分解おすすめカード一覧

シャドバ攻略班

アディショナルカードが2/20にリリース!
アディショナルカード一覧はこちら

分解おすすめカード一覧

シャドウバース(シャドバ)の分解おすすめカード一覧をクラス別に紹介します。分解をおすすめする理由や、分解についての説明も掲載。シャドバでカードを分解する際の参考にしてください。

分解おすすめカード一覧

エルフの分解おすすめカード

カード おすすめ理由
深き森の異形 深き森の異形
フィニッシャーとして活躍しづらく、デッキに組み込まれることも少ないため、分解優先度は高めです。
ローズクイーン ローズクイーン
薔薇エルフ以外ではまず使われないカードです。薔薇エルフ自体も弱いため、分解優先度は高めです。
フェアリープリンセス

フェアリープリンセス
手札に限界までフェアリーを加える効果は、手札を圧迫して次のドローカードが消えてしまい、素のスタッツも低いのでデッキへの採用率は低いです。

森の巫女・パメラ 森の巫女・パメラ
6コスト+4枚以上プレイしないといけないため、効果発動の条件が厳しく採用率が低いカードです。
フェアリードラゴン フェアリードラゴン
不利な盤面を取り返す程のカードパワーを持っていないので、エルフデッキにあまり採用されないカードです。

エルフデッキ一覧はこちら

ロイヤルの分解おすすめカード

カード おすすめ理由

アレキサンダー

アレキサンダー
効果を活かせる場面が少なく、デッキにも採用されることがないので分解して問題ありません。
ロイヤルセイバー・オーレリア ロイヤルセイバー・オーレリア
他の5コストカードに優秀なカードが多く、採用されることがないので分解しても良いでしょう。
戦場の歌姫・マグノリア 戦場の歌姫・マグノリア
ターン終了時効果が機能しづらく、5コストにはドラゴンナイツがあるため採用率は低いです。

ロイヤルデッキ一覧はこちら

ウィッチの分解おすすめカード

カード おすすめ理由
無貌の魔女 無貌の魔女
特徴である10回スペルブーストは進化権がないと使えないので採用はされないカードです。
ミスリルゴーレム ミスリルゴーレム
高コストのカードにしては物足りないカードなので、分解優先度は高めです。
アークサモナー・エラスムス アークサモナー・エラスムス
高コストのカードにしては、あまり強くないのでほとんど採用されません。分解優先度は高めになります。
真実の究明者・ファウスト 真実の究明者・ファウスト
リーダー付与の効果が、ターンに終了時なので効果が腐りやすいため採用率は低いカードです。
太陽の巫女・パメラ 太陽の巫女・パメラ
効果を活かしづらい点や、発動できてもアンリミテッドは強力な除去カードが多く対処されやすいのがデメリットです。
マーリン マーリン
超越ウィッチと相性の良いカードでしたが、現在の超越ウィッチには採用されないので分解しても良いでしょう。

ウィッチデッキ一覧はこちら

ドラゴンの分解おすすめカード

カード おすすめ理由
ピュートーン ピュートーン
進化権がないと、盤面に干渉できないためテンポロスを招いてしまいます。分解しても問題ないカードです。
ファフニール ファフニール
10コストには、ファフニールよりも強力なバハムートがいるため、デッキに採用されることはまずありません。分解して問題ないカードです
天窮の竜神 天窮の竜人
スタッツが高く処理されづらく、ラストワードの効果を発動しにくい点と発動しなければ大幅なテンポロスを招いてしまうため採用率は低いです。
ファフニール インペリアルドラグーン
ドラゴンの大型フォロワーには、他に優秀なものが多く、採用されることがほとんどないカードです。
ジルニトラ ジルニトラ
8コストには、他に優秀なフォロワーが多くほとんど採用されないカードなので、分解優先度は高めです。
憤怒の竜帝・乙姫 憤怒の竜帝・乙姫
ドラゴンの7コストのカードとしては、カードパワーが低く、エンハンス効果が強力なガルミーユがいるので採用されません。
悪夢の竜・ジャバウォック 悪夢の竜・ジャバウォック
専用の構築を作らなければいけなく、スタッツが10以上にならないと効果が発動しないので非常に扱いづらいカードです。入手したら分解しましょう。
竜呼びの笛 竜呼びの笛
高コストを多く採用するドラゴンとは、相性が悪いカードです。デッキに採用されることはほとんどないため、分解して良いでしょう。

ドラゴンデッキ一覧はこちら

ネクロマンサーの分解おすすめカード

カード おすすめ理由
永遠の決闘者・モルディカイ 永遠の決闘者・モルディカイ
10コストとコストが重いわりに、消滅に弱く、カードパワーも10コストとしてはいまいちなので採用率は低いです。
プルート プルート
デッキへの採用率が低く、プルートを使いたい場合は冥府神との契約のエンハンス効果で場に出せるため、分解優先度は高めです。
死の淵に立つ者 死の淵に立つ者
高いコストのわりには、フィニッシャーとして機能しづらいので、活躍しづらいカードです。
最果ての骸
専用の構築でないと、強みを活かせず同コスト帯には、アーカス、ヘクターなど優秀なフォロワーがいるので採用する機会はありません。
死の淵に立つ者 滅殺の鎧
状況次第ではコスト以上のスタッツを発揮できますが、守護や突進などを持っておらず、簡単に対策できるフォロワーです。
蝿の王 蝿の王
効果で出るフォロワーがランダムのわりにあまり強くないので、ほとんど採用されないカードです。
魂の番人・ミント 魂の番人・ミント
効果が強力なので、相手に最優先で処理されやすく効果が腐りやすいカードです。
トワイライトクイーン トワイライトクイーン
効果は非常に強力ですが、ラストワードを主軸としたデッキを組む必要があるため使用されません。
沈黙の絶傑・ルルナイ 沈黙の絶傑・ルルナイ
アクセラレート、エンハンスが効果の対象にならないのでただのバニラカードになりやすいです。

ネクロマンサーデッキ一覧はこちら

ヴァンパイアの分解おすすめカード

カード おすすめ理由
ディアボロス・プセマ ディアボロス・プセマ
コストが重く、強みであるPP6回復も復讐状態でないと発動しないので、現状のヴァンパイアデッキには採用されません。
真紅のローズクイーン 真紅のローズクイーン
専用の構築で効果を活かせますが、専用のものを作らなくても蝙蝠ヴァンプなどの強い構築があるので、このカードのために作る意味はないです。
血餓の女帝 血餓の女帝
ヴァンパイアには他に強力なフィニッシャーがいるので、使用されることがほとんどないカードです。
クイーンヴァンパイア クイーンヴァンパイア
コストがやや重いデメリットが大きく、現状採用されるデッキがありません。今後も評価は変わらないと思われるので、分解しても良いでしょう。
ブラッディ・メアリー ブラッディ・メアリー
現在のヴァンパイアは、メアリーと自傷カードのコンボを使わなくともライフを削れるため、ほとんど使われないカードです。分解して問題ないでしょう。
ビーストドミネーター ビーストドミネーター
5コスト6/6と高いスタッツを持ちますが、デッキタイプと合わないこともあり採用率が低いです。今後も採用されないと考えられるので、分解優先度は高いです。
ヴァルプルギスナハト ヴァルプルギスナハト
単体では非常に弱く、効果がラストワードなので自壊または破壊するカードがなければテンポロスをしてしまうので、分解して問題ありません。
轟雷のベヒーモス 轟雷のベヒーモス
デメリットが重いため、ヴァンパイアの構築には基本的に採用されないカードです。
ソウルディーラー ソウルディーラー
復讐状態にするなら、ベルフェゴールなどの優秀なカードがあるため採用されません。

ヴァンパイアデッキ一覧はこちら

ビショップの分解おすすめカード

カード おすすめ理由
ジャンヌダルク ジャンヌダルク
高コストながら弱い効果なので、デッキへの採用率は極めて低いカードです。分解して問題ないカードです。
スカルフェイン スカルフェイン
デッキへの採用率が低く、アミュレットが場に並んでいる状態以外は効果の恩恵が薄いため、分解優先度は高めです。
ツタンカーメン ツタンカーメン
最大の特徴である復活の効果が扱いづらいので、分解をおススメします。
狂信の偶像 狂信の偶像
一部のデッキにしか採用されないうえに、真っ先に除去されてしまい効果を活かしづらいため、分解優先度は高めです。

ビショップデッキ一覧はこちら

ネメシスの分解おすすめカード

カード おすすめ理由
マーキュリーイージス・シオン マーキュリーイージス・シオン
コストが重すぎるため採用率は低いカードです。
マグナレガシー マグナレガシー
アーティファクト主体のデッキでは全体除去があまり必要としないため、分解優先度の高いフォロワーです。
消し去るもの 消し去るもの
コストと効果が見合ってない点が相まって、ネメシスの構築には採用されません。
魔導電磁サイ 魔導電磁サイ
攻撃力が安定せず、コストが重いので採用率が低いカードです。
外界の理 外界の理
ネメシス構築の要であるマキナとの相性が非常に悪いので、採用はされません。
マルドッキオ

マルドッキオ
スタッツが低く、処理されやすいので効果が腐ってしまうため、ネメシスの構築には採用しないカードです。

冒涜の球体

冒涜の球体
エンハンス効果でないと扱いづらく、冒涜の化身は除去されやすいので分解することを、おススメします。

ネメシスデッキ一覧はこちら

ニュートラルの分解おすすめカード

カード おすすめ理由
魔海の女王 魔海の女王
ナーフの影響で弱体化し、採用するデッキがなくなったため、分解しても良いでしょう。
アークエンジェル・レイナ ダークエンジェル・オリヴィエ
高コスト帯には、より強力なフォロワーが多く存在するため、採用されることがほとんどないカードです。
オーディン オーディン
消滅の効果は強力ですが、アンリミテッドの環境では活躍しづらいので採用されておりません。
ガブリエル ガブリエル
強化効果を持つフォロワーは、他にもいるので残して置く必要はあまりなく、自分の場に動けるフォロワーが居ないと活躍しづらいので分解しても良いでしょう。
マルドゥーク マルドゥーク
このカードが場を離れるまでスペルとアミュレットしかプレイできず不利な状況に陥ってしまうため、どのデッキにも入らないので分解をおすすめします。

分解とは

分解

分解は、持っているカードを分解して、アイテムであるレッドエーテルに変換することです。

レッドエーテルはカードの生成に使うことができ、プライズカードやプレミアムカードを除く、全てのカードを作成できます。

カードパックなどで入手したカードは分解できますが、デフォルトで持っているカード・ストーリークリアで入手できるカードは、「プライズカード」と言って分解できないので注意しましょう。

レッドエーテルの使い道と入手方法はこちら

基本的には余剰分解がおすすめ

余剰分解

カードを分解してレッドエーテルが欲しい場合は、4枚以上所持しているカードをまとめて分解できる余剰カード分解が基本的にはおすすめです。

デッキには同じカードを3枚までしか採用できず、あまり使い道がない4枚目のカードをまとめて分解できる便利な機能です。

使われないであろうカードを分解してレッドエーテルを得るのも一つの手ではありますが、災厄の屍王のように上方修正される可能性も少なからずあるので、目的がない場合は取っておくのをおすすめします。

こだわりがなければプレミアムを分解

通常 プレミアム
通常 プレミアム

プレミアムカードは、カード名とコストが光っており、背景シーンが動いているカードを指します。分解した際に通常カードと比較して2倍以上のレッドエーテルを入手できます。

こだわりがなければ、すでに3枚持っているカードのプレミアムカードを優先して分解し、レッドエーテルを集めるのが良いでしょう。

しかし、リーダースキン付きカードのプレミアカードは、0.03%を引いた後の8%で出現するので非常に価値が高く、記念として取って置くのもありです。

分解・生成で入手(消費)するレッドエーテル

レア度 ノーマル分解 プレミアム分解 カード生成
レジェンド 1,000 2,500 3,500
ゴールド 250 600 800
シルバー 50 120 200
ブロンズ 10 30 50

シャドバシャドバ攻略トップへ

©Cygames,Inc All rights reserved.
※アルテマに掲載しているゲーム内画像の著作権、商標権その他の知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します
▶シャドウバース公式サイト

シャドバの注目記事

初心者ローテーションおすすめデッキ一覧と避けるべきデッキ
初心者ローテーションおすすめデッキ一覧と避けるべきデッキ
ランクマッチで効率的にBPを稼ぐ方法
ランクマッチで効率的にBPを稼ぐ方法
生成おすすめカード一覧
生成おすすめカード一覧
ファフニールの評価と採用デッキ
ファフニールの評価と採用デッキ
ローテーション最強デッキランキング|アルティメットコロシアム
ローテーション最強デッキランキング|アルティメットコロシアム
もっと見る
ローテーション最強デッキランキング|アルティメットコロシアム
ローテーション最強デッキランキング|アルティメットコロシアム
アディショナルカード一覧と追加日|アルティメットコロシアム
アディショナルカード一覧と追加日|アルティメットコロシアム
アンリミテッド最強デッキランキング|アルティメットコロシアム
アンリミテッド最強デッキランキング|アルティメットコロシアム
おすすめデッキ診断ツール
おすすめデッキ診断ツール
アグロネクロのアンリミテッド最新デッキレシピ
アグロネクロのアンリミテッド最新デッキレシピ
もっと見る

書き込み

最新を表示する

    【急上昇】話題の人気ゲームランキング

    攻略メニュー