ギルザとプロビはなぜ対立していた?

クリコレガチャが開催!
クリコレガチャシミュレーターはこちら
国士無双-翠の真髄-が開催!
翠の真髄(国士無双)攻略と報酬はこちら
衝突!外地調査隊が開催中!
衝突!外地調査隊10攻略とおすすめパーティはこちら

質問内容

VnUoD1589866585
昨夜列伝[救世の真理と天帝の誓い]を読みました。これが初読の列伝なのですが、これを読んだ感じではこの先プロビが幻獣の王を名乗り、ギルザと対立するようには思えません。プロビとギルザが対立するまでの経緯が分かる列伝やショートストーリーがあれば教えて下さい。
  • 2020/9/12 | 通報
  • 回答数:3   閲覧数:471

回答一覧

ベストアンサー
名無し
皆さんの回答に加えて五帝の解放と、ショートストーリー千年の戦いですね。これがズバリ前の方の答えです。五帝の解放はストーリー部分がギルザとプロビデンスが戦うための五帝による原初幻獣の梅雨払いです。また、原初幻獣をすべて顕現させていれば顕現の記が最後まで読めてヴァーレンハイトとドラグゼロスの因縁などもわかります。
名無し
早い話が、ギルザが「幻獣ねじ伏せよ」って言いだして、幻獣の中で唯一知性を保っていたプロビが「よくも仲間をやってくれたなおっさん」って出てくるわけで、「おいギルザ!タイマンしよーぜ」的な流れになって対立します。その後「やるじゃん」って認められて、プロビはギルザに力を貸します。ストーリーをどれ読めばいいかは先の人が書いてるのでそれを参考にしてください。
名無し
列伝救世の一族と原初の風景をやるといいと思います。原初の幻獣はそれぞれ列伝になっていますが、シャンマオの列伝です。ノアが何をしてナディア、エルヴィーがどうしたのかがわかると思います。ここから救世の真理と天帝の誓いの最後につながります。ちなみに時間軸はデスフェニックス→ヴァーレンハイト→ガイア、シャンマオだと思います。

クリプトラクトクリプトラクト攻略トップへ

©Bank of Innovation, Inc All rights reserved.
※アルテマに掲載しているゲーム内画像の著作権、商標権その他の知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します
▶幻獣契約クリプトラクト公式サイト
攻略メニュー