2Pickのウィッチカード評価ランキング

シャドバ(シャドウバース)の2ピック/アリーナで、ウィッチのカードを評価順でランキングしています。出現するレアリティ別に評価を決めており、評価やおすすめ理由なども記載。シャドバの2Pickでウィッチを選んだ際の参考にして下さい。

2Pickのウィッチカード評価ランキング

2Pickの各クラスカード評価
エルフエルフ ロイヤルロイヤル ドラゴンドラゴン
ネクロマンサーネクロ ヴァンパイアヴァンパイア ビショップビショップ ネメシスネメシス

レジェンドとウィッチのゴールド評価

SSランク(10点)

カード おすすめ理由
プロトバハムートプロト
バハムート
出したターンだけでなく、生き残ればその後も全体除去をし続けるため、生き残れば速やかに勝利できます。2Pickでは、全カードの中でも屈指の性能といえます。
開闢の錬金術師・カリオストロカリオストロ 進化権を回復できる進化時能力持ちであり、土の印を出せる秘術持ちですので、どんな場面でも二面処理ができ強力です。

Sランク(9.5~8点)

カード おすすめ理由
キングスノーマンキング
スノーマン
初手で取るならば、このカードのためにデッキをスペルブーストに寄せる価値のあるフィニッシャーです。
神託の妖童・アルルメイヤアルルメイヤ
2Pickではスペルブーストを活かしづらいので、主にドロー能力を評価して優先順位を上にしています。
ギガントキマイラギガント
キマイラ
初手で取るならば、このカードのためにデッキをスペルブーストに寄せる価値のあるフィニッシャーです。
オニオン軍団の長・バーゼントバーゼント 1/1を数多く生産できるため、ウィッチのフィニッシャーとしてはそこそこ優秀です。2枚目以降は優先度が大きく下がります。
白銀剣のゴーレム白銀剣の
ゴーレム
取れた場合は土の印をデッキに4~5枚確保しつつ、他の秘術持ちカードをなるべく避けます。また、2枚目以降は優先度が大きく下がります。
星読みの魔女・ステラステラ 能力で手に入るカードがどれも強力で、2回発動すればゲームを決定づけるだけのバリューがあります。
魔術の始祖・マナリアマナリア 出した後に使うスペル全てを強化するので、優秀なフィニッシャーです。スペルのダメージが増えれば、5/4/4を出すテンポロスは簡単に取り戻せます。
暴威のゴーレム暴威の
ゴーレム
相手のフォロワーにダメージを与える能力は、土の秘術や進化と併用出来ればより強力です。
マナリアの生徒会長・ハンナハンナ マナリアカードを最低1枚は確保でき、盤面に残れば優秀なフィニッシャーとなります。
大召喚大召喚 3体横展開できるため秘術の有無にかかわらず強力です。優先的に抑えたいカードです。

Aランク(7.5~6点)

カード おすすめ理由
月と太陽月と太陽 繰り返し使えるフォロワーは、2Pickでは強力です。ウィッチではスペルブーストとの相性が良好です。
ノヴァフレアノヴァフレア 全体2ダメージの全体除去で、横展開への対策に使えます。
アイシクルランスアイシクル
ランス
ドロー付きの除去スペルとして強力です。
エウロペエウロペ 5コストの確定除去+おまけのフォロワーという感覚で使う場面が多いでしょう。

Bランク(5.5~4.5点)

カード おすすめ理由
宿命の語り部・ルーニィルーニィ 滅亡の予言は2Pickでは狙いづらいため、導きの予言の使用が主になります。
絶望のキマイラ絶望のキマイラ スペルブースト6以上が困難なため、6コスト6/6のフォロワーとして主に使用することになるでしょう。
神秘の魔法陣神秘の魔法陣 相手の行動によって発動してしまうため、有利トレードされるタイミングでの発動になりやすく、デメリットに働きやすいのが欠点です。
コールチェインコールチェイン サーチ先を絞れない2Pickでは単なる2コスト1ドローであり、取るのを避けるべきカードです。
ファウストファウスト スタッツは悪くないですが、他のカードの秘術発動が難しくなります。最後のPickの時に、土の消費先を確保できていない場合はとってもいいでしょう。
無貌の魔女無貌の魔女 うまく進化を切れれば強力ですが、よほど強いカードを増やさないと逆転できないので、優先度はやや落ちます。

Cランク(4点)

カード おすすめ理由
バイヴカハバイヴカハ 最低限3コスト相当のフォロワーとして使えますが、ウィッチでは味方フォロワーを強化できる場面が少ないため、優先度が大きく下がります。
レジェンダリーファイターレジェンダリー
ファイター
最低限2/2/2になり、必殺や突進も付与しやすいでしょう。しかし、2Pickのゴールド枠では強力なカードを優先したいところです。
ゾディアックデーモンゾディアック
デーモン
ラストワード持ちを捨てればデメリットは比較的軽く済みますが、スタッツが悪いため優先度はやや落ちます。
マルドゥークマルドゥーク スペルの多いウィッチではデメリットは比較的軽く済みますが、優先度はやや落ちます。
ロキロキ 暗黒の召喚師などと相性がよいですが、単体で機能しないため、やや優先度が下がります。

Dランク(3.5~2点)

該当なし

Eランク(1~0点)

カード 理由
クロノスクロノス ドローソースの多いウィッチでは能力との相性が悪く、自分のデッキが先に尽きる試合が多くなるでしょう。取るのを避けるべきカードです。

ウィッチのシルバー評価

SSランク(10点)

カード おすすめ理由
暗黒の召喚士暗黒の召喚士 全カードの中でも屈指の性能で、疾走と守護のいずれも強力です。

Sランク(9.5~8点)

カード おすすめ理由
才能の開花才能の開花 進化権を回復しながら3/3守護を展開できるため、守護の裏に強力なフォロワーを配置しやすく、非常に強力です。
マナリアの竜術士マナリアの
竜術士
多くの場面で1:2交換ができ、緊急時には2コストフォロワーとしてもプレー出来るため、汎用性が高く強力です。

Aランク(7.5~6点)

カード おすすめ理由
太陽の踊り手・ロレアロレア 標準スタッツを持ち、10コスト時にはフィニッシャーとして機能します。
サモンサークルサモン
サークル
合計2体フォロワーを展開できる点は悪くありません。また、4ターン目にサモンサークルを置くと、暗黒の召喚師のターンである7に守護を展開できます。
マナリアの知識マナリアの知識 性能は2Pickでは平凡ですが、スペルを2回使えるためスペルブーストの種として役立ちます。ジルとのコンボも強力です。
サモンサークルマジック
ガンハンター
条件付きではありますが繰り返し使える除去なので、2Pickではそれなりに重宝します。2枚目以降は優先度が大きく下がります。

Bランク(5.5~4.5点)

カード おすすめ理由
静寂の実験室静寂の実験室 標準スタッツに加えて土の印を持つので、秘術が強いゴールドレアを持っている場合は優先して取りましょう。
聖法の教師・フロウフロウ
天才魔法使い・エルザエルザ 進化時能力は、大型フォロワーを除去したい場合は活用できます。

Cランク(4点)

カード おすすめ理由
精神統一精神統一
2枚ドロー出来る点は悪くないですが、盤面に影響しないので、枚数を抑えたいカードです。

Dランク(3.5~2点)

カード おすすめ理由
笑顔の奇術師・サミーサミー 両方がドローする場合、先に対戦相手の方が引いたカードを使えることが多いため、ややこちらに不利な能力です。
未完の錬金術師・クラリスクラリス
3/1というスタッツが足を引っ張りますが、プライムアーティファクトなど厄介な能力への対策にはなります。

Eランク(1点)

該当なし

ウィッチのブロンズ評価

SSランク(10点)

該当なし

Sランク(9.5~8点)

該当なし

Aランク(7.5~6点)

カード おすすめ理由
ライトニングランサーライトニング
ランサー
進化で二面処理ができる、ウィッチのブロンズレアでは唯一のフォロワーなので、最優先で取るべきカードです。
ストームレイジストームレイジ ブロンズレアでありながら複数処理ができる除去なので、最優先で取るべきカードです。
術式の教師・ジルジル 2コスト2/2ですがバリューが低いので、なるべくラストワード能力を発動させたいところです。ジル自身をたくさんPickするのが最も簡単です。
獣面の魔術師獣面の魔術師 2コスト2/2であり、土の印を手札に補充できるので、不要なときに盤面を圧迫せずに済みます。白銀剣のゴーレムと相性が良いです。
ピースフルサモナーピースフル
サモナー
不要な時はドローに変換でき、5/4/5守護というサイズは進化先として優秀なため、ウィッチにおいては、2コストフォロワーよりも優先順位を上にしています。
連鎖する雷連鎖する雷 5コスト3点はテンポロスにつながりますが、繰り返し使えるうえ、リーダーを対象に取れるので、1枚は確保したいカードです。
グランドスピアグランドスピア 最高で4ダメージが出せる除去スペルなので、優先度は高めです。

Bランク(5.5~4.5点)

カード おすすめ理由
マジックオウルマジックオウル 2コスト2/2で、時々スペルブーストの補助になります。
ゴーレムの練成ゴーレムの練成
ブラックウィッチ・アンナアンナ 2コスト2/1ですがラストワード能力を持ちますので、取るのを避けるほどのカードではありません。
未来視の魔女未来視の魔女 2コスト1/2なので、2ターン目のカードというよりは強力なスペルを探すためのカードです。4ターン目に他のカードと併用するといいでしょう。

Cランク(4点)

カード 理由
ミスティアストロジストミスティ
アストロジスト

土の秘術持ちなので、土の印が多い場合は優先度を上げますが、普段は枚数を抑えたいカードです。

マジックミサイルマジック
ミサイル

2コスト1ダメージなので2/2と交換できないのが欠点です。時折役に立ちますが、枚数を抑えたいカードです。

月影の魔法使い月影の魔法使い 体力4はあるもののスペルブーストをしてようやく標準サイズなので、枚数を抑えたいカードです。
知恵の光知恵の光 1ターン目以外に打つとテンポロスにつながるので、枚数を抑えたいカードです。

Dランク(3.5~2点)

カード 理由
運命の導き運命の導き ニュートラルでより確実に使用できるドローカードもあるので、枚数を抑えたいカードです。
マナリアの召喚士・ベリルベリル 3コスト2/2はあまりよいスタッツでないので、大量のジルがない限り、取るのを避けるべきカードです。
星見の望遠鏡星見の望遠鏡 土の印がある時は0コスト1ドローですが、印も秘術もない時に無駄カードになってしまうので、取るのを避けるべきカードです。

Eランク(1~0点)

カード 理由
精神の締め出し精神の締め出し より軽コストな除去やドローソースを確保すべきであり、スペルブーストしすぎるとデッキ切れの問題が発生するため、取るのを避けるべきカードです。

ニュートラルのゴールド以下の評価

SSランク(10点)

カード おすすめ理由
神罰神罰 ウィッチではスペルブーストが重要であり、更にクラスカードに確定除去が乏しいため、これらの除去は最優先で確保しましょう。
落とし穴落とし穴
熾天使の剣熾天使の剣
堕天堕天

Sランク(9.5~8点)

カード おすすめ理由
ホーリーエンジェル・アルテアアルテア

進化時にボーナスのあるカードは強力で、ウィッチではライトニングランサー以外に進化権を振りたいフォロワーがいないので、優先的に取りましょう。

強さのランクはライトニングランサーを考慮し、アルテア>麒麟>ラカム、という優先度になります。

麒麟麒麟
蒼空の先導者・ラカムラカム
オケアノスオケアノス 標準スタッツに加え、チョイスで加わる慈悲なき激流は強力な除去です。プレイ枚数を増やせるので、ウィッチではスペルブーストも出来る優秀なカードです。
純心の歌い手ブリンディ

進化が切れた後も高スタッツを持ち、エンハンス能力で相手フォロワーを除去できるため非常に強力です。

ネメシスのシロウやウィッチの暗黒の召喚師、ドラゴンの竜の峡谷など強力なバニラフォロワーのプレイを牽制できるため、やや評価を上げています。

Aランク(7.5~6点)

カード おすすめ理由
豪快な斧使い豪快な斧使い

いずれも3コストフォロワーでありながら、ゲーム後半に有益な能力を持ち使いやすいカードです。

ウィッチでは3コストの優秀なブロンズフォロワーが少ないため、優先的に確保したいカードです。

ゴブリンマウントオーガゴブリン
マウントオーガ
秩序のヴァルキリー秩序の
ヴァルキリー
2コストフォロワーはデッキに5~8枚は必要であり、ゲームの要になるので、迷ったらとりあえず確保しても構いません。
天界への階段天界の尖兵
ハッピーピッグハッピー
ピッグ
タルトマンタルトマン

Bランク(5.5~4.5点)

カード おすすめ理由
輝く鐘・ベルエンジェルベルエンジェル 運命の導きや精神統一などのカードで代替できるため、確保するのは1~2枚程度で十分です。
獅子の豪傑天なる大河
天界への階段天界への階段
純心の歌い手純心の歌い手
ゴブリンエンペラーゴブリン
エンペラー

ウィッチというリーダーはフォロワーよりもスペルにPPを使いたいです。

また、連鎖する雷など手札を減らすべきカードとの兼ね合いもあるため、これらのカードはやや低評価となります。

スウィンガートリオ・ローアインローアイン
伝説の幕開け伝説の幕開け

ウィッチには必殺持ちのフォロワーが少ないため、機能すれば強力です。

しかし、スペルを中心に戦う展開もあるため、Pick時点での優先度は低めです。

蒼の少女・ルリアルリア プロトバハムートを探せる場合は9~10点まで評価が上がります。そうでない場合は2/2/2よりやや下程度の評価になります。
天使の泉天使の泉 有利トレードをしながらドローを1枚加速できるため、地味ながらカードアドバンテージを得ることができます。

Cランク(4点)

カード おすすめ理由
ランページマンモスランページ
マンモス

6コスト以上のカードは、2Pickにおいては手札で重複した際のデメリットが重く、枚数を抑えるべきカードです。

そのため、よほど強力なカードを除き、優先順位は下がります。

ギガースギガース
蒼天の守護騎士・カタリナカタリナ
ミスターフルムーンミスター
フルムーン
スットゥングスットゥング

Dランク(3.5~2点)

カード 理由
財宝の地図財宝の地図

ハズレのカードも多いですが、冒涜の墓場と魔法図書館を引けた場合のリターンが大きいので、バリューの低いカードよりは上位になります。

探偵の調査探偵の調査

2コストで盤面に影響がなく、エンハンスがあるためトップしたカードをすぐ使えないのも欠点です。

ドローソースに困っていない限り、取るべきカードではありません。

ニュクスニュクス 3コスト3/2は2/2や2点スペルに有利トレードをされてしまうので、2Pickでは活躍しづらいです。
クロエクロエ
混沌のヴァルキリー混沌の
ヴァルキリー

Eランク(1~0点)

カード 理由
イヴリシアイヴリシア

2コストで体力が1しかないため、操り人形やフェアリーに有利交換されてしまい、非常に使いづらいです。

神秘の指輪神秘の指輪

手札を1枚ロスしてしまうため、使うと損をするスペルです。

関連記事

関連記事
①2Pickの適切なデッキ ②2コストの評価と役割
③3コストの評価と役割 ④4コストの評価と役割
⑤高コストの評価と役割 ⑥マリガンの3つのコツ
⑦ターン別/立ち回り ⑧迷った時の7つのPick指針

関連記事

ローテーションTier1デッキ

ミッドレンジロイヤルのデッキレシピ/立ち回りと対策
ミッドレンジロイヤル
蝙蝠ヴァンパイアのデッキレシピ/立ち回りと対策
蝙蝠ヴァンプ
アーカスネクロのデッキレシピ/立ち回りと対策
アーカスネクロ
フェイス(侮蔑)ドラゴンのデッキレシピ/立ち回りと対策
侮蔑ドラゴン

ローテーション最強デッキランキングはこちら

アンリミテッドTier1デッキ

ミッドレンジネクロのデッキレシピ/立ち回りと対策ミッドレンジネクロ 蝙蝠ヴァンプのデッキレシピ/立ち回りと対策蝙蝠ヴァンプ

アンリミテッド最強デッキランキングはこちら

クラス別環境デッキ一覧
アリサエルフ エリカロイヤル イザベルウィッチ ローウェンドラゴン
ルナネクロ ユリアスヴァンプ イリスビショップ ネメシスネメシス

シャドバ攻略トップに戻る

シャドバの注目記事

【PR】おすすめ事前登録ランキング

FOX

【事前登録受付中】
ハマる!ハードコアアクションRPG!この感覚、他にない!個性的なドローンとキャラたちが織りなす至高のSF世界へ!

【事前登録受付中】
華制作陣による大ボリュームのストーリーが楽しめるRPG!7つの視点から読み解くマルチシナリオが物語を交錯する。

【事前登録受付中】
NEXONの最新作ハイグラフィックアクションRPG!75vs75のリアルタイムRvRバトルは圧巻!

【事前登録受付中】
神兵育成+コレクション向け。本格的な王道の格闘RPGゲーム!「戦霊」たちを駆使して過酷な競争に勝ち残れ!個性的な動きをするバトルシーンは必見!

【事前登録受付中】
3vs3で行うリアルタイム対戦ゲーム!ランダム抽選のバトルモードが飽きさせない!

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー