レーティング対策必須ポケモン一覧【害悪や注意すべき並び】

ポケモンサンムーンのレート戦で対策必須の強いポケモンを掲載しています。対策方法はもちろん、害悪ポケモンや受けポケモン、選出時に気を付けるべき並びについて説明。レーティング戦の参考にして下さい。

関連記事
最強ポケモン 最強パーティ構築論
最強コンビポケモン スーパーシングル攻略
スーパーダブル攻略 サンムーンの強いポケモン

最新対策必須ポケモン

グライオン
グライオン
バシャーモ
バシャーモ
ボルトロスボルトロス クレセリアクレセリア
ヒードラン
ヒードラン
ゲッコウガゲッコウガ メガフシギバナメガフシギバナ メガリザードンXメガリザードンX
メガリザードンYメガリザードンY ドリュウズドリュウズ ランドロス(れいじゅうフォルム)霊獣ランドロス ナットレイナットレイ
ウルガモス
ウルガモス
サンダーサンダー ロトム(ウォッシュフォルム)ウォッシュロトム ロトム(ヒートフォルム)ヒートロトム

メガシンカポケモン一覧と対策

メガフシギバナ

メガフシギバナ

タイプ くさ・どく
技構成 ヘドロばくだん,ギガドレイン,めざめるパワー,こうごうせい,やどりぎのタネ,じしん,ねむりごな
対策
ポケモン
カプ・テテフ,メガボーマンダ,メガゲンガー,ギルガルド

メガフシギバナは、BCDが高く、あついしぼうと相まって受け性能に長けたポケモンです。

C122から放たれるヘドロばくだんやギガドレイン、やどりぎのタネやねむりごななど、強力な技が揃っています。

型としてはHC振りの受けつつ負担をかけてくる型、H+BorD振りの耐久型が存在します。

対策を怠ると突破までにパーティ壊滅ということもありえるため、フシギバナに対する有効打はしっかりと持っておきたいところです。

メガリザードンX

メガリザードンX

タイプ ほのお・ドラゴン
技構成 フレアドライブ,ニトロチャージ,げきりん,ドラゴンクロー,かみなりパンチ,りゅうのまい,つるぎのまい,はねやすめ
対策
ポケモン
ウォッシュロトム,マリルリ,ガブリアス,霊獣ランドロス,スイクン

メガリザードンXは、炎・飛行から炎・ドラゴンの複合タイプ変化するリザードンのメガシンカです。

りゅうまい+攻撃技で全抜きを狙えるドラゴン定番の抜き性能を持つため、起点を作られてしまうと非常に厳しいです。

メガシンカ前の状態からはメガリザXかYかの判断が難しいため、慎重な立ち回りが求められます。

メガリザードンY

メガリザードンY

タイプ ほのお・ひこう
技構成 だいもんじ,かえんほうしゃ,オーバーヒート,ソーラービーム,エアスラッシュ,めざめるパワー(氷),きあいだま,げんしのちから
対策
ポケモン
襷ガブリアス,ステルスロック持ちのポケモン

メガリザードンYは、タイプこそ変わらないものの、特攻が飛躍的に上昇し、特性が「ひでり」になって、自身の火力を上げつつ1ターンでソーラービームを打てるようになります。

ひでりのおかげで水タイプが等倍になるので、実質弱点が1つ減るのも強みです。

メガシンカ前の状態からはメガリザXかYかの判断が難しいため、慎重な立ち回りが求められます。

メガボーマンダ

メガボーマンダ

タイプ ドラゴン・ひこう
技構成 すてみタックル,おんがえし,じしん,りゅうのまい,はねやすめ,みがわり,だいもんじ
同時選出率高
ポケモン
マンムー,ポリゴン2など
対策
ポケモン
タイマン:ギャラドス,カプコケコ,カプテテフ,クワガノン,襷ガブリアス,パルシェン
後出し:ヤドラン,ポリゴン2,テッカグヤ,エアームドなど

ボーマンダはメガ進化枠筆頭のポケモンです。S120、A145からのスカイスキン捨て身タックルが非常に強力。フェアリーでの突破を狙っても、調整次第では上から叩かれるだけの展開になります。

メガシンカ前の特性いかくで攻撃ランクを下げることで、りゅうのまいを積みやすくなり、更に抜き性能を高められます。技範囲も広く、苦手な鋼、氷タイプのポケモンにもサブウェポンで対応できるため止めづらいです。

物理、特殊、両刀の3つのアタッカー、「みがわり羽休め」「どくどく羽休み」型もいるため、初手を見ない限り後出しで有利ポケモンを出したと思っても、技構成次第でサイクルを容易に崩されます。対策を考える上では、とりわけ重要な凶悪ポケモンだと言えます。

メガギャラドス

メガギャラドス

タイプ みず・ひこう→みず・あく
技構成 たきのぼり,じしん,こおりのきば,かみくだく,りゅうのまい,みがわり,ちょうはつ
同時選出率高
ポケモン
ガブリアス、ガラガラ(R)など
対策
ポケモン
タイマン:カプ・コケコ
後出し:ポリゴン2,エアームド

ギャラドスは技範囲の広さに加え、メガ進化前と後で受けられるタイプが変わり、特性も前後共に超優秀です。

たべのこしやラムの実持ちもちのギャラドスもいますが、メガ進化ギャラドスの方が多く存在しています。

地震や氷の牙を搭載していることが多いため、ポリゴン2やテッカグヤ、エアームドなどが鉄板対策です。

メガガルーラ

メガガルーラ

タイプ ノーマル
技構成 ねこだまし,じしん,ふいうち,おんがえし,すてみタックル,グロウパンチ,ひみつのちから,かみくだく,かえんほうしゃ,だいもんじ,れいとうビーム
対策
ポケモン
タイマン:フェローチェ,ルカリオ,メタグロス,キテルグマ
後出し:バルジーナ,ブラッキー

メガガルーラは特性親子愛が弱体化されたものの、現レート戦でも一定数存在します。

物理技のみの構成が多く、猫だましとじしん以外はパーティに合わせた技構成になっていますが、フェローチェ、バルジあたりで受け流せます。

バンク解禁により、グロウパンチ+ひみつのちからを持ったガルーラが使用可能になったので、数が増えることが予想されます。

メガゲンガー

メガゲンガー

タイプ どく・ゴースト
技構成 シャドーボール,ヘドロばくだん,みちづれ,ちょうはつ,きあいだま,マジカルシャイン,おにび,ほろびのうた,みがわり,まもる,かなしばり
同時選出率高
ポケモン
ガブリアス,カプ・テテフなど
対策
ポケモン
ギルガルド、カプテテフ

特性「ふゆう」が「呪われボディ(相手からダメージを受けた際に30%の確率でかなしばり)」に変わったため多少弱体化したものの、充分現役です。

シャドーボールやヘドロ爆弾といったメインウエポンを高い素早さと特攻で浴びせてきます。道連れや鬼火を持っている型も多く、フルアタッカー兼害悪として機能。

対策が難しいポケモンであり、ほろびの歌をもっていると、後出しガブリアスでも守る、かなしばりで持って行かれます。もちろん、道連れには気を付けましょう。

相手の手持ち技によりますが、トンボルチェンなどのサイクル、テテフなどが対策になります。見せ合いで出会ったら、初手にゲンガーが出てきた場合に選択肢を得られるような選出を心がけましょう。

メガメタグロス

メガメタグロス

タイプ はがね・エスパー
技構成 コメットパンチ,バレットパンチ,じしんしねんのずつき,れいとうパンチ,アームハンマー,かわらわり,いわなだれ
同時選出率高
ポケモン
サザンドラ,ギャラドスなど
対策
ポケモン
ガラガラ(R),ギャラドス,ガブリアス,ヤドラン,バルジ―ナ,物理受け全般

メタグロスが選出された場合はメガ進化前提です。高火力から放たれるAS特化型が多く存在します。

バンク解禁によって、れいとうパンチが使用可能になったので、ガブリアスやボーマンダ等の相手にも役割が持てます。

メガハッサム

メガハッサム

タイプ むし・はがね
技構成 バレットパンチ,とんぼがえり,はたきおとす,おいうち,ばかぢから,つるぎのまい,はねやすめ
同時選出率高
ポケモン
ガブリアスなど
対策
ポケモン
ギャラドス,ウィンディ,物理受け系

メガハッサムになることで耐久性能を高め、羽休めしつつ舞で積んできたり、サイクル戦で戦うように微調整されていたり、型が読みづらいポケモンです。

メガ進化しない命の珠もちの珠っサムもいるため、下手に深読みするよりも、炎技で焼き払いましょう。

有利不利がはっきりしているポケモンなので、有利ポケモンを後出しするか、物理受けポケモンで流せます。

メガルカリオ

メガルカリオ

タイプ かくとう・はがね
技構成 つるぎのまい,インファイト,じしん,バレットパンチ,アインテール,しんそく,しんくうは,ストーンエッジ,ラスターカノン,わるだくみ,きあいだま,あくのはどう,りゅうのはどう,サイコキネシス,シャドーボール
対策
ポケモン
ボーマンダ,ガブリアス,ギャラドス

現状では両刀はあまり見受けられず、物理技に剣の舞を積んで攻めてきます。

格闘枠として採用され、パーティのタイプ補完としても便利なため、採用が見受けられます。

かみくだく採用のルカリオは少ないのでゴーストタイプが有効なことや、物理受けポケモンであれば流すことが可能です。

アタッカーポケモン一覧と対策

ウルガモス

ウルガモス

タイプ ほのお・むし
技構成 ちょうのまい,だいもんじ,むしのさざめき,めざめるパワー(岩,地面),ほのおのまい,ギガドレイン,かえんほうしゃ,サイコキネシス,ぼうふう,はかいこうせん
同時選出率高
ポケモン
ボーマンダ,カプ・テテフ,ミミッキュ,マンムー
対策
ポケモン
タイマン:ガブリアス,霊獣ランドロス,ミミッキュ
後出し:ガブリアス,メガボーマンダ,カプ・テテフ,メガリザードンX

ウルガモスは唯一の炎/虫の複合タイプのポケモンで、高いCDSを持っていて強力な積み技ちょうのまいで更に底上げされます。

ファイアローが弱体化したことで立ち回りやすくなり、強力なカプシリーズの対策として増えた鋼をメタる存在として需要が高まっています。

また、Zクリスタルの登場で暴風や破壊光線での役割破壊を狙えるようになったもの強化点となっています。

ヒードラン

ヒードラン

タイプ ほのお・はがね
技構成 オーバーヒート,ラスターカノン,げんしのちから,だいちのちから,マグマストーム,どくどく,まもる,あくのはどう,ステルスロック
同時選出率高
ポケモン
クレセリア
対策
ポケモン
タイマン:ガブリアス,ゲッコウガ
後出し:水ロトム,ボーマンダ,スイクン

ヒードランは鋼/炎の複合タイプと特性によって、1/4が5つ、1/2が4つ、無効が1つという耐性を持ち、弱点は3つのみと非常に優秀なポケモンです。

防御・特防の種族値も106と高く、受け性能も十分で、C130からの特殊技で負担をかけてきます。

純粋にCを活かしたHC特殊アタッカー型と、耐久性能を活かしたどくまも型が存在します。

霊獣ランドロス

ランドロス(れいじゅうフォルム)

タイプ じめん・ひこう
技構成 じしん,ストーンエッジ,ばかぢから,はたきおとす,とんぼがえり,いわなだれ,がんせきふうじ,ステルスロック
対策
ポケモン
タイマン:ゲッコウガ,ボーマンダ,ガブリアス
後出し:スイクン,ポリゴン2,水ロトム

ランドロス(れいじゅうフォルム)は、A145という高い攻撃種族値を持ち、特性「いかく」によりそこそこの物理耐久を持ちます。

また、いかく+とんぼがえりにより、対面操作性能を持ち、サイクルを回すことに長けています。

スカーフ型、ハチマキ型、とつげきチョッキ型、ゴツメ型、襷ステロ型と型が豊富であり読みにくいのも強い点の一つです。

ゲッコウガ

ゲッコウガ

タイプ みず・あく
技構成 ハイドロポンプ,なみのり,ダストシュート,けたぐり,あくのはどう,れいとうビーム,かげうち,とんぼがえり,じんつうりき
対策
ポケモン
テッカグヤ,メガミミロップ,ポリゴン2,

ゲッコウガは、水/悪の複合タイプを持ちますが、特性「へんげんじざい」によって自身のタイプを変えながら全ての技をタイプ一致で使用します。

覚える技範囲が非常に広いため、明確に対策といえるポケモンは少なく、両刀も多いため受けも読みが難しいです。

Sは高いものの、先制技で対策可能です。タイプが変わる前にマッハパンチで落とすか、炎・電気技に乏しいためテッカグヤなどで受けるといった対策があります。

ドリュウズ

ドリュウズ

タイプ はがね・じめん
技構成 じしん,アイアンヘッド,いわなだれ,がんせきふうじ,つのドリル,つばめがえし,てっぺき,ステルスロック,つるぎのまい
同時選出率高
ポケモン
カバルドン,バンギラス
対策
ポケモン
ガブリアス,マリルリ,バシャーモ

ドリュウズは地面/鋼の複合タイプをもつポケモンです。弱点は炎・水・格闘・地面の4つです。

夢特性「かたやぶり」を持つ鋼タイプであるため、ミミッキュ対策として優秀なポケモンです。また、地面タイプを持つことからカプ・コケコに対しても強く出ることが可能です。

また、型破りであれば特性「がんじょう」持ちのポケモンにも一撃必殺技が有効であるため、つのドリル持ちも少なくありません。

通常特性「すなかき」は砂パでカバルドンとの組み合わせで選出され、スカーフコケコ以上の素早さになることも可能であるため要注意です。

ガブリアス

ガブリアス

タイプ ドラゴン・じめん
技構成 げきりん,じしん,がんせきふうじ,つるぎのまい,どくづき,ほのおのキバ,だいもんじ,ステルスロック
同時選出率高
ポケモン
テッカグヤ,ガラガラ(R)
対策
ポケモン
タイマン:マンムー,カプコケコ
後出し:ポリゴン2,テッカグヤ

ガブリアスは強いフェアリータイプが大量増加したにも関わらず、いまもなおトップに君臨するトップメタポケモンです。

そもそもの火力に加え、今作では剣の舞型が増加。地震の通りが非常に良いため、読み合いで注意が必要です。

襷が多い現状から、S調整したポケモンやテッカグヤ、ポリゴンで刈り取れます。

カプテテフ

カプ・テテフ

タイプ エスパー,フェアリー
技構成 ムーンフォース,サイコキネシス,シャドーボール,気合玉,10万ボルト,サイコショック,しぜんのいかり
同時選手率高
ポケモン
バシャーモ
対策
ポケモン
タイマン:ギルガルド,メタグロス
後出し:ジバコイル,ギルガルド

ガブリアス同様にパーティに入っている可能性が非常に高いポケモンです。特攻種族値130に加え、特性サイコメイカーでサイコフィールドを展開し、強力なエスパータイプの技を打てます。

素早さ種族値は95族と100族には満たないものの、スカーフを持たせて抜き性能を高める型や、特殊アタッカーに対しては受けて倒す型も存在します。

サイコフィールド内では先制技を受けないため、天敵である鋼タイプや霊タイプが多く持っている先制技を受けないのも強さの1つです。

カプコケコ

カプ・コケコ

タイプ でんき・フェアリー
技構成 10まんボルト,ボルトチェンジ,とんぼがえり,マジカルシャイン,しぜんのいかり,ちょうはつ,めざめるパワー(地)
同時選出率高
ポケモン
ガブリアス,ボーマンダ
対策
ポケモン
タイマン:ガラガラ(R),ジバコイル,襷ガブリアス,ドリュウズ,グライオン

カプ・コケコは素早さ、特攻、特性の優秀さに加えて、現環境下トップのでんきタイプのポケモンであるため、メタとしても活躍しています。

特に素早さ種族値が130と高く、ほとんどのポケモンに抜かれないため、こだわりメガネを持たせて電気技を連打するだけでも強力です。

とんぼ返りやボルトチェンジも使うため、ダメージを残しつつ有利対面を作られるのもつらいです。

フェローチェ

フェローチェ(UB02)

タイプ むし・かくとう
技構成 とびひざげり,れいとうビーム,とんぼがえり,どくづき,きゅうけつ,とびかかる
対策
ポケモン
タイマン:ミミッキュ
後出し:ガラガラ(R),ギルガルド,ゲンガー

フェローチェは攻撃、特攻、素早さの種族値が全て130を超える生粋のアタッカーポケモンです。

タイプこそメジャーではないものの、等倍であれば相手ポケモンにかなりの負担をかけられ、ドラゴンタイプに役割を持つれいとうビームを覚えます。

特性ビーストブーストで、相手を倒す度に自分の一番高い能力が上がっていくため、抜き性能も非常に高いです。

ミミッキュ

ミミッキュ

タイプ ゴースト・フェアリー
技構成 つるぎのまい,かげうち,じゃれつく,シャドークロー,みちづれ,のろい,おにび
同時選出率高
ポケモン
カプ・コケコ,カプ・テテフ
対策
ポケモン
ギャラドス,ギルガルド,ジバコイル,ドリュウズ

ミミッキュは、戦い方が非常にシンプルかつ、強力なので現環境でも一定数存在しています。

特性ばけのかわで必ず一度ダメージを防ぐため、剣の舞を積んだり、トリックルームを展開してきます。

ですが最近ではのろいを搭載した耐久潰しをしてくる型も増えているので、注意が必要です。

先制ダメージや天候持ちであればそこまで気になるわけでもなく、物理に強いポケモンでも抑え込むことが可能です。

マッシブーン

マッシブーン(UB02)

タイプ むし・かくとう
技構成 ばかぢから,アームハンマー,きあいパンチ,れいとうパンチ,かみなりパンチ,はねやすめ,きゅうけつ,じしん,とびかかる,ビルドアップ,みがわり
同時選出率高
ポケモン
カプ・テテフ,テッカグヤ
対策
ポケモン
タイマン:ボーマンダ,カプコケコ,カプテテフ,テッカグヤ

高火力、高耐久のわかりやすいポケモンであり、チョッキをもった有利対面から特性ビーストブーストで抜きを狙っています。

物理を出している場合は、攻撃ダウン効果のある「とびかかる」持ちには気を付けていきたいところです。

また、身代わり+きあいパンチ型が現状多く、交換読み身代わりをされると辛いです。

ガラガラ(アローラの姿)

ガラガラ(アローラのすがた)

タイプ ほのお・ゴースト
技構成 フレアドライブ,シャドーボーン,じしん,ホネブーメラン,ストーンエッジ,かわらわり,おにび
同時選出率高
ポケモン
ギャラドス,テッカグヤ,エアームド
対策
ポケモン
タイマン:ガブリアス,ボーマンダ,バンバドロ
後出し:ママンボウ,ギャラドス

アローラガラガラは、特性ひらいしんによって電気技無効、更にタイプ相性上環境トップメタのポケモンに非常に強いです。

半減以外は後出しも許さないほどの火力があり、さらに呼ぶギャラドスやガブリアスに交換読み鬼火などを打ってくる強さもあります。

特殊耐久はそこまで無いですが、現状特防に努力値を割いている型が多く、テテフの等倍サイコキネシスを耐える可能性があるため注意が必要です。

ジバコイル

ジバコイル

タイプ はがね・でんき
技構成 10万ボルト,ラスターカノン,めざめるパワー(氷),ボルトチェンジ
同時選出率高
ポケモン
ボーマンダ、ペリッパー、カプ・ブルル
対策
ポケモン
タイマン:メガギャラドス、ガブリアス、フェローチェ、ガルーラ
後出し:ガラガラ(R)、ハピナス

7世代トップメタであるテッカグヤやカプ系に強く、見せあいの時点で優位を保てます。

鋼タイプが多い現状じしん持ちのポケモンが多いため特性はがんじょうが多く、もしくはカプ・ブルルと同時選出をして、じしんの威力を半減にしてきます。

電気技を無効にできるポケモンがいなければ眼鏡ボルチェンだけで回されてしまうため、必ず地面タイプのポケモンのポケモンを選出しましょう。

マンムー

マンムー

タイプ こおり・じめん
技構成 つららばり,じしん,こおりのつぶて,じわれ,ストーンエッジ,ステルスロック,ほえる
対策
ポケモン
タイマンテッカグヤ,ガルーラ
後出し:物理受け、水タイプ全般

マンムーは今作でもガアブリアスやボーマンダへの竜狩りとして機能しやすく、ギルガルド・ジバコイルにも有利がとれます。

テテフが流行しているため、以前よりつぶて搭載はへったものの、警戒すべきポケモンであることは変わりません。

弱点は多いため対策は容易であり、じわれ持ちも少ないため、水ポケモンや物理受け系で流せます。

サザンドラ

サザンドラ

タイプ あく・ドラゴン
技構成 あくのはどう,りゅうせいぐん,だいもんじ,だいちのちから,ラスターカノン,きあいだま,なみのり,とんぼがえり
同時選出率高
ポケモン
ギルガルド
対策
ポケモン
タイマン:フェアリー全般
後出し:フェアリー全般

パーティの相性補完に優れ、火力ぶっぱで攻めてくるサザンドラが存在します。

眼鏡や珠積みの場合は、確定数に気を付けながら読んでいかないと、高火力技でサイクルを崩されることもあります。

フェアリーが4倍かつ、サザンドラ側からの有効打もラスターカノンしか無いため、フェアリーを選出するだけで相手には負担になります

カプ・ブルル

カプ・ブルル

タイプ くさ・フェアリー
技構成 ウッドハンマー,ばかぢから,いわなだれ,メガホーン,ウッドホーン,やどりぎのタネ
同時選出率高
ポケモン
ゲンガー,ギルガルド,ジバコイル
対策
ポケモン
タイマン:ガラガラ(R),ウインディ
後出し:ガブリアス,フェローチェ,ギルガルド

攻撃種族値130に加え、特性グラスメイカーでグラスフィールドを展開し、超高火力の草タイプの技を打てます。

更に覚える技の威力が軒並み高く、半減されても相手の後出しポケモンにかなり負担をかけられます。

また、グラスフィールド下では地震の威力を半減し、地面にいるポケモンは毎ターン回復するため、後続のゲンガーやギルガルド、ジバコイルと非常に相性がいいです。

パルシェン

パルシェン

タイプ こおり・みず
技構成 つららばり,からをやぶる,こおりのつぶて,ロックブラスト,シェルブレード,ハイドロポンプ
対策
ポケモン
タイマン:先制技持ちアタッカー
後出し:ギルガルド,ママンボウ,メガクチート

頻出するポケモンではありませんが、一定数レート戦に現れます。

戦い方は非常にシンプルで襷か王者の印をもたせ、殻破り→氷柱針,ロックブラストを放ってきます。

ですがZハイドロポンプを搭載している型も少なからずいるので、注意が必要です。

旧来通り、物理受け全般、かげうちギルガルドで刈り取れます。

オニゴーリ

オニゴーリ

タイプ こおり
技構成 フリーズドライ,ぜったいれいど,れいとうビーム,じしん,こおりのいぶき,まもる,みがわり
対策
ポケモン
タイマン:オニゴーリよりSの高いポケモン,必中鋼技やZ技持ちのポケモン
後出し:一致弱点+身代わり貫通技を使うポケモン

オニゴーリは特性ムラっけにより、毎ターンランダムでどれか1つの能力の2段階上昇と1段階下降を繰り返します。

こちらのパーティにオニゴーリよりSの遅いポケモンしかいないと、守る+身代わりによる能力上昇を常に繰り返されるため、相手にオニゴーリがいる場合は選出が必須です。

絶対零度+氷の息吹による積み技&受けポケモン対策もできるため、一度パターンに入ると突破は困難です。

害悪や補助ポケモン一覧と対策

バシャーモ

バシャーモ

タイプ ほのお・かくとう
技構成 まもる,バトンタッチ,とびひざげり,フレアドライブ,はたきおとす,つるぎのまい,いわなだれ,ストーンエッジ,ばかぢから,だいもんじ
同時選出率高
ポケモン
カプ・テテフ
対策
ポケモン
カプ・レヒレ,クレセリア,ドヒドイデ

バシャーモは、炎/格闘の複合タイプを持つ第三世代御三家の1匹です。

夢特性に「加速」を持ち、まもるで加速ターンを稼ぎバトンタッチで後続を高速アタッカーとして降臨させます。

第七世代から麻痺の効果が「すばやさ1/2」に下方修正されてしまったため、2回加速すれば麻痺のすばやさダウンを無効化することができます。

そのため、バシャーモそのものの対策の他にバトンをさせない・バトン先の能力値を元に戻すなどの対策が必要になります。

現状ではバシャーモのメガストーンは解禁されていないため、メガシンカすることはありません。

ボルトロス

ボルトロス

タイプ でんき・ひこう
技構成 でんじは,ちょうはつ,10まんボルト,ボルトチェンジ,めざめるパワー
対策
ポケモン
ガラガラR,マンムー,霊獣ボルトロス,ドサイドン

ボルトロスは、電気/飛行の複合タイプを持つ準伝説ポケモンです。

特性「いたずらごころ」により、上からでんじはや挑発をうち、高速アタッカーや変化技主体のポケモンを機能停止に追い込みます。

素のSも111と高く、C125から通りの良い電気技を使用してくる上に、地面技は無効化するため

テッカグヤ

テッカグヤ

タイプ ひこう・はがね
技構成 やどりぎのタネ,まもる,ヘビーボンバー,だいもんじ,かえんほうしゃ,どくどく,みがわり,じしん
対策
ポケモン
カプコケコ,ガラガラ(R),草タイプのポケモン

高い耐久種族値、半減無効タイプの多さに加えて、やどりぎのタネとみがわりを使ったやどみが型のテッカグヤが存在します。

現環境では、草タイプで強いポケモンがすくないため、やどりぎの通りがよく、S調整してみがわりを搭載しているテッカグヤも存在する為、対策ポケモンがいなければ完封されます。

選出を縛ってきやすいポケモンなので対策は優先的に考えておきましょう。

キュウコン(アローラの姿)

キュウコン(アローラのすがた)

タイプ こおり・フェアリー
技構成 オーロラベール,ふぶき,ムーンフォース,フリーズドライ,ぜったいれいど,こおりのいぶき,アンコール
同時選出率高
ポケモン
イーブイ、ポリゴンZ
対策
ポケモン
タイマン:いたずらごごろ+ちょうはつができるポケモン
後出し:かわらわり等の壁対策、受けポケモンでの壁ターン稼ぎ、天候を変えるポケモン

キュウコン(R)は、特性「ゆきふらし」と「オーロラベール」で壁を貼ってくる壁貼り型が非常に多いです。

また、自力で霰にするため必中ふぶきなど、強力な技を使用できます。

ただし、Cは81と低めであり、いたずらごごろちょうはつや、天候そのものを上書きしてしまえば壁貼りの役割を止めることが出来ます。

ギルガルド

ギルガルド(シールドフォルム)

タイプ はがね・ゴースト
技構成 どくどく,みがわり,キングシールド,ラスターカノン,シャドーボール,かげうち,せいなるつるぎ,アイアンヘッド
同時選出率高
ポケモン
ギャラドス,サザンドラ
対策
ポケモン
タイマン:ガブリアス,メガルカリオ,ガラガラ(R)
後出し:ガルーラ,ベトベトン(R)

どくどく+みがわり+キングシールドで毒撒きがデフォルト。

バルジーナやポリゴン2等の耐久型にも役割を持てるうえに、物理、特殊アタッカーの型も存在するため、レート戦での選出率が非常に高いです。

対策は、相手に接触せずに弱点を突けるじしん持ちのポケモンがおすすめです。特にメガルカリオやテッカグヤであれば、毒を受けずにじしんで返せます。

ベトベトン(アローラのすがた)

ベトベトン(アローラのすがた)

タイプ どく・あく
技構成 はたきおとす,ダストシュート,ちいさくなる,みがわり,かえんほうしゃ,だいもんじ,クリアスモッグ
同時選出率高
ポケモン
テッカグヤ,弱点がフェアリーのポケモン
対策
ポケモン
タイマン:ボーマンダ,ギャラドス
後出し:メガルカリオ,ガブリアス

ちいさくなる+みがわり+くろいヘドロで回復しつつ相手の攻撃が外れるまで粘ります。

環境に多いカプ系、ギルガルドなどにも強く出られ、ポリゴン2やバルジーナ等の耐久ポケモンであれば、はたきおとすを使って機能を停止させる事もできます。

複合タイプにより弱点は地面のみで、ダメージの通りづらい鋼タイプには、だいもんじやきあいだまで役割破壊を狙えます。

ドヒトイデ

ドヒドイデ

タイプ みず・どく
技構成 トーチカ,どくどく,アクアブレイク,じこさいせい,ねっとう
対策
ポケモン
フシギバナ,ジバコイル

高い耐久種族値と回復技、更に特性さいせいりょくで回復しつつ毒を撒いてきます。

流行るであろう、バシャーモを始めとした物理アタッカーを止めやすいです。

火力は低いものの特性ひとでなしだった場合、毒状態の相手には必ず急所にあてるため、想像以上の火力が出ます。

受け(高耐久)ポケモン

クレセリア

クレセリア

タイプ エスパー
技構成 つきのひかり,サイコキネシス,れいとうビーム,こごえるかぜ,どくどく,でんじは,ねむる,ねごと,みかづきのまい,みがわり,めいそう
同時選出率高
ポケモン
ヒードラン
対策
ポケモン
タイマン:サザンドラ,マリルリ
後出し:ゲッコウガ,ギルガルド,ボルトロス

クレセリアは、エスパー単タイプでありながら、HP・防御・特防の種族値が非常に高く、月の光と合わせて高い受け性能を誇ります。

特性「ふゆう」により、地震の一貫も切りやすいのも利点の一つです。

月の光で受ける耐久型と、相手を消耗させた後に「みかづきのまい」でエースを降臨させる通称:月光乱舞型が存在します。

ナットレイ

ナットレイ

タイプ くさ・はがね
技構成 パワーウィップ,やどりぎのタネ,ジャイロボール,まもる,はたきおとす,ステルスロック,どくどく
対策
ポケモン
タイマン:ボーマンダ,リザードン,
後出し:ヒードラン,ヒートロトム,ギルガルド,サンダー

ナットレイは、草/鋼の複合タイプで、耐性に優れる受けポケモンです。

特性「てつのトゲ」で物理に強く、Sが20と低いためジャイロボールの威力も安定します。

カプ系、ガブリアス、ギャラドスなどの対策として優秀です。

ウォッシュロトム

ロトム(ウォッシュフォルム)

タイプ でんき・みず
技構成 ハイドロポンプ,10まんボルト,ボルトチェンジ,おにび,トリック
対策
ポケモン
タイマン:ギルガルド,ガブリアス,サザンドラ,メガリザードンY
後出し:フシギバナ,キノガッサ,ガルーラ

ウォッシュロトムは、電気・水の複合タイプを持つポケモンです。

ヒードランやメガリザードンXなどの炎対策として採用価値があり、特性「ふゆう」で地震の一貫も切ることが可能です。

素の物理耐久と鬼火で対物理アタッカー性能が高く、耐性も高いため受けとして優秀です。

ヒートロトム

ロトム(ヒートフォルム)

タイプ でんき・ほのお
技構成 オーバーヒート,10まんボルト,ボルトチェンジ,トリック,でんじは,リフレクター,ひかりのかべ,おにび,みがわり
対策
ポケモン
タイマン:メガギャラドス,ドリュウズ
後出し:ウォッシュロトム,ガブリアス

ヒートロトムは、電気・炎の複合タイプを持つポケモンです。

対鋼としての役割を持ち、攻撃技・補助技ともに便利なものが揃っています。

フェアリーも半減することが可能で、特性「ふゆう」の効果で4倍弱点の地面も基本的には無効化することが可能です。

サンダー

サンダー

タイプ でんき・ひこう
技構成 10まんボルト,ねっぷう,めざめるパワー氷,ボルトチェンジ,はねやすめ,どくどく,でんじは,おいかぜ
対策
ポケモン
タイマン:メガリザードンY
後出し:ヒートロトム,マンムー

サンダーは、電気・飛行の複合タイプを持つ初代準伝説ポケモンです。

優秀な複合タイプを持つため、耐性が優秀であり、ゴツゴツメット+はねやすめで対物理アタッカーとしての性能が高いです。

また、特性「プレッシャー」により、相手のPPを枯らす作戦も可能で、対策を怠ると非常に厄介なポケモンと言えます。

スイクン

スイクン

タイプ みず
技構成 ねっとう,めいそう,ねむる,れいとうビーム,どくどく,リフレクター,ぜったいれいど,しんそく,ねむる,ハイドロポンプ,めざめるパワー
対策
ポケモン
タイマン:キノガッサ
後出し:水ロトム,ラプラス,マリルリ

スイクンは、水単タイプの準伝説ポケモンです。

HBDが総じて高く、弱点が少ないことから数値受けがしやすいポケモンで、ねっとうやねむるなどでじわじわと削ってきます。

また、めいそうで特殊面を強化し火力を底上げしてくる型も存在し、悠長に構えていると手に負えなくなることも少なくありません。

今作から氷タイプ以外のポケモンが絶対零度を使用すると当たりづらくなるという効果が追加されたため、絶対零度を搭載する型は少ないかもしれません。

ポリゴン2

ポリゴン2

タイプ ノーマル
技構成 イカサマ,れいとうビーム,じこさいせい,シャドーボール,10まんボルト,トライアタック,みがわり,どくどく,トリックルーム
対策
ポケモン
タイマン:バルジーナ,挑発もちポケモン
後出し:メガルカリオ,ベトベトン(R),聖剣舞ギルガルド

サンムーン発売当初はあまり姿を見かけませんでしたが、現環境はポリゴン2だらけの状態にまでなりました。

ご存じのように、しんかのきせきを持つことで全ポケモン中屈指の耐久指数をほこります。前作で猛威を奮ったイカサマを使えないものの、汎用性の高さは建材です。

特性トレースで相手のファーコートやもふもふを奪い更に固くなったり、ダウンロードで元々高い特攻を更に上げることも狙えます。

バルジーナ

バルジーナ

タイプ あく・ひこう
技構成 イカサマ,はねやすめ,どくどく,ちょうはつ,とんぼがえり,みがわり,ふきとばし
対策
ポケモン
カプ・コケコ、ギルガルド、テッカグヤ、デンジュモク、アローラキュウコン

バルジーナは、高い耐久数値に無効タイプが2つ、はねやすめとイカサマも覚える非常に優秀な受けポケモンです。

特性ぼうじんにより、天候ダメージを受けずキノコのほうし等の粉技も無効にできるため、受けポケモンとして非常に安定しています。

素早さも耐久ポケモンとしては80と高く、他の耐久ポケモンの上からちょうはつを撃てるため、ポリゴン2などにも強いです。通常時とはねやすめ時に一貫して弱点を突けるフェアリーで突破推奨です。

ヤドラン

ヤドラン

タイプ みず・エスパー
技構成 サイコキネシス,だいもんじ,れいとうビーム,でんじは,ふぶき,ねっとう,なまける,なみのり,トリックルーム
対策
ポケモン
カプ・コケコ,カプ・テテフ,デンジュモク,ドレディア,カミツルギ

物理耐久と特攻が高く、回復技も持つため、受けつつ相手のポケモンに負担をかけられます。流し性能の高いあくびや、草タイプに対してはだいもんじやれいとうビームなども使えるため、単純にアタッカーとしても機能します。

物理で積んで突っ張ろうとしてもあくびで流されてしまうため、デンジュモクやカプ・コケコなど、弱点を突ける特殊アタッカーで攻めましょう。

メガシンカ型も存在して、特性で急所に当たらずてっぺきを積めるため、物理相手への負担が大きくなります。

ハピナス

ハピナス

タイプ ノーマル
技構成 タマゴうみ,ちきゅうなげ,どくどく,アロマセラピー,かえんほうしゃ,冷凍ビーム,10まんボルト
同時選出率高
ポケモン
グライオンやエアームド等の物理受けのポケモン
対策
ポケモン
タイマン:格闘技を使うポケモン
後出し:マッシブーン,ルカリオ,ベトベトン(R),テッカグヤ

ハピナスは特防種族値が異常に高く、特殊アタッカーでの突破はPP切れを起こさない限りは不可能に近いです。

主に受けループで使用され、物理受けのポケモンとセットで出てくるため、どこかのタイミングで交換読みをすることは必須です。

状態異常にしても特性と技で回復手段があるため、最後の1匹になったところで物理技で倒すのが懸命です。

グライオン

グライオン

タイプ ひこう・じめん
技構成 じしん,ハサミギロチン,いわなだれ,がんせきふうじ,はたおとす,まもる,みがわり,どくどく,ちょうはつ,ほのおのキバ,すなじごく
同時選出率高
ポケモン
ハピナス等の特殊受けのポケモン
対策
ポケモン
タイマン:マンムー,パルシェン,メガゲンガー

グライオンは高い防御と、飛行/地面の複合タイプによる優秀な耐性を持ったポケモンで、夢特性「ポイズンヒール」によって毒状態になれば回復ができて尚且つ、状態異常を受けない物理受けと化します。

ハピナスなどで特殊を受け、グライオンで物理受けをする受けループが有名で、しっかり対策をしていないとハメられる可能性が非常に高いです。

グライオンの前で、迂闊にサイクルを回していると、ハサミギロチンを打たれるので注意が必要です。

選出時点で気を付けるべき並び

ペリグドラハッサム


ペリッパー
水/飛行
キングドラ
キングドラ
水/竜
メガハッサム
メガハッサム
鋼/虫

あめふらしを持つペリッパーが起点の雨パです。

ペリッパー自身が天候タイプ一致ドロポン、ぼうふうを放つ高火力アタッカーになっているため、真っ向から火力で勝負するとこの並びに太刀打ちするのは難しくなります。

受けポケモンやカプコケコなどがいれば、確実に選出しましょう。

対策と対面有利ポケモン

カプコケコが3体ともに通りやすく、またポリゴン2でも有利をとることが可能です。

ガルドマンダコケコ

ギルガルド(シールドフォルム)ギルガルド
霊/鋼
メガボーマンダメガボーマンダ
竜/飛
カプ・コケコカプ・コケコ
電/妖

メガボーマンダとの相性が良く、メガボーマンダが止まるギャラドスやバルジーナ、カプ系などに対して強く出れるギルガルドとカプ・コケコの並びです。

相性補完が優れており、使う技も命中が安定しているものばかりのため、選出を誤らなければ安定した動きができます。

役割破壊として、カプ・コケコにこだわりスカーフ、ギルガルドはポリゴン2等を見るためにどくまも型にしている構成もあります。

対策と対面有利ポケモン

比較的地面が通りやすいため、スカーフ持ちのコケコでなければ地震持ちのギャラドスが刺さります。また、ガラガラ(アローラ)や襷ガブリアスであればコケコを封じつつ他の2匹にも弱点を突きやすいです。

 テッカガブ

ガブリアスガブリアス
地/竜
テッカグヤテッカグヤ
鋼/飛

テッカグヤの弱点である電気、炎をガブリアスで補完した並びです。

テッカグヤをやどみが型にすることでミラーに強くなり、ポリゴン2やバルジーナ等の耐久型にもタイプできます。

残りの1枠はカプ系を見るガラガラ(アローラ)やギャラドスやボーマンダを見れる眼鏡カプ・コケコなどが採用候補です。

対策と対面有利ポケモン

2体に弱点を取れるカプ・コケコが対策としては有力候補です。しかし、襷ガブリアスだと返されてしまうため、地震を透かせテッカグヤも見れるサザンドラをセットで出すのも手でしょう。

バシャテテフ

バシャーモ
バシャーモ
炎/格闘
カプ・テテフ
カプ・テテフ
エスパー/フェアリー

バンク解禁前で最も注目されていた、バシャーモとカプ・テテフを組み合わせた構築です。

バシャーモの加速をバトンタッチでカプ・テテフに繋げることでメガネを持たせながらスカーフを超える素早さのテテフが誕生します。

2匹とも火力が高く、フィールドによって先制技が使えなくなる点もあって止めづらいので予め対策が必要です。

対策と対面有利ポケモン

ミミッキュやクレセリアでトリックルームを張ったり、フーディンで加速をトレースしてメガシンカし、サイコフィールドを利用するのも手でしょう。

クレセドラン

クレセリア
クレセリア
エスパー
ヒードラン
ヒードラン
炎/鋼

優秀なタイプで流し性能がとても高いヒードランと、ほとんどの物理に後出しのできるクレセリアの組み合わせです。

相性補完が非常に優れていますが、悪やゴーストの一貫性があるので、ヘラクロスなど後出しがしづらい高火力のポケモンでカバーするのがおすすめです。

対策と対面有利ポケモン

めざ地持ちウルガモスでヘラクレセドランを見たり、メガゲンガーでサイクルを止めてしまうのがおすすめです。

ポケモンの組合せ一覧

サンムーン攻略関連記事

最強ポケモン

最強ポケモンランキング

最強パーティ構築論 最強コンビ【組合せ】
シングル100連勝パ ダブル100連勝パ
アローラ図鑑 わざ一覧と検索

育成論

育成論一覧


【害悪】キノガッサ【ポイヒ】

ダダリン基本型

  • ダダリン基本型
  • いじっぱり/はがねつかい/とつげきチョッキ
  • アンカーショット/シャドークロー/かわらわり/パワーウィップ


【起点作成の】追い風エルフーン【鬼】

サイドン〜なぜ最初のポケモンなのに…〜

【トリル張り】ドータクン
種族値ランキング
すばやさ実数値早見表 総合種族値合計
HP 攻撃 防御
特攻 特防 素早さ

厳選/高個体入手/育成

ポケモン交換掲示板

厳選方法
厳選手順!育て方まとめ 孵化厳選のやり方
UB入手と厳選 コスモッグ厳選
高個体入手と育成
ビビリだま連鎖 乱入確率アップ方法一覧
効率的な努力値稼ぎ 銀の王冠大量生産

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー