ザルディンのキャラ設定と背景

ザルディンのキャラ設定と背景

キングダムハーツ3(KH3)のザルディン(ディラン)のキャラ設定と背景についてまとめています。過去作での活躍や現段階で判明している情報を記載。キングダムハーツ3でザルディンを調べている人は参考にしてください。

13機関のメンバー一覧はこちら

ザルディンのプロフィール

ザルディン

声優 秋元羊介 元の名前 ディラン(Aeleus)
武器 ランス 登場作品 2/358
BbS/3D

ザルディンは13機関のメンバーであり、機関設立時の6人のメンバーの内の一人で、13機関の指導者であるゼムナスが人間だった頃からの旧知の仲です。

ザルディン自体はKH2が主な登場作品でしたが、以降人間時のディランとしていくつかの作品に出ており、KH3でも登場するものと思われます。

武器は「ランス」で、属性は「風」、13機関でのナンバーは「3」と、古参メンバーの一人ですが、武人気質なこともあってか機関の研究などには関わっていなかった模様。

KH3での立ち位置

登場するか不明

ザルディンは、キングダムハーツ3で登場するか不明です。判明次第随時更新いたします。

ザルディンの過去作の活躍

KH2

ザルディンは、ビーストキャッスルを拠点とするキャラです。心の強いビーストを闇に堕とすことで、強力なハートレスとノーバディを入手しようと目論んでいました。

闇に堕とすために、ビーストに様々な嘘を吹き込むものの、ソラ達の介入によって失敗に終わります。

二週目では、ビーストに「愛するベル」と「呪いの期限を示す薔薇」のどちらを選ぶのかと選択を迫るものの、ベルの奮闘やソラによって倒され、消滅します。

KH358/2

ザルディンは主に、ビーストキャッスルでの任務に同行してくれます。KH2で何故ビーストに目をつけていたかなどの理由も明かされている他、ロクサスに「愛」という言葉を教えたのもザルディンです。

愛という言葉の意味をロクサスはザルディン、アクセルに問うものの納得の行く回答が得られず、ロクサスは「心」に対して関心を抱くようになり、ザルディンはある意味、ロクサスの精神面の成長のきっかけを作った人物とも言えます。

また、レポートでビーストの持つ感情を蔑んでいたり、感情とは不愉快なものだと思っている事が明かされる他、操作メンバーとして使用することも可能です。

ディランの過去作の活躍

KHBbS

ディランはレイディアントガーデンの賢者アンセムの元に師事する弟子として登場します。

KH2時点での裏アンセムレポート「6人の弟子」の一人で、エレウス(レクセウス)と共に門番をしています。

正体不明の魔物(アンヴァース)を追っていったヴェントゥスの事を案じていました。

KH3D

ディランは2でザルディンが消滅した後に人間に戻ったようなので、2以降の話である3Dでも名前や姿のみですが登場します。

意識は取り戻したものの、衰弱しているのか会話などはありませんが、無事人間として復活しているようなので、3にも登場するかもしれません。

キングダムハーツ3攻略トップに戻る

©Disney. © Disney/Pixar. Developed by SQUARE ENIX All rights reserved.
※アルテマに掲載しているゲーム内画像の著作権、商標権その他の知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します
▶キングダムハーツ3公式サイト

キングダムハーツ3の注目記事

書き込み

最新を表示する

【PR】おすすめゲームランキング

攻略メニュー