バーソロミューの実装予想とクラス考察

コメントコメント(4)

サラザール

FGO(Fate/Grand Order)のバーソロミュー(サラザール)について記載。鳴鳳荘イベントに登場したバーソロミューの実装時期やクラスを考察しているので、バーソロミューについて知りたい方は参考にしてください。

イベント関連記事
鳴鳳荘イベント攻略まとめ 鳴鳳荘イベントストーリー考察

鳴鳳荘で新キャラ「サラザール」が登場

鳴鳳荘の使用人として登場

サラザール

鳴鳳荘イベントのストーリーで、「サラザール」という名前の新キャラが登場しました。サーヴァントがイベントで名前が変わっているため、真名は別であると予想します。

サーヴァントであることは確定

イベント中に特異点に入った際、映画の撮影のために召喚されたがそれ以外の記憶がないという点から、サーヴァントであることは確定しています。

真名はバーソロミュー・ロバーツ

バーソロミュー

5月17日に解放された第八節のクエストで、バーソロミュー・ロバーツであることが判明しました。黒ひげ同様、カリブ海で主に活躍した海賊です。

サラザールは今後実装される?

サラザールはオリジナルの立ち絵が用意されているため、今後サーヴァントとして実装される可能性は高いです。

現在開催している鳴鳳荘イベントのガチャが5月29日(水)のイベントの終わりまで開催されますが、第2段のピックアップとして実装の可能性もあります。

ライダーが最有力

サラザールと戦闘を行った時、敵クラスがライダーであったことからライダーの可能性が最も高いです。また、海賊系のサーヴァントは今までもライダーであったため、ほぼ間違いなくライダーでしょう。

ルーラーの可能性もあり

  • ・乗組員全てに平等な投票権・投票発起権を与える。
  • ・収益は役割別に平等に配分。
  • ・安息日には音楽隊による賛美歌を奨励。
  • wikipediaより引用

サラザールは乗組員全員に平等な投票兼を与えたり、安息日には音楽隊による賛美歌を奨励していたことからルーラーであるかもしれません。

また、神父役で登場していたことから天草四郎と被る点からも、十分にルーラーである可能性が考えられます。

アサシンではなさそう

アサシンではない?

サラザールは鳴鳳荘イベント第7節において、実はアサシンなのでは?という問に対して「気配遮断とか、あまりつかえそうにないが……」と話しているシーンがあります。

気配遮断はアサシン全般が所持しているクラススキルのため、これが真実だとするならアサシンの可能性は低そうです。

判明前のサラザールの真名予想

バーソローミュー説

バーソローミュー

  • 彼が好んだ服装は真紅の宮廷用半ズボンに飾り帯を着け、オーバーコートを羽織り、紅の羽を飾りつけた三角帽子をかぶり、肩には緋色の帯で拳銃を吊るし、さらに海賊生活初期にポルトガル商人から奪った「ダイアモンドをちりばめた十字架」を金チェーンで首から下げるという姿だった。
  • wikipediaより引用

バーソローミューは、大航海時代最後の大海賊として知られている人物です。史実上では、ハンサムで宮廷用の半ズボンを履くおしゃれ好きと語られています。

また、金チェーンでダイヤモンドを散りばめた十字架のペンダントを付けていたり、肩にかかる緋色の帯で拳銃を備えていることから、登場したサラザールの特徴に当てはまります。

また、バーソロミューは「Black Barty」とあだ名で呼ばれており、日に焼けて肌が浅黒かったからと言われています。登場したサラザールも肌が浅黒いため特徴に当てはまります。

片目が隠れている女性が好き

随所に現れる片目隠れ好きの片鱗
サラザール サラザール2

以前「黒髭」が、「バーソローミュー」は片目の女性が好きと発言していました。今回マシュと出会った時に好意を寄せていたことから、1つの根拠として考えられます。

大砲の音で本当の記憶が蘇る?

何か思い出した?

サラザールは、鳴鳳荘の第7節で大砲の音を聞いてタイゾー・オカの記憶を呼び戻すという役割を演じましたが、思い出したとのセリフで章が終わっているため、もしかすると本当の記憶が蘇ったかもしれません。

もし仮にサラザールが海賊の「バーソロミュー」であった場合、史実上の死因である大砲が引き金になって記憶が呼び戻される可能性もなくはないです。

セリフとして語っているだけかもしれませんが、本当の記憶が呼び戻されたと推察するなら、次の第8節(5/18開放)で真名が明らかになるかもしれません。

アントニオ・サラザール説

アントニオ・サラザールは、ポルトガルの政治家です。名前が被っているのはもちろん、史実上では昔は聖職者を目指していたとのことなので、神父の役をしていたサラザールと共通する部分があります。

FGO攻略トップに戻る

©TYPE-MOON/FGO PROJECT All rights reserved.
※アルテマに掲載しているゲーム内画像の著作権、商標権その他の知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します
▶FGO公式サイト

FGOの注目記事

書き込み

最新を表示する

【PR】おすすめゲームランキング