陣形の組み方と配置のコツ

陣形の組み方と配置のコツ

九州三国志の陣形の組み方と配置のコツについてご紹介。陣形に配置できるキャラ数や兵種の相性、弓兵の配置について記載。九州三国志で陣形を組む参考にしてください。

関連記事
バトルシステム解説 すくみの関係と特徴

陣形は5体までキャラを配置可能

5対5のオートバトル

陣形は、自分の手持ちのキャラを5対まで配置できます。戦闘では配置したキャラしか戦えないので、強力なキャラは育成したら忘れずに配置しましょう。

相性の有利を取れる配置がおすすめ

兵種の相性で配置を変更

自分のキャラは、敵のキャラに相性で有利を取れるように配置するのがおすすめです。敵の目の前に配置すれば目の前の敵と戦ってくれるので、相性で有利が取れていると非常に強力です。

すくみの関係と特徴はこちら

陣形のキャラ配置のコツ

敵の前には有利なキャラを配置

目の前に敵を配置

敵の配置を確認できるクエストなどでは、敵の目の前に自分が有利なキャラを配置するのがおすすめです。自分のきゃらと敵のキャラは目の前の敵と戦うので、兵種相性が有利なキャラを配置して敵を向かい打ちましょう。

また、敵の目の前の空間が空いていると自陣の中にまで責められてしまうので、敵の前にはキャラを配置しましょう。

弓兵は後列に配置

弓兵は後列に配置

弓兵は、敵との距離が近いと攻撃力が下がるので、敵から遠い後列に配置しましょう。弓兵の前に前衛キャラを配置して敵の攻撃を防げると弓兵を守りながら上手く運用できます。

九州三国志攻略トップに戻る

© bushiroad All Rights Reserved. © GAMEMOON All Rights Reserved. © Beijing Reagame Technology Co.,Ltd All rights reserved.
※アルテマに掲載しているゲーム内画像の著作権、商標権その他の知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します
▶九州三国志公式サイト

九州三国志の注目記事

攻略メニュー