2Pickおすすめリーダーランキング【ネメシスがおすすめ】

シャドバ(シャドウバース)の2Pick/2ピック(アリーナ)のおすすめリーダーランキングです。2017年12月の5勝ランキング1位による各クラスの考察も記載しているので、シャドバの2Pick/2ピック(アリーナ)攻略の参考にしてください。

おすすめリーダー

関連記事
2Pickまとめ 報酬一覧
戦い方のコツ おすすめカード
5連勝デッキ -

1位:ネメシス

ネメシス

操り人形が強力

操り人形は、0コスト1/1突進を持つため、進化後に攻撃したフォロワーや、有利トレードを仕掛けてきたフォロワーを、コストを使わずに処理することができます。

コストを使わずに処理した場合、自分はPPをフルに使って盤面を再展開できます。盤面の取り合いになる2Pickでは、非常に強力なメカニズムです。

強力なレジェンドが出やすい

デウスエクスマキナマグナレガシーは、いずれも2Pickで強力な全体除去と、無限ドロー+PP回復能力を有します。

そのため、この2種類をデッキの中心に据えるだけで非常に立ち回りがしやすいです。レジェンドの種類自体が他リーダーより少ないため、レジェンド枠でこの2種類が出やすいというのも大きなメリットです。

共鳴能力を意識して発動させやすい

共鳴はデッキが偶数枚の時に効果を発揮するので、「カードを1枚引く」「アーティファクトを手札に1枚加える」など、デッキを1枚操作できるカードを意識して取るといいでしょう。

ネメシスのクラスカードだけでなく、ニュートラルの純心の歌い手鏡の世界なども、共鳴の切り替え目的で有効活用できます。

特にデウスエクスマキナを使う場合には、デッキ切れを防いだり、反対にどんどんドローを進めてフィニッシャーを早く引いてくるために、意識する場面が多くなります。

2位:ネクロマンサー

ネクロマンサー

使いづらいカードが大幅に減った

セイレーンの涙幽霊屋敷など使いづらいカードが減ったことで、2~3コストのフォロワーを安定して確保できるようになりました。

中盤の動きが強力

オルトロス骨の貴公子カストールは、先攻4ターン目に特に強力なフォロワーです。

漆黒の剣鬼アヌビスゾンビパーティも、中盤に除去をしながらフォロワーを展開できるため、非常に強力です。ヴァンパイアと並んで、使いやすさと強さのバランスはかなり良いと言えます。

ネメシスに対抗しやすい

ゾンビパーティ不死の大王ヘクターなどで、体力2以上のフォロワーを含む横並び展開をすることで、ネメシスの操り人形では返しづらい盤面を作ることができます。

デーモンイーター悪夢の処刑人など、強力なドローカードもあるため、7リーダーの中では最もネメシスに対抗しやすいといえるでしょう。

3位:ビショップ

ビショップ

アミュレットが使いやすくなった

新セットのアミュレット(詠唱:蛇神の宴詠唱:翼の砂時計詠唱:宝石の甲羅など)は、エンハンス能力や進化時能力を使ってすぐにカウントダウンを0にすることができます。

従来は「ゲーム後半に引いたアミュレットは活用しづらい」という弱みがありましたが、その弱点が大きく軽減されています。もちろん序盤に引いた場合は、一度に複数体を展開し、返しづらい盤面を作れますので、両方のプランを選択できることは非常に強力です。

除去とドローが使いやすい

粛清の聖堂は3枚もドローでき、相手のフォロワー除去やトレードをするだけでカウントが進むため、2Pickでは強力なカード補充手段です。

漆黒の法典清き殲滅などの消滅カードもビショップ独自の強みであり、ネメシスやネクロマンサーの厄介なラストワード持ちに対抗できるでしょう。 

横並びにやや弱い

アミュレット展開前は、フェアリーアナライズアーティファクトスカルリングのスケルトンなど、横に多く並ぶようなフォロワーを処理しづらいです。

星の奔流はうまくこの弱点をカバーできるので、アミュレットを多く取れた場合は併せて確保しましょう。

4位:ヴァンパイア

ヴァンパイア

1:2交換ができるカードが多い

豪拳の用心棒緋色の剣士フェンリルは、進化権を使わずに1:2交換ができます。以前のカードプールから続いて、非常に強力なカードです。

除去スペルとエンハンス能力が優秀

3コストで4ダメージを与える除去と、2コストで3ダメージを与える除去が2種類ずつあるため、安定して除去を確保できます。コストに対してダメージが大きいため、強いフォロワーを展開してきても、有利な形で返せる可能性が高いです。

さらに、バンダースナッチ硝子刃の悪魔は、もともと強いフォロワーでありながらエンハンス能力も強力です。

そうしたカードでトレードを続けていくだけでも、有利な盤面を作りやすいので、Pickしやすいという意味では初心者にもおすすめできるリーダーです。

5位:エルフ

エルフ

アグロエルフのような動きが強力

シルバーレアの種類数が減り、茨の森妖精の調べが出やすくなりました。序盤に有利な盤面を作りやすいため、ゲーム序盤に押し切ることに長けたリーダーです。

強力なフェアリー生成も新セットで2種類増えたため(炎精の森森の哲学者)、コンボの動きが安定するようになりました

フェアリーを横に並べて攻めることで、ヴァンパイアやネクロマンサーの強力な除去をかいくぐることができます。特に、構築戦のような動きが決まった場合は、相手を完封して序盤に勝利できるでしょう。

重いカードが少なく操り人形にやや弱い

2Pickで1番人気になると予想されるネメシスは、操り人形フェアリーを処理しやすいため、全体的にエルフ側がやや不利になると考えられます。

またバンダースナッチアヌビスのような7コスト以上の強力なシルバーレアがないため、序盤に押し切れればよいのですが、出来ずに試合が長引くと不利になります。

6位:ウィッチ

ウィッチ

1:2交換カードが多い

幻影使いキマイラ天輪のゴーレムマジックガンハンターなど、進化権を使わずに相手のフォロワーを除去できるカードが多くあります。

また、ロレアのエンハンス能力は、シルバーレアでありながらもレジェンド並みに強力で、ゲームの決め手になります。これらのカードは最優先で確保しましょう。

土の印の取りすぎに注意

ゲーム後半用の強いカードが揃っている一方で、2~3コストの使いやすい除去カードや、先攻4ターン目に強いカードがないため、序盤のパスが命取りになります。

現在のカードプールでは、土の印はやや供給過剰であり、盤面を埋めやすいので多く取りすぎないようにしましょう。秘術カード+1~2枚程度までの枚数に抑えておくのがベストです。

7位:ドラゴン&ロイヤル

ロイヤル

2コストフォロワーが少ないのが致命的

盤面の取り合いが重要な2Pickでは、2コスト2/2相当のフォロワー、もしくは2コストの有益なアクションをある程度確保することが求められますが、ブロンズレアに該当カードが2種類ずつしかありません。

ブロンズの2コストカード
ロイヤル オースレスナイト
ネイビーガード・シモーヌ
ドラゴン ドラゴンライダー
竜の託宣

全ブロンズレアが、コスト関係なくある程度平等に出現すると考えた場合、2コストが極端に少なくなってしまいやすいため、安定したデッキを組むことが非常に困難です。

ルミナスメイジ竜の渓谷バルバロッサウロボロスなど、他のリーダーにない強みを持つカードは何種類かありますので、2コストをきちんと取れた場合や相手が2ターン目をパスした場合は、強さを発揮できるでしょう。

2Pickロイヤルカード評価 2Pickロイヤル5連勝デッキ
2Pickドラゴンカード評価 2Pickドラゴン5連勝デッキ
関連記事
2Pickまとめ 報酬一覧
戦い方のコツ おすすめカード
5連勝デッキ -

関連記事

最強デッキランキングはこちら

ローテーションTier1デッキ
ミッドレンジネクロのデッキレシピ/立ち回りと対策
ミッドネクロ


100点
ランプドラゴンのデッキレシピ/立ち回りと対策
ランプ


100点
アグロ秘術ウィッチのデッキレシピ/立ち回りと対策
アグロ秘術


95点
教会ビショップのデッキレシピ/立ち回りと対策
教会ビショップ


95点
アンリミテッドTier1デッキ
カラボスアグロヴァンパイアのデッキレシピ/立ち回りと対策
カラボスアグロ


100点
ミッドレンジネクロのデッキレシピ/立ち回りと対策
ミッドネクロ


100点
復讐ヴァンプのデッキレシピ/立ち回りと対策復讐ヴァンプ


95点
OTKエルフのデッキレシピ/立ち回りと対策
OTKエルフ


95点
アグロ秘術ウィッチのデッキレシピ/立ち回りと対策
アグロ秘術


95点
ランプドラゴンのデッキレシピ/立ち回りと対策
ランプドラゴン


95点

新環境デッキレシピ一覧はこちら

クラス別環境デッキ一覧
アリサエルフ エリカロイヤル イザベルウィッチ ローウェンドラゴン
ルナネクロ ユリアスヴァンプ イリスビショップ ネメシスネメシス

もっと見る

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー