古代王の地下遺跡の攻略手順とおすすめキャラ

アークザラッドRの古代王の地下遺跡の攻略手順とおすすめキャラを掲載しています。遺跡ダンジョンの解説や報酬、攻略のコツなどを記載。攻略おすすめルートなども記載しているので、アークザラッドR(アークR)の古代王の地下遺跡攻略の参考にしてください。

古代王の地下遺跡攻略

関連記事
ちょこの入手方法 踏破ポイント稼ぎ

期間限定で金の宝箱が出現

日程 出現階層
1/8(火) 4F、10F、16F
1/9(水) 3F、12F、23F
1/10(木) 5F、6F、20F
1/11(金) 5F、6F、18F
1/12(土) 3F、12F、17F
1/13(日) 3F、10F、14F

上記の期間で日毎に決められた階層に「金の宝箱」が出現するイベントが開催中です。宝箱の内容は、結晶や覚醒石、秘石や装備作成素材、精霊石といったラインナップになっています。

50Fまでのおすすめ経路

50F攻略パーティ

挑戦フロア 合計スコア
(ターン)
1F 185
(1ターン)
15F 415
(2ターン)
30F 695
(1ターン)
43F 1,065
(3ターン)
50F -

50Fまでは、4フロアクリア時に合計スコアを1,000以上稼ぎ必要があります。上記は、広範囲魔法攻撃キャラを複数編成した時の、攻略ルートを表記しています。

編成パーティにより、スコアを稼ぎやすいフロアが異なるため、何度かフロアを探索しより攻略しやすいルートを自身で見つけ、周回しましょう。

1Fは最高スコア185を確実に出そう

50Fまで進むためには、1Fで確実に最高ポイントの185スコアを出しましょう。スコアを出せる階層で稼いでおかないと、4フロア合計で1,000スコア以上出すのが非常に厳しくなります。

1Fは、最高ダメージボーナスがミッションに含まれるため、初期MPを上昇させた単体高火力キャラで、1体撃破しましょう。さらに、範囲攻撃キャラを編成することで、1ターンクリアで185スコアを出すことが可能です。

2フロア目は15Fがおすすめ

2フロア目は、宝箱から複数のスライムが出現する15Fがおすすめです。2ターンクリアかつ複数同時撃破がスコア230を稼ぐカギとなりますが、広範囲スキルを持つキャラを編成することで、容易に攻略できます。

地下遺跡50F攻略のコツ

50Fの出現モンスター情報

ちょこ

モンスター HP
ちょこ 25,000
へるはうんど×2 12,179
あーちめいじ×2 18,486

50Fに出現するモンスターは、ちょことへるはんど、あーちめいじの合計5体配置されています。あーちめいじは、魔法攻撃で大ダメージを与えてくるため、手前に配置されている1体は確実に倒してきましょう。

9ターン以内と制限がある上に、敵のHPが非常に高いため、初期MPがアップする武器・防具を揃えましょう。キャラによっては、開幕からスキルの連続使用も可能になるので、取り巻きを速やかに撃破しつつ、ちょこに攻撃を集中させるのがおすすめです。

また、敵の攻撃力が非常に高く攻撃力デバフや高HPのタンクでない限り、一撃で瀕死状態か戦闘不能に陥ってしまいます。そのため、確実に敵を倒せるとき以外は単騎での行動を避けましょう。

相手にラヴィッシュが効かない

地下遺跡の簡易攻略の基本であるリーザの「ラヴィッシュ」は、50Fの相手には通用しません。攻撃してに倒すしか手段が無いので、最強パーティを組んで挑むように心がけましょう。

チョンガラがクリア後出現で大量宝箱

チョンガラがクリア後出現で大量宝箱

地下遺跡クリア後に、ランダムでチョンガラが出現します。すべて赤宝箱で敵なしのダンジョン「宝物の間」に突入することができ、高レアリティのお宝が入手できるので、戦力が整わないうちは1→2→3→4→5のルートで効率的に攻略することをおすすめします。

宝物の間 赤宝箱5つ
地下遺跡の宝箱 レアリティ高い素材

古代王の地下遺跡攻略のコツ

フロア5回クリアを目指す

古代王の地下遺跡では、低階層でも5回クリアすればダンジョンから脱出でき、攻略中に開けた宝箱、そして低確率で出現するボーナスフロアでアイテムを獲得できます。最初は1~5階までのクリアを目標に挑戦してみましょう。

スコアの出しやすい階と敵構成を把握

各階層ではスコアのボーナス条件や敵階層が異なり、ボーナスの評価も異なります。どの階がスコア効率がよく、自分の手持ちキャラでどの構成ならより深い層を目指せるかを把握しておく必要があります。

隠しルートがある階数も存在

隠しルート

古代王の地下遺跡の25階と33階、44階には隠しルートが存在します。隠しルートは、手前の壁に進むと行くことができ、25階と44階の場合は宝箱がある部屋に行けます。

33階の場合は敵が大量に出現するだけでメリットはありません。隠しルートは共通して1本道のため、数が多い敵を1体ずつ確実に倒していけます。

古代王の地下遺跡攻略おすすめキャラ

アタッカー

キャラ 理由
ノルノル
  • ・高倍率の攻撃力でパーティの主軸に
  • ・50階だけでなく、道中の雑魚殲滅でも活躍
  • ・アタッカー最優先での編成がおすすめ
月光月光
  • ・高耐久のボスに強力な単体火力
  • ・高火力で敵を1体ずつ確実に倒せる
  • ・複数の敵には強くないので注意
エルクエルク
  • ・高倍率の範囲攻撃持ち
  • ・ターン数削減にも貢献

タンク

キャラ 理由
グレーゴルグレーゴル
  • ・ダメージを無効化してパーティメンバーを守る
  • ・敵に囲まれた際にも強いアクティブスキル持ち
  • ・移動低下のデバフも撒ける
ホムラホムラ
  • ・安定性の高いタンク代表
  • ・防御面はグレーゴル、攻撃面はグルガに劣る
グルガグルガ
  • ・自身をアタッカーとしても運用可能
  • ・物理特化なので、魔法攻撃の敵に不利

バッファー

キャラ 理由
バルダバルダ
  • ・バッファーとアタッカーの両立が可能
  • ・攻撃バフに加え、味方の回復も可能
  • ・バッファーを入れるならバルダ一択
ポコポコ
  • ・バフ撒きを中心に立ち回って味方強化
  • ・倒されないように慎重な立ち回りが必要
  • ・バルダの代用として考えておく

デバッファー

キャラ 理由
サニアサニア
  • ・現環境最強のデバッファー
  • ・攻撃力ダウンデバフで被ダメ軽減に繋がる
  • ・攻撃スキルの範囲も優秀
ナヲナヲ
  • ・サニアの代用キャラとして活躍
  • ・攻撃手段が少ないので、サブタンクとしての運用も
  • ・サニアを所持している場合は、優先度低め
シュウシュウ
  • ・防御力低下デバフ最強キャラ
  • ・攻撃的なパーティに組み込んで早期決着を狙う
  • ・サニア、ナヲを所持している場合は、優先度低め

ヒーラー

キャラ 理由
ククルククル
  • ・アクティブ/オート共に回復能力持ち
  • ・パーティの安定に貢献
  • ・攻撃にも転じれる
リーザリーザ
  • ・基本的な回復能力持ち
  • ・ラヴィッシュは50Fでは使用不可のため、期待薄

限定キャラ「ちょこ」を入手可能

ちょこ入手

古代王の地下遺跡では、50階をクリアすると踏破ポイントを獲得でき、500ポイント集めることでちょこと交換できます。

ちょこの入手方法と評価はこちら

踏破ポイントの仕様

初回 100pt
2回目以降 10pt
戦闘不能キャラ 0pt

踏破ポイントは50階に到達したキャラが初回の場合1体につき100ポイント、2回目以降は10ポイント、戦闘不能の場合は0ポイント貰える仕様になっています。

踏破ポイントを効率的に集めたい場合、50階に到達したことのないキャラをパーティに編成して挑むのがおすすめです。しかし、新規キャラの育成が十分でないと負けてしまう可能性も十分にあるので注意が必要です。

踏破ポイントの効率的な集め方はこちら

関連記事記事

リセマラ当たりランキング

キャラ評価一覧 最強キャラランキング
キャラ育成まとめ ★5進化おすすめキャラ
周回おすすめエリア 毎日やるべきことまとめ
レベル上げの効率的なやり方 お金の効率的な稼ぎ方
結晶の効率的な進め方 曜日ダンジョンの日程
進化のやり方 進化素材の効率的な集め方
覚醒について解説 覚醒石の効率的な集め方
虹の結晶の入手方法 神秘の秘石の入手方法
序盤の効率的な集め方 戦闘テクニックまとめ
被りキャラの使い道 相性の有利不利
ロールごとの役割まとめ AIの行動優先度
バフ・デバフの重複 攻略に詰まった時の攻略法

アークザラッドR攻略トップに戻る

書き込み

最新を表示する

アークザラッドRの注目記事

【PR】おすすめゲームランキング

【事前登録受付中】
PC向けMMORPG『イカロス オンライン』のモバイル版が登場!Unreal Engine4で実現した美しいグラフィックで空を翔けめぐろう!
【事前登録受付中】
総勢60名以上の神話や歴史上の有名人物が個性的な美少女になって登場、全員に2DLiveとボイスを搭載!美少女たちのマスターとして、世界の行く末を見届けよう!
【インストール不要!】
魔王が蔓延る世界の解放を目指すダークファンタジーMMORPGPCでもスマホでもタブレットでも気軽に遊べるHTML5ゲーム
【事前登録受付中】
「グランドサマナーズ」を手がけたアイディスの新作RPG!人と魔獣の絆が世界を変える
【インストール不要!】
人とモンスターが共存する世界でMMORPGを始めよう!かわいいケモノと伝承の少女たちが君を待っている!
攻略メニュー