マールーシャのキャラ設定と背景

マールーシャのキャラ設定と背景

キングダムハーツ3(KH3)のマールーシャのキャラ設定と背景についてまとめています。過去作での活躍や現段階で判明している情報を記載。キングダムハーツ3でマールーシャを調べている人は参考にしてください。

13機関のメンバー一覧はこちら

マールーシャのプロフィール

マールーシャ

声優 池田秀一 元の名前 ラーリアム
※未確定
武器 サイズ 登場作品 CoM/358

マールーシャは主にCoMに登場した、13機関のメンバーです。KH3では真13機関のメンバーになっています。

メインダンジョンである忘却の城の管理者であり、ソラ編のラスボスとして立ちはだかりました。

武器は「サイズ(鎌)」で、属性は「花」、13機関でのナンバーは「11」と、比較的新入りです。

KH3での立ち位置

真13機関メンバーとして登場

マールーシャ

D23のトレーラーにて自ら「真13機関のマールーシャ」と名乗り、CoMの記憶を無くしているソラに対して「あえて久しぶりと言わせてもらおう、ソラ」と言っています。

公開時点のトレーラーでは瞳の色は元の青色で、以降のトレーラーでは金色の瞳で登場していますが、恐らく名乗っている時点で真13機関に加入しているので、ラクシーヌ共々真13機関に入っているものと思われます。

キングダム・オブ・コロナに登場

「塔の上のラプンツェル」が舞台の、キングダム・オブ・コロナに登場するようです。

E3 2018(Vol.3)のトレーラーにて、「私は頼みがあって、お前に会いに来たんだ」と言っていますが、これがゴーデルに対してなのか、ソラに対してなのかは不明です。

CoMでの裏切りは想定の範囲内

KH3Dにてゼムナスが「13機関の真の目的」を語る中で謀反は想定済だったと言っており、謀反を実行したマールーシャやラクシーヌが真13機関に属しているので、器として適していれば裏切りは不問なのかもしれません。

マールーシャの過去作の活躍

KHCoM

マールーシャは忘却の城という場所の管理者を、新入りでありながら任されたメンバー。一見すると機関の計画に従順でありながら、実は裏で機関を裏切る計画をしていました。

忘却の城には記憶の魔女であるナミネがおり、ナミネを介してキーブレードの勇者であるソラの記憶を支配し、自分の意のままに操り、ラクシーヌと共に機関を乗っ取る算段であったものの、アクセルやソラに阻まれます。

スペクターという大型のハートレスを従えていますが、他の13機関メンバーのように配下ノーバディかどうかは不明です。

KH358/2

マールーシャはロクサスが機関に入ってからまだ日が浅い頃に、任務に同行してくれます。尚、この後に忘却の城に向かっているため、他の忘却の城メンバーと同じく、最初の数日しか会話やミッションなどはなく、以降の出番は特にありません。

ロクサスとの任務中、ロクサスの持つキーブレードに興味を持っている描写があったり、CoMで何故ソラを手駒にしようとしていたかなどの情報が明かされる他、操作メンバーとして使用することも可能です。

KHUχ

未確定情報ですが、Uχに「ラーリアム」という青年(少年?)が登場します。容姿やスペルからして、彼がマールーシャの人間時代ではないかと思われます。

KHUχに関しては時系列などで謎になっている部分が多いですが、仮にラーリアムがマールーシャであった場合、既に人間時代にラクシーヌ(の人間時)に会っている、妹がいた(会話相手の妹の場合もあり)、キーブレードが使えたことになります。

キングダムハーツ3攻略トップに戻る

©Disney. © Disney/Pixar. Developed by SQUARE ENIX All rights reserved.
※アルテマに掲載しているゲーム内画像の著作権、商標権その他の知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します
▶キングダムハーツ3公式サイト

キングダムハーツ3の注目記事

書き込み

最新を表示する

【PR】おすすめゲームランキング

攻略メニュー