アグロロイヤルの最新デッキレシピと立ち回り/対策

シャドバ(シャドウバース)のアグロロイヤルのデッキレシピを紹介。ローテーション・アンリミテッドそれぞれのデッキを掲載。デッキの特徴や相性、立ち回りも記載しています。シャドバのアグロロイヤルデッキ構築の参考にしてください。

アグロロイヤル

ロイヤルのおすすめデッキ
ミッドレンジロイヤル フェイスロイヤル
ロイヤルの新環境デッキ一覧

アグロロイヤルの評価

ローテーション評価 80/100点
アンリミテッド評価 85/100点
扱いやすさ
デッキタイプ アグロ

デッキレシピ

3
ゴブリン
3
クイックブレーダー
3
ペルセウス
2
天弓の天使・リリエル
3
オースレスナイト
3
クノイチエッグ
3
刃ネズミ
3
バイヴカハ
3
アセンティックナイト
3
プリンセス・ジュリエット
3
先陣の騎兵
3
レヴィオンセイバー・アルベール
3
マスタークノイチ
2
円卓会議
作成コスト 27,350

デッキコードを発行

フォロワー 効果 枚数
ゴブリン 【ゴブリン】
-
3枚
クイックブレーダー 【クイックブレーダー】
疾走
3枚
ペルセウス 【ペルセウス】
-
3枚
天弓の天使・リリエル 【天弓の天使・リリエル】
-
2枚
オースレスナイト 【オースレスナイト】
ファンファーレ ナイト1体を出す。
3枚
クノイチエッグ 【クノイチエッグ】
潜伏
3枚
刃ネズミ 【刃ネズミ】
相手のフォロワーが破壊されるたび、攻撃+1
3枚
バイヴカハ 【バイヴカハ】
ファンファーレ ランダムな自分の他のフォロワー1体を+1/0する。 ファンファーレ エンハンス6;自分の他のフォロワーすべてを+1/1する。 ファンファーレ エンハンス9;バイヴガハの福音1枚を手札に加える。
3枚
アセンティックナイト 【アセンティックナイト】
ファンファーレ へヴィーナイト1体を出す。
3枚
プリンセス・ジュリエット 【プリンセス・ジュリエット】
疾走 自分が元のコスト3の指揮官・カードをプレイしたとき、このカードコストが3なら、ターン終了まで、このカードのコストを2にする。
3枚
先陣の騎兵 【先陣の騎兵】
自分の場に兵士・フォロワーが出るたび、自分のリーダーを1回復。
3枚
レヴィオンセイバー・アルベール 【レヴィオンセイバー・アルベール】
疾走 ファンファーレ エンハンス 9; 「このフォロワーは、1ターンに2回攻撃できる」を持つ。ターン終了まで、このフォロワーへのダメージは0になる。
3枚
マスタークノイチ 【マスタークノイチ】
潜伏 ファンファーレ クノイチエッグ1体を出す。
3枚
スペル 効果 枚数
円卓会議 【円卓会議】
コスト3の指揮官カードをランダムに2枚、デッキから場に出す。
2枚

デッキコードを発行

おすすめ代替カード

カード おすすめ理由
ルミナスメイジ 【ルミナスメイジ】
アグロデッキが流行っている場合は、メイジで進化権を温存しつつ相手のフォロワーを除去しながら盤面を不利にさせない動きが強いです。 相手にフォロワーが並んでいる場合、円卓会議でのジュリエットで処理する動きは弱いため、環境次第で入れ替えたいです。
入れ替え候補:マスタークノイチなど
2
ゴブリン
3
クイックブレーダー
3
ヴァンガード
3
ペルセウス
3
ケンタウロスヴァンガード
3
プリンセスヴァンガード
3
刃ネズミ
3
ノーヴィストルーパー
3
プリンセス・ジュリエット
2
ホワイトジェネラル
3
レヴィオンセイバー・アルベール
3
マスタークノイチ
3
円卓会議
3
アルビダの号令
作成コスト 20,100

デッキコードを発行

フォロワー 効果 枚数
ゴブリン 【ゴブリン】
-
2枚
クイックブレーダー 【クイックブレーダー】
疾走
3枚
ヴァンガード 【ヴァンガード】
-
3枚
ペルセウス 【ペルセウス】
-
3枚
ケンタウロスヴァンガード 【ケンタウロスヴァンガード】
ファンファーレ 自分の場に指揮官・カードがあるなら、疾走 を持つ。
3枚
プリンセスヴァンガード 【プリンセスヴァンガード】
ファンファーレ コスト1の自分のフォロワー1体を+1/+0する。
3枚
刃ネズミ 【刃ネズミ】
相手のフォロワーが破壊されるたび、攻撃+1
3枚
ノーヴィストルーパー 【ノーヴィストルーパー】
疾走
3枚
プリンセス・ジュリエット 【プリンセス・ジュリエット】
疾走 自分が元のコスト3の指揮官・カードをプレイしたとき、このカードコストが3なら、ターン終了まで、このカードのコストを2にする。
3枚
ホワイトジェネラル 【ホワイトジェネラル】
ファンファーレ 自分の兵士・フォロワー1体を+2/+0する。
2枚
レヴィオンセイバー・アルベール 【レヴィオンセイバー・アルベール】
疾走 ファンファーレ エンハンス 9; 「このフォロワーは、1ターンに2回攻撃できる」を持つ。ターン終了まで、このフォロワーへのダメージは0になる。
3枚
マスタークノイチ 【マスタークノイチ】
潜伏 ファンファーレ クノイチエッグ1体を出す。
3枚
スペル 効果 枚数
円卓会議 【円卓会議】
コスト3の指揮官カードをランダムに2枚、デッキから場に出す。
3枚
アルビダの号令 【アルビダの号令】
パイレーツ1体とヴァイキング1体を出す。
3枚

デッキコードを発行

おすすめ代替カード

カード おすすめ理由
ニンジャエッグ 【ニンジャエッグ】
潜伏を持っているので、ブレイジングブレスなどの除去カードを受けずにダメージを与えることが可能です。
入れ替え候補:1コストフォロワーなど
フローラルフェンサー 【フローラルフェンサー】
進化でフォロワーを2体展開することができ、盤面を取りやすくなります。アグロ系のデッキを意識するなら採用が検討されます。
入れ替え候補:ホワイトジェネラルなど

アグロロイヤルを使った人の評価

アグロロイヤルに対するみんなの評価

1人グラフ グラフ 1人グラフ 1人グラフ グラフ 1人グラフ 1人グラフ 9人グラフ 10人グラフ 7人グラフ
10 20 30 40 50 60 70 80 90 100

※評価人数は使った人の声や独自の調査で集計した人数です

アグロロイヤルを使った人の声

【プレイヤーレベル】AA0~3

強い点 エフェメラナーフ後も使える、非常に早いターンで決められる点
弱い点 木人、ひねくれ、糸蜘蛛、歴戦のランサーなど守護と
4ターン黙示録に弱い
投稿日時 2018年01月03日 09:46 PM

参考になった

4

【プレイヤーレベル】AA0~3

強い点 とにかく早い。
マナカーブ通りに引けたら早期にかなり削れる。
弱い点 高スタッツ守護が本当にキツい。そして息切れも超早い。
バランスのあるカラボスヴやバーンが強力な土秘術など他のアグロに比べるとフォロワー突破力が低い。ロイヤル全体に言える事だが正直現環境ではかなり厳しい。
投稿日時 2017年12月18日 06:42 PM

参考になった

19

【プレイヤーレベル】AA0~3

強い点 守護が出なけりゃ早期決着できる。
弱い点 5〜6ターンで決められなければほぼ負け
圧倒的に守護持ちに弱い、木人とか
ブラッドムーン⇨黙示も辛い
息切れも早い
投稿日時 2017年10月28日 07:13 AM

参考になった

115
もっと見る

アグロロイヤルの特徴

早期決着を狙いやすい

アグロロイヤルは、小型フォロワーと疾走フォロワーを多く採用しているので、早期決着を狙いやすいデッキです。

相手に1ダメージも削れず破壊されてしまうといったカードが少ないので、うまく回れば5、6ターンでの決着も珍しくありません。

5ターン目の円卓会議ジュリエットを出すムーブやマスタークノイチバイヴカハのエンハンス6で強化する動きが強力です。

リーダーに打点が行きやすい

小型フォロワーを多く採用しているので、序盤から複数のフォロワーを展開できます。
また、円卓会議で疾走を2体出すことやマスタークノイチの潜伏など、相手のリーダーに打点が出やすいのも特徴です。

早期決着を狙いやすい

アグロロイヤルは、小型フォロワーと疾走フォロワーを多く採用しているので、早期決着を狙いやすいデッキです。

相手に1ダメージも削れず破壊されてしまうといったカードが少ないので、うまく回れば5、6ターンでの決着も珍しくありません。

特に、5ターン目の円卓会議ジュリエットを出すムーブが強力で、2体出せれば4点、進化も加えれば6点ダメージを与えられます。

リーダーに打点が行きやすい

小型フォロワーを多く採用しているので、序盤から複数のフォロワーを展開できます。
また、円卓会議で疾走を2体出すことやマスタークノイチの潜伏など、相手のリーダーに打点が出やすいのも特徴です。

デッキ相性

更新中
更新中

キーカードと採用理由

レヴィオンセイバー・アルベール

レヴィオンセイバー・アルベール レヴィオンセイバー・アルベール
進化前:疾走
ファンファーレ エンハンス 9; 「このフォロワーは、1ターンに2回攻撃できる」を持つ。ターン終了まで、このフォロワーへのダメージは0になる。
進化後:疾走

アルベールは、エンハンス効果+進化を利用できれば1体で10ダメージ与えることができるアグロロイヤルの強力なフィニッシャーです。

エンハンスの効果には、ターン終了まで受けるダメージを0にする効果もあるため、不利な盤面を取り返すために使用することも可能です。

レヴィオンセイバー・アルベールの評価はこちら

バイヴカハ

バイヴカハ バイヴカハ
進化前:ファンファーレ ランダムな自分の他のフォロワー1体を+1/0する。
ファンファーレ エンハンス6;自分の他のフォロワーすべてを+1/1する。
ファンファーレ エンハンス9;バイヴガハの福音1枚を手札に加える。
進化後:-

バイヴカハは自分のフォロワーを強化できる優秀なフォロワーです。

3コストで序盤腐ることもなく、エンハンス6で自分の全体のフォロワーを+1/1するアグロデッキに相性が良い能力なので3枚必須です。

バイヴカハの評価はこちら

レヴィオンセイバー・アルベール

レヴィオンセイバー・アルベール レヴィオンセイバー・アルベール
進化前:疾走
ファンファーレ エンハンス 9; 「このフォロワーは、1ターンに2回攻撃できる」を持つ。ターン終了まで、このフォロワーへのダメージは0になる。
進化後:疾走

アルベールは、エンハンス効果+進化を利用できれば1体で10ダメージ与えることができるアグロロイヤルの強力なフィニッシャーです。

エンハンスの効果には、ターン終了まで受けるダメージを0にする効果もあるため、不利な盤面を取り返すために使用することも可能です。

アルベールの評価はこちら

円卓会議

円卓会議
進化前:コスト3の指揮官カードをランダムに2枚、デッキから場に出す。

円卓会議は、ジュリエットを確定で場に出すことができるので、ダメージソースとして活躍しやすいスペルです。

5コストで3コストのフォロワーを2体展開することができ、進化を利用すれば最大6点のダメージを与えられるので、フィニッシャーとしても機能できます。

円卓会議の評価はこちら

プリンセス・ジュリエット

プリンセス・ジュリエット プリンセス・ジュリエット
進化前:疾走
自分が元のコスト3の指揮官・カードをプレイしたとき、このカードコストが3なら、ターン終了まで、このカードのコストを2にする。
進化後:疾走

ジュリエットは、円卓会議と相性が良いカードで、より早期決着を狙いやすくなるアグロロイヤルのキーカードです。3コストの疾走フォロワーとしても扱いやすく、手札で腐る場面が少ないです。

ジュリエットの評価はこちら

立ち回りのコツ

アグロロイヤルは、相手のライフを早期に削ることを目的としたデッキです。試合が長引くとジリ貧になりかねないので、遅くとも6ターン目までには相手のライフを削りきれるよう立ち回りましょう。

疾走フォロワーのおかげで、手札から直接打点を作りやすいデッキです。手札で何点出せるかは常に把握しておきましょう。

マリガン

マナカーブ通りに引きたい

序盤から積極的に場にフォロワーを並べ、相手のライフを削りたいので、1、2、3と引けるのが理想です。

1~3ターン

序盤からフェイスを狙う

マナカーブ通りにフォロワーを展開し、相手のフォロワーは無視して積極的にリーダーを攻撃していきましょう。毎ターンPPを使いきれるのが理想です。

対アグロの場合後攻は盤面重視

後攻で相手のデッキがアグロ系の場合、フォロワーを無視してしまうと強化され、手痛い反撃を受けてしまいます。先に場を取られてしまうと巻き返すのは難しいので、同系のデッキと当たった場合は盤面重視で試合を進めましょう。

4~6ターン

進化はフェイスを攻撃できるフォロワーに使う

盤面を取るのに用いることが多い進化ですが、アグロロイヤルではフェイスへの打点として用いるのが基本です。進化が利用可能になったら、フェイスを攻撃できるフォロワーを積極的に進化してライフを削りましょう。

後攻で対アグロの場合は引き続き盤面重視

対アグロデッキの場合どうしても先行が有利です。後攻の場合先陣の騎兵を進化し、回復しつつフォロワーを展開することで相手の隙きを狙いましょう。

リーサル計算は常にする

手札の組み合わせで何点出るか常に計算しておきましょう。バイヴカハのエンハンス6で全体にバフがかかるため、5ターン目の動きが重要になります。

7~9ターン

デッキトップを意識した立ち回りを

ライフを削りきれていなければ、何を引けば勝てるかを常に考えてプレイしましょう。

相手のライフが低ければ、アルベール円卓会議をトップで引いて勝負を決められる場合もあるので、諦めずに立ち回りましょう。

アルベールで倒しきる

アルベールのエンハンス効果を利用すれば6点、進化があれば10点与えられるので、長期戦になってしまっても勝機はあります。

試合中盤で、手札の状況からライフを削りきれないと判断した場合は、相手のライフを10以下にしておくのを目安にしましょう。手札のフォロワーを使って延命を図り、アルベールを引き込むといった立ち回りも意識しましょう。

アグロロイヤルは、相手のライフを早期に削ることを目的としたデッキです。試合が長引くとジリ貧になりかねないので、遅くとも6ターン目までには相手のライフを削りきれるよう立ち回りましょう。

疾走フォロワーのおかげで、手札から直接打点を作りやすいデッキです。手札で何点出せるかは常に把握しておきましょう。

マリガン

マナカーブ通りに引きたい

クイックブレーダー プリンセスヴァンガード プリンセス・ジュリエット ノーヴィストルーパー

序盤から積極的に場にフォロワーを並べ、相手のライフを削りたいので、1、2、3と引けるのが理想です。

なかでもクイックブレーダープリンセスヴァンガードジュリエットorノーヴィストルーパーは強力なムーブです。

後攻でも1コストはキープ

後攻の場合、1コストフォロワーは2コストフォロワーに一方的にやられてしまうので戻しがちですが、アグロロイヤルでは1ターン目から攻めていきたいのでキープしましょう。

プリンセスヴァンガードといったカードを合わせて引くことができると、なお良いです。

1~3ターン

序盤からフェイスを狙う

マナカーブ通りにフォロワーを展開し、相手のフォロワーは無視して積極的にリーダーを攻撃していきましょう。毎ターンPPを使いきれるのが理想です。

敵によっては盤面重視

相手のデッキがアグロ系の場合、フォロワーを無視してしまうと強化され、手痛い反撃を受けてしまいます。一度場を取られてしまうと巻き返すのは難しいので、同系のデッキと当たった場合は盤面重視で試合を進めましょう。

4~6ターン

進化はフェイスを攻撃できるフォロワーに使う

盤面を取るのに用いることが多い進化ですが、アグロロイヤルではフェイスへの打点として用いるのが基本です。進化が利用可能になったら、フェイスを攻撃できるフォロワーを積極的に進化してライフを削りましょう。

フェイス戦略を貫く

場に出したフォロワーは相手のフォロワーとトレードせず、ひたすらライフを削りましょう。中途半端にフォロワーを倒すと、ライフを削り切る打点が足りず、息切れに繋がります。

7~9ターン

デッキトップを意識した立ち回りを

まだライフを削りきれていなければ、何を引けば勝てるかを常に考えてプレイしましょう。

相手のライフが低ければ、アルベール円卓会議をトップで引いて勝負を決められる場合もあるので、諦めずに立ち回りましょう。

アルベールで倒しきる

アルベールのエンハンス効果を利用すれば6点、進化があれば10点与えられるので、長期戦になってしまっても勝機はあります。

試合中盤で、手札の状況からライフを削りきれないと判断した場合は、相手のライフを10以下にしておくのを目安にしましょう。手札のフォロワーを使って延命を図り、アルベールを引き込むといった立ち回りも意識しましょう。

アグロロイヤルの対策

ライフを高く維持する

アグロロイヤルは疾走フォロワーが多いので、ライフが低い場合は場のフォロワーを除去していても敗北する危険があります。序盤から丁寧にフォロワーを除去して、ライフを高く保ちましょう。

アルベールに注意

9ターン目から、アルベールのエンハンスによって6点、進化がある場合は10点受けます。うまく終盤に持ち込めたとしても悠長に長引かせず、いち早く決着をつけましょう。

ライフを高く維持する

アグロロイヤルは疾走フォロワーが多いので、ライフが低い場合は場のフォロワーを除去していても敗北する危険があります。序盤から丁寧にフォロワーを除去して、ライフを高く保ちましょう。

アルベールに注意

9ターン目から、アルベールのエンハンスによって6点、進化がある場合は10点受けます。うまく終盤に持ち込めたとしても悠長に長引かせず、いち早く決着をつけましょう。

その他のロイヤルデッキ一覧

ロイヤルのおすすめデッキ
ミッドレンジロイヤル フェイスロイヤル
ロイヤルの新環境デッキ一覧

アグロロイヤルを使ったことある方へ!
評価を募集してます!

  • プレイヤーレベル
  • デッキのフォーマット
  • 評価
  • アグロロイヤルが強い点
  • アグロロイヤルが弱い点

2015y09m08d_165507318

もっと見る
攻略メニュー