響木アオ、バーチャルYouTuber史上初のワンマンライブ in TSUTAYA【ライブレポート】

アオライブ4

2018年4月21日(土)、バーチャルYouTuberである響木アオが、バーチャルYouTuber史上初ワンマンライブ「響木アオ1stライブ〜みんなと響き合いたい♡〜」をTSUTAYA三軒茶屋店で開催した。

書店でのワンマンライブということもあり、今やサブカルチャーの最先端を走るバーチャルYouTuberとは言え「どのくらいの人数が集まるのか」未知数の中、物販開始14時前にはすでに行列ができていた。

アオライブ3

ライブ前の店内の様子

当初、15時5分から開始予定だったライブも、物販の途切れない行列や予想以上のオーディエンスの集まりに16時前まで押してしまう。それだけ彼女の人気やバーチャルYouTuber界での注目度が高いということがわかる。

ついにライブスタート

アオライブ

自分自身、アイドルのライブにはよく行くものの、普段のアイドルのライブとはまた違う雰囲気をこの会場から感じていた。謎の張り詰めた空気、未体験ゾーンへと誘われる緊張感の中彼女の登場で空気は一変した。

こんにちわー響木アオです!」彼女の第一声で大きな拍手がおこり、会場が一気に湧くのがわかった。普段画面の外から見ていたバーチャルYouTuberが、自分を視界に入れることができ、自分を認識できる状況に歓喜した。

大きな声がダメとか(いろいろ)難しいかも知れないので」と冒頭で話す響木アオ。そうです、忘れていたが普通にお客さんが大量にいるTSUTAYAさんでのライブなんです。響木アオを目の前に高まる中、それをうちに秘めて周りに迷惑をかけないようなコールをするライブを我々は強いられていたのだ。

もちろんこれはライブ前から決められていたことであり、全員周知していたことではあるが、やはりいざ本人を目の前にすると異常にテンションが上ってしまうのだ。

アオライブ10

1曲目「電子のシンフォニー」がスタート。ワンマンライブ0人(ネタ)とコメントで言われていたが実際には200人を超えるファンの前でついにライブが始まった。曲が終わるとやってみたいということでコールアンドレスポンスが行われ、そのまま「お腹空いた!」の流れで2曲目「はらぺこパレード」が始まった。個人的にはらぺこパレードは、ピチカート・ファイヴのような渋谷系ミュージックを彷彿として響木アオの楽曲で1番気に入っている。

「電子のシンフォニー」

「はらぺこパレード」

はらぺこパレードが終わるとトークライブがスタート。トークライブでは「せっかくなのでトークテーマを考えてきましたよ!」ということで響木アオ自らががファンの方へ質問をしそれをファンが答えていく逆Q&A方式で進められた。

「Q.(響木アオの)なんの動画が好きですか?」という質問に対し、ファンはそれぞれ好きな動画をアオちゃんに答えていった。「まほうの鏡号」、「自己紹介」と人気動画があげられるなか、「油を売る動画」と答えるファンが現れる。これは個人的にも1番好きな動画であまり周りで共感してもらえなかったため、1人でテンション上がってしまった。

まほうの鏡号シリーズ

油を売る

自己紹介

この動画の良さはなんといっても、、、長くなりそうなので機会がある時に語るとします(笑)そして盛況の中トークライブが終了し、3曲目「ChuChuChu♡だーりん」が始まった。歌う前、コールについて「友達に話しかけるくらいの声なら大丈夫なのかなと思ったりするので」と大きな声は出せないけど、コールはやってほしいと伝えた。

ライブに向けてプチャヘンザッ!

いずれ大きな声で出せるようなイベントもできたらなと思っているので、今回はご協力お願いします!」と次のライブのへの意気込みからChuChuChu♡だーりんが始まる。"友達に話しかけるくらいの声なら"を忠実に守ったファンたちが、絶妙な声量バランスでコールをする光景は、アイドルのライブとしては異質であり、逆にファン全員の響木アオへの愛を感じることができた。

以上で予定していたライブ3曲が終了した。そしてお決まりのようにアンコールが沸き起こった。「アンコール曲を用意しているのに、アンコールなかったらどうしようかと思った!」と再び響木アオが姿を現した。「次が本当の本当の本当のラストになります!」と「まほうの鏡号」が始まった。今や響木アオの人気コンテンツともなっているまほうの鏡号シリーズの曲で、映像のインパクトもそうだが、曲の中毒性も引けを取らない仕上がりになっている。そして、第1回となる響木アオのトークライブは終了した。

アオライブ12

チェキ会の様子

その後は、グッズ1000円以上お買い上げの先着100名による個別チェキ会が行われた。彼女はこの日一体何回「不純ですよ!」を言ったのか気になるところである。

アオライブ5

アオライブ6

アオライブ13

ライブは終わってしまったが、響木アオ写真展はまだ開催されているとのことなので、まだ行っていない人はこの機会に行くことをおすすめする。

【TSUTAYA 三軒茶屋店】

住所
〒154-0004
東京都 世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー2F
電話番号
03-5431-7788

ライブを終えて

アオライブ8

こうして響木アオのバーチャルYouTuber初の書店ワンマンライブが終了した。個人的に思ったことが、バーチャルYouTuberがライブをするという挑戦もそうだが、生歌の難しさや立ち振舞など、初めてとは思えないクオリティーで無料ライブではもったいないぐらいのものを見せてもらった。

そしてなにより、ファンの響木アオへの愛が感じられるイベントだった。今後広い箱でのライブを期待しつつ、彼女の動向を今後も追っていきたいと思う。

撮影:森山ド・ロ

文:森山ド・ロ

響木アオ1stライブ生中継はこちら

響木アオ

アオライブ2

2018年2月14日初の動画投稿。何かを彷彿とさせる自己紹介動画で大型新人バーチャルYouTuberとして有名になる。

動画傾向は、王道なものから独特な企画で視聴者を飽きさせない動画を投稿しており、バーチャルYouTuberでは珍しく毎日投稿をしている。

YouTubeチャンネル:Hibiki Ao

Twitter:響木アオ

The following two tabs change content below.
森山ド・ロ

森山ド・ロ

森山ド・ロ(@doro0157),ライター・インタビュアー。VTuberにインタビューやライブレポート書いてます。インタビュー依頼、ライブレポート依頼受け付けています。どこへでも飛んでいきます。

書き込み

最新を表示する

【PR】おすすめゲームランキング