サイクスのキャラ設定と背景

サイクスのキャラ設定と背景

キングダムハーツ3(KH3)のサイクス(アイザ)のキャラ設定と背景についてまとめています。過去作での活躍や現段階で判明している情報を記載。キングダムハーツ3でサイクスを調べている人は参考にしてください。

13機関のメンバー一覧はこちら

サイクスのプロフィール

サイクス

声優 佐藤銀平 元の名前 アイザ
武器 クレイモア 登場作品 2/COM/358/BbS/3D/coded

サイクスは13機関のナンバー7で、初期メンバーでないにも関わらず、ナンバー1であるゼムナスの補佐をするほどの実力を持ちます。人間の頃はアイザという名で暮らしており、リア(後のアクセル)とは人間の頃からの親友です。

司る属性は「月」と抽象的で普段は冷静な人物ですが、月の光を浴びると一変して凶暴性が解き放たれ、破壊の権化と化す二面性を持ちます。

KH3での立ち位置

真13機関として復活

サイクスはKH2にて1度消滅しましたが、KH3ではマスター・ゼアノートの思想を下に真13機関の1人として復活します。真13機関の目的は、キングダムハーツを開くためのχブレードの誕生と、キブレード戦争を再来させることです。

謎の黒コートの人物を機関に招く

黒コート

公開されたPVからは、サイクスが機関に新メンバーを迎え入れる様子が見られます。サイクスは黒コートの人物を「最後の器を完成させるため」に招いており、ストーリーに大きく関わる存在であることが窺えます。

サイクスの過去作の活躍

アクセルとは機関加入以前からの親友

13機関のナンバー8であるアクセル(リア)とは、13機関に加入する前(人間の頃)からの親友であり、2人は賢者の城に忍び込んでは門前払いを受けていました。

また、2人は知られていない計画がありましたが、次第にアクセルがロクサスやシオンに加担していったことで頓挫するのでした。

ハートレスを操ることができる

サイクスは、本来であれば本能のみで活動するハートレスを意のままに操ることができます。その能力を活かして度々ソラにハートレスをけしかけ、解放された心を人の心のキングダムハーツに吸収させていました。

ソラ達の手で消滅するがKH3Dで復活

サイクスは、KH2の最終決戦時にソラ達との戦いに敗北し、人の心のキングダムハーツに与える心を求めながら消滅しました。

その後、KH3Dで賢者アンセムの弟子達が人間として復活する中、サイクスはゼアノートとブライグ(シグバール)と行動しており、すでに真13機関としてリアの前に立ちはだかるのでした。

キングダムハーツ3攻略トップに戻る

©Disney. © Disney/Pixar. Developed by SQUARE ENIX All rights reserved.
※アルテマに掲載しているゲーム内画像の著作権、商標権その他の知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します
▶キングダムハーツ3公式サイト

キングダムハーツ3の注目記事

書き込み

最新を表示する

【PR】おすすめゲームランキング

攻略メニュー