アップデート情報まとめ【「Tempest of the Gods/神々の騒嵐」 追加】

シャドウバース(シャドバ)のアップデート情報をまとめています。新パック「Tempest of the Gods/神々の騒嵐」 の追加などの最新アップデート内容や、過去の内容を記載しているので、アップデート情報収集の参考にしてください。

4月27日(木)アップデート情報

2017y04m25d_122350985

バトル再開機能の追加

以下のオンラインバトルにおいて機能を停止していたバトル再開機能があらためて適用されるようになります。

・ランクマッチ
・フリーマッチ
・2Pick(アリーナ)
・ルームマッチ(BO1)

上記のオンラインバトルにおいては瞬時の接続障害などのトラブルに見舞われても、時間内であればバトルを再開することが可能になります。

また、BO1ルール以外のルームマッチにおいては今後のアップデートで追加予定です。

カードテキストの変更

一部カードのテキストが変更になります。理解が難しかったテキストを、読みやすく変更したものに差し替えられます。

なお、カード効果の変更はありません。

テキスト変更カード一覧
不滅の聖剣・デュランダル不滅の聖剣・デュランダル 言霊使い・ジンジャー言霊使い・ジンジャー ブラッドムーンブラッドムーン

 3月30日(木)アップデート情報

「Tempest of the Gods/神々の騒嵐」 追加

神々の騒嵐

新カードパック「Tempest of the Gods/神々の騒嵐」の新カード104枚 が追加されます。新パックのガチャシミュレーターや新カードの一覧、新カード採用デッキの一覧を公開しているので、デッキ構築の参考にしてください。

複数カード選択分解機能の追加

複数のカードを選択して分解する機能を追加されます。「カード一覧/生成」の「一括カード分解」ボタンを押すことで、「余剰カード分解」か「選択カード分解」を選択することができます。

プレミアムの分解は、1枚ずつなどが多かったですが、種類別にまとめて分解できるようになり、分解作業の時短が可能になります。

ルームマッチの追加

ルームマッチに新しく「BO3」「BO5」「2Pickデッキ交換戦」の機能を追加されます。ルーム作成時にルールを選択することができます。

「2Pickデッキ交換戦」は、2Pickでデッキを作成後、デッキを対戦相手と交換してから対戦を行う新ルールです。

「BO3」「BO5」では、デッキの組み合わせも戦略に加わり、更にルームマッチが盛り上がると思われます。2pickの新しい戦い方も、いかに相手に不利なデッキを作るかなど、知識を問われる戦いになりそうです。

デッキ並び替え機能の追加

デッキリストにてデッキを並び替える機能を追加されます。同じクラスをまとめることができるので、見やすくなります。

2Pickルームマッチ観戦機能の追加

フレンドがオーナーとなっている2Pickルームマッチを観戦できるようになります。

2Pickのルームマッチが追加されることで、より2Pick戦が流行するかもしれません。2Pick構築の参考に役立ちます。

デッキのTwitterシェア機能の追加

作成したデッキをTwitterでシェアする機能を追加されます。デッキリストでシェアしたいデッキを選択し、「デッキ確認」を押すと、画面右上に「シェア」のボタンが表示されます。

「シェア」のボタンを押すことで対象のデッキをTwitterでシェアすることができます。Twitterでシェアするには、Twitterのアカウントが必要になります。

Twitterを通して即時に情報をできるので、便利な機能です。

エンハンス能力を持つカードの補足表示

エンハンス能力を持つカードが、エンハンス能力を発動するために必要なPPに到達した時に補足表示を行うように変更されます。

バトルメニューの「設定」から補足表示に切り替えることができます。

どのような補足表示かは詳しくはわかりませんが、見やすくなる機能だと思われます。

バトルログの改修

バトルログにテキストを追加する改修を実施されます。

一部カードテキストの変更

能力に変更はありませんが、以下のカードのカードテキストを変更されます。誤解されがちだった能力を、再度わかりやすくしたと思われます。

天翼を食う者 新たなる運命
荒牙の竜少女 ノクシャスロアードラゴン
竜巫女の儀式 インペリアルドラグーン
冥守の戦士・カムラ

手札のプレイ位置のランダム化

手札からカードをプレイする際に、相手から見てカードが出てくる位置をランダムに変更されます。カードの位置を特定されていると、思われないようにするためだと思われます。

2Pickデッキ作成時の掲示カードの変更

カードパック「Tempest of the Gods/神々の騒嵐」の追加に合わせて、2Pickでデッキ作成時にカードが掲示される確率を調整されます。

掲示されるカードは、各クラスのブロンズレアのプライズカードと、以下のカードパックのカードすべてになります。

「Darkness Evolved/ダークネス・エボルヴ」

「Rise of Bahamut/バハムート降臨」

「Tempest of the Gods/神々の騒嵐」

上記以外のカードと、ビショップクラスのブロンズレア《信仰の具現化》は掲示されなくなるので、注意が必要です。新パックの追加で、2Pickの環境も変わると思われますので、新カードの把握をしておくことが重要です。

▶新カード一覧はこちら

レッドエーテルの変更

2月27日のアップデート時より実施されていた、《ルーンの貫き》《歴戦の傭兵・フィーナ》《ミニゴブリンメイジ》の補償対応期間が、3月30日のアップデートで終了になります。

プレミアム版で3枚あるなど、新パックに向けて分解するのも良いかも知れません。アップデート後は、分解したときに得られるレッドエーテル量は本来の個数に戻るので注意してください。

カード名 ノーマル版 プレミアム版
ルーンの貫き 200個→50 200個→120
フィーナ 200個→50 200個→120
ミニゴブリンメイジ 50個→10 50個→30

2月27日(月)アップデート情報

2月27日アップデート内容

カードの能力変更

ウィッチクラスのシルバーレア「ルーンの貫き」とニュートラルクラスのブロンズレア「ミニゴブリンメイジ」の2つのカードの能力が変更されました。

2つのカードの能力変更に伴い、ドロシーウィッチOTKエルフが弱くなり、使用者が減少すると予想されます。

カード名 変更前 変更後
ルーンの貫き 自分のフォロワーが進化したとき、このカードのコストを1にする 自分のフォロワーが進化したとき、このカードのコストを2にする
ミニゴブリンメイジ コスト2のフォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える コスト2以下のフォロワーランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える

分解時のレッドエーテル数変更

能力変更に伴い、「ルーンの貫き」「ミニゴブリンメイジ」2つのカードを分解したときに得られるレッドエーテル数が期間限定で変更されました。

また、「ミニゴブリンメイジ」に関わりがあるカードとして、ニュートラルクラスのシルバーレア「フィーナ」を分解したときに得られるレッドエーテル量も併せて変更されました。

能力変更後のレッドエーテル数

カード名 ノーマル版 プレミアム版
ルーンの貫き 50個→200 120個→200
フィーナ 50個→200 120個→200
ミニゴブリンメイジ 10個→50 30個→50

通常より多くのレッドエーテルを獲得できるようになるので、今すぐ分解せず、アップデートを待ってまとめて分解するのがおすすめです。

メインストーリーに9~11章追加と報酬一覧

リーダー名 9章 10章 11章
アリサ レッドエーテル×30 30ルピ 2pickチケット×1
エリカ レッドエーテル×30 30ルピ 2pickチケット×1
ルナ レッドエーテル×30 30ルピ 2pickチケット×1

アリサ、エリカ、ルナのメインストーリーに9~11章が追加されました。

新章攻略方法

アリサ9章

対戦相手は「狼」で、エルフとドラゴンのカードを使用します。

リリィセルウィンの号令竜の伝令を使用することが判明しており、盤面を制圧しながら戦うと有利に戦えるため、テンポエルフで挑むのがおすすめです。

アリサ10章

対戦相手は「エルフの弓兵」で、エルフとネクロのカードを使用します。

ブレイブフェアリー森の聖域ファントムハウルを使用することが判明しており、相手は基本的に低コストフォロワーしか展開してこないため、テンポエルフで持久戦に持ち込むことで有利に立ち回れます。

アリサ11章

対戦相手は「魔狼」で、エルフとロイヤルとドラゴンのカードを使用します。

クイーンヴァンパイア竜爪の首飾りセージコマンダーを使用することが判明しており、フォレストバッドを使ったコンボを多く利用してくるため、フォレストバットやヴァンピィを場に残さないプレイを意識しましょう。

基本的には、アグロヴァンパイアのようなムーブをしてくるため、盤面を制圧しながら持久戦に持ち込めるテンポエルフで挑むのがおすすめです。

エリカ9章

対戦相手は「イリス」で、ビショップカードを使用してきます。

神域の守護者獣姫の呼び声熟達の調教師を使用することが判明しており、相手が守護を並べてくるため、アグロロイヤルだと押し切れない場合があります。盤面制圧能力が高いミッドレンジロイヤルで挑むのがおすすめです。

エリカ10章

対戦相手は「魔法使い」で、ウィッチとヴァンパイアのカードを使用してきます。

虹の輝きレヴィ黙示録を使用することが判明しており、フォロワー展開はそこまで早くないため、アグロロイヤルミッドレンジロイヤルで早期決着を着けるのが有効です。

エリカ11章

対戦相手は「兵士」で、ロイヤルのカードを使用してきます。

歴戦のランサーブリッツランサーアルベールを使用することが判明しており、相手は基本的にミッドレンジロイヤルのようなムーブをしてくるため、長期戦で有利に立てるコントロールロイヤルで挑戦するのがおすすめです。

ルナ9章

対戦相手は「盗賊」で、エルフとネクロのカードを使用してきます。

メイベビーフェルパー骸の王を使用することが判明しており、アグロ気味にせめて早期決着を着けるのが有効なので、アグロネクロで挑むのがおすすめです。

ルナ10章

対戦相手は「盗賊」で、ウィッチとヴァンパイアのカードを使用してきます。

ルーンの貫きラウラレヴィを使用することが判明しており、相手のフォロワー展開が遅いため、アグロネクロで早期決着をつけるのが有効です。

ルナ11章

対戦相手は「盗賊」で、ネクロとロイヤルとニュートラルのカードを使用してきます。

ユニコ死の祝福ネフティスレオニダスを使用することが判明しており、長期戦になるとネフティスなどの強力なフォロワーを展開してくるため、アグロネクロで早期決着をつけるのが有効です。

プラクティス超級2の追加

ソロプレイのプラクティスに、新たな難易度として「超級2」全てのリーダーに追加されました。

各リーダーの「超級2」をクリアすることで、アチーブメント報酬として200ルピ獲得することが可能です。

引き直し時に対戦相手のクラスを表示

初手の引き直し時に、画面右下のメッセージウィンドウに、クラス情報が表示されるように変更されました。

相手のクラスに合わせた引き直しをしやすくなる便利な機能となるでしょう。

バトル前にデッキ確認ボタンの追加

バトル前にデッキの内容を確認できるボタンが追加されました。

デッキコード読み込み時に不足カードを一括生成する機能の追加

シャドウバースポータルで発行したデッキコードを読み込んだ際に、不足しているカードを一括で生成する機能が追加されました。

お問い合わせに「ご意見/不正報告」機能を追加

お問い合わせに、アプリに対するご意見と、バトルでの不正報告を送信する機能が追加されました。

メンテナンスの事前告知機能の追加

メンテナンスの時間をアプリ内で通知する機能が追加されました。通知はメンテナンスの1時間前、30分前、5分前に行われます。

データ連携機能の変更

データ連携機能を、連携コードを使用する形式から、ユーザーIDとパスワードを使用する形式に変更されました。

連携パスワードは、任意に設定することが可能です。連携パスワードは、マイページの「その他」にある「データ連携」から設定できます。

連携パスワードは、小文字、大文字、数字を含む8文字以上16文字以下の半角英数字で設定する必要があります。

12月29日(木)アップデート情報

「Rise of Bahamut/バハムート降臨」 追加

Rise of Bahamutバハムート降臨

新カードパック「Rise of Bahamut/バハムート降臨」の新カード105枚 が追加されました。新パックのガチャシミュレーターや新カードの一覧、新カード採用デッキの一覧を公開しているので、デッキ構築の参考にしてください。

プロフィール用エンブレムの追加

新カードパック「Rise of Bahamut/バハムート降臨」 追加に伴い、レジェンドカード9枚のエンブレムが追加されました。パックで引いた場合のみ入手でき、エーテルで作成したときには入手できない点に注意が必要です。

構築済みデッキの追加

構築済デッキ

クリスタルを消費して購入できる7クラス分の構築済デッキが追加されました。各構築済デッキには30枚のカードが封入されていて、エンシェントエルフやフォルテなどのレジェンドカードのイラスト違いも封入されています。

構築済デッキは1つにつき3回まで購入でき、初回のみクリスタル500個、2回目以降はクリスタル750個で購入できます。

また、構築済デッキを購入すると6桁のデッキコードがついてきて、プライズカードと組み合わせた40枚のデッキを作成できます。

▶構築済みデッキ購入の詳細はこちら

ルームマッチでの初バトル報酬追加

ルームマッチで1度もバトルしたことがない相手とルームマッチでバトルすると、報酬として100ルピを入手できます。

ルピをもらえるのは20人目の初バトルまで、合計2000ルピを入手できます。また、ルームの解散やバトルの中断、リタイアが行なわれると、報酬を入手できません。

▶ルームマッチ対戦募集はこちら

リプレイ機能の追加

過去に行ったフリーマッチ、ランクマッチ、ルームマッチ、2Pickをリプレイする機能が追加されました。最新10件のバトルのリプレイを見れます。

リーサルの再計算やどこで負けたかをつかむなど、プレイングスキル向上に活用しましょう。

フレンド申請通知機能の追加

他プレイヤーからフレンド申請が行われた際に、マイページにて申請がきていることを通知する機能が追加されました。

ホームにバナーの追加

ホーム画面に、新パックの追加やキャンペーン情報を紹介するバナーが追加されました。

過去シーズンのランキング閲覧機能の追加

過去シーズンのランキングを閲覧できるようになりました。

カード詳細画面でのボイス再生機能の追加

バトルをしなくても聞けるようになったボイス確認機能です。好きなカードや声優の声を何回でも聞く事ができるため、必聴の機能です。

カード詳細画面にボイス付カードの担当声優名の記載

ポータルサイト等で確認しなければわからなかった声優名が確認できるようになります。好きなカードの声優がすぐ把握でき、こちらも必見の機能です。

2Pickとルームマッチ観戦時にシンプルステージ選択の追加

観戦時にできるだけ無駄な消費を抑えることができ、さらに長時間の観戦が可能になります。

「Rise of Bahamut/バハムート降臨」の追加による2Pickデッキ作成時の掲示カードの変更

2Pickに「Rise of Bahamut/バハムート降臨」が追加され、大幅に2Pick構成が変わっていくと予想されました。2Pickでは連勝するほど報酬が上がるので、1枚1枚の新カードを把握しておきましょう。

▶バハムート降臨の新カード一覧はこちら

バトル中の予測表示機能の停止

バトル中に誤った情報を表示されてしまうケースがあり、そのための実施になる模様です。

データ連携機能の停止

連携コードによる機能の停止になります。Facebook、Game centerを用いた連携はできますので、アップデート前にアカウント連携をしておきましょう。

10月27日(木)アップデート情報

 プラクティスに上級2が追加

プラクティス

CPUと対戦できるプラクティスモードに、「上級2」が追加されました。

「上級2」とは、ダークネスエボルブのカードを採用したデッキで対戦できるようになるため、最近はじめた方や、新環境にまだ慣れていない方にはうってつけのモードとなりそうです。

恐らくですが、上級2を倒すとこれまで通りアチーブメントでルピがもらえると思われます。追加の情報が入り次第、更新致します。

メンテナンス期間

10月27日(木)AM1:00~10月27日(木)AM7:00

9月30(金)アップデート情報

「ダークネス・エボルヴ」追加

ダークネス・エボルヴ

新カードパック「ダークネス・エボルヴ」が、9/30(金)1:00~9:00のアップデートで追加されました。

すでに、ダークネス・エボルヴの新カード情報が公開されており、アップデート前までに109枚すべての情報が公開されるのではないでしょうか?

▶ダークネス・エボルヴカード一覧はこちら

「根源への回帰」のコスト変更

エルフクラスの「根源への回帰」のコストが、5から7に変更になります。

「冥府への道」を決め手にしている冥府エルフデッキですが、冥府への道を発動させるターンを稼ぐのに有効な「根源への回帰」のコストを上げることで、ゲームバランスの調整を行います。

観戦機能の追加

観戦機能は、ルームマッチ対戦の観戦が可能になる機能です。

観戦は、ルームIDを入力することで可能です。

フレンド対戦申請機能の追加

フレンド対戦申請機能は、ルームを立てたユーザーが登録しているフレンドに対戦招待を送れる機能です。

フレンドで対戦する場合でも、ルームIDを入力していた手間を省けます。

お気に入りカード機能の追加

お気に入りカード機能は、間違って分解してしまうことを防ぐ為に追加された機能です。

分解したくないカードは、事前にお気に入りカードに登録しましょう。

対戦相手ID表示機能の追加

対人戦で対戦相手のIDが表示される機能が追加されました。

対戦時のバトルメニューから選択が可能のようです。

チュートリアルクリア報酬の変更

チュートリアルクリア報酬で大きく変わるのは、スタンダードカードパックチケットが10枚に増え、2Pickチケットが3枚貰えることです。

以前よりも多くの報酬が貰えることで、新たにシャドウバースをはじめるプレイヤーも増えるのではないでしょうか?

アイテム 変更前 変更後
スタンダード
カードパックチケット
2枚 10枚
ルピ 100ルピ 100ルピ
レッドエーテル 400個 400個
2Pickチケット 0枚 3枚

▶最新リセマラ当たりランキングはこちら

ホーリーメイジの仕様変更

ホーリーメイジの「自分の場にアミュレットが出るたび+1/+1する」効果が発動しなかった条件で、発動するように仕様変更されました。

▶ホーリーメイジの評価はこちら

発動しなかった条件

相手の場にカードが5枚ある状態で、「詠唱:神域の守護者」をプレイした時、ファンファーレ効果でカウントダウンが0になりフォロワーに変化する。

「詠唱:神域の守護者」が、フォロワーとしてプレイされていると判断されてしまっており、ホーリーメイジの効果が発動しませんでした。

▶詠唱:神域の守護者の評価はこちら

カードテキスト変更

カードの効果に変更は無く、テキストだけ変更になるカード。

テキスト変更カード一覧
光の道筋光の道筋 タムリンタムリン レイジングジェネラルレイジングジェネラル
メタルガーゴイルメタルガーゴイル ランページジャイアントランページジャイアント ソウルディーラーソウルディーラー

関連記事

最強デッキランキング

クラス別最新デッキ一覧
アリサエルフ エリカロイヤル イザベルウィッチ ローウェンドラゴン
ルナネクロ ユリアスヴァンプ イリスビショップ ニュートラル無課金
デッキレシピ一覧
デッキ一覧と評価 アグロデッキ一覧
ミッドレンジデッキ一覧 コントロールデッキ一覧
コンボデッキ一覧 守護系デッキ一覧
大会情報
全国大会情報 第5回アルテマ杯レポート
カード一覧とデッキ投稿
全カード一覧 デッキ投稿と観覧 リセマラ
  • LINEで送る

書き込み

ご指摘、ご意見、ご感想などなど、 あなたのコメントをお待ちしてます!

最新を表示する
    11 名無し

    OTKエルフがいなくなることでドロシーと超越が増えるだけじゃないかな


    10 名無し

    アプデ内容に、ガチャレア率下方修正がない件について


    9 名無し

    >>8

    同意見です。冥府エルフが悪いのに、自分の薔薇エルフデッキで収穫祭使えなくなった。冥府への道のコストを修正すればいいのに。


    8 名無し

    冥府エルフがいかんのは 新たなる運命と冥府への道のコストが軽すぎることだっつぅの、なんで収穫祭やねん、冥府軸じゃないエルフは大幅弱体化して息してねぇだろ


    7 名無し

    手札上限+1がスゲーありがたい。

    陽光ビショップ使ってるけどミスって2枚ドローの奴分の空きが無くてピン刺しサタン消えたことあって悲しかった。それ以来ちゃんと手札管理はしてるけどやっぱり+1は嬉しい


    6 名無し

    既存のカードのキャラが新しいリーダーになるって事は既存のカード以外のリーダー(エルフとか)は新カードとして登場するってことなのか?ちょっとよく分からなくなってきたけどモルディカイ好きだからモルディカイ使えるのちょっと嬉しい。ユイも可愛いけどね


    5 A0アグロネクロ

    確かにロイヤルもつよいけど冥府エルフは明らかに壊れてると思う…何より安定感があるから勝率にもつながるし。


    4 名無し

    何が驚くって、先行が有利だったところ。個人的には後攻が強いイメージあって、先行有利に感じたのはアグロネクロとドラゴンぐらいだったんだよなあ。これだと後攻がすごく有利になる気がする。


    3 名無し

    冥府エルフが苦手なワイ歓喜。


    2 名無し

    冥府エルフ使い涙。


    1 名無し

    ロイヤルなんとかしろよ冥府より**だぞ

    盤面埋めながら強化吐いてとか壊れすぎだろ

    クイックブレーダーなんか先攻取っちまえばほぼ2ダメ確定だろフェンサーと不屈いればあれで4ダメ入るぞアルビダの号令も乙姫もおかしいしコストが軽すぎんだよ

    オマケにサーバー増強とか言っときながらむしろ弱体化させてるしほんと**だわ


攻略メニュー