【戦国クロニクル】レビュー・口コミ・評判・評価まとめ

戦国クロニクルのレビュー・口コミ・評判・評価をまとめています。よくある質問やゲーム紹介、関連動画などもまとめているので、戦国クロニクルのレビュー・口コミ・評判・評価を調べる際の参考にして下さい。

戦国クロニクル
戦国クロニクル
★★★☆☆3.4点(1)
  • 提供元:BIGBANG
  • ジャンル:RTS
  • 配信日:2019/02/13
AppStoreダウンロード googlePlayダウンロード

みんなの評価

総合点3.4

ライターの評価

アイコン
評価点★★★☆☆3.4点
○良い点
戦国時代を舞台としたRTS。戦国ならではの兵種を活かして戦える戦略性が売りで、どの兵種も必ず使いどころがある。歴史のIFが楽しめるストーリーも面白い。
×悪い点
バトル時の演出があまりにも地味で、3分という時間が長く感じる。
システム
  • ★★★★☆4点
  • 様々な戦略を打ち立てられるバトルが楽しめる。バランスも比較的良さそうな印象。
手軽さ
  • ★★★☆☆3点
  • 対人戦はもちろんだが、ストーリー中もオートバトルに設定することはできないので、ながらプレイには向いていない。操作は簡単。
テンポ
  • ★★★☆☆3点
  • バトル序盤は動きが少ない上に演出がほぼ無いので、実際の時間以上に待たされている感がある。画面切り替えなどはスムーズに進む。
グラフィック
  • ★★★☆☆3点
  • カードイラストのクオリティは高いが、バトルグラフィックはややチープ。
やりこみ度
  • ★★★★☆4点
  • メインコンテンツがPvPであり、戦略性も高い。やりこむほどプレイスキルも上昇するだろう。

▼評価を投稿する

戦国クロニクル紹介

戦国クロニクル

戦国クロニクルは、戦国武将を集めて全国のプレイヤーと3分間のオンライン対戦を楽しめるオンラインバトルゲームです。

戦国時代を舞台とした、様々な武将たちの「if」を体験できる多彩なシナリオにも注目です。

ゲームシステム

戦国が舞台のリアルタイムバトル

2019y02m14d_150415057

戦国クロニクルのバトルは、3分の制限時間の中で、相手の櫓の破壊を目指してユニットをフィールド上に召喚、進軍を行うリアルタイムバトルです。

戦国時代ならではの兵種やキャラクターを駆使して戦う、戦略的なバトルが楽しめます。

指揮力でユニットを召喚

2019y02m14d_150358013

ユニットの召喚には、一定時間で溜まる指揮力が必要です。強力なユニットほど必要な指揮力が多く、能力が低めのユニットは少ない指揮力で出撃できます。

指揮力をいつ使うか、どのユニットを召喚させるのに使うかが、バトルの勝敗を分けます。

奥義発動で戦況を覆そう

20190214_140132

奥義を持った武将を総大将に設定すると、専用のゲージを溜めて奥義を発動できます。武将ごとにその効果は異なりますが、攻撃力バフや範囲攻撃など、いずれも強力な効果を持ちます。

使い所を見極めれば、不利状況から戦況を覆すことも可能です。

ラスト1分は総力戦

2019y02m14d_150426386

バトルの残り時間が1分を切ると、両プレイヤーが指揮高揚モードに突入します。指揮高揚モードになると、時間経過で溜まる指揮力の量が2倍になり、次々とユニットを召喚できます。

相手も同じくユニットを絶え間なく出してくるので、ラスト1分はより白熱した総力戦を楽しめます。

自分だけの部隊を編成

20190214_140606

戦国クロニクルでは、8人の武将を自由に組み合わせてバトルに使う部隊を編成します。兵種の組み合わせも何でも良いので、騎馬8人のような偏った編成も試せます。

基本的には、攻撃役と防御役をバランスよく編成するのが良いでしょう。

位置情報で欠片を入手

20190214_135500

位置情報を利用して「探索」を行うと、将魂(武将の欠片)が発見できることがあります。将魂を一定数集めると、その武将を獲得できます。探索場所ゆかりの武将が出現することもあります。

戦国クロニクル情報

タイトル戦国クロニクル
ジャンルRTS
メーカーBIGBANG
対応機種iOS/Android
価格無料(アイテム課金あり)
公式サイトhttps://www.schro.jp/index.html
配信日2019/02/13

戦国クロニクルの評価を投稿

アイコン
評価点
○良い点
×悪い点
システム
手軽さ
テンポ
グラフィック
やりこみ度

関連記事

最新アプリ事前登録

事前登録ガチャ

事前登録ガチャ一覧はこちら

アプリ配信スケジュール&事前登録ランキング

アイコン
評価点
○良い点
×悪い点
システム
手軽さ
テンポ
グラフィック
やりこみ度

【PR】おすすめゲームランキング