疾走ドラゴンのアンリミテッド最新デッキレシピ

最終更新 : 2018/08/31/11:00

シャドバ(シャドウバース)の疾走ドラゴンのアンリミテッド最新デッキレシピを紹介。デッキの特徴や相性、立ち回りも記載しています。シャドバのアンリミテッド環境で疾走ドラゴンを構築する際の参考にしてください。

疾走ドラゴン

ローテーションの疾走ドラゴンはこちら 

関連記事
ローテーション最強 アンリミテッド最強

疾走ドラゴンの評価

アンリミテッド評価 編集中/100点
扱いやすさ
デッキタイプ ミッドレンジ

アンリミテッドデッキ一覧はこちら

デッキレシピ

11/26(月)アップデート前のデッキレシピです。
3
アイボリードラゴン
3
ドラゴサモナー
3
竜を育む者・マチルダ
3
ドラゴンナイト・アイラ
2
ワイバーンライダー・エイファ
3
大鎌の竜騎
3
原初の竜使い
3
水竜神の巫女
3
ダークドラグーン・フォルテ
2
不死鳥の乗り手・アイナ
2
ジェネシスドラゴン
2
ブレイジングブレス
3
竜の託宣
3
サラマンダーブレス
2
竜の闘気
作成コスト 38,650

デッキコードを発行

フォロワー パック 枚数
アイボリードラゴン
アイボリードラゴン
STD 3枚
ドラゴサモナー
ドラゴサモナー
WLD 3枚
竜を育む者・マチルダ
竜を育む者・マチルダ
SGL 3枚
ドラゴンナイト・アイラ
ドラゴンナイト・アイラ
STD 3枚
ワイバーンライダー・エイファ
ワイバーンライダー・エイファ
ROB 2枚
大鎌の竜騎
大鎌の竜騎
TOG 3枚
原初の竜使い
原初の竜使い
SGL 3枚
水竜神の巫女
水竜神の巫女
TOG 3枚
ダークドラグーン・フォルテ
ダークドラグーン・フォルテ
STD 3枚
不死鳥の乗り手・アイナ
不死鳥の乗り手・アイナ
TOG 2枚
ジェネシスドラゴン
ジェネシスドラゴン
STD 2枚
スペル パック 枚数
ブレイジングブレス
ブレイジングブレス
プライズ 2枚
竜の託宣
竜の託宣
プライズ 3枚
サラマンダーブレス
サラマンダーブレス
ROB 3枚
竜の闘気
竜の闘気
ROB 2枚

キーカードと採用理由

カード 理由
原初の竜使い 原初の竜使い

原初の竜使いは、覚醒状態で小型フォロワーを展開することで、盤面の制圧を狙えるカードです。

覚醒状態でないと1/3の効果がないフォロワーになってしまうので、覚醒状態になるまでは必ず温存するようにしましょう。

不死鳥の乗り手・アイナ 不死鳥の乗り手・アイナ

アイナは、状況によってはフォルテより打点を稼ぐことができるカードです。原初の竜使いで盤面を取った後は、味方フォロワーが場に残っていることも多々あるので、高い確率で攻撃力アップのバフを得られます。

ダークドラグーン・フォルテ ダークドラグーン・フォルテ

フォルテは、高い攻撃力と疾走を持つことからフィニッシャーとして活躍できるフォロワーです。

進化も合わせれば7点の大ダメージを与えることができ、疾走ドラゴン必須のカードなので必ず3枚採用するようにしましょう。

ダークドラグーン・フォルテ ダークドラグーン・フォルテ

フォルテは、高い攻撃力と疾走を持つことからフィニッシャーとして活躍するフォロワーです。

進化も合わせれば7点の大ダメージを与えることができ、疾走ドラゴン必須のカードなので必ず3枚採用するようにしましょう。

おすすめ代替カード

カード おすすめ理由
大嵐のドラゴン 大嵐のドラゴン 覚醒状態なら即座に打点を出せるカードです。2コストなのでフォルテなどの疾走フォロワーと組み合わせやすく打点アップに貢献できます。超越などのデッキが流行れば採用を検討して良いでしょう。
入れ替え候補:マチルダなど

疾走ドラゴンを使った人の評価

疾走ドラゴンに対するみんなの評価

グラフ グラフ グラフ グラフ グラフ グラフ グラフ 1人グラフ 5人グラフ グラフ
10 20 30 40 50 60 70 80 90 100

※評価人数は使った人の声や独自の調査で集計した人数です

疾走ドラゴンの特徴

盤面を取れる疾走ドラゴン

疾走ドラゴンは、原初の竜使いを効果で盤面を取りつつ、多くの疾走フォロワーで勝利を狙うデッキです。

原初ドラゴンとは違い、疾走フォロワーを多く採用しているため、原初の竜使いで盤面を取った後にリーサルを狙いやすいのが特徴です。

序盤に強くなった

原初の竜使いを採用することで、必然的に低コストフォロワーが増え、序盤の動きが強化されました。

従来の疾走ドラゴンは、PP加速を優先して大型疾走フォロワーで勝利を狙うデッキあったため、序盤の動きがどうしても貧弱でした。

デッキパワーはあまり損なわず、アグロにもしっかり対応できるようになったのが強みです。

デッキ相性

更新中

マリガン・立ち回り

引き直し(マリガン)

PPを増やすカードが最優先

竜の託宣アイラなどの、PPを上げられるカードを狙ってマリガンを行いましょう。早い段階で原初の竜使いの効果を使えることが重要です。

後攻は除去カードのキープ

基本はPP加速できるカードをキープしますが、相手がロイヤルなどアグロ系のデッキと思われる場合は、ブレイジングブレスサラマンダーブレスのキープを検討しましょう。序盤で押し切られては元も子もありません。

1~3ターン

PPを加速する

竜の託宣アイラをプレイしてPPを加速させましょう。PP加速を行って早いターンで覚醒状態になれば、原初の竜使いで盤面を制圧することが可能です。

エイファで先行してダメージを与える

エイファは、相手に除去カードがなければ、ひたすらフェイスを狙うことが可能です。

エンハンス効果を活かして使うことも重要ですが、早い段階でライフを少しでも削っておければ、ダメージレースなった場合に有利に立ち回れます。

4~6ターン

引き続きPP加速をする

水竜神の巫女でPP加速をしましょう。5ターン目以降でないとPP加速できないので、竜の託宣を使ってPP5になっていた場合は注意が必要です。

いち早く覚醒状態になり原初の竜使いを場に出したいので、水竜神の巫女の回復効果はあまり意識せず、PP加速のために場に出します。

覚醒状態なら原初の竜使いで盤面を制圧

すでにPP加速ができていれば、6ターン目には覚醒状態になっているので、原初の竜使いで盤面制圧を狙います。

原初の竜使いは、3コスト以下のフォロワーを出すたびに効果を発動するので、アイボリードラゴンなどの低コストフォロワーの枚数が重要です。

疾走フォロワーでライフを削る

盤面が取られていない状態であれば、疾走フォロワーでライフを削っていきましょう。

フォルテ以外にも、エイファアイナジェネシスドラゴンといったカードも採用しているので、疾走フォロワーの連続攻撃で勝負決めることも狙えます。

7~9ターン

原初の竜使いで引き続き盤面を処理する

原初の竜使いで引き続き盤面を処理しましょう。原初の竜使いの効果はライフも削れるので、徐々に相手を追い込むことができます。

また、原初の竜使いは覚醒状態なら攻撃されなくなるので、場に出した次のターン以降も生き残りやすいです。

疾走フォロワーでリーサルを狙う

原初の竜使いや小型フォロワーで相手のライフを削れたら、疾走フォロワーでリーサルを狙いましょう。

相手があまりフォロワーを出してこない相手の場合は、疾走フォロワーを連続で出して削り切るのも重要です。

疾走ドラゴンの対策

早期決着を狙う

序盤は竜の託宣などでPPブーストしていることが多いので、相手の準備が整う前に積極的に体力を削るのが有効です。

覚醒状態で水竜神の巫女を展開されてしまうと、回復されながら除去を強要されてしまうので、アグロデッキであれば5ターン以内に決着を付けられるのが理想です。

体力3以上のフォロワーを並べる

原初の竜使いは、ランダムなフォロワーに2ダメージ与える効果を持つので、できるだけ体力3以上のフォロワーを残すようにしましょう。

フォロワートレードする場合は、なるべく体力が3以上になるようにトレードすることが重要です。

体力を3以上のフォロワーを場に残すことで、原初の竜使いのダメージを2回受けることができ、全処理される確率をぐっと下げることができます。

疾走フォロワーの大ダメージに注意

原初ドラゴンは、終盤にフォルテジェネシスドラゴンで一気に大ダメージを与えてくる場合が多いので、注意が必要です。

ライフが低い場合は守護を立てるなどして対策しましょう。

その他のドラゴンデッキ一覧

ドラゴンの新環境デッキ一覧

疾走ドラゴンを使ったことある方へ!
評価を募集してます!

  • プレイヤーレベル
  • デッキのフォーマット
  • 評価
  • 疾走ドラゴンが強い点
  • 疾走ドラゴンが弱い点

2015y09m08d_165507318

シャドバ攻略トップに戻る

シャドバの注目記事

【PR】おすすめ事前登録ランキング

【事前登録受付中】
童話の世界を舞台としたRPGシリーズ最新作が登場!「これは、忘れられた1ページに、確かに存在した物語」

【事前登録受付中】
パズル×ドラゴン×ギルバト!次世代のパズルRPGがここに始動!1人でだけ遊ぶパズルRPGはもう古い!?最大20人の「パズル・ギルドバトル」!

【事前登録受付中】
放置ゲーなのに、2000ステージ以上に及ぶ壮大なストーリー!放置系本格ファンタジーRPG『バハムートラビリンス』事前登録受付中!

【事前登録受付中】
全世界2億人以上がプレイした伝説のRPG !日本でもPCオンラインゲームとして人気を博した 痛快コンボアクションRPG『ドラゴンネストM』がついに登場!

攻略メニュー