新カード採用!!疾走バハムートドラゴンのデッキレシピ!

シャドウバース(シャドバ)でUSG所属のぜろろさんが考案した、バハムート降臨のカードを採用した疾走バハムートドラゴンデッキをご紹介します。新環境のデッキ作成にぜひお役立てください。

バハムート

疾走バハムートのデッキレシピ

カード ステータスと効果 枚数
ブレイジングブレスブレイジングブレス
コスト
相手のフォロワー1体に2ダメージ。
3枚
サラマンダーブレスサラマンダーブレス
 コスト
相手のフォロワー1体に3ダメージ
エンハンス6 上記の効果の後、相手のフォロワーすべてに2ダメージ
3枚
ベルエンジェルベルエンジェル コスト /攻撃 /HP
守護 ラストワード カードを1枚引く。
3枚
竜の託宣竜の託宣
コスト
自分のPP最大値を+1する。 このカードをプレイするとき既に覚醒 状態なら、カードを1枚引く。
3枚
竜の伝令竜の伝令
コスト
コスト5以上のカードをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。そのコストを-1する。
3枚
ヒーリングエンジェルヒーリングエンジェル コスト /攻撃 /HP
ファンファーレ 自分のリーダーを2回復。
2枚
ドラゴンナイト・アイラドラゴンナイト・アイラ コスト /攻撃 /HP
ラストワード 自分のPP最大値を+1する。
3枚
ウルズウルズ
コスト /攻撃 /HP
ファンファーレ 自分の他のフォロワー1体か相手のフォロワー1体を破壊して、それと同名のフォロワーを場に出す。 (相手のフォロワーを破壊したなら、相手の場に出す。)
3枚
ジークフリートジークフリート
コスト /攻撃 /HP
ファンファーレ ダメージを受けている相手のフォロワー1体を破壊する
2枚
グリムリーパーグリムリーパー
コスト /攻撃 /HP
ファンファーレ 覚醒 状態なら+1/+1して、守護 を持つ。
2枚
ゴブリンマウントデーモンゴブリンマウントデーモン コスト /攻撃 /HP
守護 ファンファーレ 自分の他のフォロワーすべてに3ダメージ。
3枚
騎竜兵騎竜兵 コスト /攻撃 /HP
ファンファーレ 手札のカード1枚のコストを-2する。(0より小さくはならない。)
3枚
ダークドラグーン・フォルテダークドラグーン・フォルテ コスト /攻撃 /HP
疾走 覚醒 状態なら、このフォロワーは攻撃されない。
3枚
バハムートバハムート
コスト /攻撃 /HP
ファンファーレ 他のフォロワーすべてと、アミュレットすべてを破壊する。相手の場にフォロワーが2体以上いるなら、このフォロワーは相手のリーダーを攻撃不能。
2枚
ジェネシスドラゴンジェネシスドラゴン
コスト /攻撃 /HP
疾走
2枚

デッキコンセプト

新カード「サラマンダーブレス」を最大限活かした構築

新たなAOE(全体除去)であるサラマンダーブレスバハムートを軸に組んだドラゴンデッキです。

最速バハムートを狙うために、伝令とPPブーストをフル採用しており、バハムートを出して盤面をリセットからのバハムート&各種疾走フォロワーによって逆転を狙うデッキです。

バハムート、サラマンダーブレス合わせて全体除去が5枚も採用でき、また、サラマンダーブレスとブレイジングブレス合わせて相手の2/2フォロワーを捌くカードも6枚採用できます。

デッキ構築に革命が!?

このようにサラマンダーブレスが2つの役割を持てるので、単に強いカードであるだけでなく、デッキのスロット圧縮の役目を持ちます。

未来のドラゴンデッキでは、序盤をしのぐための2PP2/2のフォロワーは不要になり、その分パワーの高いカードやPP加速を多くデッキに積めるようになるのではないでしょうか。

AOEが多く含まれているので、その分2PPをキーカードのドローやPP加速に割いても問題ない場面が増えるでしょう。

各種カードの採用理由

ベルエンジェル

ベルエンジェル」は単にドローという以上に、バハムートサラマンダーブレスを使う前に相手の展開を誘いながらもHPを守れるカードであるため、採用しています。

また、最悪生き残ってしまっても、ウルズやバハムートの効果で破壊して追加ドローができます。

ヒーリングエンジェル&グリムリーパー

ヒーリングエンジェル」は、自分の盤面がバハムートでリセットされるシーンがあることを前提に、ファンファーレの回復の有効性も見て採用。「グリムリーパー」は、竜の伝令に引っかからない中堅守護として起用しました。

ゲーム終盤、「サラマンダーブレス」を打った直後に守護を出したり、リーダーを回復させたりしたい場面もあると見て、マナカーブを整える意味も込めてこの2種を2枚ずつ採用しました。

ただし、この2種類のカードはそれほど強力ではありません。現行カードの中ではこのデッキのコンセプトに合っていますが、新カードでより防御的なものがあれば入れ替え候補になるでしょう

ダークドラグーン・フォルテ&ジェネシスドラゴン

2種類の疾走フォロワーについては、バハムートで得た優位を維持しているうちに勝つためにフェイスダメージを詰める必要がある、と見ての採用です。

特に「サタン」「ダークエンジェル・オリヴィエ」「オーディン」など長期戦向きのフィニッシャーを使う相手には、ダラダラと消耗戦をするよりも、疾走フォロワーを走らせた方が有効なカウンターになります。

また、バハムートを活かしにくい、超越ウィッチに対する勝ち筋にもなりえます。

まとめ

このデッキでは序盤の有効アクションが伝令ベルエンジェル託宣を除いても11枚(デッキのおよそ4分の1)採用出来ているので、アグロに対してはそれらのカードを探し、コントロールや冥府超越疾走ビショップに対しては、伝令・託宣・アイラといった加速カードをマリガンで探すようなプレーで序盤のゲームを作りやすくなっています

また、フォルテジェネシスの枠をルシフェルドラゴンガード等さらに防御に特化した構築にすれば、アグロ系への勝率をさらに上げることも出来るでしょう。

元々勝ちパターンは豊富なものの、デッキ事故に悩まされることが多かったデッキタイプですので、サラマンダーブレスが生み出すデッキスロットのゆとりによって、どれほど強化がされるのか楽しみなリーダーです。

関連記事

最強デッキランキング

クラス別最新デッキ一覧
アリサエルフ エリカロイヤル イザベルウィッチ ローウェンドラゴン
ルナネクロ ユリアスヴァンプ イリスビショップ ニュートラル無課金
デッキレシピ一覧
デッキ一覧と評価 アグロデッキ一覧
ミッドレンジデッキ一覧 コントロールデッキ一覧
コンボデッキ一覧 守護系デッキ一覧
大会情報
全国大会情報 第5回アルテマ杯レポート
カード一覧とデッキ投稿
全カード一覧 デッキ投稿と観覧 リセマラ
  • LINEで送る

書き込み

ご指摘、ご意見、ご感想などなど、 あなたのコメントをお待ちしてます!

攻略メニュー