分解おすすめカード一覧

シャドウバース(シャドバ)の分解おすすめカード一覧をクラス別に紹介します。分解をおすすめする理由や、分解についての説明も掲載。シャドバでカードを分解する際の参考にしてください。

分解おすすめカード一覧

分解おすすめカード一覧

エルフの分解おすすめカード

カード おすすめ理由
深き森の異形 深き森の異形
フィニッシャーとして活躍しづらく、デッキに組み込まれることも少ないため、分解優先度は高めです。
ローズクイーン ローズクイーン
薔薇エルフ以外ではまず使われないカードです。薔薇エルフ自体も弱いため、分解優先度は高めです。
フェアリープリンセス フェアリープリンセス
手札に限界までフェアリーを加える効果は強くないので、デッキへの採用率は非常に低いです。分解して問題ないでしょう。
エンシェントフォレストドラゴン エンシェントフォレストドラゴン
エルフのデッキに採用するにはコストが8と重く、確定除去がどのクラスのデッキにも組み込まれているので、構築戦では活躍する場面がほぼないです。
グランドアーチャー・セルウィン グランドアーチャー・セルウィン
他の6コストカードと比べると弱く、ほとんど採用されないカードです。
ロビンフッド ロビンフッド
効果がさほど強力ではないため、デッキに採用されることがないです。分解して問題ないでしょう。
瞬速の大狼 瞬速の大狼
効果が非常に使いづらく、デッキに採用されることがないので分解しても問題です。
ノーブルフェアリー ノーブルフェアリー
効果は弱く、まず使われないカードなので、分解優先度は高めです。
宝石のエルフ 宝石のエルフ
効果を活かしづらいことや、他の5コストカードを優先したいため、デッキへの採用率が低いです。
ティターニアの妖精郷 ティターニアの妖精郷
テンポロスが大きい割に、強い効果ではないのでほとんど使われません。分解して問題ないカードです。
ペタルフェンサー ペタルフェンサー
ペタルフェンサーの能力を活かせる場面が少なく、デッキに組み込むことはほぼないカードです。
フェアリーケージ フェアリーケージ
エルフクラスは、フェアリーを手札に加える手段を多く持つので、ほとんど採用されないカードです。
セルウィンの号令 セルウィンの号令
ローテーションであれば、歴戦の鷹匠があるので必要無く、アンリミテッドでは採用されないので分解しても良いです。

エルフデッキ一覧はこちら

ロイヤルの分解おすすめカード

カード おすすめ理由

アレキサンダー

アレキサンダー
効果を活かせる場面があまりなく、デッキにも採用されることがないので分解して問題ありません。
乙姫 乙姫
アーサーの方がより強力なので、採用するメリットが少ないカードです。分解してしまっても良いでしょう。
ロイヤルセイバー・オーレリア ロイヤルセイバー・オーレリア
他の5コストカードに優秀なカードが多く、採用されることがないので分解しても良いでしょう。
レオニダス レオニダス
コストが重く、活躍しづらいカードなので分解して問題ないです。
騎士王の威光 騎士王の威光
疾走を付与する対象も1コストフォロワーのみと限られるてしまうためデッキ採用率は低いです。アミュレットの中でも5コストと重く、活躍する場面が少ないため分解優先度は高めです。
軍師の妙策 軍師の妙策
4コストでカードをドローできるだけなので、非常に弱いカードです。まず採用されないカードなので、分解して問題ないカードです。
ヴァンガード・レイサム

ヴァンガード・レイサム
4コストには、他に優秀なフォロワーが多いため、ほとんど採用されないカードです。

キャプテン・リーシャ キャプテン・リーシャ
シャルロットの方が使いやすく、デッキに採用するメリットが少ないカードです。
宝杖の司令官 宝杖の司令官
進化を使ってもあまり強くないので、ほぼ使われないカードです。分解して問題ないでしょう。
天空城 天空城
カウントダウンが非常に重く、アミュレットなのでロイヤルの強みであるフォロワー展開の邪魔になってしまうため、分解優先度は高めです。
盗賊の極意 盗賊の極意
潜伏フォロワーしか強化できないのが欠点であり、現状では潜伏ロイヤルしか採用されるケースがありません。潜伏ロイヤルを作成しない場合は、優先的に分解してしまってもいいでしょう。
最前線 最前線
効果を活かしづらいカードです。デッキに採用されることはないので、分解しても良いでしょう。

ロイヤルデッキ一覧はこちら

ウィッチの分解おすすめカード

カード おすすめ理由
ミスリルゴーレム ミスリルゴーレム
高コストのカードにしては物足りないカードなので、分解優先度は高めです。
アークサモナー・エラスムス アークサモナー・エラスムス
高コストのカードにしては、あまり強くないのでほとんど採用されません。分解優先度は高めになります。
太陽の巫女・パメラ 太陽の巫女・パメラ
効果を活かしづらい点や、発動できてもアンリミテッドは強力な除去カードが多く対処されやすいのがデメリットです。
マーリン マーリン
超越ウィッチと相性の良いカードでしたが、現在の超越ウィッチには採用されないので分解しても良いでしょう。
竜識の老魔導士 竜識の老魔導士
高コストの割にやや弱く、ほとんど採用されないカードです。分解優先度は高めでしょう。
プリンセスマナリア・アン プリンセスマナリア・アン
コストが高いうえに効果が弱いです。まず採用されることはないので、分解優先度は高めになります。
ドラゴンメイジ ドラゴンメイジ
効果が非常に使いにくく、まず採用されないカードなので、分解優先度は高めです。
神秘の獲得 神秘の獲得
コストが重く、ドロースペルとしては扱いづらいため、分解優先度は高めです。
マジカルガール・メルヴィ マジカルガール・メルヴィ
似たような効果でより強力なオズの大魔女が追加されたため、ほとんど採用されなくなりました。分解して問題ないでしょう。
魔導の力場 魔導の力場
コンボが決まれば強力な盤面を作ることができますが、盤面にフォロワーが並んで居なければ強力ではなく、対処されやすいので分解しても問題ないです。
魔導の力場 白霜の風
コストがやや重い割には、強力な除去能力ではなく、デッキに採用されることはほとんどないカードです。
エウロペ エウロペ
5コスト確定除去のように使うことができますが、スタッツが低いので相打ちになりやすく、テンポロスになりがちなカードなので分解しても良いでしょう。
ファーストカース ファーストカース
コストの割に与えるダメージが低いため、デッキに採用されるケースがほぼなく、分解優先度は高めです。

ウィッチデッキ一覧はこちら

ドラゴンの分解おすすめカード

カード おすすめ理由
ファフニール ファフニール
10コストには、ファフニールよりも強力なバハムートがいるため、デッキに採用されることはまずありません。分解して問題ないカードです
ファフニール インペリアルドラグーン
ドラゴンの大型フォロワーには、他に優秀なものが多く、採用されることがほとんどないカードです。
ジルニトラ ジルニトラ
8コストには、他に優秀なフォロワーが多くほとんど採用されないカードなので、分解優先度は高めです。
竜呼びの笛 竜呼びの笛
高コストを多く採用するドラゴンとは、相性が悪いカードです。デッキに採用されることはほとんどないため、分解して良いでしょう。
オーブドラゴン オーブドラゴン
8コストで破壊ではなく、消滅効果を持ったオーディンのほうが有用性が高いため、分解優先度は高めです。
マナリアドラコ・グレア マナリアドラコ・グレア
コストの割にスタッツが低く、ドラゴンには他に強力な大型フォロワーがいるため、分解優先度は高めです。
ハイドラ ハイドラ
進化がなければ盤面に即干渉できないため、ほとんど使われないカードです。分解して良いでしょう。
ネプチューン ネプチューン
7コストには、サハクィエルなど強力なフォロワーが多く、ほとんど採用されないカードです。分解して問題ないカードになります。
竜化の塔 竜化の塔
コストが重くテンポロスをする割に、効果が使いにくいカードです。ほぼ採用されないカードなので、分解して良いでしょう。
赤き猛竜 赤き猛竜
進化前のスタッツは除去しやすく、進化後は自爆してしまうのでテンポロスになりがちです。
竜殺しの代償 竜殺しの代償
自分の手札を全て捨てるデメリットが大きいため、効果もさほど強力ではないため、分解優先度は高めです。
戯曲の竜剣士 戯曲の竜剣士
デメリットが大きくほぼ採用されないカードです。エーテルが少ない場合は、優先的に分解しましょう。
変化する魔術師 伊達政宗
エンハンスのコストが重い割には、強力な効果ではないので、デッキに採用されることがありません。
変化する魔術師

変化する魔術師
まず、効果を発動させることはできないため、普通の2コストカードになりがちです。デッキに採用されるケースはほとんどないため、分解して問題ないでしょう。

ドラゴンデッキ一覧はこちら

ネクロマンサーの分解おすすめカード

カード おすすめ理由
プルート プルート
デッキへの採用率が低く、プルートを使いたい場合は冥府神との契約のエンハンス効果で場に出せるため、分解優先度は高めです。
死の淵に立つ者 死の淵に立つ者
高いコストのわりには、フィニッシャーとして機能しづらいので、活躍しづらいカードです。
死の淵に立つ者 滅殺の鎧
状況次第ではコスト以上のスタッツを発揮できますが、守護や突進などを持っておらず、簡単に対策できるフォロワーです。
蝿の王 蝿の王
効果で出るフォロワーがランダムのわりにあまり強くないので、ほとんど採用されないカードです。
ファントムドラゴン ファントムドラゴン
全体除去やランダム除去で簡単に除去できるため、効果を活かしづらく、デッキへの採用率は低いです。
ワイトキング ワイトキング
不死の大王のラストワードで手札に加えられるため、デッキにわざわざ採用必要はないです。
マダムリッチ マダムリッチ
ネクロマンスが重く、あまり採用されないカードなので、分解して問題ないでしょう。
魂の再利用 魂の再利用
ネクロにはドローソースが豊富にあるので、デッキに採用するメリットが少ないカードです。
悪霊の饗宴 悪霊の饗宴
効果は弱く、アミュレットで盤面を狭くしてしまうため、デッキへの採用率は非常に低いです。分解して良いでしょう。

ネクロマンサーデッキ一覧はこちら

ヴァンパイアの分解おすすめカード

カード おすすめ理由
血餓の女帝 血餓の女帝
ヴァンパイアには他に強力なフィニッシャーがいるので、使用されることがほとんどないカードです。
クイーンヴァンパイア クイーンヴァンパイア
コストがやや重いデメリットが大きく、現状採用されるデッキがありません。今後も評価は変わらないと思われるので、分解しても良いでしょう。
ブラッディ・メアリー ブラッディ・メアリー
現在のヴァンパイアは、メアリーと自傷カードのコンボを使わなくともライフを削れるため、ほとんど使われないカードです。分解して問題ないでしょう。
ビーストドミネーター ビーストドミネーター
5コスト6/6と高いスタッツを持ちますが、デッキタイプと合わないこともあり採用率が低いです。今後も採用されないと考えられるので、分解優先度は高いです。
アザゼル アザゼル
効果が非常に特殊なため、専用デッキでしか採用されないカードです。分解して問題ないでしょう。
フリアエ フリアエ
8コストと重いうえに、効果はあまり優秀ではないため採用例がほとんどないです。分解して問題ないでしょう。
氷剣の戦鬼 氷剣の戦鬼
7コストにはエメラダなど優秀なカードが多いため、ほとんど採用されないカードです。
メドゥーサ メドゥーサ
進化権がなければ活かしにくい効果なので、デッキへの採用率はほぼ0です。分解して良いカードでしょう。
エリニョス エリニュス
5コストに緋色の剣士など優秀なカードが追加されたので、ほとんど採用されません。そのため、分解優先度は高めです。
轟雷の悪魔 轟雷の悪魔
ヴァンパイアの5コスト帯には、他に強力なカードが多いので分解してしまっても良いでしょう。
漆黒の契約 漆黒の契約
自傷しつつドローをすることができますが、ベルフェゴールの方が使いやすいので採用されることはありません。
致命の刃 致命の刃
復讐時でないと弱いので、ほとんど採用されないカードです。優先的に分解して問題ないでしょう。
愛の悪魔・ガレット 愛の悪魔・ガレット
単体では普通の2コストフォロワーなので、採用されることはあまりないカードです。分解して問題ないカードになります。

ヴァンパイアデッキ一覧はこちら

ビショップの分解おすすめカード

カード おすすめ理由
ジャンヌダルク ジャンヌダルク
高コストながら弱い効果なので、デッキへの採用率は極めて低いカードです。分解して問題ないカードです。
スカルフェイン スカルフェイン
デッキへの採用率が低く、アミュレットが場に並んでいる状態以外は効果の恩恵が薄いため、分解優先度は高めです。
狂信の偶像 ?【狂信の偶像
一部のデッキにしか採用されないうえに、真っ先に除去されてしまい効果を活かしづらいため、分解優先度は高めです。
光輝ドラゴン 光輝ドラゴン
9コストですが、スタッツがやや低く効果もイマイチなので、ほとんど採用されないカードです。分解して良いでしょう。
穢れた聖杯 穢れた聖杯
コストとカウントの重さから、ラストワードを発動するまでに時間がかかってしまうため、デッキに採用されるケースは少ないです。
祈りの集約 祈りの集約
専用デッキでしか採用されず、その専用デッキもほとんど使われないので、分解して問題ないでしょう。
カグヤ カグヤ
ミスターフルムーンの登場により、採用されることがほとんどなくなりました。
アークビショップ・レリア アークビショップ・レリア
効果が非常に扱いづらく、ほとんど採用されないカードなので、分解優先度は高めです。
ダークオファリング ダークオファリング
やや高いコストの割に、使いづらいスペルなので採用されることはほとんどないです。
黄金都市の姫・リテュエル 黄金都市の姫・リテュエル
デメリットにより使いずらいカードなので、ほとんど採用されません。分解して問題ないカードになります。
詠唱:天喰らう聖竜 詠唱:天喰らう聖竜
カウントダウン5と効果を発動するまでに時間がかかってしまのがデメリットで、ラストワードもさほど強力ではないため、分解優先度は高めです。
アリスの冒険 アリスの冒険
ニュートラル軸のデッキ専用に作られたカードでした、ニュートラル軸のデッキに採用されることがなくなったため、分解してもよいでしょう。
愛の福音 愛の福音
効果が回復するだけなので、ほとんど採用されないカードです。分解して問題ないでしょう。
夢想の白兎 夢想の白兎
効果発動までにラグがあり、発動してもスタッツの低いフォロワーを展開するのでデッキに採用されるケースがないです。

ビショップデッキ一覧はこちら

ネメシスの分解おすすめカード

カード おすすめ理由
マインドルーラー・モートン マインドルーラー・モートン
進化時の効果は活躍できる場面が限定的で、進化してもスタッツが上がらないことから採用されることがほぼ無いカードです。
天威の剣士 天威の剣士
ネメシスの8コスト帯には他に強力なカードが有り、採用されることは稀なので分解しても良いでしょう。

ネメシスデッキ一覧はこちら

ニュートラルの分解おすすめカード

カード おすすめ理由
魔海の女王 魔海の女王
ナーフの影響で弱体化し、採用するデッキがなくなったため、分解しても良いでしょう。
アークエンジェル・レイナ ダークエンジェル・オリヴィエ
高コスト帯には、より強力なフォロワーが多く存在するため、採用されることがほとんどないカードです。
オーディン オーディン
消滅の効果は強力ですが、アンリミテッドの環境では活躍しづらいので採用されておりません。
ガブリエル ガブリエル
強化効果を持つフォロワーは、他にもいるので残して置く必要はあまりなく、自分の場に動けるフォロワーが居ないと活躍しづらいので分解しても良いでしょう。
アークエンジェル・レイナ アークエンジェル・レイナ
非常に活かしにくい効果なので、一部のネタデッキにしか採用されません。分解して良いカードでしょう。
天翼を食う者 天翼を食う者
専用のデッキにしか採用されず、さほど強力な効果も持っていないため、分解優先度は高めです。
アテナ アテナ
活かしにくい効果なので、ほとんど採用されないカードです。分解して問題ないカードでしょう。
ゴブリンスレイヤー・ルシウス ルシウス
効果が活きる場面がほとんどなく、デッキへ採用されることはないカードです。
風神 風神
4コストにエフェメラが追加されたため、採用率が大きく低下しました。採用するデッキはほとんどないので、分解して問題ないでしょう。
忌むべき悪魔の像 忌むべき悪魔の像
効果が発動すれば2コストで4/5の守護と強力なものの、条件が進化後フォロワー2体が場にいることとかなり厳しいので、分解優先度は高めです。

分解とは

分解

分解は、持っているカードを分解して、アイテムであるレッドエーテルに変換することです。

レッドエーテルはカードの生成に使うことができ、プライズカードやプレミアムカードを除く、全てのカードを作成できます。

カードパックなどで入手したカードは分解できますが、デフォルトで持っているカード・ストーリークリアで入手できるカードは、「プライズカード」と言って分解できないので注意しましょう。

レッドエーテルの使い道と入手方法はこちら

基本的には余剰分解がおすすめ

余剰分解

カードを分解してレッドエーテルが欲しい場合は、4枚以上所持しているカードをまとめて分解できる余剰カード分解が基本的にはおすすめです。

デッキには同じカードを3枚までしか採用できず、あまり使い道がない4枚目のカードをまとめて分解できる便利な機能です。

使われないであろうカードを分解してレッドエーテルを得るのも一つの手ではありますが、災厄の屍王のように上方修正される可能性も少なからずあるので、目的がない場合は取っておくのをおすすめします。

こだわりがなければプレミアムを分解

通常 プレミアム
通常 プレミアム

プレミアムカードは、カード名とコストが光っており、背景シーンが動いているカードを指します。分解した際に通常カードと比較して2倍以上のレッドエーテルを入手できます。

こだわりがなければ、すでに3枚持っているカードのプレミアムカードを優先して分解し、レッドエーテルを集めるのが良いでしょう。

しかし、リーダースキン付きカードのプレミアカードは、0.03%を引いた後の8%で出現するので非常に価値が高く、記念として取って置くのもありです。

分解・生成で入手(消費)するレッドエーテル

レア度 ノーマル分解 プレミアム分解 カード生成
レジェンド 1,000 2,500 3,500
ゴールド 250 600 800
シルバー 50 120 200
ブロンズ 10 30 50

シャドバ攻略トップに戻る

©Cygames,Inc All rights reserved.
※アルテマに掲載しているゲーム内画像の著作権、商標権その他の知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します
▶シャドウバース公式サイト

シャドバの注目記事

書き込み

最新を表示する

【PR】おすすめゲームランキング

攻略メニュー