テオの最新評価とおすすめ装備

セブンナイツのテオ(旧四皇)の評価やおすすめ装備、アリーナのテオ対策、テオパーティなどをご紹介。ステータス、スキル、進化、限界突破など総合的な観点から強い点などの評価をしています。 勿論、衣装や入手方法、入手確率なども掲載!

テオ

テオの評価

総合評価 SS
アリーナ 8.5/10点 攻城戦 3.0/10点
冒険・古の塔 9.0/10点 レイド 3.0/10点
ボス戦 3.0/10点

テオ1点狙いガチャシミュレーターはこちら

テオのスキル性能

夜鴉の加護 夜鴉の加護
  • 【持続スキル】
    • ・暴走蘇生
    • ・通常攻撃に防御無視&クリティカル
    • ・敵の回復量60%ダウン
双破滅風刃 双破滅風刃
  • 【スキル/CT70秒】
    • ・貫通
    • ・敵全体に105%物理ダメージ
    • ・対象が1体減るごとに20%ダメージアップ
攻撃回数:1回 ダメージ判定:1回
断月・斬黒羽 断月・斬黒羽
  • 【スキル/CT120秒】
    • ・確定クリティカル
    • ・敵全体に105%物理ダメージ
    • ・バフ2ターン減少
攻撃回数:1回 ダメージ判定:4回

強い点

敵人数に伴い威力が変わるスキル

テオのスキル「双破滅風刃」は、敵が少なくなる毎に威力が20%上がり、終盤は単体処理能力に特化した性能に自動で変わっていく超優秀なスキルです。

強力な先制攻撃

テオは、敏捷性が非常に高く、クリティカル+防御無視の先制攻撃が発動しやすく、初ターンで敵の頭数を減らせる可能性があります。

装備や限界突破だけでなく、陣形で後衛に配置し攻撃力の底上げをしたり、ダメージ量をあげられる持続スキル持ちキャラを一緒に編成するのがオススメです。

弱い点

状態異常スキルを持っていない

テオのスキルは、全体攻撃で貫通やクリティカル、バフターン減少の効果はありますが、相手の行動を阻害する気絶や麻痺などの状態異常効果がありません。

レイド戦には不向き

テオは、アリーナでは有効な全体攻撃スキルを2つも持ちますが、レイドボスのような単体に対してダメージを与える必要がある場面では足手まといになります。

もちろん、通常攻撃にクリティカル性能と防御無視性能を持ちますが、聖十字団のセインと比べるとダメージを稼げません。レイド線ではパーティから外したほうが良いキャラです。

テオと相性の良い/悪いキャラ

テオと相性の良いキャラ

テオと特に相性の良いキャラは、アリーナでテオの高い攻撃性能を活かすために、持続スキルで火力を上げられるキャラなどです。

キャラ 理由
龍帝の降臨 リン
リン
・被ダメージ上昇の効果でテオの火力をアップ
呂布
呂布
・攻撃/魔法力上昇でテオの火力をアップ
死の君主デロンズ
デロンズ
・ダメージ量上昇でテオの火力をアップ
・誠龍でも代用可能
絶対守護者ルディ
ルディ
・テオの防御面をサポートし、終盤に暴走状態でなりスパートをかけることができる
・火力に貢献は出来ないが、スキルを撃てる機会が増える
六英雄ココノエ
ココノエ
・確定クリティカルスキルと通常攻撃の火力上昇
・テオの火力を上げ、固定ダメージスキルで防御寄りのパーティの突破力が上がる
メリオダス
メリオダス
・攻撃/魔法力上昇でテオの火力をアップ

テオと相性の悪いキャラ

テオと相性の悪いキャラは、アタッカーとしての役割しか持たないキャラです。

アタッカーは、防御陣形の場合、後衛に置きたいため、孫悟空など後衛に置くべきなキャラと枠を競合してしまいます。

キャラ 理由
開戦勝仏孫悟空
孫悟空
・アタッカーとしての役割のみなので、テオと後衛の枠を奪い合う
闇に咲く花ブラックローズ
ブラックローズ
・アタッカーとしての役割のみなので、テオと後衛の枠を奪い合う
ディアンヌ
ディアンヌ
・アタッカーとしての役割のみなので、テオと後衛の枠を奪い合う

アリーナテオ対策の6つの方法

アリーナでのテオ対策の方法は以下の6つの方法です。ただし、完全にテオを対策する方法はなく、アリーナはオートなので運次第であることは念頭に置きましょう。

  • 1.免役で先制対策
  • 2.バフ剥がしで暴走対策
  • 3.勇翔で対策
  • 4.状態異常で弱体化
  • 5.クールタイム延長でターン経過
  • 6.同速キャラで先制の頻度を減らす

1.免役で先制対策

ダメージ無効化や物理ダメージ免疫キャラを前衛に編成し、強力な先制攻撃を受け、序盤からパーティが半壊してしまうことを防ぎましょう。

持続スキルはバトルが始まると自動で発動するので、ターンを気にせずに対策ができる簡単な方法です。

テオ自体がバフ剥がしスキルを持つため、中盤以降は、物理免疫が剥がされてしまう可能性があるという懸念点があります。

オススメキャラ
閃光の拳 白龍
白龍
死の君主デロンズ
デロンズ
呂布
呂布
歴史の記録者 ノホ
ノホ
魔工学ボルトとニア
ニア

2.バフ剥がしで暴走対策

暴走状態はバフなので、バフ解除スキルやポジティブバフ解除スキルで解除し、早めに倒すことができます。

特にポジティブバフ解除スキルは3ターンのバフを1度で剥がすことができます。テオ以外の暴走キャラも、アリーナでは多く編成されているので、バフを剥がせるスキルは必須です。

オススメキャラ
閃光の拳 白龍
白龍
叢雲剣の主エース
エース
呂布
呂布
魔工学ボルトとニア
ニア
フォーディナの女帝アイリーン
アイリーン
絶対守護者ルディ
ルディ

3.勇翔で対策

勇翔で敵の与ダメージを減らし、全体攻撃免疫で全体攻撃スキルを0ダメージにできます。

勇翔を入れただけでは、対策が不十分なので他の対策キャラと合わせて編成する必要があります。

全体攻撃免疫は、貫通効果を持つテオのスキルを無効化することは出来ないので注意しましょう。

4.状態異常で弱体化

暴走状態は、ダメージを与えられませんが、状態異常でテオの動きを止めるか弱体化することが出来ます。

テオは、後列に編成されていることがほとんどなので、範囲の広い状態異常スキルを持つキャラを編成しましょう。ただ、状態異常は確実に入る要素ではないので、他の対策方法よりは運が伴います。

オススメキャラ
閃光の拳 白龍
白龍
極寒の暴君スパイク
スパイク
赤い蝶デイジー
デイジー
嵐の剣神
風燕
フォーディナの女帝アイリーン
アイリーン
死の君主デロンズ
デロンズ
忠武侯諸葛亮
諸葛亮

5.クールタイム延長で対策

クールタイム延長スキルは、テオ含め他のキャラのスキル使用を妨げられます。

敵がテオ1体のみの場合、クールタイム延長スキルがヒットすれば、通常攻撃のみしか出せなくなりテオの暴走ターンが早めに消費されます。

他の対策方法でもおすすめキャラで挙がっている、状態異常スキルのスパイクや、ダメージ無効化を持つノホが、クールタイム延長スキルを持っています。

オススメキャラ
歴史の記録者 ノホ
ノホ
極寒の暴君スパイク
スパイク
背徳の炎ソル
ソル
黒崎一護
黒崎一護

6.同速キャラで先制の頻度を減らす

同速のキャラを編成することで、先制攻撃を受ける確率を運次第にします。

テオと同速のキャラは、デロンズと同キャラのテオのみで、武器解放をして敏捷装備を2つ付ける必要があります。

自分のキャラより、敵キャラの方が、高い敏捷値の武器を付けている場合は、確実に先制されてしまう点に気をつけてください。

テオに対するみんなの評価

テオを使った人の声

【プレイヤーレベル】100~

強い点イケメンエルフ。
一応韓国でも設定上は最強クラスのキャラらしい。
コイツさえいなかったら、鬱陶しい覚醒エバンもストーリーの都合で生まれる事は無かった。
弱い点同じ系統の反撃敏捷アタッカーとしては、カイルの方が手数も制圧力も耐久力も上。

カルマが実装された段階でほぼ詰んでいたが、覚醒防具の数が普及してきた事と、
ルーン上限開放によって全体的にキャラがタフになった現状では選択肢に上がらない。

流石に実装から1年近く経とうと言うのに、未だに性能のテコ入れすら来てないので
猿やカイルの様な最近のアタッカー群と比較すると、スキルがどちらも火力不足。
自らのHPを削った捨て身の反撃クリはカルマや回数免疫に阻まれ、だいたい戦闘前半辺りでサッサと退場する。

かつてルーンや装備覚醒なんて存在せず、回数免疫持ちも呂布だけ、そもそもバフ減スキル持ちが少ない
そんな暴走というコンテンツがまだ優遇されていた頃に無双出来ていた
まさに過去の遺物の様なキャラ。

参考になった

19

【プレイヤーレベル】100~

強い点 火力が凄まじく高いうえに、技が格好良い。
いろんな新しいキャラが出ている中でも、それを殲滅出来る強さが魅力的。
弱い点 対テオのキャラがたくさんいるので、簡単に倒されてしまう事がある。
ただし、それら全てを双破滅風刃で吹っ飛ばしてくれるのでスッキリする。

参考になった

42

【プレイヤーレベル】100~

弱い点運営の調整ミス第一号。
強くしすぎたので仕方がないから反撃率とスキル後の追加攻撃率をサイレント下方修正しております。

参考になった

60
もっと見る

テオの使い道

アリーナ・ギルド戦

使える度 8.5/10点

アリーナでは、最強の火力を持つ孫悟空を編成するパーティが多いので、孫悟空との対面に強い反撃テオは現環境で強力です。

また、テオ自身の攻撃性能もトップクラスなので、リンや孫悟空に並ぶ最強アタッカーです。

▶アリーナ攻略のおすすめキャラと報酬一覧はこちら

攻城戦

使える度 3.0/10点

攻城戦では、テオの持つ2種類の攻撃スキルが全体攻撃なので、ボス戦までの雑魚処理にしか役立ちません。

ただ、攻城戦上級では、暴走スキルのお陰で敵の高威力スキルで倒されることがないので、アタッカーとして使い道があります。

▶攻城戦攻略のおすすめキャラと報酬一覧はこちら

冒険・古の塔・SPダンジョン

使える度 9.0/10点

冒険と古の塔では、全体攻撃スキルを2種類持っていることで敵を倒しやすく、貫通効果があることでダメージ免疫を気にしないで編成できるのが強味です。

月光の島以降や、古の塔100階以上の攻略では、蘇生後3ターン死なない暴走状態の持続スキルも役立ちます。

▶冒険攻略のおすすめキャラと7つのコツはこちら

レイド

使える度 3.0/10点

テオは、攻撃スキルが全体攻撃なので、単体のボスと戦うレイド戦ではダメージを稼げません。

また、持続スキルの対象が自分だけなので、サポート役にもなれません。

▶レイド攻略のおすすめキャラと報酬一覧はこちら

おすすめ降臨

テオは、暴走蘇生スキルを持つので即死級の攻撃をしてくる敵が出現する降臨で活躍できます。

テオのスキルはバフ剥がし効果があるので、敵がバフを使用する降臨で役立ちます。

最適正降臨
エース降臨
エース降臨
ブラックローズ降臨
ブラックローズ降臨
ルリ降臨
ルリ降臨
リーア降臨
リーア降臨
月夜の守護者
月夜の守護者
悪霊のアクセ降臨
悪霊のアクセ降臨
月夜の武士降臨
月夜の武士降臨
月夜の賢者降臨
月夜の賢者降臨
神獣の試練降臨
神獣の試練降臨

おすすめ陣形

防御陣形
陣形 防御陣形
配置 後列
役割 アタッカー

テオは、高威力の全体攻撃を二種類持ち、持続スキルで通常攻撃の威力も強力なアタッカーなので防御陣形の後列に配置して、攻撃力を上げましょう。

暴走キャラなので、防御力の上がらない前列に配置してもすぐに倒れてしまうことがないです。

おすすめ装備(オプション)

おすすめの武器オプション

おすすめの防具オプション

おすすめの宝石オプション

残り投票回数 3回
  • 投票
    クリティカルダメージ量 19票
  • 投票
    ダメージ量 14票
  • 投票
    クリティカル率 3票
  • 投票
    弱点攻撃 7票
  • 投票
    ブロック率 0票
  • 投票
    反撃率 15票
  • 投票
    ノーマル攻撃時に吸血 20票

テオの基本情報

種類 旧四皇
属性 攻撃型
CV 石川英郎

テオ★6

テオ

持続スキル
  • 夜鴉の加護 【夜鴉の加護】
    攻撃時、対象の防御力を無視してクリティカルが適用されます。追加で敵の回復量を60%減少させ、自分が倒れる時3ターンの間暴走状態になります。(3ターンの間すべてのダメージを受けず、3ターン後に再び倒れます)
スキル
  • 双破滅風刃 【双破滅風刃】 CT70秒
    すべての敵に攻撃力105%の物理ダメージを与えます。追加で貫通効果が適用され、対象が1体少なくなるごとに20%ダメージが上昇します。
  • 断月・斬黒羽 【断月・斬黒羽】 CT120秒
    すべての敵に攻撃力105%の物理ダメージを与えます。追加でクリティカルが適用され、対象のすべてのターン制バフを2ターン減少させます。
レベル40のステータス(ルーン解放後)
HP 3,730(63/141位)
攻撃力 2,270(5/141位)
防御力 1,204(28/141位)
敏捷性 32(2/141位)
レベル40のステータス(最大限界突破)
HP 2,730(56/141位)
攻撃力 1,680(5/141位)
防御力 874(27/141位)
敏捷性 32(2/141位)
レベル30のステータス(限界突破前)
HP 1,086(56/141位)
攻撃力 696(5/141位)
防御力 328(28/141位)
敏捷性 32(2/141位)

他キャラとの性能比較

暴走スキルのキャラ比較

キャラ 持続スキルの相違点
テオ
テオ
  • 【夜鴉の加護】
  • ・通常攻撃時、防御無視+クリティカル
  • ・回復量60%ダウン
地獄の君主クリス
クリス
  • 【魂の吸収】
  • ・敵が一人倒れる度に味方全体HP30%回復
背徳の炎ソル
ソル
  • 【背徳の炎】
  • ・暴走時、クリ率アップ+反撃率アップ
順平候趙雲
趙雲
  • 【大将軍の力】
  • ・自身のみ敏捷アップ

テオはアタッカーとして特化した性能

テオは、暴走スキルを持つ他キャラと比べると、持続スキル効果で通常攻撃にクリティカルと防御無視効果が適用されるので、高い敏捷を活かした先制攻撃の威力が非常に高くなります。

ソルは暴走時にクリ率と反撃率がアップする効果を持ちますが、テオは暴走状態にならなくても大ダメージを量産できるので、テオのほうがアタッカーとして優れています。

また、アリーナでは、防御陣形の後衛に配置し、更に攻撃力を上げることで、先制攻撃のみで敵のキャラを倒せるほどです。

テオはパーティ編成の幅が広い

テオは、他の暴走キャラと比べ、貫通効果やターン制バフ減少効果など、敵を選ばない優秀な物理攻撃スキルを持つため、魔法パーティ以外なら、アタッカーとしてどんなパーティにでも編成できます。

また、テオと同様に汎用性の高いクリスとの相性も良く、テオの火力で敵を倒し、クリスで回復するバランスの良いパーティや、他の暴走キャラと一緒に編成して、倒されても攻撃手数の落ちない攻撃特化のパーティも組めます。

攻撃性能比較

キャラ 持続スキルの相違点
テオ
テオ
  • 【双破滅風刃】
  • ・CT70秒
  • ・攻撃力105%の物理全体攻撃
  • ・貫通効果が適用
  • ・対象が1体少なくなる毎に20%ダメージ上昇
死の君主デロンズ
デロンズ
  • 【死神の降臨】
  • ・CT85秒
  • ・攻撃力100%の物理全体攻撃
  • ・一定確率で沈黙効果
聖なる弾丸ルリ
ルリ
  • 【近距離連射】
  • ・CT74秒
  • ・敵四人に攻撃力100%の物理攻撃
  • ・貫通効果が適用

テオの火力が非常に高い

デロンズやルリと攻撃スキル性能を比較した場合は、テオの攻撃スキルがずばぬけて優れています。

スキルクールタイムが短く、範囲攻撃より威力が低いはずの全体攻撃でありながら、攻撃力105%の高威力です。

また、ダメージ免疫を貫ける貫通効果と、敵が1体少なくなる毎に与ダメージが20%上昇する効果もあるので、ダメージ免疫を持つ複数の敵と対峙するアリーナで役立ちます。

通常攻撃でもテオが最強

テオは、持続スキルの効果で通常攻撃がすべて防御無視+クリティカルの効果を持つため、通常攻撃による与ダメージ量はデロンズやルリと比べるまでもなくナンバーワンです。

攻撃力と敏捷性が全キャラ中トップのテオは、先制攻撃をしやすく、防御力無視とクリティカル効果の通常攻撃だけで、防御型のキャラに大ダメージを与えるほどの火力があります。

また、与ダメージ量をアップできるデロンズとは相性が良く、一緒に編成することでアリーナにおいて、先制攻撃で敵1体を倒せる可能性が高いです。

テオの衣装一覧

衣装一覧
威風堂々
威風堂々
無敵の艦長
無敵の艦長
ダークネスルーラー
ダークネスルーラー
銀光の羽織袴
銀光の羽織袴
ショコラノワール
ショコラノワール
ロイヤルバトラー
ロイヤルバトラー
月白の執事長
月白の執事長

進化素材

進化素材 ★5進化 ★6進化
虹の聖水
虹の聖水
- 6個
火の聖水(上級) 4個 20個
火の聖水(中級) 20個 60個
火の聖水(下級) 60個 -

入手方法

この評価を見ている人は下記攻略も見ています

テオ1点狙いガチャシミュレーターはこちら

最新キャラの評価【New】
魅虎(ミコ)魅虎(ミコ)
キャラ関連情報
リンリセマラ テオ最強 検索キャラ検索
攻略関連情報
アリーナアリーナ ボス戦ボス戦 マルチレイドマルチレイド
攻城戦攻城戦 深淵の塔深淵の塔 ボス降臨一覧
冒険冒険 古の塔古の塔 レイドレイド

SPボードガチャ

ガチャ ピックアップ
カルマSPボードガチャシミュ カルマ
リンSPボードガチャシミュ リン
孫悟空SPボードガチャシミュ 孫悟空
呂布SPボードガチャシミュ 呂布
テオSPボードガチャシミュ テオ
エースSPボードガチャシミュ エース

テオを使ったことある方へ!
評価を募集してます!

  • プレイヤーレベル
  • テオが強い点
  • テオが弱い点

2015y09m08d_165507318

攻略メニュー