2Pickのヴァンパイアカード評価ランキング

最強デッキランキングを随時更新!
ローテーション最強ランキング
アンリミテッド最強ランキング
アディショナルカードリリース!
アディショナルカード一覧と追加日

シャドウバース(シャドバ)の2ピック/アリーナでのヴァンパイアのカードを、評価順でランキングしています。出現するレアリティ別に評価を決めており、評価やおすすめ理由なども記載しています、シャドバの2Pickの参考にして下さい。

2Pickのヴァンパイアカード評価ランキング

2Pickの各クラスカード評価
エルフエルフ ロイヤルロイヤル ウィッチウィッチ
ドラゴンドラゴン ネクロマンサーネクロ ビショップビショップ ネメシスネメシス

レジェンドとヴァンパイアのゴールド評価

SSランク(10点)

カード おすすめ理由
ステンノステンノ 7コストで相手の盤面を壊滅させながら3体のフォロワーを展開できるため、非常に強力です。
ディアボロス・プセマディアボロス
・プセマ
進化権を回復できるようになったため、復讐時でなくとも使いやすくなり、評価を大幅に上げた1枚です。
プロトバハムートプロト
バハムート

出したターンだけでなく、生き残ればその後も全体除去をし続けるため、生き残れば速やかに勝利できます。

2Pickでは、全カードの中でも屈指の性能といえます。

Sランク(9.5~8点)

カード おすすめ理由
揺らぎの斬姫・ナルメアナルメア 進化時にフォロワーを確定で破壊しながら復讐に入れるので、うまく使えれば非常に強力です。
闇喰らいの蝙蝠闇喰らいの蝙蝠 自傷を繰り返せば割と大きなダメージが出ることが多く、リーダーも対象に出来るので勝ち手段にもなるのが魅力です。
人狼の王・ヴァルツヴァルツ

ブラッドムーンを入手しながら復讐にスムーズに移行できるため、強力なフォロワーです。

ジルニトラ月と太陽

繰り返し使えるフォロワーは、2Pickでは強力です。

毒牙の姫・メドゥーサメドゥーサ 後攻4ターン目に進化すればゲームを決めるだけのポテンシャルを持つ、優秀なカードです。
ゴルゴーンの試練ゴルゴーンの
試練
3~4ターン目の動きを確保でき、時々加えるステンノは非常に強力なカードです。

Aランク(7.5~6点)

カード おすすめ理由
バイヴカハバイヴカハ

最低限3コスト相当のフォロワーとして使え、エンハンス能力はどちらも強力です。

フォレストバットや毒蛇との相性の良さが光ります。

ヴァンピィヴァンピィ

通常のモードはスタッツの良いだけのフォロワーですが、復讐時にプレー出来れば強力なカードになります。

Bランク(5.5~4.5点)

カード おすすめ理由
レジェンダリーファイターレジェンダリー
ファイター

最低限2/2/2になり、必殺や突進も付与しやすいでしょう。

しかし、2Pickのゴールド枠では強力なカードを優先したいところです。

宵の吸血鬼・ヴァーニアヴァーニア 最低限2コスト2/2と考えると悪くはないですが、ゴールドレアの枠ではより強力なカードを取りたいところです。
狂恋の華鎧・ヴィーラヴィーラ 最低限2コスト2/2と考えると悪くはないですが、ゴールドレアの枠ではより強力なカードを取りたいところです。
リリムリリム 3コスト1/5とコスト相当のバリューを持つため、最低限の仕事はしますが、ゴールドレアの枠ではより強力なカードを取りたいところです。
ギルタブルルギルタブルル 3コスト2/3なので悪くはありません。エンハンスの際の進化時能力は強力ですが、なかなか決めにくいのが現実です。
テラーデーモンテラーデーモン 4コスト体力4なので最低限の働きはしますが、より強力なカードを取りたいところです。
プルソンプルソン 最低限6/6の疾走として機能する点は評価できますが、アクセラレート能力・本体共にやや重く、使いづらさが目立ちます。
ヨルムンガンドヨルムンガンド ラストワードで付与される能力は魅力的ですが、確実に使える見込みがなく、スタッツが悪いため優先度はやや落ちます。

Cランク(4点)

カード おすすめ理由
轟雷の悪魔轟雷の悪魔 復讐時の能力がやや地味でありスタッツも悪いため優先度はやや落ちます。
ヴァルプルギスナハトヴァルプルギス
ナハト
ラストワードでお互いにダメージを受ける能力を付与できますが、スタッツが悪いため優先度はやや落ちます。
血統の王血統の王
フォレストバットに疾走を付与する能力は時々役立ちますが、スタッツが悪いため優先度はやや落ちます。
大悪魔の腕大悪魔の腕 自軍を巻き込んでしまうため、デッキが軽くなりがちな2Pickではやや使いづらいカードです。
ゾディアックデーモンゾディアック
デーモン
ラストワード持ちを捨てればデメリットは比較的軽く済みますが、スタッツが悪いため優先度はやや落ちます。
マルドゥークマルドゥーク アミュレットが多いビショップではデメリットを回避しやすいのですが、スタッツ以外メリットがないため優先度は落ちます。
ロキロキ ファンファーレ2回発動はごくまれに活躍しますが、基本的に単独では使いづらいカードです。
クロノスクロノス 相手のデッキアウトを狙う時に使えなくはないですが、活躍は稀です。

Dランク(3.5~2点)

該当なし

Eランク(1~0点)

カード 理由
ヨルムンガンド眷属の贈り物 お互いに1/1を出すだけで単独ではほとんど何もしないカードなので、Pickを避けるべきカードです。

ヴァンパイアのシルバー評価

SSランク(10点)

該当なし

Sランク(9.5~8点)

カード おすすめ理由
フェンリルフェンリル 進化を使わずに相手のフォロワーを2体倒せるため、最優先で確保すべきカードです。
双石の悪魔双石の悪魔 確定除去か2ドローを選んで発動できるため、2/1というサイズは物足りないものの、優秀なカードです。

Aランク(7.5~6点)

カード おすすめ理由
ブラーブラー 3/5守護と全体バフを選んで発動できるため、腐る状況は少なく、強力な5コストカードです。一応、1コストで出すこともできます。
パズズパズズ 3コストで体力2しかないのは欠点ですが、必殺なのでトレード力はあります。
エウリュアレーエウリュアレー ラカムの出現により、やや優先度を下げています。
銀鎖の使徒銀鎖の使徒 復讐時能力は盤面への影響が大きく、他の2/2/2よりも優先度が高めです。

Bランク(5.5~4.5点)

カード おすすめ理由
デビルシープデビルシープ リーダー体力回復はあまり使いませんが、有効な場面では活用しましょう。
絡み付く鎖絡み付く鎖 2コスト3点除去は優秀ですが、ヴァンパイアには同じ役割を果たす除去カードも多く、このランクとしています。
不穏なる闇の街不穏なる闇の街

0コスト1ドローとして使う場面が多いでしょう。相手のターン終了時にフォロワーが出現するモードは、残り数点を削り切りたい場合に重宝します。

ヴァッサゴヴァッサゴ

進化時のスタッツの悪さが足を引っ張るため、枚数を抑えたいカードです。

Cランク(4点)

該当なし

Dランク(3.5~2点)

カード 理由
血統の発現血統の発現
バフをしつつ1/1をもたらすのでまれにテンポが取れますが、基本的にカードパワーが低いため取るのを避けるべきカードです。

Eランク(1~0点)

カード 理由
魔神の剣魔神の剣 盤面を埋めたり、勝手に体力を減らしたりするデメリットが大きいため、取るのを避けるべきカードです。

ヴァンパイアのブロンズ評価

SSランク(10点)

該当なし

Sランク(9.5~8点)

カード おすすめ理由
激情の悪魔激情の悪魔 進化攻撃が決まれば全体除去が出来るため、強力な5コストフォロワーです。
紅の渇望紅の渇望 進化権を回復できるため、これまでのヴァンパイアにない戦い方を可能にするカードです。
麗しのサキュバス麗しの
サキュバス
4コストで3体を横展開できるモードが非常に強力です。
硝子刃の悪魔硝子刃の悪魔 4点ダメージを出せるだけでも優秀ですが、余ったコストで毒蛇を使えるため柔軟性が高いカードです。

Aランク(7.5~6点)

カード おすすめ理由
デビルハンドデビルハンド 最低限の除去にになりますが、盤面に他の味方フォロワーがいるときになるべく発動させたい能力です。
スコルピオスコルピオ 最低限の除去にになりますが、盤面に他の味方フォロワーがいるときになるべく発動させたい能力です。
毒蛇の一噛み毒蛇の一噛み 毒蛇をおまけとして得られるので、マナカーブを埋めるのに役立つ強力な3コスト除去です。
吸血の刻印吸血の刻印 復讐状態では1コスト4点の除去として使え、3コストでも強力な除去です。
鋭利な一裂き鋭利な一裂き リーダー・盤面どちらに対しても、2コストで3ダメージを飛ばせるのは強力です。
ナイトメアデビルナイトメア
デビル
3コストで3体の横並びが作れるので、現在のヴァンパイアの3コストフォロワーの中では優秀な部類です。
ダークジェネラルダーク
ジェネラル
4コスト4/3というスタッツは強くはありませんが、疾走を持つ数少ないフォロワーです。紅の渇望など相性の良いカードも増えたので、活用しましょう。

Bランク(5.5~4.5点)

カード おすすめ理由
インプランサーインプランサー

疾走を持つので、進化権がなくなった後もフェイスへの攻撃や有利トレードを行いやすいです。

パワーは高いですが、6コストカードのためこの順位としています。

眷属の召喚眷属の召喚 2コスト1/4が増え、ヴァンパイアではゲーム後半でも強い2コストフォロワーが多いため、その中ではやや低評価になります。
ファングサーペントファング
サーペント

3/2というスタッツが弱いため、取るのを避けるべきカードです。

守護と回復があるので、取ってしまった場合は活用しましょう。

サーベイジウルフサーベイジ
ウルフ
疾走は役立ちますが、2/2というスタッツが足を引っ張るため、枚数を抑えたいカードです。

Cランク(4点)

カード おすすめ理由
アーリーブランド・ゼヘクゼヘク 4/2というスタッツが弱く、進化時能力もそれほど大きな効果はないため、枚数を抑えたいカードです。
災厄の魔神災厄の魔神 4ダメージを与える能力は強力ですが、9コストと重いため、枚数を抑えたいカードです。

Dランク(3.5~2点)

カード おすすめ理由
グンロズグンロズ 7コストと重く、自傷のデメリットもあるため、枚数を抑えたいカードです。

Eランク(1~0点)

カード おすすめ理由
呪いのカカシ呪いのカカシ

リーダーを攻撃できないため1/1のトークンと相討ちの展開になりやすく、取るのを避けるべきカードです。

ニュートラルのゴールド以下の評価

SSランク(10点)

カード おすすめ理由
ホーリーエンジェル・アルテアアルテア 紅の渇望で進化権を回復できるため、進化時・攻撃時にボーナスのあるフォロワーは多めに確保したいところです。
蒼空の先導者・ラカムラカム
麒麟麒麟

Sランク(9.5~8点)

カード おすすめ理由
オケアノスオケアノス 標準スタッツに加え、チョイスで加わる慈悲なき激流は強力な除去です。
純心の歌い手ブリンディ

進化が切れた後も高スタッツを持ち、エンハンス能力で相手フォロワーを除去できるため非常に強力です。

シロウや暗黒の召喚師、竜の峡谷など強力なバニラフォロワーのプレーを牽制できるため、やや評価を上げています。

輝く鐘・ベルエンジェルベルエンジェル ヴァンパイアは双石の悪魔以外にドローソースがないため、ある程度優先的に2~3枚確保したいところです。
獅子の豪傑天なる大河
天界への階段天界への階段
純心の歌い手純心の歌い手
神罰神罰 ヴァンパイアは双石の悪魔以外に確定除去がないため、ある程度優先的に2~3枚確保したいところです。特にアミュレット破壊は貴重です。
落とし穴落とし穴
熾天使の剣熾天使の剣
堕天堕天

Aランク(7.5~6点)

カード おすすめ理由
豪快な斧使い豪快な斧使い

いずれも3コストフォロワーでありながら、ゲーム後半に有益な能力を持ち使いやすいカードです。

特にヴァンパイアでは優秀な3コスト帯が少なく貴重です。

ゴブリンマウントオーガゴブリン
マウントオーガ
秩序のヴァルキリー秩序の
ヴァルキリー
2コストフォロワーはデッキに5~8枚は必要であり、ゲームの要になるので、迷ったらとりあえず確保しても構いません。
天界への階段天界の尖兵
ハッピーピッグハッピー
ピッグ

タルトマンタルトマン

Bランク(5.5~4.5点)

カード おすすめ理由
ゴブリンエンペラーゴブリン
エンペラー
ヴァンパイアでは手札の枚数保持よりもスタッツを重視したいので、これらのカードの優先度は低めです。
スウィンガートリオ・ローアインローアイン
蒼の少女・ルリアルリア プロトバハムートを探せる場合は9~10点まで評価が上がります。そうでない場合は2/2/2よりやや下程度の評価になります。
天使の泉天使の泉 有利トレードをしながらドローを1枚加速できるため、地味ながらカードアドバンテージを得ることができます。
伝説の幕開け伝説の幕開け フォレストバットと相性がよいですが、もともと必殺フォロワーがそれなりにいるため、優先度は中程度になります。

Cランク(4点)

カード おすすめ理由
ランページマンモスランページ
マンモス

6コスト以上のカードは、2Pickにおいては手札で重複した際のデメリットが重く、枚数を抑えるべきカードです。

そのため、よほど強力なカードを除き、優先順位は下がります。

ギガースギガース
蒼天の守護騎士・カタリナカタリナ
ミスターフルムーンミスター
フルムーン
ギガーススットゥング

Dランク(3.5~2点)

カード おすすめ理由
財宝の地図財宝の地図

ハズレのカードも多いですが、「冒涜の墓場」「魔法図書館」を引けた場合のリターンが大きいので、バリューの低いカードよりは上位になります。

探偵の調査探偵の調査

2コストで盤面に影響がなく、エンハンスがあるためトップしたカードをすぐ使えないのも欠点です。

ドローソースに困っていない限り、取るべきカードではありません。

ニュクスニュクス 3コスト3/2は2/2や2点スペルに有利トレードをされてしまうので、2Pickでは活躍しづらいです。
クロエクロエ
混沌のヴァルキリー混沌の
ヴァルキリー

Eランク(1~0点)

カード おすすめ理由
イヴリシアイヴリシア

2コストで体力が1しかないため、操り人形やフェアリーに有利交換されてしまい、非常に使いづらいです。

神秘の指輪神秘の指輪

手札を1枚ロスしてしまうため、使うと損をするスペルです。

関連記事

関連記事
①2Pickの適切なデッキ ②2コストの評価と役割
③3コストの評価と役割 ④4コストの評価と役割
⑤高コストの評価と役割 ⑥マリガンの3つのコツ
⑦ターン別/立ち回り ⑧迷った時の7つのPick指針

関連記事

ローテーションTier1デッキ

人形ネメシスのデッキレシピ/立ち回りと対策人形ネメシス ランプドラゴンのデッキレシピ/立ち回りと対策
ランプドラゴン

ローテーション最強デッキランキングはこちら

アンリミテッドTier1デッキ

ミッドレンジネクロのデッキレシピ/立ち回りと対策ミッドレンジネクロ 復讐ヴァンパイアのデッキレシピ/立ち回りと対策復讐ヴァンパイア 秘術ウィッチのデッキレシピ/立ち回りと対策秘術ウィッチ

アンリミテッド最強デッキランキングはこちら

クラス別環境デッキ一覧
アリサエルフ エリカロイヤル イザベルウィッチ ローウェンドラゴン
ルナネクロ ユリアスヴァンプ イリスビショップ ネメシスネメシス

シャドバ攻略トップに戻る

シャドバの注目記事

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー