竜化の使い方と効果

竜化の使い方と効果

ドラガリアロスト(ドラガリ)の竜化の使い方と効果を掲載しています。竜化のメリットや竜化時間の伸ばし方、ゲージの溜め方を記載しているので、ドラガリアロストの竜化をする参考にしてください。

竜化の準備とやり方

竜化手順

  1. 1.キャラにドラゴンを装備する
  2. 2.竜化ゲージを溜める
  3. 3.ドラゴンタップで竜化発動

1.キャラにドラゴンを装備する

ドラゴン

竜化をするには、事前にパーティ編成メニューから、キャラにドラゴンを装備させておく必要があります。

ドラゴンに装備条件はなく、いずれのドラゴンも全てのキャラに装備させることが可能です。ただし、ドラゴンが持つアビリティ効果は、同属性のキャラに装備させた際に発動するため、できるだけ属性を合わせることをおすすめします。

ドラゴン一覧はこちら

2.竜化ゲージを溜める

竜化ゲージ

竜化を発動させるには、クエスト中に画面左端に表示された「竜化ゲージ」を溜める必要があります。ゲージを溜める方法は主に2種存在し、敵を撃破したり、『ドラゴンピラー』を破壊することで溜められます。

また、竜化ゲージは、最大2回分まで溜めておくことができます。ただし、竜化後は一定時間のクールダウンが発生するため、連続して竜化をすることはできません。

3.ドラゴンタップで竜化発動

竜化

竜化ゲージが溜まると、ゲージ横に表示されたドラゴンが点灯し、タップすることで竜化が発動します。竜化すると、暗転後に演出が入り、広範囲に渡ってダメージを伴う光を発します。

通常攻撃並みの威力を持つため、体力の低い敵であれば一掃することが可能です。

タイマー減少で竜化解除

タイマー

竜化は、自身の頭上に表示されたタイマーがゼロになると自動で解除されます。タイマーは、時間経過と共に減少する他、ダメージを受けることでも減ってしまうため、いかに攻撃を受けずに竜化を維持できるかが重要です。

竜化の効果とメリット

ドラゴン専用の強力なスキルを使える

スキル

竜化をすると、ドラゴンごとに用意された専用スキルを使用することができます。いずれのスキルも若干の溜めを要するため、当てるには敵の行動を見極める必要があります。

反面、威力は凄まじく、スキル攻撃中はタイマーが減少されないため、ブレイクに合わせてもタイマー減少を気にする必要がありません。

竜化中は被ダメージが無効

竜化中は、敵の攻撃を受けてもHPが減りません。そのため、攻め以外にもピンチの時に竜化をして一時離脱といった立ち回りを取ることができます。

ただし、竜化中の被弾は、竜化タイマーの減少に繋がるため、攻撃を受けないにこしたことはありません。

竜化ゲージを素早く溜める方法

ドラゴンピラーを破壊する

ドラゴンピラー

竜化ゲージは、クエスト中に配置された「ドラゴンピラー」を破壊することで大きく上昇します。

主にドラゴンピラーは行き止まりに配置されている他、ボス戦のみのクエストでも隅に1つだけ配置されています。

なお、オート操作では通常攻撃と移動を除き、ドラゴンピラーの破壊も含めて全て行わないため、竜化が必要であれば手動で壊すようにしましょう。

アビリティで上昇率を上げる

竜化ブースト

竜化ゲージは、一部キャラのアビリティや護符で上昇率を上げることができます。特に剣キャラは総じて「EXアビリティ」に竜化ゲージの上昇率アップを持っているため、パーティに1人編成しておくことをおすすめします。

剣キャラ一覧はこちら

竜化時間を伸ばす方法

ドラゴンに贈り物をして信頼度を上げる

信頼度

竜化時間は、ドラゴンに贈り物をして信頼度を上げることで延長することができます。信頼度は最大30まで高められ、一定に達する毎に強化素材などのアイテムも得られます。

贈り物は、ルピを支払って1日最大5種購入でき、購入制限は毎日15時にリセットされます。また、クエストで稀に入手可能なクローバーも贈ることが可能です。

贈り物についてはこちら

アビリティで時間を延長する

竜化時間

竜化時間は、竜化ゲージと同様にキャラや護符のアビリティで延長することができます。アビリティによる延長は、信頼度の延長と重複するため、より長い間竜化が可能です。

ドラガリアロスト攻略トップに戻る

©Nintendo/Cygames All rights reserved.
※アルテマに掲載しているゲーム内画像の著作権、商標権その他の知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します
▶ドラガリアロスト公式サイト

ドラガリアロストの注目記事

書き込み

最新を表示する

【PR】おすすめゲームランキング

攻略メニュー