプドラゴン 2171 1240 57.1%
アグロヴァンパイア 1994 1019 51.1%
ミッドレンジロイヤル 1710 802 46.9%
(OTK)コンボエルフ 1690 853 50.5%
超越ウィッチ 1585 625 39.4%
ネフティスネクロ 1295 651 50.3%

 環境考察【ランプドラゴンが環境メタ】

AAランク帯では、アグロネクロが環境メタだと考察します。ランプドラゴン疾走(復讐)ヴァンパイア以外の使用率が高いデッキに勝ち越しているためです。

アグロネクロはプレイ自体もさほど難しくなく、1回の試合時間が短いため普通のデッキより多く試合をこなすことができ、ランクマッチで効率よくポイントを稼ぎやすいデッキです。

Aランク

リーダー使用率

全体リーダー使用率(A)

リーダー勝率

全体リーダー勝率(A)

デッキ勝率

デッキタイプ 使用数 勝利数 勝率
ランプドラゴン 4223 2132 50.5%
アグロネクロ 3807 2136 56.1%
ミッドレンジネクロ 3387 1940 57.3%
イージスビショップ 2267 1234 54.4%
疾走ビショップ 1368 759 55.5%
アグロヴァンパイア 1226 634 51.7%
復讐ヴァンパイア 1149 562 48.9%
(OTK)コンボエルフ 1091 573 52.5%
超越ウィッチ 833 310 37.2%
疾走ランプドラゴン 694 404 58.2%
秘術ウィッチ 691 288 41.7%
ミッドレンジロイヤル 666 316 47.4%
ネフティスネクロ 621 334 53.8%

 環境考察【ミッドレンジネクロが環境メタ】

Aランクでは、ヘクターミッドレンジネクロが環境メタだと考察します。イージスビショップ以外のデッキには、大きく勝ち越しをしているためです。

エルフ、ロイヤル、ウィッチ、ヴァンパイアはアグロネクロをメタることが難しいため、今後もヘクターミッドレンジネクロが活躍すると考察します。

JCG Vol.36使用デッキクラス割合

jcgvol.36リーダー使用数

2nd Season Vol.36は、ランプドラゴンヘクターミッドレンジネクロが優勝しました。

優勝者のデッキは、ヘクターミッドレンジネクロとランプドラゴンを意識し、ミラー対策に重点を置いているデッキと思われます。

ヘクターミッドレンジネクロとランプドラゴンのほぼ2強といえる環境になっているため、今後もミラー戦を意識した構築が多くなると予想します。

▶JCG Vol.36の優勝者デッキと環境考考察はこちら

関連記事

最強デッキランキング

クラス別最新デッキ一覧
アリサエルフ エリカロイヤル イザベルウィッチ ローウェンドラゴン
ルナネクロ ユリアスヴァンプ イリスビショップ ニュートラル無課金
デッキレシピ一覧
デッキ一覧と評価 アグロデッキ一覧
ミッドレンジデッキ一覧 コントロールデッキ一覧
コンボデッキ一覧 守護系デッキ一覧
大会情報
全国大会情報 第5回アルテマ杯レポート
カード一覧とデッキ投稿
全カード一覧 デッキ投稿と観覧 リセマラ
  • LINEで送る

書き込み

ご指摘、ご意見、ご感想などなど、 あなたのコメントをお待ちしてます!

最新を表示する
    2 名無し

    >>1

    大変失礼いたしました。JCGの考察を追記いたしました。


    1 かふか

    ランクマッチでの環境考察非常に参考になりました。ところでjcg環境としてまとめているものがどれも旧環境のもののようですが、なぜですか?リンクの貼りとか間違いですか?


攻略メニュー