ペルーダ攻略と予備動作

ミトラスフィアのペルーダ攻略と予備動作まとめをご紹介。ペルーダの攻撃(セリフ)パターンや報酬(ドロップ)で入手できる防具や装飾情報を記載。ミトラスフィアのペルーダの攻略と予備動作を調べる際の参考にしてください。

ペルーダ攻略と予備動作

職業のコンボ・立ち回り
剣術士のコンボ
魔導士のコンボ 聖導士のコンボ
弓術士のコンボ 護術士のコンボ

パーティ募集掲示板はこちら

ペルーダの開催期間

ペルーダ

開催期間 1/9(水)~2/5(火)12:59

新たな古の襲来「ペルーダ」が開催中です。ペルーダは火属性のボスのため、水属性攻撃で効率よくダメージを与えましょう。

ミトラスフィアアルテマ攻略班はtwitterでも攻略法をツイートしています。

ミトラスフィアアルテマtwitterはこちら

関連記事
マーレシリーズ トレーネシリーズ
ビルカシリーズ ブルーメシリーズ
アルプシリーズ リンロウシリーズ
フリザンテシリーズ -

予備動作と攻撃パターン

ペルーダ

予備動作/セリフ 概要
結晶から力が溢れ出す
  • 開幕行動
  • ガッツ31回
セリフなし
  • 単体魔法攻撃
ゴゴゴゴ…
  • 前列魔法攻撃
フシュル…
  • 全体魔法攻撃
大地が熱を帯びる…
  • 前列プレイヤーに逆鱗10回【10%】C
  • 自身に魔法与ダメージ30%UPT
  • ゴゴゴゴゴッ…!!
  • 【詠唱約2秒】
  • 前列魔法攻撃多段
  • 魔法被ダメージ30%UPL
ギガァアアッ…
  • 全体魔法攻撃
  • HP自傷後に回復
ガァアア…
  • 全体魔法攻撃
  • HP自傷後に回復
ガァッ…
  • 全体魔法攻撃
  • HP自傷後に回復

攻略のコツ

ガッツ削りに双魔剣などが必須

開幕ガッツ付与

ペルーダが開幕行動で自身にガッツを付与してきます。ガッツ回数分HPを0にしなければいけません。ガッツの回数が多いため、多段攻撃が可能な双魔剣などが必須です。

弓術士は、テンプレ装備からデバフ武器を減らし、2本の双魔剣を編成し、ガッツ削りに参加しましょう。

前列多段「ゴゴゴゴゴッ」の詠唱時間に注意

ゴゴゴゴゴッ詠唱

「大地が熱を帯びる」の後の前列多段攻撃「ゴゴゴゴゴッ」は、詠唱時間が約2秒と短く、大地…後に前列に出ると後列移動が間に合いません。

高Lvでは、護術士以外が前列で受けると即死級になります。特に火力職は、後列待機し、ゴゴゴゴゴッの後に前列へ出てダメージを与えましょう。

ギガァアア発動で回復

回復攻撃

ペルーダはHPが一定以下になると自傷(ガッツを1消費)を行い、攻撃と合わせてHP回復を自身にしてきます。HP回復攻撃後は、HPを削り、双魔剣などの多段攻撃に繋げましょう。

ギガァアア後の同様の攻撃は、ガァアア…、ガァッとセリフが変化します。徐々に回復が減少していき、削りやすくなります。

逆鱗付与からの多段攻撃で龍人化がたまる

逆鱗付与

ペルーダの「大地が熱を帯びる」は、前列のプレイヤーに逆鱗10回【10%】を付与してきます。大地が熱を帯びる後にくる「ゴゴゴゴゴッ…!!」が多段のため、龍人化ゲージが一気にたまります。

高Lvになると大地が熱を帯びる後にくる「ゴゴゴゴゴッ…!!」の攻撃は、護術士以外の職業には即死級の攻撃になるため、後列回避が安定します。

護術士は龍人化ゲージがたまるため、次にくる強力な単体攻撃などに対して、ビルカシェルや螺旋の宝玉を龍人化で発動し、攻撃を耐えましょう。

攻略動画

ペルーダの魔導士立ち回り動画です。開幕ヘイトを取らないようにして、前列攻撃と全体攻撃を後列で受けるように徹底します。

大鎌を使った龍人化コンボでボスにダメージを与えていきます。HP1になっても基本的なコンボのループを切らさずにペルーダの回復に合わせて龍人化攻撃を与え、すぐにガッツ削りに持ち込みましょう。

各職業の立ち回り

目次(タップで移動)
▼剣術士 ▼魔導士 ▼護術士 ▼聖導士 ▼弓術士

剣術士は多段攻撃を多めに編成

おすすめ編成
アダマンテバスターアダマンテ
バスター
死線の邪眼死線の
邪眼
イグニムセイバーイグニム
セイバー
アルプセイバーアルプ
セイバー
アルプシュヴェルトアルプ
シュヴェルト
フリザンテエッジフリザンテ
エッジ
ビルカククリビルカ
ククリ
トレーネソードトレーネ
ソード

剣術士は、危険な攻撃は後列移動武器で回避しながら、双魔剣のコンボでダメージを与えていきます。ガッツ削り時は、敵の攻撃に注意しながら、双魔剣の多段攻撃でガッツを減らします。

ペルーダは、単体攻撃が強力なため、護術士のヘイト管理と防御バフが整うまで、攻撃しないようにしましょう。

剣術士のコンボと立ち回りはこちら

魔導士の立ち回り

テンプレ装備

おすすめ編成
スチールスティックスチール
スティック
アエトスロッドアエトス
ロッド
デスカロサイズデスカロ
サイズ
ヘブンローゼスヘブン
ローゼス
ビルカロッドビルカ
ロッド
アルプファルクスアルプ
ファルクス
フリザンテロッドフリザンテ
ロッド
フォーチュンカードフォーチュン
カード

魔導士は、敵の全体攻撃と列攻撃を前列で受けないよう徹底します。前列多段攻撃の「ゴゴゴゴゴッ」は、詠唱が短いため、予兆の「大地が熱を帯びる」後は後列移動を使用します。

HP1後は、大鎌のコンボを回しながら、ペルーダの回復にあわせて、龍人化攻撃でダメージを与え、すぐにガッツ削りに入れるようにします。

ペルーダは、単体攻撃が強力なため、護術士のヘイト管理と防御バフが整うまで、攻撃しないようにしましょう。

魔砲搭載装備

おすすめ編成
スチールスティックスチール
スティック
アエトスロッドアエトス
ロッド
デスカロサイズデスカロ
サイズ
星屑のダイス星屑の
ダイス
ビルカロッドビルカ
ロッド
アルプファルクスアルプ
ファルクス
フリザンテバレットフリザンテ
バレット
フリザンテロッドフリザンテ
ロッド

弓術士の物理攻撃バフが必須なため、野良ではおすすめしません。魔砲を使えば、終盤のガッツ削りを効率的に行えます。

高LvになるとペルーダのHP回復量が大きいため、大鎌コンボを回しつつ、HP回復のタイミングに龍人化攻撃を与え、すぐにガッツ削りに入れるようにしましょう。

ペルーダは、単体攻撃が強力なため、護術士のヘイト管理と防御バフが整うまで、攻撃しないようにしましょう。

魔導士のコンボと立ち回りはこちら

護術士は魔法防御バフを用意

おすすめ編成

おすすめ編成
リンロウシールドリンロウ
シール
ブロンズスパタブロンズ
スパタ
スチールファルススチール
ファルス
アルプシールドアルプ
シールド
マーレシェルマーレ
シェル
グランツガードグランツ
ガード
ビルカシェルビルカ
シェル
螺旋の宝玉螺旋の宝玉

高Lvになると火力が高くなるため、自身への防御バフと味方全体へのバフを切らさずに対応します。トレーネやビルカを編成しておき、高火力をしのげるようにしましょう。

「大地…」ペルーダに魔法与ダメバフを「ゴゴゴゴゴッ」で前列に魔法被ダメUPデバフを付与してきます。高Lv時は次の攻撃が単体攻撃だと瀕死になるため、龍人化のビルカや即死回避の螺旋の宝玉で耐えます。

護術士の立ち回りとコンボはこちら

「ゴゴゴゴゴッ」後の単体攻撃は龍人化で対策

おすすめ武器 龍人化時効果
ビルカシェルビルカシェル
  • ・味方全体火ダメージ耐性UP【50%
  • ・自分の最大HP依存のHP回復【大】
螺旋の宝玉螺旋の宝玉
  • ・自分に回避率UP【999%】
  • CT24秒(スキルLv5)
おすすめ武器 効果
クリスタルスフェールクリスタル
スフェール
  • ・敵単体に魔法与ダメージDOWN【20%】
  • 「ゴゴゴゴゴッ」前に付与しておく

ペルーダの単体攻撃が強力です。リンロウなど全体魔法被ダメージDOWNとスチールファルスの防御バフがあっても瀕死になります。

特に「大地…」ペルーダに魔法与ダメバフを「ゴゴゴゴゴッ」で前列に魔法被ダメUPデバフを付与した後の単体攻撃は、戦闘不能になる可能性が高いので、対策が必要です。

「大地…」逆鱗付与と「ゴゴゴゴゴッ」の多段で龍人化ゲージがMaxになるため、龍人化で対策武器を使用しましょう。または、後列移動武器を準備し、単体攻撃を受けます。

聖導士は護術士メインに回復をする

魔法攻撃依存テンプレ
マーレティアロッドマーレ
ティアロッド
ドラークトーチドラーク
トーチ
イグニムスタッフイグニム
スタッフ
ウッドスタッフウッド
スタッフ
ミトラランデッロミトラ
ランデッロ
ベリアルクラブベリアル
クラブ
ヴェルメスパイクヴェルメ
スパイク
自由
魔法防御依存テンプレ
リリウムメイスリリウム
メイス
ルクォーレメイスルクォーレ
メイス
アビスソーサリーアビス
ソーサリー
アルデアスタッフアルデア
スタッフ
デスカロメイスデスカロ
メイス
ベリアルクラブベリアル
クラブ
イグニムスタッフイグニム
スタッフ
自由

高Lvになると全体攻撃や列攻撃、単体攻撃も火力が高くなります。敵のセリフと攻撃対象を把握し、無駄なく回復を行いましょう。

回復と蘇生武器一覧はこちら

弓術士はバフデバフと双魔剣複数編成

おすすめ編成
イグニムアローイグニム
アロー
グランツアローグランツ
アロー
リンロウシューターリンロウ
シューター
混沌を纏いし棘混沌を
纏いし棘
ローグアルクローグ
アルク
カースバレットカース
バレット
アダマンテシミターアダマンテ
シミター
ベローズエッジベローズ
エッジ

弓術士のバフとデバフをこなしつつ、終盤のガッツ削り対策で双魔剣や魔砲を装備しておきましょう。

ガッツ削りにおいて、双魔剣での火力は不必要になるため、アダマンテシミターやベローズエッジなど敵の火力を下げるデバフ武器がおすすめです。

高Lvになると敵の攻撃をかわしながら、双魔剣を使う必要があるため、双魔剣は2本あれば、回せます。

弓術士のコンボと立ち回りはこちら

ペルーダのステータス

ペルーダ

敵名 属性 種族 HP
ペルーダ - 調査中

クリア報酬

ペルーダシリーズを入手

ペルーダシリーズ
復讐者のクラウン復讐者のクラウン ペルーダトップスペルーダ
トップス
ペルーダボトムペルーダ
ボトム
ペルーダマントペルーダマント 燃える鱗燃える鱗 -

ペルーダのドロップ報酬で「ペルーダシリーズ」が入手できます。

+(プラス)武具を入手

ペルーダ+シリーズ
ペルーダトップス+ペルーダ
トップス+
ペルーダボトム+ペルーダ
ボトム+

+武具は、スペシャル交換所で交換ができます。同種の通常武具より高いステータスを持った、非常に強力な武具です。

同種の通常武具を装備するよりステータスが高くなるので、戦闘力が格段に上がります。

プラス武具についての解説はこちら

みんなのおすすめ武器編成

入力フォーム

武器を選択
武器を選ぶ
武器を選ぶ
武器を選ぶ
武器を選ぶ
武器を選ぶ
武器を選ぶ
武器を選ぶ
武器を選ぶ
使う順番や立ち回り
リセット

武器編成

武器編成
スチールファルス ブロンズスパタ リヴァールシールド ブルーメシルト
クリスタルクロッド クリスタルクロッド クリスタルクロッド クリスタルクロッド
使う順番や立ち回り
ペルーダは無詠唱の単体攻撃が最も攻撃力が高く、対策しなければ盾でも即死しますから、賛歌・ビルカ・螺旋のうち最低2つは用意して下さい(3つあればヒューマンエラー以外の事故はゼロになります)。
回しはスチール・ブロンズ・ブルーメ・クリスタルで、火力は温存(後述)します。

前半は詠唱を確認してから1〜2手打って休む(様子見)を繰り返します。
結晶から…スチ→ブロ(これでタゲ取れます)
詠唱あり…結晶から来た場合は火力でタゲ取り→ブル、2手目以降は使える物
詠唱無し…賛歌→結晶から来た場合は火力でタゲ取り、2手目以降は使える物
※詠唱無しの連続使用はありませんが、詠唱あり→無し→大地が→ゴゴゴ→詠唱無しと回された場合、スキル無強化の賛歌はCT中で使えないので、保険に螺旋を入れています。
大地が熱…吠える様な動作辺りでビルカ(1手加えてブロ→ビルカが理想)
ゴゴゴ…龍ゲージMAXを待って、龍火力でヘイト稼ぎ(だから温存しています)
後半ガッツ削りが始まると回復スキルを使い始めるので無詠唱は減りますが無くなりはしないので、1〜2手打って様子見パターンを崩さない様に。
絶対に無理せず、落ち着いてやれば難しくありません。
(クリスタルフェールからクリスタルクロッドに変えてヘイト管理が更に安定しました)

参考になった

6
武器編成
スチールファルス ブロンズスパタ リヴァールシールド ブルーメシルト
クリスタルクロッド クリスタルクロッド クリスタルクロッド クリスタルクロッド
使う順番や立ち回り
ペルーダは無詠唱の単体攻撃が最も攻撃力が高く、対策しなければ盾でも即死しますから、賛歌・ビルカ・螺旋のうち最低2つは用意して下さい(3つあればヒューマンエラー以外の事故はゼロになります)。
回しはスチール・ブロンズ・ブルーメ・クリスタルで、火力は温存(後述)します。

前半は詠唱を確認してから1〜2手打って休む(様子見)を繰り返します。
結晶から…スチ→ブロ(これでタゲ取れます)
詠唱あり…結晶から来た場合は火力でタゲ取り→ブル、2手目以降は使える物
詠唱無し…賛歌→結晶から来た場合は火力でタゲ取り、2手目以降は賛歌→使える物
※詠唱無しの連続使用はありませんが、詠唱あり→無し→大地が→ゴゴゴ→詠唱無しと回された場合、スキル無強化の賛歌はCT中で使えないので、保険に螺旋を入れています。
大地が熱…吠える様な動作辺りでビルカ(1手加えてブロ→ビルカが理想)
ゴゴゴ…龍ゲージMAXを待って、龍火力でタゲ稼ぎ(だから温存しています)
後半ガッツ削りが始まると回復スキルを使い始めるので無詠唱は減りますが無くなりはしないので、1〜2手打って様子見パターンを崩さない様に。
絶対に無理せず、落ち着いてやれば難しくありません。
(クリスタルフェールからクリスタルクロッドに変えてヘイト管理が更に安定しました)

参考になった

8
武器編成
スチールファルス ブロンズスパタ リヴァールシールド ブルーメシルト
ファントムスカル ファントムスカル ファントムスカル ファントムスカル
使う順番や立ち回り
Lv60周回(自身はLv81)で使っているデッキです。
最初はスチール→ブロンズ→リヴァール→ブルーメ→ファントムの順で使いますが、ペルーダ戦で盾が倒される最大の原因である単体攻撃を警戒しなければならないので、ペルーダの挙動を見ながらの対応(様子見の一時停止を多用するので予約不可)になります。
ペルーダの攻撃パターンは詠唱ありなしの攻撃×2→大地が熱を→ゴゴゴ→詠唱ありなし×2に戻るのループ。
前述の通りペルーダの行動が終わったら様子を見る癖をつけると事故率がかなり下がります(ココ重要)。

詠唱ありありのパターン
スチ→ブロ→詠唱を確認→リヴァ→ブル→詠唱を確認→ファン→スチ→大地がを確認→ブロ→ビルカ(ここだけ予約OK)→龍人リヴァ→最初に戻る

詠唱無しありのパターン
スチ→ブロ→オーラは立っているがセリフ無かった→賛歌→リヴァ→詠唱を確認→ブル→ファントム→大地が→以下同文

基本は↑の応用です。
無詠唱→無詠唱→大地がのパターンはありませんが、無詠唱→大地が→ゴゴゴ→無詠唱とという賛歌のCTが明けないうちに無詠唱が来る(スキレ強化すれば間に合うかも)パターンは往々にしてあります。
その保険に螺旋を入れる事で判断ミス以外の事故要因をゼロにしました。

とにかく周りがバタバタ倒れるので攻撃より【ヘイト管理と無詠唱対策】をカッチリしていれば聖さまだけは護れるでしょう。
無詠唱攻撃に賛歌、ゴゴゴにビルカを使うのは賛歌も無詠唱だから反応が遅れても間に合うという理由から。
パターンを理解し、落ち着いてやればそんなに難しくありません。

知ったかの戯言よりは参考になるでしょう(´-`)

参考になった

1
もっと見る

    武器名を入力すると、武器のアイコンが出てくるので、選択して追加してください。

    みんなのおすすめパーティ編成

    入力フォーム

    職業(パーティ)を選択
    職業を選ぶ
    職業を選ぶ
    職業を選ぶ
    職業を選ぶ
    職業を選ぶ
    装備や立ち回り
    リセット

    ユーザー様のおすすめパーティ編成

    職業(パーティ)編成
    護術士 護術士 剣術士 剣術士 魔導士 魔導士 弓術士 弓術士 聖導士 聖導士
    装備や立ち回り
    いまだに立ち回りがよくわかってない人が多いようなので。
    開幕は盾以外絶対にヘイトを稼がないこと!ダメージを与えてはいけませんし、回復もしてはいけません。バフデバフのみ。
    双剣→カーテンする剣いるが、カーテンいれるぐらいなら他にいれるもんありますよね。みんなが何もしなければ2手でタゲ盾にいきます。無意味な行動で盾を困らせる行為は慎みましょう。

    【剣術士の装備や立ち回り】絶対開幕おとなしく!ブロンズもダメ!
    双剣3本がベスト。ビルカ、アルプ、フリザンテでいい。最後の削りに入ったらアルプからの特攻削りも視野に。盾が従来のヘイト能力を充分に発揮しにくいボスなので途中までは控えめに。タゲをとったら盾と自分両方悪いです。気をつけましょう。
    【護術士の装備や立ち回り】魔バフ、自バフは必ず切らさないこと!タゲ飛ばす盾よく目にします…絶対にタゲ固定!クリスタルも視野に。多段攻撃後の単体攻撃は即死級です。譜面や指環、龍カーテン、龍ビルカ等で必ず対策しましょう。ただし毎回ガッツで耐えるような真似はやめましょう。そのぶんガッツ掛け直しに手数とられタゲ飛びます。タゲ飛ばしたり自分が死ぬような盾は盾ではありません。魔防特化装備かつ耐性をあげて挑みましょう。
    【弓術士の装備や立ち回り】開幕はイグニムグランツから始めましょう。カースリンロウアンヘルだとタゲとって死ぬ危険性あります。
    双剣2本がベスト。1本はアダマンテがいい。もう1本はアルプがオススメ。龍は先にアダマンテに使うと安定しやすい。普段はいつもの立ち回りで、ガッツ削りに入ったらバフデバフ切らしてでもアルプ→アダマンテで削りましょう。装備は魔防特化でいい。
    【聖導士の装備や立ち回り】絶対開幕おとなしく!スフェールもダメ!
    後ろ張り付きでよい。蘇生は大地バフ前が1番理想、蘇生後の時間に余裕がある。毎回指環→譜面→リンロウで多段攻撃受ける聖いるがハッキリいって無意味。龍リンロウで削った所でしょっぱいです。笑いものにされます。不信感しかありません。野良では変なことはしないように。
    【魔導士の装備や立ち回り】絶対開幕はおとなしく!スチールもダメ!
    ガッツ削りに入ったらデスカロ鎌や無詠唱武器などでちまちまやりつつ、ボス回復したら速攻龍撃ちましょう。

    参考になった

    23
    職業(パーティ)編成
    護術士 護術士 剣術士 剣術士 魔導士 魔導士 弓術士 弓術士 聖導士 聖導士
    装備や立ち回り
    はじめに、全職耐性をできる限り上げて挑みましょう。
    高Lvになると単体攻撃は盾以外は即死です。開幕は絶対にヘイトを稼がないこと!
    【剣術士の装備や立ち回り】双剣を複数積んでおきましょう。バフセリフ以外のセリフは必ず全て後列に下がりましょう。
    【護術士の装備や立ち回り】魔バフ、自バフ、タゲ固定。今までの探索と比べて単体攻撃の威力はあがっています。生半可な装備で挑むのはやめましょう。敵の攻撃は全て魔法攻撃です。ミトラ等物防重視だと簡単にお荷物になります。
    【弓術士の装備や立ち回り】双剣はしっかり積んでおきましょう。ただミロリエは(できればホーリーも)やめましょう。ガッツ削りに入ったら多少バフデバフを切らしてでも削りに参戦しましょう。
    【聖導士の装備や立ち回り】盾への回復を最優先に。蘇生タイミングは多段攻撃の次の攻撃を受けた直後~大地バフの間が理想。
    【魔導士の装備や立ち回り】耐えられるからといって全体攻撃や前列攻撃を前列で受けるのはやめましょう。

    参考になった

    33

      職業を選択してください

      ミトラス攻略トップに戻る

      ©Bank of Innovation, Inc All rights reserved.
      ※アルテマに掲載しているゲーム内画像の著作権、商標権その他の知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します
      ▶ミトラスフィア公式サイト

      ミトラスの注目記事

      書き込み

      最新を表示する

      【PR】おすすめゲームランキング

      攻略メニュー