降臨ダンジョンを基礎から徹底解説!

降臨ダンジョンとは

降臨ダンジョンでは、ペットの経験値を上げるために必要な「テップの実」等が入手できますが、最大の目玉はルーン武具の進化やレベル60以上条件の上位職業になるために必要な「進化の脈石」になります。

ダンジョンのフロアは1,2.3にわかれ、フロア3は必ずクリアしなければなりません。
フロア3の敵を殲滅することによって報酬部屋に移動し、各スロアごとの報酬を貰えます。
本項では報酬のことをドロップとします。

降臨ダンジョンの参加方法

迷宮管理人

降臨日時と時間

降臨ダンジョンは土曜日、日曜日の

  • 5時~7時
  • 13時~15時
  • 21時~23時

に出現し、イベント期間中は土日であればいつでも出現していることもあります。

上級、超級、凶級の必要DPとドロップ率、適正レベル

 難易度 必要DP ドロップ率(※1) 適正レベル(※2)
上級 30 10~30%程度 75
超級 50 65%程度 85
凶級 70 90%以上 95

※1 ドロップ率はフロア1,2,3の合計(脈石の欠片か進化の脈石のドロップ率)
※2 パーティ平均レベル

 

各職業ごとの評価と立ち回り

降臨ダンジョンは時間制限も設けられていて、非常に難易度の高いダンジョンになっています。
ここでどの職業でもオススメなのが「種族付与」です。
ボスの種族を確認し、種族を付与することで大幅に戦力がアップします。
種族付与は露店出品もできなくなってしまい敷居が高いように感じますが、★6の武器に種族を付与すれば★8~9のものと変わらない強さになります。

なお、立ち回りがあまりにも違うことから本項での「アコライト」は「S極モンク、S極レッグソル」を含まないこととします。

ウォリアー

評価

ウォリアーは単体処理能力が高くHPも全職最大であることから、非常に活躍でき、攻撃面でパーティの主役になれるでしょう。
フロア3では最高に活躍できる反面、フロア1,2では殲滅能力の低さから敵の数も多く思うようにいかないこともありそうです。

立ち回り

バッグ拡張をしてなくSP回復薬に余裕がない場合はフロア1,2の段階ではカタクラフトの連発をせずに、スラッシュやレイダーファング、クルセイダーのバックスラスト等のSP消費の少ない技を中心に使用し、温存しましょう。
フロア3では節約したSP回復薬を使用しながらカタクラフトを連発してガンガン攻めましょう。

ローグ

評価

ローグは降臨ダンジョンにおいて、フロア3でのダメージを稼ぐ役になりますが、ウォリアーに比べて総合的な攻撃力が低く集団処理能力も高くないため府フロア1,2での雑魚殲滅に苦戦するかもしれません。
しかし、ローグの主要武器である片手剣や短剣は★6で1000万程度ですので、お金に余裕があれば新たに降臨用で種族付与するための武器として購入しても良いです。
種族付与ができていればボス戦での攻撃力は大幅にあがりますのでかなりのダメージを与えられるはずです。
また、一度ライデンになってしまえば強力な技が揃っているので周回しやすくなるでしょう。

立ち回り

フロア1と2ではではバッグを拡張していない限り無駄にSPを使うべきではないです。
ボス3戦目ではランブルベイン→ギアブレイド→クロウバイトの流れで常にダメージを与えている状態を作りましょう。アサシンの場合はツインランブルや七清剣を使用してもよいですが、ツインランブルはSPを多く消費することも念頭に置くべきです。

レンジャー

レンジャーは上位職のダブルバレットが非常に強力なため周回する価値は大きいです。

評価

弓レンジャーの場合だと、現在のところ募集が少ないようです。
しかし両手弓は極端に相場が安く、★7ですら1000万Gを下回ります。種族付与用の武器を購入し、種族付与すればスパイクショットでボスのHPをかなり減らせます。

銃レンジャーでは、優秀な高火力スキルが多いため活躍はしやすいはずです。

立ち回り

弓レンジャーの場合、ボス戦までにSP回復薬を温存する必要があるため、序盤でのスパイクショットの連発は厳禁です。
フロア3に到達したら温存していたSP回復薬をがぶ飲みし、スパイクショットを連射しましょう。

銃レンジャーはマルチショットやアサルトバラージを中心に攻めていきます。
特にマルチショットは範囲も広く、密集状態でもあてやすいです。

クリエイター

評価

クリエイターはサポートしつつも攻撃する繊細さが必要になります。
ちなみに斧の相場は★6でも1000万を下回る(2015/5/14現在)ので、気楽に種族付与が行えます。

立ち回り

技巧の研ぎ石で味方の攻撃力を上げ、アシッドスプラッシュで敵の防御力を下げることを忘れずに行いましょう。
また、自身が攻撃をしなければ時間制限も厳しくなりますので、バトルクラッカーのスキルを主力として使うのが良いです。
アシッドスプラッシュはINTに全く振っていなく与ダメージが1の場合でもDEF減少効果が発生するので斧の装備時でも効果を発揮できます。

 

マジシャン

評価

マジシャンはフロア3での活躍は他職に比べて難しく、かつては最もパーティ参加で敬遠されていた職業ですが、3月下旬のアップデートによりフロア1と2でも進化の脈石が入手可能になったため、現在では時間内にフロア1の敵を殲滅することにおいて活躍できるようになっています。
また、上位職のイグナイトはマジシャンとしての戦力を大幅に広げられる職業ですのでぜひ周回しましょう。
ブリザードとウィンドスラストがなければ足を引っ張ってしまいますので必ずロストスペルとウィザードはジョブマスターしてから挑んでください。

立ち回り

フロア1は敵が密集しているのでブリザードやウィンドスラストの連発で仕留めましょう。
フロア2で、雑魚が散っている場合はウィンドスラスト、密集していればブリザードを使い分けます。
フロア3ではウィンドダガーも使い分けながらダメージを少しでも多く与えることに専念しましょう。

アコライト

評価

アコライトは降臨ダンジョンに挑戦するパーティでは必須の職業です。アコライトのサポートが上手であれば攻略の可能性がグンと上がります。

立ち回り

フロア2の中ボス戦と3リンクヒールやセルフィホーリーやサンライトを効率良く使用し、攻撃時にはシャイニングレイとクリアランスで攻めます。
バリアフォースやライフエンゲージも余裕があれば使用しましょう。

ワンダラー

評価

ワンダラーもマジシャンと同じように、脈石を使用して転職できる「ナチュレ」の性能が高いため、積極的に周回して転職を狙いましょう。
槍は片手、両手問わずに露店相場が低く、属性付与のために武器を購入する価値は大いにあります。

立ち回り

バードでM極の場合はパッションノーツ→ディスコードのコンボが決まれば強いですが、CTが長いため非常に使いにくく、効率も悪いです。
S極スパイカーであればフロウイングランスやアッパーブレイド、サーフィスエッジを主力に敵を倒していきましょう。

パーティ編成のコツ

編成例1

  • ウォリアー
  • ウォリアー
  • レンジャー
  • ローグorモンク
  • クリエイター
  • アコライト

この編成は、フロア1,2と飛ばす場合に有効です。クリエイターのアシッドスプラッシュで有利に戦えます。
難易度凶級ではフロア3をクリアすれば高確率で脈石の欠片が入手できるのでこの編成でも良いでしょう。

編成例2

  • ウォリアー
  • ローグ
  • マジシャン
  • マジシャン
  • モンク
  • アコライト

この編成では、フロア1.2も倒して進むことをメインとします。
現在はフロア1,2でも脈石の欠片が入手できる可能性があります。
クリエイターのアシッドスプラッシュはMDEFを下げることができないので、マジシャンとの共存は難しいです。

クエスト関連情報

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー