シグバール(ブライグ)のキャラ設定と背景

シグバールのキャラ設定と背景

キングダムハーツ3(KH3)のシグバール(ブライグ)のキャラ設定と背景についてまとめています。過去作での活躍や現段階で判明している情報を記載。キングダムハーツ3でシグバールを調べている人は参考にしてください。

13機関のメンバー一覧はこちら

シグバールのプロフィール

シグバール

声優 大塚芳忠 元の名前 ブライグ
武器 ガンアロー 登場作品 BbS/358
2/3D

シグバールは主に2、3Dに登場した、13機関のメンバーです。KH3では真13機関のメンバーになっています。

賢者アンセムの弟子の一人であり、機関の初期メンバー。性格は軽く挑発的で、人の話を盗み聞く、与えられた仕事を他人に任せるなど掴み所がなく、語尾に「〜ってハナシ」とつけるのが特徴です。

武器は「ガンアロー(銃)」で、属性は「空間」、13機関でのナンバーは「2」。称号は「魔弾の射手」です。

KH3での立ち位置

真13機関メンバーとして登場

シグバール

シグバールは、KH3のトレーラーで、真13機関メンバーとして登場しています。トレーラーでは、アンセムやソラ達と対談している場面が描かれていました。

トレーラーでのアンセムとの会話で「それなら代わりの器を探さないとな」と発言をしており、過去作と同様新メンバー探索の任務に付いているのかもしれません(マールーシャを勧誘したのはシグバール)。

シグバールの過去作の活躍

KH358/2

シグバールは、忘却の城で行われていた、レプリカ計画については知らされていなかったが、自力でいろいろと調べた結果、シオンの正体に気がついたようでした。

シグバールはシオンの姿が、ヴェンに見えていたが、ロクサスとシオンについて話す時は、女の子に見えている様子に合わせた言動をしていました。

また任務でロクサスと同行した際は、ヴェンと容姿が似ているロクサスに対して、何かとちょっかいをかけている事がありました。

KH2

ホロウバスティオンにて、ソラ達と初対面を果たします。ソラには「あいつもそんな目で俺を見ていたっけ」「今までのやつらと比べれば、随分とお粗末だがな」と伏線を込めた発言を、繰り返していました。

「今までのやつら」というのは、後にテラやアクアやヴェン等であることが発覚しますが、ソラはテラ達の事を知らない(覚えていない)ので、混乱していました。

存在しなかった世界では、ソラたちを始末しようと戦いを挑んでくるが、敗北します。消滅の際のソラの疑問に「混乱してろ」と言い、消滅をし、最初から最後まで、場を混乱させる発言をするキャラでした。

ブライグの過去作の活躍

KHBbS

ノーバディになる前の「ブライグ」として登場。賢者アンセムの弟子として働いていたが、マスターゼアノートと取引をしてテラと決闘を行い、右目と左目に大怪我を負うことになりました。

キーブレードの墓場でヴェントゥスとアクアの前に現れ、時間稼ぎとしてアクアと戦闘を行います。ヴェントゥスとはこの時の1回しか会っていませんが、印象的だったのか358/2daysでは「なぜいつもそんな目で睨む」と発言しています。

ラストエピソードでは、アンセムと共に闇の世界から帰還したゼアノートを発見します。テラの肉体を乗っ取ったゼアノートが「ゼアノート」と自身で呟いたことで、不敵な笑みを浮かべていました。

KH3D

終盤の「存在しなかった世界」でソラの前に姿を現し、ソラが現実に戻っても夢の世界の姿のままなのは深くダイブしすぎたせいだと言い、青年ゼアノートと共に再びソラを眠らせる。

ソラに対してキーブレードを使いの器になるために誘いをかけるも、「繋がる心が俺の力だ」と拒否され、ゼムナスに全てを任せて立ち去った。

この時すでに金色の瞳と白髪交じりになっており、自身でも半分がゼアノートだと言及している。

Re:Coded

レイディアントガーデンの研究室で復活したブライグは、青年ゼアノートに対して「俺は俺の目的に向かうさ」と話していた。

復活した時にはBbsと同じ姿で会ったため、3Dのどこかでノーバディ化されたと思われます。

キングダムハーツ3攻略トップに戻る

©Disney. © Disney/Pixar. Developed by SQUARE ENIX All rights reserved.
※アルテマに掲載しているゲーム内画像の著作権、商標権その他の知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します
▶キングダムハーツ3公式サイト

キングダムハーツ3の注目記事

書き込み

最新を表示する

【PR】おすすめゲームランキング

攻略メニュー