ルクソードのキャラ設定と背景

ルクソードのキャラ設定と背景

キングダムハーツ3(KH3)のルクソードのキャラ設定と背景についてまとめています。過去作での活躍や現段階で判明している情報を記載。キングダムハーツ3でルクソードを調べている人は参考にしてください。

13機関のメンバー一覧はこちら

ルクソードのプロフィール

ルクソード

声優 中田譲治 元の名前 不明
武器 カード 登場作品 2/358

ルクソードは主にKH2に登場した、13機関のメンバーです。KH3では真13機関のメンバーになっています。

武器は「カード」で、属性は「時」、13機関でのナンバーは「10」とやや中堅な番号で、生粋のギャンブラーとして登場します。

KH3での立ち位置

ザ・カリビアンに登場

ルクソード

「パイレーツ・オブ・カリビアン」が舞台の、ザ・カリビアンに登場するようです。

KH2に続いてジャックに対して「パーレイ」を宣言しており、自身も箱を探している事や「黒い箱の中身を見た者はいない」などを話しています。

黒い箱を探していることや瞳が金色になっていることから、真13機関のメンバーとして加入しているようです。

ルクソードの過去作の活躍

KH2

ルクソードはポート・ロイヤル、存在しなかった世界に登場します。ポートロイヤル(2回目)で呪いの金貨からハートレスを生み出す任務に就いており、海賊の掟「パーレイ」を宣言し宝箱を返却するかわりに金貨を配下ノーバディに渡します。

これによって、宝箱に全ての金貨が揃っていない状況=金貨の呪いを解くことができず、そのままグリムリーパーとの戦闘になり、ソラがグリムリーパー撃破後にそのハートを回収し終えたため「ソラ。ご苦労。」と言い残して去っています。

存在しなかった世界ではソラと1対1の戦闘を持ちかけ、自身の属性である時を賭けた特殊な戦闘を持ちかけます。ソラ勝利後「ひどいな、ロクサス…」と言い残し消滅しました。

KH358/2

ルクソードは主に、ワンダーランドでの任務に同行してくれます。KH2の時点でのソラ(ロクサス)に対してひどいな、と言ったのを裏付けるように、他の機関員達よりはロクサスに対して友好的に接していたことが判明します。

また、レポートなどで子供達(アクセルも含む?)を見た上で、ノーバディになった時期によって根本的な違い(賭けて失うものの大きさ)があるのではないかと考えていたり、機関メンバー全体をよく見ていると思しき描写があります。

操作メンバーとして使用することも可能で、比較的バランスの取れた性能をしています。

キングダムハーツ3攻略トップに戻る

©Disney. © Disney/Pixar. Developed by SQUARE ENIX All rights reserved.
※アルテマに掲載しているゲーム内画像の著作権、商標権その他の知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します
▶キングダムハーツ3公式サイト

キングダムハーツ3の注目記事

書き込み

最新を表示する

【PR】おすすめゲームランキング

攻略メニュー