2Pickのドラゴンカード評価ランキング

シャドウバース(シャドバ)の2ピック/アリーナでのドラゴンのカードを、評価順でランキングしています。出現するレアリティ別に評価を決めており、評価やおすすめ理由なども記載しています、シャドバの2Pickの参考にして下さい。

2Pickのドラゴンカード評価ランキング

レジェンドとドラゴンのゴールド評価

10点

カード おすすめ理由
バハムートバハムート
  • 全体除去持ちの大型フォロワーです。1枚で不利な盤面も覆すことができる、2pick最強クラスのパワーカードなので、最優先でピックしましょう。
ダークエンジェル・オリヴィエダークエンジェル・オリヴィエ
  • 進化権を回復するため、盤面を制圧しやすくなります。地味ながらも2pick最強クラスのカードなので、最優先でピックしましょう。
ウロボロスウロボロス
  • 消滅されない限り展開が継続でき、ダメージ効果で盤面を制圧できる2pick最強クラスのカードです。最優先でピックしましょう。

9点

カード おすすめ理由
ゼウスゼウス
  • 疾走、守護、必殺とまさに万能と言えるフィニッシャーです。2pick評価10点のレジェンドを見なかった場合は、ピックしましょう。
水竜神の巫女水竜神の巫女
  • スタッツが優秀なだけでなくppブーストと回復を持つので、先に大型フォロワーを展開できるようになります。
サラマンダーブレスサラマンダーブレス
  • 小型フォロワーの単体除去としても、2pickでは貴重な全体除去としても使えるので、汎用性が高いです。

8点

カード おすすめ理由
イスラーフィールイスラーフィール
  • 終盤では全体除去は活かしづらいですが、スタッツも高く全体除去と回復ができる強力な大型フィニッシャーです。
オーディンオーディン
  • スタッツは低いですが、消滅効果で単体除去のできる大型フォロワーです。相手の大型フォロワーを処理しましょう。
連なる咆哮連なる咆哮
  • 置いたターンのテンポロスが大きいですが、ゲームエンドに繋がる強力なカードです。場合によっては次のターンで決着を着けることも可能です。

7点

カード おすすめ理由
マナリアドラコ・グレアマナリアドラコ・グレア
  • 実質7/7の相手のみ全体1点ダメージを与えるフォロワーです。アンは進化するので、盤面を取っていきやすいです。
ネプチューンネプチューン
  • 進化することで2体の中型スタッツのフォロワーが攻撃できます。また自身も守護を持っているのも強みです。

6点

カード 理由
ジャバウォックジャバウォック
  • 効果自体は強力ですが、ピックするカードにもよってくるので優先度は低いです。
ラハブラハブ
  • 4コストの守護持ちとしては強いですが、他のカードが非常に強力なため、ピックの優先度は低いです。
不死鳥の乗り手・アイナ不死鳥の乗り手・アイナ
  • 疾走で進化権を使用せずに盤面を取っていけますが、攻撃力が盤面に依存することがネックです。

5点

カード 理由
天窮の竜神天窮の竜神
  • ラストワードで次ターンのドラゴンフォロワーのスタッツを2倍にする強力なフォロワーですが、単体での活躍は見込めないので、ピックの優先度は低いです。
伊達政宗伊達政宗
  • エンハンスで突進と必殺がつく汎用性の高いカードですが、同じ枠のパワーカードと比べるとピックの優先度は低いです。

4点

カード 理由
魔海の女王魔海の女王
  • 単体での強さは無いため、あまりピックではおすすめできません。

3点

カード 理由
インペリアルドラグーンインペリアルドラグーン
  • フィニッシャーにもなりえますが、手札をすべて捨ててしまうために使い所が難しいので、ピックは避けましょう。
不思議の探求者・アリス不思議の探求者・アリス
  • ニュートラルカードが少ないので、効果が活かされにくく、ピックの優先度は低いです。
戯曲の竜剣士戯曲の竜剣士
  • 3コストとは思えないほどのスタッツですが、デメリットがひどく、進化必須となるカードなのであまりおすすめできません。

2点

カード 理由
サハクィエルサハクィエル
  • ニュートラルを8枚しかピックできない2Pickでは、効果を活かせないので低評価になります。
赤き猛竜赤き猛竜
  • 進化で10/10のすさまじいスタッツになりますが、ターン終了時に破壊されてしまいます。進化権を赤き猛竜には使いたくないので、ピックは極力避けましょう。

 1点

カード 理由
竜呼びの笛竜呼びの笛
  • テンポロスに加え、フィニッシャーをピックしたい2pickと効果が噛み合いません。ピックはしないほうが良いでしょう。
竜殺しの代償竜殺しの代償
  • 手札をすべて捨ててしまうデメリットが大きいです。ピックしてはいけません。
竜巫女の儀式竜巫女の儀式
  • 効果を活かせる機会はまずないでしょう。他のカードをピックしたほうが良いです。
無謀なる戦無謀なる戦
  • ニュートラルが少ない2pickかつ大幅なテンポロスになるため、ピックはしないようにしましょう。

 ドラゴンのシルバー評価

10点

カード おすすめ理由
オウルガーディアンオウルガーディアン
  • 進化時にダメージを与えるので、1:2交換の取れる可能性があります。守護がついているのも大きなポイントです。
ジークフリートジークフリート
  • 相手の進化後フォロワーを除去しやすいです。また、ブレイジングブレスなどを使い、ダメージを与えて除去することもできます。

9点

カード おすすめ理由
竜の闘気竜の闘気
  • テンポロスの要因となりますが、強力なカードの多いドラゴンクラスでは、ドロー効果が非常に有効に働きます。
ラースドレイクラースドレイク
  • エンハンスで全体3ダメージなので小型フォロワーを一掃できます。ピックしやすいジークフリートとも相性がいいです。

8点

カード おすすめ理由
ライトニングブラストライトニングブラスト
  • 単体確定消滅カードなので、ピックして問題ないカードです。単体除去としてはやや重い点に注意しましょう。

7点

カード おすすめ理由
輝石のドラゴン輝石のドラゴン
  • 中盤から必要の薄い低コストカードを捨て、1枚多くドロー効果を発揮します。キットとの相性が良いです。
ドラゴニックランスドラゴニックランス
  • 確定除去スペルであり、元のコストが5以上のフォロワーを出せば4コストになるのが魅力的です。

6点

カード 理由
ヒッポグリフの乗り手ヒッポグリフの乗り手
  • 自分の他のフォロワーが攻撃する度に攻撃力が1上がり、自身は疾走を持っているので、使い勝手の良いカードです。

5点

カード 理由
変異の巨竜変異の巨竜
  • 進化時の効果を発動できれば強力な盤面になりますが、条件が試合の展開に合わないことが多いです。
竜技の達人竜技の達人
  • 覚醒状態の時には交戦時に5/4の守護となりますが、高コストの強力なフォロワーを出した方が盤面の制圧ができるので、あまりピックではおすすめできません。

 4点

カード 理由
フォートレスキャンサーフォートレスキャンサー
  • 進化後のラストワードでフォートレスキャンサーを加えて、守りを堅くすることができますが、進化権が9ターンまで残っているかとそもそも進化するほどの効果ではないのでピックはできるだけ避けましょう。
邪毒の紫竜邪毒の紫竜
  • 自身のスタッツを上げる効果は強力ですが、手札を捨てるデメリットが大きいです。

3点

カード 理由
風読みの少年・ゼル風読みの少年・ゼル
  • 進化時効果はおまけ程度に考えましょう。実質ゴリアテなので優先度は低いです。
ドラゴニュートフィストドラゴニュートフィスト
  • ランダム2ダメージは序盤では強力ですが、手札を捨てるデメリットが大きいです。ピックはしないほうが良いでしょう。

2点

カード 理由
ワイバーンライダー・エイファワイバーンライダー・エイファ
  • 元のスタッツが低めであり、エンハンス効果も貧弱です。ピックは見送ったほうが無難でしょう。

1点 

カード 理由
ノクシャスロアードラゴンノクシャスロアードラゴン
  • 効果を活かす機会はまずない上に、体力が低めな点がネックです。別のカードをピックしましょう。

ドラゴンのブロンズ評価

10点

カード おすすめ理由
ワイリーワイバーンワイリーワイバーン
  • 5コスト最高スタッツに加え、倒されても返しのブレイジングブレスで処理できます。
アイランドホエールアイランドホエール
  • 6コスト最強スタッツの通常フォロワーです。体力も高いので、より大型のフォロワーを打ち取れる可能性があります。

9点

カード おすすめ理由
ムシュフシュムシュフシュ
  • 相手の進化にも反応してスタッツが上がるため、中型フォロワーと相打てる可能性があります。
大鎌の竜騎大鎌の竜騎
  • 覚醒時に確定除去のように使える、必殺持ち疾走フォロワーです。できるだけ覚醒時にだしていきたいです。

8点

カード おすすめ理由
ドラゴンガードドラゴンガード
  • 優秀なスタッツに加えて覚醒時なら守護が付く、シンプルに強い中型フォロワーです。
竜の怒り竜の怒り
  • 6ダメージと非常に大きいダメージのスペルなので、確定除去のように使えます。
デスドラゴンデスドラゴン
  • 4コスト最高スタッツを誇るため、返しの進化フォロワーと相打てます。
グリフォンナイトグリフォンナイト
  • 優秀なスタッツと除去効果を持つ低コストフォロワーで、2pickで重要な序盤の盤面を強固にできます。

7点

カード おすすめ理由
ディザスタードラゴンディザスタードラゴン
  • 5コスト帯での優秀なスタッツに加え、攻撃力が上がる効果により、大型フォロワーと相打てる可能性を秘めています。
大亀の長老大亀の長老
  • 覚醒時には、EPを1回復する強力な効果を持っているフォロワーです。そのまま進化すればスタッツも悪くないので、ピックする価値は充分にあります。
鉄鱗の竜人鉄鱗の竜人
  • スタッツが優秀なフォロワーです。効果が使える場面は限られていますが、発揮できれば強力です。

6点

カード 理由
漆黒の獣戦士漆黒の獣戦士
  • 手札を1枚失ってしまいますが、デメリットに見合うスタッツで守護持ちなので、除去スペルが来ない限り簡単には破壊されません。
ドラゴンライダードラゴンライダー
  • 覚醒時には4/2となるのでコスト以上の働きをします。序盤でも2コストフォロワーとして優秀な働きを見せます。
煌牙の戦士・キット煌牙の戦士・キット
  • 体力1が心もとないですが、捨てられて展開した際のアドバンテージが非常に大きいです。

5点

カード 理由
ヒッポカムポスヒッポカムポス
  • 守護持ちであることは良い点ですが、5コストとしては低いスタッツがネックになります。
アクアネレイドアクアネレイド
  • オルカ込みで実質3/3として見ることもできますが、自身は2コストに一方的に処理されます。
古の飛竜古の飛竜
  • 覚醒状態では守護が付く3/2/3ですが、同じ3コストにより強力な3/2/3が存在するので優先度は低めです。

4点

カード 理由
竜の託宣竜の託宣
  • ppブーストは強力ですが、2ターン目にフォロワーを展開できないとテンポロスが大きいです。
ブレイジングブレスブレイジングブレス
  • 使いやすい低コスト除去カードですが、カードパワーが低く序盤にしか活躍できないです。

3点

カード 理由
クイーンサーペントクイーンサーペント
  • 覚醒時にオルカを出す効果は、ppブーストがしづらい2pickでは活かしにくいです。
ドラゴンテイマードラゴンテイマー
  • 効果が活きる機会は多くないので、基本的に2コストのフォロワーとして使用します。
荒牙の竜少女荒牙の竜少女
  • 効果を使う機会はあまりないです。2コストのフォロワーとして展開することがほとんどです。
ドラゴサモナードラゴサモナー
  • 優秀な能力ですが、サーチ対象はランダムで通常の2コストフォロワーに一方を取られてしまうので、ピックではあまりおすすめできません。

2点

カード 理由
竜爪の首飾り竜爪の首飾り
  • 出したときのテンポロスが非常に大きいため、ピックはしないほうが良いでしょう。
ドラゴンの卵ドラゴンの卵
  • 覚醒時ドローと回復はあまりにもカードパワーが低いので、他のカードをピックしましょう。

1点

カード 理由
竜の石像竜の石像
  • 自ターン終了時なので次の相手ターンに処理されやすく、テンポもとれないので、ピックはしないようにしましょう。
竜の知恵竜の知恵
  • テンポロスの激しいドローカードです。ピックは厳禁です。

ニュートラルのゴールド・シルバー・ブロンズ評価

10点

カード おすすめ理由
覇食帝・カイザ覇食帝・カイザ
  • 2コストフォロワーのリソースが切れなくなるカードです。余ったマナでアルティメットキャロットを展開していきましょう。

9点

カード おすすめ理由
ゴブリンブレイカー・ティナゴブリンブレイカー・ティナ
  • 複数処理ができるカードです。進化時効果持ちのため、マリガンでキープしたいカードになります。
風の軍神グリームニル風の軍神グリームニル
  • 3コストフォロワーとしても優秀ですが、できるだけエンハンスを発動させて使いたいフォロワーです。
屈強な山岳隊長屈強な山岳隊長
  • 突進と攻撃時効果により盤面優位を取りやすいため、非常に優秀なフォロワーです。
歴戦の傭兵・フィーナ歴戦の傭兵・フィーナ
  • 進化でミニゴブを展開でき、2コスト以下のカードを手札に加えられる、アドバンテージの塊です。優先的にピックしましょう。
ゴブリンプリンセスゴブリンプリンセス
  • 横並びに展開でき、4コスト最強クラスのフォロワーであるゴブリンキングを手札に加えられる強力なカードです。優先してピックしましょう。

8点

カード おすすめ理由
激震のオーガ激震のオーガ
  • 盤面に干渉できる効果なので使いやすいです。ライフも削れるため、攻勢守勢のどちらでも活躍します。
癒しの奏者・アンリエット癒しの奏者・アンリエット
  • 場にフォロワーが残っていれば強力な効果になります。フォロワーが残るように立ち回るのが重要です。
氷獄の呼び声氷獄の呼び声
  • 相手のフォロワーを除去しつつ、サタンズサーヴァントを手札に加えることができます。状況に応じて使い分けましょう。
烈火の魔弾烈火の魔弾
  • 4,5コスト程度の進化後フォロワーを除去できるコスパの良いカードです。
死の舞踏死の舞踏
  • 5コストで使える確定除去です。2Pickでは大型フォロワーが展開されるので、使う機会は多いでしょう。

7点

カード おすすめ理由
アックスファイターアックスファイター
  • 3/2/3の基礎スタッツの高さに加え、エンハンスで中型フォロワーになるので、後から引いても効果的に使えます。
御言葉の天使御言葉の天使
  • 盤面の処理ができる優秀なフォロワーです。小型フォロワーと組み合わせることで強さを発揮します。
エンジェルナイトエンジェルナイト
  • 強化したフォロワーを守護で守れるため、序盤から相手のライフを積極的に削る場合に有効です。

6点

カード 理由
白猫の賢者・スノウ白猫の賢者・スノウ
  • 扱いやすい能力を持ちますが、5コスト帯には強力なフォロワーが多いため、優先度はあまり高くありません。
獅子の豪傑獅子の豪傑
  • 小型フォロワーに対して有効な守護フォロワーです。
リリエル天弓の天使・リリエル
  • 2/2/2のスタッツと進化時の1ダメージが非常に使いやすく、小回りが効きます。
ダラダラ天使・エフェメラダラダラ天使・エフェメラ
  • 横展開ができれば非常に活躍するフォロワーです。なるべく潜伏状態のままにしましょう。
ハンサハンサ
  • 相手の大型フォロワーと相打てる可能性のある、低コストフォロワーです。除去されづらい2Pickでは大いに役立ちます。
オウルキャットオウルキャット
  • 効果により攻撃力1のフォロワーを一方的に処理できる可能性があります。

5点

カード 理由
ゴブリンスレイヤー・ルシウスゴブリンスレイヤー・ルシウス
  • スタッツがやや低めですが、全体に1ダメージを与えるため複数処理が可能な場合もあります。
ラプンツェルラプンツェル
  • 後攻時には活躍しますが、一度盤面を制圧されてしまうと腐り気味になります。
ハンプティダンプティハンプティダンプティ
  • スタッツが低いのが欠点ですが、2Pickで貴重な全体3点ダメージを持つので、活躍することもあるカードです。
ユニコーンの踊り子・ユニコユニコーンの踊り手・ユニコ
  • 2/2/2のスタッツに加え回復効果を持っているため、展開する場面に困らないです。
歌劇姫・フェリア歌劇姫・フェリア
  • 2Pickではニュートラルカードが少ないので、普通の2コストフォロワーとして考えましょう。
エルタ彷徨の詩人・エルタ
  • 2コストフォロワーが足りない場合にPickしましょう。効果を意識する必要はないです。
卵の大爆発卵の大爆発
  • 2Pickでの全体除去は重要ですが、やや威力が低めなのでイマイチです。
インペリアルマンモスインペリアルマンモス
  • 2Pickでは盤面の取り合いになりやすいので、スタッツが高めなだけでもそれなりに使えます。
ミニゴブリンメイジミニゴブリンメイジ
  • 3コストで2/2とスタッツは高くはありませんが、後続で低コストフォロワーを展開できます。
セクトールセクトール
  • 効果を発揮できる場面が少ないので、2/2/2のフォロワーとして扱いましょう。

4点

カード 理由
ヘクトルヘクトル
  • 効果を発動しにくいので、守護のみのフォロワーと考えましょう。
凍りづけの巨象凍りづけの巨象
  • テンポロスになりますが、同時に高コストフォロワーが並ぶ盤面を作れます。
レイジングエティンレイジングエティン
  • 守護を持ちますが、ややスタッツが低いのがネックです。6コストフォロワーが少ない場合はピックしましょう。
天剣の乙女天剣の乙女
  • 守護持ちで体力が高い点は評価できますが、攻撃力の低さがネックです。5コストフォロワーが少ない場合はピックを優先します。
ゴブリンリーダーゴブリンリーダー
  • ナーフにより4コストになってしまったので、進化での盤面の取り合いに巻き込まれやすくなってしまい、評価が下がりました。
ファイターファイター
  • 効果を持たない2コスト標準スタッツのフォロワーなので、できるなら他の2コストフォロワーをピックしましょう。

3点

カード 理由
ウリエルウリエル
  • スタッツが低いので低評価です。アミュレットをサーチする効果も、2Pickではイマイチな効果になります。
鏡の世界鏡の世界
  • 基本的には1枚ドローのみのスペルと考えましょう。
ゴリアテゴリアテ
  • 4コスト標準スタッツのフォロワーですが、効果を持たないので他のフォロワーをピックするほうが賢明でしょう。

2点

カード 理由
均衡の大梟均衡の大梟
  • 2Pickでは効果を発動できないため、スタッツが低いだけのフォロワーです。なるべくピックしないようにしましょう。
魔術書の解読魔術書の解読
  • コストが重くドローのみなので、テンポロスが響くカードです。なるべくピックしないようにしましょう。
力比べ力比べ
  • 持続ターンが短いため活躍しにくいカードです。テンポロスも大きいので、できる限りピックしないようにしましょう。
流浪の傭兵流浪の傭兵
  • 4/4/3を処理できる可能性がありますが、体力が2なので自身が2コストのフォロワーに取られやすい点がマイナスです。
運命の泉運命の泉
  • ピックを避けたほうが良いカードです。ピックした場合は、先攻2ターン目に置ければ活躍するため、マリガンでキープしてもよいでしょう。

1点

カード 理由
アークエンジェル・レイナアークエンジェル・レイナ
  • スタッツが低いので低評価になります。進化権を8ターン目まで残すのが難しいため8コスト5/5だけのフォロワーと考えましょう。
忌むべき悪魔の像忌むべき悪魔の像
  • ほとんど役に立たないカードなので、極力ピックしない方が良いカードです。ピックした場合は、終盤にフォロワーを守るために、出しましょう。
戦乙女の槍戦乙女の槍
  • ほとんど役に立つことがないため、極力ピックを避けましょう。
ワイズマーマンワイズマーマン
  • 効果を活かすことが難しいため、できる限りピックしないようにしましょう。
ゴブリンゴブリン
  • 2Pickではカードパワーが重要なため、1コストフォロワーは低評価になります。

関連記事

新カード評価ランキング

関連記事
新カード評価ランキング 第7弾カードパック発売日
新クラス・ネメシスの特徴 最強デッキランキング
新環境有力デッキレシピ一覧
エルフエルフ OTKエルフ
アグロエルフ
ニュートラルエルフ
ロイヤルロイヤル アグロロイヤル
フェイスロイヤル
ミッドレンジロイヤル
ウィッチウィッチ 超越ウィッチ
秘術ウィッチ
ニュートラルウィッチ
ドラゴンドラゴン ランプドラゴン
魔海ドラゴン
ネクロネクロ ミッドレンジネクロ
ネフティスネクロ
ヴァンパイアヴァンプ カラボスアグロヴァンパイア
復讐ヴァンパイア
コントロールヴァンパイア
ビショップビショップ エイラビショップ
疾走ビショップ
セラフビショップ
新環境デッキ一覧
アリサエルフ エリカロイヤル イザベルウィッチ ローウェンドラゴン
ルナネクロ ユリアスヴァンプ イリスビショップ
最新環境デッキレシピ一覧

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー