属性のダメージ倍率と弱点まとめ

グラスマ攻略班

ダメージ倍率

グラスマ(グラフィティスマッシュ)の属性のダメージ倍率と弱点をご紹介。属性の有利や不利のポイント、弱点属性へのダメージ倍率を記載。グラスマの属性のダメージ倍率を調べる際の参考にしてください。

関連記事
バトルシステム解説 反射と貫通の違いと特徴

属性のダメージ倍率

属性 有利属性 不利属性 ダメージ倍率
火火属性 風風属性 水水属性 有利:1.33倍
不利:0.66倍
水水属性 火火属性 風風属性 有利:1.33倍
不利:0.66倍
風風属性 水水属性 火火属性 有利:1.33倍
不利:0.66倍
光光属性 闇闇属性 闇闇属性 有利:1.33倍
不利:1.33倍
闇闇属性 光光属性 光光属性 有利:1.33倍
不利:1.33倍

「火・水・風」の3種類の属性は、じゃんけんのような3すくみの関係です。「光・闇」の2種類の属性は、お互いに有利であり不利な関係です。

有利属性に対しては、ダメージ倍率が「1.33倍」上昇被ダメージが「0.66倍」減少し、不利属性の敵に対しては、被ダメージが「1.33倍」増え、与ダメが「0.66倍」減ります。

そのため有利属性だと、受けるダメージを減少でき、与えるダメージを上げられるので、ダンジョン攻略で「ゲームオーバー」になりにくいです。

有利属性での立ち回り方

有利属性で弱点を攻撃する

弱点倍率

ダンジョン攻略で効率良く敵を倒す場合は、有利属性のダメージ倍率と敵の弱点を突いて攻撃するのが1番ベストです。

有利属性ダメージ倍率が1.33倍で弱点ダメージ倍率が1.33倍の合計倍率が1.77倍になります。

また、3属性の有利属性キャラの場合は、被ダメが0.66倍のダメージ量になるので、さらにダンジョン攻略が安定します。

種族キラーでさらにダメージアップ

種族キラー発動時

キラーは、主に武器に付く特性で、特定の種族を攻撃する際に、付与されているキラー分ダメージがアップします。

キラーは、ハンタースキルやグラ魂にも反映されるため、属性と合わせることで、さらなるダメージを与えられます。

キラー徹底解説まとめはこちら

属性被ダメージは潜在解放で軽減可能

属性軽減アビリティ

属性ダメージは有利属性に合わせ、潜在解放により最大で25%のダメージを軽減できます。

特に光と闇属性はお互いに有利不利の関係のため、軽減アビリティ持ちは重要です。

グラスマ攻略トップに戻る

グラスマの注目記事

【PR】おすすめゲームランキング

攻略メニュー