コントロールヴァンパイアのデッキレシピ/立ち回りと対策

昏き底より出でる者を採用したデッキを作成!次期環境の覇権を握れるのか?
昏きOTKヴァンパイア

シャドウバース(シャドバ)のコントロールヴァンパイアのデッキレシピを紹介します。立ち回りや対策はもちろん、評価や特徴、相性、おすすめ代替カードなどを記載しています。コントロールヴァンプデッキ構築の参考にしてください。

コントロールヴァンパイア

ヴァンパイアのおすすめデッキ
アグロヴァンパイア 疾走(復讐)ヴァンパイア

▶ヴァンパイアのデッキ一覧はこちら

コントロールヴァンパイアの評価と特徴

評価点 80/100点
扱いやすさ
デッキタイプ コントロール

コントロールヴァンパイアの特徴

相手のリソース切れを狙える

コントロールヴァンパイアは、豊富な除去、回復カードを使って盤面をコントロールしていき、相手を少しづつ追い込んでいくような戦いを得意とするデッキです。

終盤まで相手の攻撃を耐え続け、息切れしたところで、バハムートサタンといったフィニッシャーで盤面を圧倒します。

直接火力が魅力

セクシーヴァンパイア鋭利な一裂きなど、相手リーダーに直接ダメージを与えるカードを多く採用しているのが特徴です。

また、メアリーを採用しているため、終盤で腐りやすい漆黒の契約をバーンカードとして使えるのが強みです。

デッキの相性

アグロヴァンパイアに有利

アグロヴァンパイアには、除去、回復カードが有効に働くため有利な相手です。

群れなす飢餓でフォレストバットを一掃でき、序盤のユリウスも取れるため、耐久戦に持ち込みやすいです。

ランプドラゴンに不利

ランプドラゴンは、PP加速で先に大型フォロワーを展開されてしまうため、不利になりやすい相手です。

確定除去を採用していないので、先にバハムートなどの大型フォロワーを出されてしまうと、処理できずに押し込まれてしまいます。

デッキレシピ

コントロールヴァンパイア

作成コスト44,450

作成コスト:デッキのカードを全て生成した場合に必要な、レッドエーテルの総量

フォロワー 効果 コスト 枚数
ユニコーンの踊り手・ユニコ 【ユニコーンの踊り手・ユニコ】
自分のターン開始時、自分のリーダーを2回復。
2 3枚
バフォメット 【バフォメット】
ファンファーレ 攻撃力5以上のヴァンパイア・フォロワーをランダムに1体、 自分のデッキから手札に加える。 エンハンス5:その後、そのコストを-3する。
2 3枚
風の軍神グリームニル 【風の軍神グリームニル】
守護 エンハンス10:相手のリーダーとフォロワー全てに1ダメージ。これを4回繰り返す
3 3枚
ワードローブレイダー 【ワードローブレイダー】
-
4 3枚
ブラッディ・メアリー 【ブラッディ・メアリー】
このフォロワーが場にいる限り、自分のターン中、自分のリーダーがダメージを受けるなら、自分ではなく相手のリーダーが受ける。
5 2枚
クイーンヴァンパイア 【クイーンヴァンパイア】
ファンファーレ フォレストバット2体を出し、自分のフォレストバットすべては守護 を持つ。
6 3枚
セクシーヴァンパイア 【セクシーヴァンパイア】
ファンファーレ 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に5ダメージ。自分のリーダーを5回復。
9 2枚
サタン 【サタン】
ファンファーレ 自分のデッキをアポカリプスデッキにする。
10 2枚
バハムート 【バハムート】
ファンファーレ 他のフォロワーすべてと、アミュレットすべてを破壊する。相手の場にフォロワーが2体以上いるなら、このフォロワーは相手のリーダーを攻撃不能。
10 2枚
スペル 効果 コスト 枚数
鋭利な一裂き 【鋭利な一裂き】
自分のリーダーに2ダメージ。 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。
2 3枚
鮮血の口付け 【鮮血の口付け】
相手のフォロワー1体に2ダメージ。自分のリーダーを2回復
2 3枚
群れなす飢餓 【群れなす飢餓】
相手のフォロワー1体を選択する。そのフォロワーと、同名の相手のフォロワーすべてに3ダメージ。
2 2枚
ディアボリックドレイン 【ディアボリックドレイン】
相手のフォロワー1体に4ダメージ。自分のリーダーを2回復。 復讐 状態なら、このカードのコストを-4する。
5 3枚
黙示録 【黙示録】
お互いのフォロワーすべてに8ダメージ。 復讐 状態なら、このカードのコストを-4する。
8 3枚
アミュレット 効果 コスト 枚数
漆黒の契約 【漆黒の契約】
カウントダウン 3 ファンファーレ 自分のリーダーに6ダメージ。 自分のターン開始時、自分のリーダーを2回復して、カードを1枚引く。
3 3枚

デッキコードを発行

おすすめ代替カード

カード おすすめ理由
ブラッドウルフ 【ブラッドウルフ】
序盤の盤面制圧や、終盤のメアリーとのコンボやフィニッシャーとして活躍します。ユニコや鮮血の口づけとの入れ替え候補。
ベルフェゴール 【ベルフェゴール】
ライフの調整や手札補充などで活躍するフォロワーです。クイーンヴァンパイアなどと入れ替え候補。
裁きの悪魔 【裁きの悪魔】
復讐時に、大きく回復しながら相手に除去を強要させるフォロワーです。クイーンヴァンパイアなどと入れ替え候補。
デモンストーム 【デモンストーム】
全体除去で盤面をリセットでき、バーンダメージとしても有効です。クイーンヴァンパイアやバハムートとの入れ替え候補。
血餓の女帝 【血餓の女帝】
小型フォロワーを一掃しながらライフを削れるフォロワーなので、コントロールヴァンプと相性が良いカードです。バハムートなどと入れ替え候補。
メイルストロームサーペント 【メイルストロームサーペント】
復讐時に場に出れば、勝負を決めることが多い強力なフィニッシャーカードです。バハムートなどと入れ替え候補。
オーディン 【オーディン】
黙示録で処理ができないことが多い、対ランプドラゴンで活躍するフォロワーです。バハムートなどと入れ替え候補。
ダークエンジェル・オリヴィエ 【ダークエンジェル・オリヴィエ】
進化権を補充できるため、長期戦に強くなるカードです。バハムートなどと入れ替え候補。

コントロールヴァンパイアを使った人の評価

コントロールヴァンパイアに対するみんなの評価

グラフ 1人グラフ グラフ グラフ グラフ 5人グラフ 4人グラフ 6人グラフ 18人グラフ 6人グラフ
10 20 30 40 50 60 70 80 90 100

※評価人数は使った人の声や独自の調査で集計した人数です

コントロールヴァンパイアを使った人の声

【プレイヤーレベル】Master

強い点全体除去が豊富であることと
ドローソースが豊富であること
弱い点神々の騒嵐以降、なかなか厳しいデッキになった
なぜなら、回復しつつ相手のリソース切れを待つ戦法が
ドラゴンで出来てしまうからである。
PPブースト、カード1枚1枚のパワーが劣っている

また、アグロの勢いを止めて反撃するのがコントロールの基本であったがアグロの速さが新パックにて
超加速したため、「コントロールはアグロに強い」と
いう概念が覆ったからである。

それでも使いたいなら復讐寄りにするかミッドに寄せよう

参考になった

19

【プレイヤーレベル】AA0~3

強い点回復カードが非常に多く詰めることからアグロ系には有利に試合展開を持ち込める
コントロール系にも5分以上の試合ができるがやはりオーディンの有無で勝ち負けが決まりやすいので構築の段階で何に勝ちたいのかはしっかりと決めておく
構築、プレイング共に玄人向けのデッキではあると思う
弱い点高いバーストダメージを出すことの出来るテンポエルフ(リノセウス)、アグロネクロ(ミミココハウル)は厳しい試合展開が多い
またモルディカイとセラフ、超越ウィッチはかなりキツめ前の二つはオーディンを構築に入れているかで変わって来るが、超越ウィッチは余程のことがない限りは試合を落とすことになる。

参考になった

25

【プレイヤーレベル】Master

強い点取り敢えず高い。その割にそこまで勝てない。相手にサタン出されても上手ければ耐えられる。このデッキを使って事故ってない超越に勝ったらシャドバ天下取れる。
弱い点使ってるだけで性格が悪いと思われる。契約を打ったらめちゃくちゃ手札が増えるがいらないものばかり引く。このデッキを使ってアグロヴァンパイアに負けたらシャドバやめたほうがいい。

参考になった

32
もっと見る

立ち回りのコツ

除去、回復カードを駆使して、終盤まで持ち込むことが立ち回りのコツです。

相手リーダーには、盤面を取れている場面のみ攻撃を行い、相手フォロワーと積極的にトレードをしていきましょう。

引き直し(マリガン)

2コストカードを優先

序盤からライフを削られないように、2コストカードを優先してマリガンを行いましょう。

先行であればユニコバフォメットの2コストフォロワー、後攻であれば鮮血の口付け群れなす飢餓の処理カードをキープできるのが理想です。

漆黒の契約をキープ

3ターン目に漆黒の契約をプレイできれば、手札のアドバンテージを取りやすいため、積極的にキープしていきましょう。

しかし、相手がネクロなどアグロ系が予想されるときは、テンポロスが命取りとなるので戻して構いません。

後攻はワードロブレイダーをキープ

後攻であれば、4ターン目の進化先としてワードローブレイダーをキープしましょう。

1:2交換と回復を行えるため、盤面の有利を取りやすいです。

1~3ターン

ライフを削られないようにする

序盤からライフを削られないように、2コストカードを駆使して盤面の処理を徹底しましょう。

バフォメットはエンハンスを考慮せず、2ターン目に出してトレード要員として使ってしまって構いません。

鋭利な一裂きの無駄打ちは避ける

鋭利な一裂きは、メアリーと組み合わせて更に打点を上げられるため、序盤で相手リーダーに使うことは極力避けましょう。

序盤でフォロワー除去に使うか、メアリーと組み合わせて5点ダメージを狙う使い方が理想です。

4~6ターン

引き続きフォロワー除去に専念

引き続きフォロワー除去に徹していきましょう。進化はワードローブレイダーに使えるのが理想です。

メアリーをプレイする

メアリーは、相手からすると放置できないフォロワーなので、処理を強要するために5ターン目に出すの有効です。

進化を使ってメアリーを取ってきたフォロワーに、群れなす飢餓鮮血の口付けで除去できれば、手札のアドバンテージを取りやすいです。

7~10ターン

息切れを狙う

相手がアグロ、ミッドレンジ系であれば、黙示録セクシーヴァンパイアなどで息切れを狙いやすいです。

疾走によるダメージなどに気を配りながら、相手の勝ち筋を無くしていきましょう。

サタンやバハムートで優勢に

劣勢の場合はバハムート、均衡以上であればサタンをプレイして勝負を仕掛けていきましょう。

サタンは、プレイしたターンにテンポロスが起きるので、事前に黙示録などで盤面を取っておく必要があります。

メアリーのコンボで大ダメージ

10PP時は、メアリー+漆黒の契約+鋭利な一裂きで11点の大ダメージを与えられます。

相手の展開が遅く、序盤で相手ライフを削れている状態であれば、メアリーのコンボで勝負を決めにいきましょう。

コントロールヴァンパイアの対策と有利デッキ

復讐状態を極力避ける

ヴァンパイア系統は、復讐状態時に効果がより強力になるカードを多くあるので、むやみに復讐状態にいれてしまうのは避けましょう。

自傷カードを考慮し、相手ライフを13に止めつつ、フォロワーを横に展開していくことが理想です。

早い展開で押し切る

アグロ系であれば、終盤を迎える前に勝負を決めにいくことが重要です。

5~6ターンで相手ライフが10付近であれば、黙示録は割り切って積極的にダメージを与え、進化を惜しまず使って押し切ってしまうのが有効です。

各デッキタイプ

タイプ 対策方法
アグロ ・序盤からフォロワーを展開して相手の体力を削りに行く
・中盤以降は疾走フォロワーを積極的に出して早めに勝負をつける
ミッドレンジ ・序盤は有利なトレードを繰り返し盤面の制圧を最優先する
・後半は大型フォロワーを展開しつつ一気に攻める
コントロール ・序盤は有利なトレードを繰り返し盤面の制圧を最優先する
・後半は大型フォロワーを展開しつつ一気に攻める

その他のヴァンパイアデッキ一覧

アグロヴァンパイア 疾走(復讐)ヴァンパイア

コントロールヴァンパイアを使ったことある方へ!
評価を募集してます!

  • プレイヤーレベル
  • 評価
    ①コストバランス②手札の回しやすさ③カードの強さの観点から見て点数付け
    ※評価人数は使った人の声や独自の調査で集計した人数です。
  • コントロールヴァンパイアが強い点
  • コントロールヴァンパイアが弱い点

2015y09m08d_165507318

攻略メニュー