ギリメカラ(呪殺耐性)の効率的な作り方

メガテンD2(女神転生)で、ギリメカラ(呪殺耐性)の効率的な作り方を紹介しています。ラクシャーサとアヌビスを使った組み合わせを紹介しています。メガテンD2でギリメカラ(呪殺耐性)の効率的な作り方を調べる際の参考にして下さい。

ギリメカラ

関連記事
効率的な作り方ページまとめ
ギリメカラの最新評価 合体シミュレーター
星4おすすめ悪魔 星4悪魔の評価一覧

ラクシャーサとアヌビスで作成

必要マグネタイト量 素体:約33万MAG
アーキ付き:約50万MAG

ラクシャーサとアヌビスを使った合体パターンがおすすめです。星4悪魔同士の悪魔合体なので必要マグネタイト量は多めです。

ギリメカラの合体パターン一覧はこちら

ラクシャーサのおすすめ作成パターン

ラクシャーサ

素材悪魔1 素材悪魔2
イフリートイフリート イシスイシス

ラクシャーサのおすすめ作成パターンは、イフリートとイシスによる組み合わせです。星3同士で作成できるので、マグネタイトの消費を抑えられます。

イフリートのおすすめ作成パターン

素材悪魔1 素材悪魔2
オセオセ クラマテングクラマテング

イフリートのおすすめ作成パターンは、オセとクラマテングの組み合わせです。オセは、ライラとホルスで作成できます。クラマテングはストーリークエストなどで入手できます。

イフリートの合体パターン一覧はこちら

イシスのおすすめ作成パターン

素材悪魔1 素材悪魔2
ライラライラ オセオセ

イシスのおすすめ作成パターンは、ライラとオセによる組み合わせです。ライラはハトホルとシーサーで作成できるため、比較的簡単に作成できます。

イシスの効率的な作り方はこちら

アヌビスのおすすめ作成パターン

アヌビス

素材悪魔1 素材悪魔2
ホルスホルス アラハバキアラハバキ

アヌビスのおすすめ作成パターンは、ホルスとアラハバキによる組み合わせです。ホルスは比較的簡単に作成でき、アラハバキはシーサーとグレンデルで作成できます。

グレンデルのおすすめ作成パターン

素材悪魔1 素材悪魔2
ヘケトヘケト オニオニ

グレンデルのおすすめ作成パターンは、ヘケトとオニによる組み合わせです。星2同士で作成できるので、簡単に作成できます。

グレンデルの合体パターン一覧はこちら

おすすめのアーキタイプは防魔

ギリメカラは、「衝撃耐性」を習得する防魔タイプがおすすめです。弱点を1つ埋められるので、スキル継承枠2つを使って「電撃耐性」と「破魔耐性」を継承すれば、弱点がなくなります。

デフォルトのステータスや所持スキルが優秀なので、弱点をなくせば物理アタッカーとして活躍できます。

マグネタイトの入手方法

素材マグネタイト

ギリメカラを合体作成のみで入手する場合は、約33万個以上の大量のマグネタイトを要求されます。

マグネタイトはアウラゲートを効率的に周回して集めましょう。アウラゲートの深層に行くほど多くのマグネタイトをもらえます。

一気に集めるのは難しいので、アウラゲートを周回して効率よく作成に必要なマグネタイトを集めましょう。

呪殺耐性の継承素材

呪殺耐性

ギリメカラは「呪殺耐性」の継承素材として使用できます。呪殺属性が弱点のイシュタルやパラスアテナなどに継承させると弱点をカバーできておすすめです。

呪殺弱点の悪魔一覧はこちら

メガテンD2攻略トップに戻る

©SEGA/©ATLUS All rights reserved.
※アルテマに掲載しているゲーム内画像の著作権、商標権その他の知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します
▶D×2 真・女神転生リベレーション公式サイト

メガテンD2の注目記事

書き込み

最新を表示する

【PR】おすすめゲームランキング

攻略メニュー