超話題の配信サービスMildom!運営者に直撃インタビュー

アルテマ攻略班

PC・家庭用ゲームやスマホゲームを誰でも気楽に配信できるライブ配信プラットフォーム「Mildom」の情報をまとめています。Mildomで配信する方法や、メリット、運営陣へのインタビューを掲載していますのでMildomで配信したい人や興味がある人は参考にしてください。

「Mildom」とは?

logo_blue.f7c6e006f113ed5d1c2c414c5e80449c

Mildomは、PCやスマホ、PS4など様々なゲームを配信できるゲームライブ配信プラットフォームです。ゲーム配信のやりやすさや、投げ銭システムなど、従来のプラットフォームの形式を取り入れているだけではなく、配信者になると配信1時間毎に500円の報酬が入るシステムで今話題となっています。

もちろん配信者になるには、登録が必要になりますが、応募条件はほとんどありません。未成年の方でも保護者の許可があれば誰でも登録することが可能です。

応募条件

年齢 不問
性別

未成年の方は保護者の許可が必要で、プロダクションに所属している方も許諾が必要になりますが、基本的に条件はありません。配信タイトルや配信経由もPC、スマホどちらでも可能で、ゲームが好きで配信に興味がある人は気軽に応募してみてはいかがでしょうか。

申込みはこちら

最大の特徴は配信するだけで時給500円の報酬

3c8d70a6a5edc2640a03f9565a78d2c0

Mildom最大の特徴といえば、配信者に対し時給500円が報酬として支払われる点です。従来のプラットフォームであれば、そもそも収益化のハードルがあり、その上で広告収入や、視聴者からの投げ銭などといった、配信者の影響力が収益に直結するものが多いですが、Mildomは配信すれば報酬が手に入る全く新しいシステムです。

そして、最近流行りのゲームから昔から人気のゲームなど、配信タイトルの縛りもありません。とにかくゲーム配信ができれば時給は発生しますが、いくつか配信報酬条件が存在します。

配信ルールと報酬条件

配信ルール

・無言配信は禁止
・配信可能時間(未成年者限定)

様々な配信ルールがある中で、特に注目してほしいのが「無言配信禁止」というルールです。ただゲームを配信するだけではなく、視聴者との一定のコミュニケーションや、ゲームを実況するといった、配信者として視聴者側に楽しんでもらう最低条件を守れないとMildomで配信するのは厳しいです。

配信可能時間は主に未成年者に適応されており、15歳未満は5:00~20:0018歳未満は5:00~22:00という時間帯で配信を行う必要があります。

配信者規約の詳細はこちら

報酬条件

1日以内に最低1時間以上の配信
1時間単位で報酬が発生
1日最大4時間分の報酬

1日以内に最低1時間以上の配信

1日の配信時間が1時間未満の場合は、報酬が発生しません。最低限の配信時間と、習慣的に配信する必要があります。

1時間単位で報酬が発生

報酬は、1時間単位で発生するため、例えば1時間30分配信した場合、1時間分の報酬しか入りません。きっちり報酬を受け取りたい人は、1時間区切りで配信を行うことをおすすめします。

1日最大4時間分の報酬

報酬は、1日最大4時間分です。4時間を超える配信を行うことは可能ですが、1時間500円の報酬は発生しませんので注意してください。

Mildom運営にインタビューしてみた

今回Mildom運営陣に「Mildom」がゲームライブ配信プラットフォームとして、目指すものや、今後の動向について少しだけ話を聞くことができました。

―Mildomの魅力を改めて教えてください

Mildom運営:1時間で報酬が発生するという点もそうですが、まず配信の高画質低遅延にも力を入れています。ファンコミュニケーションに関しても、チャット機能、入室機能、投げ銭など色々実装しています。今後もユーザーの声や、中国側で流行っているものを導入する予定で、いわゆる投票制といったものも導入しようと考えています。

―投票制とは何ですか?

Mildom運営:例えばFPS配信で、「どっちがキルできるでしょうか」という投票を行い、プラットフォームで勝負していく形ですね。

―なるほど。1時間で報酬が発生する仕組みが話題ですが、それ以外にもストレスない配信環境や様々な仕組みを作って今後配信者を増やしていきたいということですね

Mildom運営:一般の配信者もそうですが、今は有名実況者やプロゲーマーの配信に力を入れています。有名な実況者や、プロゲーマーの方にガンガン配信をやってもらって、どんどんコンテンツの幅を広げようとしています。いずれはテレビ番組的な形で、eスポーツの大会の配信やそれにまつわるドキュメンタリー、オフィシャルチャンネルも展開していきたいと思っています。

今後用意しているのが、ファンクラブ制で、subscriptionというものも11月中には導入予定です。広告収入に関しては、ユーザーのストレスを考えて今の所考えていないです。

―一般の配信者とプロゲーマーの配信者の違いはなんですか?

Mildom運営:配信者のランクを3つに分けています。有名実況者や有名プロゲーマーの方は1番上のランクに位置していまして、投げ銭以外にも固定給といった形で報酬を用意しており、その次のランクが、時給1000円以上の報酬、その次ランクが話題になっている時給500円の報酬ですね。

―一般の配信者が上のランクにいくことはできるんですか?

Mildom運営:もちろんできます。それには同接数など、知名度自体を上げていくことが必須になりますが、配信者として上のランクを目指すことは十分可能ですし、運営としても是非目指して頂きたいです。なので、本気でやりたい人はコンスタントに配信を行っていってほしいです。

―かなり画期的な報酬制度だと思います。気軽に小遣い稼ぎができてしまうので、配信に興味を持つ人が増えそうですね

Mildom運営:ライブ配信自体を気軽に仕事にしてほしいという設計でやってます。国内でライバーの産業を作っていきたいですね。殆どの実況者やプロゲーマーの方に関しては、現状配信や大会賞金以外で収入が厳しい部分があるという印象です。我々としては、「実況者やeスポーツプレイヤーが食べていける」という世界を作りたいなと思っていて、それもあって、今色んな実況者やプロチームの方に声を掛けているという状況です。もちろん配信実績がない人でも、ゲームで活躍されていたり、大会で実績を残している、また今後残せるような選手には視聴者を魅了・感動させる技術があり、その可能性を広げる上でも時給1000円以上の報酬で配信を行ってもらおうと考えています。

余計な広告費用などに資金を投入せず、ほぼ全てをプレイヤーに対する報酬制度に投入することで プレイヤー、実況者と一緒に新しい世界をつくっていければと思っています。

―今は「父の背中」のメンバーがMildomで配信を行っていますが、今後は他のプロゲーマーや有名配信者が配信を行っていくということですか?

Mildom運営:11月中に数十名の有名配信者がMildomで配信を行う予定です。今後も加速度的に配信者も視聴者も増えていくと思います。一般の配信者も、今たくさんの応募が来ている状況です。順次対応していきますので、日本にライブストリーミングという文化がもっと広まって欲しいですね。

Mildom申込みはこちら

書き込み

最新を表示する

    【PR】12月のおすすめゲームランキング