ミッドレンジロイヤルのデッキレシピ/立ち回りと対策

新環境デッキ一覧を作成!次期環境の注目デッキを要チェック!
新環境デッキレシピ一覧

シャドウバース(シャドバ)のミッドレンジロイヤルのデッキレシピを紹介します。立ち回りや対策はもちろん、評価や特徴、相性、おすすめ代替カードなどを記載しています。ミッドレンジロイヤルデッキ構築の参考にしてください。

ミッドレンジロイヤル

ロイヤルのおすすめデッキ
アルベールロイヤル ミッドレンジロイヤル

▶ロイヤルのデッキ一覧はこちら

ミッドレンジロイヤルの評価と特徴

評価点 85/100点
扱いやすさ
デッキタイプ ミッドレンジ

ミッドレンジロイヤルの特徴

盤面を制圧して勝利を狙う

ミッドレンジロイヤルは、序盤から中盤にかけてのフォロワー展開能力が非常に優秀なデッキであり、盤面を制圧して勝利を狙うデッキです。

中盤までは盤面の優位を保ちつつリーダーを削り、ガウェインでコストを下げたルミナスメイジアルベールローランといった強力なフォロワーで、盤面を完全に制圧します。

攻守のバランスがとれている

グリームニルローランなどの守護フォロワーや、味方の兵士フォロワーに破壊耐性を付与するリーシャにより、フェイスへのダメージと味方のフォロワーを守る動きが可能です。

また、ルミナスメイジアルベールツバキといったフォロワーは進化権を使用せずに盤面を制圧出来るので、中盤以降でも進化権を温存しながら攻め込むことができます。

アルベールでバーストダメージを与えられる

長期戦になってもアルベールのエンハンス効果で、バーストダメージを与えて勝てるのが魅力です。ミッドレンジデッキですが、終盤は奇襲に近い戦術を取ることができます。

また、アルベールのエンハンスには、ターン終了までアルベールへのダメージを0にする効果もあるため、盤面制圧にも活躍できるフォロワーです。

デッキの相性

アグロ系のデッキに有利

低コストフォロワーが多く、アグロ系の猛攻を対処しやすいため、アグロヴァンパイアなどのアグロ系のデッキに有利です。

特に歴戦のランサーグリームニルのを掻い潜りながら、フェイスへダメージを叩き出すのは困難なため、相手の攻撃を耐えやすいです。

しかし、ドロシーウィッチには、フォロワー展開能力で負けてしまい、盤面を制圧されて押し切られる可能性があります。

コントロールデッキが苦手

ミッドレンジロイヤルはドロースペルに乏しく、師の教えアドバンスブレーダーも採用していないため、長期戦になると手札が枯渇しやすいです。

特に、コントロールヴァンプは全体除去や回復手段にも長けているので、長期戦に持ち込まれてジリ貧に陥りやすいです。

デッキレシピ

ミッドレンジロイヤル

作成コスト42,800

作成コスト:デッキのカードを全て生成した場合に必要な、レッドエーテルの総量

フォロワー 効果 コスト 枚数
ヴァンガード 【ヴァンガード】
-
1 3枚
不屈の兵士 【不屈の兵士】
自分の場に指揮官・カードが出るたび、自分のターン終了まで+1/+0する。
2 3枚
歴戦のランサー 【歴戦のランサー】
守護
2 3枚
メイドリーダー 【メイドリーダー】
ファンファーレ 指揮官・カードをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
2 3枚
風の軍神グリームニル 【風の軍神グリームニル】
守護 エンハンス10:相手のリーダーとフォロワー全てに1ダメージ。これを4回繰り返す
3 2枚
ノーヴィストルーパー 【ノーヴィストルーパー】
疾走
3 3枚
キャプテン・リーシャ 【キャプテン・リーシャ】
ファンファーレ 自分の兵士・フォロワーすべては、「フォロワー、スペル、アミュレットの能力によるダメージは0になり、能力で破壊されない」を持つ。この能力は、このフォロワーが場を離れるとき失われる。
3 2枚
フローラルフェンサー 【フローラルフェンサー】
-
4 3枚
円卓の騎士・ガウェイン 【円卓の騎士・ガウェイン】
ファンファーレ エンハンス 6; +1/+1して、突進 を持つ。攻撃時 自分の手札の指揮官・カードすべてのコストを-1する
4 3枚
レヴィオンセイバー・アルベール 【レヴィオンセイバー・アルベール】
疾走 ファンファーレ エンハンス9:「このフォロワーは、1ターンに2回攻撃できる」を持つ。ターン終了まで、このフォロワーへのダメージは0になる
5 3枚
ルミナスメイジ 【ルミナスメイジ】
ファンファーレ 《ルミナスナイト》1体を出す。 このフォロワーが場にいる限り、自分の指揮官・フォロワーはEPを消費せず進化できる。
5 3枚
ツバキ 【ツバキ】
潜伏 ファンファーレ 攻撃力5以上の相手のフォロワー1体を破壊する。
6 2枚
不滅の英雄・ローラン 【不滅の英雄・ローラン】
守護 ファンファーレ 自分の場に不滅の聖剣・デュランダルがないなら、不滅の聖剣・デュランダル1つを場に出す。
7 2枚
スペル 効果 コスト 枚数
渾身の一振り 【渾身の一振り】
「相手の場のフォロワーの数」が自分より多いなら、ナイト1体を出す。相手のフォロワー1体に2ダメージ
2 2枚
アルビダの号令 【アルビダの号令】
パイレーツ1体とヴァイキング1体を出す。
6 3枚

デッキコードを発行

おすすめ代替カード

カード おすすめ理由
クイックブレーダー 【クイックブレーダー】
1ターン目にプレイできれば、ダメージレースで優位に立ちやすい他、相手の体力1のフォロワーとトレードを狙えるなど、使い勝手がいいです。2コストフォロワーと入れ替え候補。
ユニコーンの踊り手・ユニコ 【ユニコーンの踊り手・ユニコ】
アグロデッキへの耐性を増やすことができます。2コストフォロワーの入れ替え候補です。
わがままプリンセス 【わがままプリンセス】
盤面を優位にでき、デッキの圧縮にも繋がるのは魅力です。わがプリを採用する場合は、クイックブレーダーとセットで採用しましょう。
ホワイトジェネラル 【ホワイトジェネラル】
場の兵士フォロワーの攻撃力を+2できるので、リーダーのライフを削ったり有利なトレードを狙えます。フェンサーとの入れ替え候補。
死の舞踏 【死の舞踏】
フィニッシュにも使える優秀な除去カードで、大型守護モンスターを破壊するのに活躍します。オーレリアかアルベールとの入れ替え候補。
ツバキ 【ツバキ】
大型フォロワーへの対策になり、潜伏を持つので次のターンの攻撃にも活かせます。オーレリアかアルベールとの入れ替え候補。

ミッドレンジロイヤルを使った人の評価

ミッドレンジロイヤルに対するみんなの評価

5人グラフ グラフ 1人グラフ 3人グラフ グラフ 3人グラフ 4人グラフ 10人グラフ 27人グラフ 19人グラフ
10 20 30 40 50 60 70 80 90 100

※評価人数は使った人の声や独自の調査で集計した人数です

ミッドレンジロイヤルを使った人の声

【プレイヤーレベル】A0~3

強い点レオニダスの意志、援護射撃、デュランダル置ければバ大体勝てる
弱い点そもそも火力で他のミッド系のデッキに負けてる。新環境でドラゴンが無双していることもあるがアグロと混合された中途半端なデッキと化してるから普通にアグロイヤル使った方が有利

参考になった

34

【プレイヤーレベル】Master

強い点オーレリア、アルベール
弱い点弱体版ドロシー。
オーレリア以外にぱんだロイヤルに勝っている点がない

参考になった

46

【プレイヤーレベル】Master

強い点乙姫セージ、アルベール、オーレリア
弱い点AoEが増えたせいで乙姫やフロフェンがすぐに除去されてしまい、セージに繋げられない。
劣化ドロシー。
teir1は謎

参考になった

54
もっと見る

立ち回りのコツ

ミッドレンジロイヤルは、ルミナスメイジローランなどの強力なフォロワーで盤面を制圧し、アルベールなどのカードでバーストダメージを出すのが、基本の立ち回りです。

ロイヤルは全体除去が少なく、一度盤面をとられてしまうと取り返すことが難しいため、丁寧すぎるぐらいに相手フォロワーと有利なトレードを行っていくことが重要です。

ただし、超越ウィッチなどのコントロールデッキが相手の場合は、相手フォロワーを無視してひたすらライフを削っていき、早期決着を目指しましょう。

引き直し(マリガン)

マナカーブ通りにキープ

ミッドレンジロイヤルは、1、2、3とマナカーブ通りにフォロワーを出していくことが重要なので、バランスよく引けるようマリガンしましょう。

ただし、メイドリーダーは2コストフォロワーですがステータスが低く、2ターン目にプレイするカードとしては弱いので、相手のクラスや他の手札状況次第では引き直してしまいましょう。

後攻であればフロフェンをキープ

後攻であれば、4ターン目にフローラルフェンサーを進化することで一気に盤面を取り戻すことができるため、2コストフォロワーがキープ出来てるのであればキープしておきましょう。

また、ガウェインも指揮官のコストを下げる効果だけでなく、進化後が4/5/6とスタッツも強力なのでしっかりとキープしましょう。、

1~3ターン

マナカーブ通りに展開する

序盤はマナカーブ通りにフォロワーを展開していき、盤面にフォロワーがいなければリーダーにダメージを与えます。相手にフォロワーがいる場合は、積極的に有利トレードをしましょう

4~6ターン

引き続き有利トレードを続ける

序盤に続き、中盤も有利トレードを行っていきましょう。手札にアルベールルミナスメイジがあれば、進化権を使わずとも盤面の有位を保つことができます。

また、攻撃力が5を超える大型フォロワーが相手の場に出たなら、ツバキで除去しながら立ち回りましょう。

先行であれば5ターン目にルミナスメイジ、アルベール。後攻であれば4ターン目フローラルフェンサーガウェインを出して盤面を制圧します。

攻撃に進化を使う

超越ウィッチなどのコントロールデッキが相手の場合は、ライフで優位に立ちたいため、積極的に場のフォロワーを進化してリーダーを攻撃しましょう。

ノーヴィストルーパーアルベールなどの疾走フォロワーを出して早めに体力を削り切ることが重要です。

7~9ターン

ローランで盤面の優位を守る

ローランで盤面に残ったフォロワーを守りながら戦います。

ローランが破壊されても、 デュランダルによる相手からのダメージカットでダメージレースにおいて優位に立ちやすいです。

また、 デュランダルによって超越ウィッチOTKエルフからリーサル圏内から外れることができます。

全体除去を意識する

アルベールのようなゲームエンドとなるカードを手札に抱えておく、必要の薄いフォロワーを並べて、全体除去を無駄に撃たせるなどの立ち回りで全体除去を撃たれてもケア出来るようにしましょう。

特に、残りの手札が少ない場合は低コストフォロワーを並べすぎて、手札切れを起こさないよう気を付けましょう。

また、リーシャで兵士フォロワーに破壊耐性を付与させることにより、全体除去から自分の盤面を守ることができます。

アルベールでフィニッシュ

アルベールのエンハンス効果と進化をあわせれば、10点ものバーストダメージを相手に与えられます。盤面が不利な状態でも勝利することができるため、積極的に狙っていきましょう。

アルベールのバーストダメージで勝負を決められない場合は、アルベールをフォロワー除去に利用し、一旦盤面を取り戻しましょう。

ミッドレンジロイヤルの対策と有利デッキ

丁寧にフォロワーを処理

リーシャにより破壊耐性を付与されたり、アルベールのリーサル圏内に入ってしまうのを防ぐためにも、こちらから積極的にフォロワーを処理します。

マリガンでは先行ならフォロワーを、後攻なら除去カードを優先してキープし、序盤を有利に進めます。

有利トレードを狙う

ロイヤル側はいくつか疾走フォロワーは持っているものの、除去カードが少ないので、瀕死のフォロワーを倒す手段が少ないです。

フォロワーの処理にはフォロワーをぶつけることが多いため、相打ちを狙うのではなく、フォロワーが生き残るように攻撃して有利トレードを行いましょう。

また、ロイヤルは全体除去がないので、処理できない量のフォロワーを並べることも対策になります。

全体除去のタイミングを見極める

ミッドレンジロイヤルはフローラルフェンサーアルビダの号令などで複数のフォロワーを展開するため、全体除去の使いどころが重要です。

ツバキなどの潜伏フォロワーもあるので、安易に全体除去カードを使わないようにしましょう。

各デッキの対策方法

タイプ 対策方法
アグロ ・フォロワーは無視してフェイスを攻めます・中盤以降は場のフォロワーに進化権を使ってフェイスを攻めます
ミッドレンジ ・フォロワーを優先的に処理します・6ターン目はツバキを警戒する。攻撃力5以上のフォロワーをむやみに出さないようにしましょう
コントロール ・フォロワーを徹底的に除去して息切れを狙います・全体除去を相手の展開に合わせます

その他のロイヤルデッキ一覧

アルベールロイヤル ミッドレンジロイヤル

ミッドレンジロイヤルを使ったことある方へ!
評価を募集してます!

  • プレイヤーレベル
  • 評価
    ①コストバランス②手札の回しやすさ③カードの強さの観点から見て点数付け
    ※評価人数は使った人の声や独自の調査で集計した人数です。
  • ミッドレンジロイヤルが強い点
  • ミッドレンジロイヤルが弱い点

2015y09m08d_165507318

おすすめ記事一覧

攻略メニュー