DPSとは|技の威力を測る数値

ポケモンマスターズ攻略班

コメントコメント(0)

DPSとは

ポケマス(ポケモンマスターズ)におけるDPSについて徹底解説。1秒あたりに与えるダメージ量を表すDPSの計算方法やEPSとの関係性、どの技が強いのか、DPSを上げる方法について事前情報を元に記載しています。

DPSとは?

1秒あたりのダメージ量

ポケマスのDPS(Damage Per Second)は、技が1秒あたりに与えるダメージ量を示します。技のDPSは「技の威力÷発動時間」で算出可能です。

例えば、1回20秒かかるダメージ量200の技の場合、DPSは「200÷20=10」より10です。

DPSが高い技はダメージ効率が良い

DPSが高い技は、同じ時間内で与えられるダメージが大きいです。故に、敵に効率よくダメージを与えられます。

ただし、ポケマスは攻撃するためにわざゲージが必要で、わざゲージの溜まるスピードは素早さによって変化します。そのため、1秒でどれくらい技ゲージが回復するのかも重要です。

EPSとの関係性

1秒あたりのゲージ回復量

ポケマスの「EPS(Energy Per Second)」は、1秒あたりのわざゲージの回復量を示します。技のEPSは「必要なわざゲージ数÷発動時間」で算出可能です。

例えば、使うのに20秒かかる必要なわざゲージ4の技の場合、EPSは「20÷4=5」より5です。

DPSを上げられる

EPSが高い技を使うと、間接的にDPSを上げられます。EPSが高い技は効率よくわざゲージを溜めて技の発動を増やし、攻撃頻度を増やすことでDPSを上げて効率のいい攻撃が可能です。

どんな技が強いのか

基本的に威力の高い技が強い

わざゲージの溜まるスピードなどを考慮しないのであれば、基本的に威力の高いわざが強いです。ただし、命中率が低い、自傷ダメージが入るなどのデメリットが多いので、必ずしも威力が正義ではありません。

EPSにも配慮

威力やDPSが高くても、EPSが低い技を多用するとわざゲージがすぐに無くなります。行動できない時間が増えて危険なので、EPSが高い技も交えて戦うのが効率的です。

あくまでも1つの指標でしかない

DPSの高い技は効率よくダメージを与えられるものの、あくまでも強さを示す指標でしかないです。バフや命中率、追加効果などを考慮すると、一概にDPSが高ければ強いとは限りません。

ポケモンマスターズポケモンマスターズ攻略トップへ

©2019 DeNA Co., Ltd.© 2019 Pokémon. © 1995-2019 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc. All rights reserved.
※アルテマに掲載しているゲーム内画像の著作権、商標権その他の知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します
▶ポケモンマスターズ公式サイト

ポケモンマスターズの注目記事

星4/星3おすすめバディーズ(キャラ)一覧
星4/星3おすすめバディーズ(キャラ)一覧
イッセイコウゲキの発動条件と溜め方
イッセイコウゲキの発動条件と溜め方
最強バディーズ(キャラ)ランキング|最新版
最強バディーズ(キャラ)ランキング|最新版
取り返しのつかない要素まとめ
取り返しのつかない要素まとめ
修練の高速周回編成とおすすめキャラ
修練の高速周回編成とおすすめキャラ
もっと見る
最強バディーズ(キャラ)ランキング|最新版
最強バディーズ(キャラ)ランキング|最新版
ルガルガンピックアップガチャシミュレーター
ルガルガンピックアップガチャシミュレーター
リセマラ当たりランキング最新版
リセマラ当たりランキング最新版
最強パーティ考察|シングルとマルチ編成
最強パーティ考察|シングルとマルチ編成
チコリータピックアップガチャは引くべきか
チコリータピックアップガチャは引くべきか
もっと見る

書き込み

最新を表示する

【PR】9月のおすすめゲームランキング

攻略メニュー