アグロヴァンパイアのデッキレシピ/立ち回りと対策

昏き底より出でる者を採用したデッキを作成!次期環境の覇権を握れるのか?
昏きOTKヴァンパイア

シャドウバース(シャドバ)のアグロヴァンパイアのデッキレシピを紹介します。立ち回りや対策はもちろん、評価や特徴、相性、おすすめ代替カードなどを記載しています。アグロヴァンプデッキ構築の参考にしてください。

アグロヴァンパイア

ヴァンパイアのおすすめデッキ
アグロヴァンパイア 疾走(復讐)ヴァンパイア

▶ヴァンパイアのデッキ一覧はこちら

アグロヴァンパイアの評価と特徴

評価点 93/100点
扱いやすさ
デッキタイプ アグロ

アグロヴァンパイアの特徴

超高速でフィニッシュを狙える

アグロヴァンパイアは、とにかくライフを削る効果を持ったカードを多く採用しており、相手ライフを高速で削ることができるので、早ければ5,6ターン目にフィニッシュが狙えます。

疾走フォロワーをはじめ、鋭利な一裂きデモンストームといった、手札から相手のライフを削れるカードが多いので、盤面が不利な状況になっても押し切れるのが強みです。

プレイが簡単

コスト順にフォロワーを展開し、積極的にリーダーへダメージを与えていくだけでも十分に強いデッキなので、プレイ自体も比較的簡単です。

また、低コストフォロワーを多く採用しているため、マリガンでの手札事故も少なく安定した動きを行いやすいのも特徴です。

手札消費が激しい

フォロワー1枚1枚のスタッツは低いため、手札消費が激しいことがネックです。早い段階で盤面を一掃されてしまうと、相手のライフを削るリソースが足りず、息切れしてしまいます。

デッキの相性

超越ウィッチに有利

超越ウィッチは、フォロワーの展開がほとんどなく、有利に立ち回ることができます。

序盤からダメージを与えやすく、相手は守護フォロワーや回復カードを採用しているケースが非常に少ないため、最短での勝利を狙えます。

アグロネクロに不利

自傷カードが多いため、アグロネクロにはライフを先に削られやすく不利な相手です。なるべく自傷カードを使わずに、フォロワー展開のみで押し切ることが重要です。

主流デッキとの相性

対戦デッキ 相性
超越ウィッチ(スペルウィッチ) 超有利
疾走(復讐)ヴァンパイア やや有利
ランプドラゴン やや有利
イージスビショップ やや有利
OTKエルフ(コンボエルフ) 五分
疾走ガルラビショップ 五分
アルベールロイヤル 五分
ネフティスネクロ 五分
ヘクターミッドレンジネクロ やや不利
アグロネクロ 不利

デッキレシピ

アグロヴァンパイア

作成コスト5,100

作成コスト:デッキのカードを全て生成した場合に必要な、レッドエーテルの総量

フォロワー 効果 コスト 枚数
蠢く死霊 【蠢く死霊】
ファンファーレ お互いのリーダーに1ダメージ。
1 3枚
呪剣の吸血鬼 【呪剣の吸血鬼】
ファンファーレ 復讐 状態なら+1/+1する。
1 3枚
ブラッドウルフ 【ブラッドウルフ】
疾走 ファンファーレ 自分のリーダーに2ダメージ。
2 3枚
吸血姫・ヴァンピィ 【吸血姫・ヴァンピィ】
自分の場にフォレストバットが出るたび、相手のリーダーに1ダメージ。
2 3枚
レヴィオンデューク・ユリウス 【レヴィオンデューク・ユリウス】
相手の場にフォロワーが出るたび、相手のリーダーに1ダメージ。
2 3枚
キラーデビル 【キラーデビル】
ファンファーレ フォレストバット1体を出す。
3 3枚
吸血貴・ヴァイト 【吸血貴・ヴァイト】
守護 交戦時、フォレストバット1体を出す。
3 3枚
インプランサー 【インプランサー】
疾走
6 3枚
スペル 効果 コスト 枚数
鋭利な一裂き 【鋭利な一裂き】
自分のリーダーに2ダメージ。 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。
2 3枚
眷属の召喚 【眷属の召喚】
フォレストバット2体を出す。
2 3枚
デモンストライク 【デモンストライク】
相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。
4 1枚
夜の群れ 【夜の群れ】
フォレストバット2体を出す。 相手のフォロワー1体に、自分の場のフォレストバットの数と同じダメージ。
4 3枚
死の舞踏 【死の舞踏】
相手のフォロワー1体を破壊する。相手のリーダーに2ダメージ
5 2枚
デモンストーム 【デモンストーム】
お互いのリーダーとフォロワーすべてに3ダメージ。
6 2枚

デッキコードを発行

おすすめ代替カード

カード おすすめ理由
ゴブリン 【ゴブリン】
1コストフォロワーを増量したい場合に、採用が検討されるフォロワーです。死の舞踏などと入れ替え候補。
吸血鬼の古城 【吸血鬼の古城】
ヴァンピィや眷属の召喚と組み合わせることで、大ダメージを狙うことができるアミュレットです。デモンストームなどと入れ替え候補。
群れなす飢餓 【群れなす飢餓】
守護の除去に使えるスペルです。環境に多いネクロの死の祝福を、1枚で処理できる点は魅力になります。デモンストームなどと入れ替え候補。
糸蜘蛛の悪魔 【糸蜘蛛の悪魔】
2コストでありながら高い体力と守護を持つため、場にフォロワーを残しやすくできます。2コストフォロワーなどと入れ替え候補。
サディスティックナイト 【サディスティックナイト】
中型守護の除去に使いやすいスペルです。環境に多いドラゴンのラハブを処理する際に、重宝します。
ミッドナイトヴァンパイア 【ミッドナイトヴァンパイア】
自分のフォレストバットすべてを+1/+0することができ、フォレストバットが与えるダメージを上げることで、より早く決着をつけやすくなるカードです。ヴァイトなどと入れ替え候補。
御言葉の天使 【御言葉の天使】
ファンファーレで盤面か相手リーダーに1点ダメージを与えれるので、状況に応じた対応ができるフォロワーです。ヴァイトなどと入れ替え候補。
ソウルミニデビル 【ソウルミニデビル】
相手が4ターン目を迎える前のターンに場に出せると、進化を牽制できます。攻撃力が高い点も相性は良いです。ヴァイトなどと入れ替え候補。
狂気の処刑人 【狂気の処刑人】
3/3のスタッツを持つので、採用率の高いグリームニルを一方的に処理することが可能です。キラーデビルなどと入れ替え候補。
ダークジェネラル 【ダークジェネラル】
復讐状態でプレイしたなら疾走を持つことができるため、後半のダメージシソースとして活躍できるフォロワーです。デモンストライクなどと入れ替え候補。

大会入賞デッキ

大会名・結果 入賞者 時期
JCG 2nd Season Vol.35 優勝 ☆まっつ☆ 2017/5/20

キーカードやおすすめカード

吸血姫・ヴァンピィ

吸血姫・ヴァンピィ 吸血姫・ヴァンピィ
進化前:自分の場にフォレストバットが出るたび、相手のリーダーに1ダメージ。
進化後:進化時 フォレストバット1体を出す。
自分の場にフォレストバットが出るたび、相手のリーダーに1ダメージ。

ヴァンピィは、フォレストバットが場に出るたびに、バーンダメージを与えることができる優秀なダメージソースです。

主なコンボとしては、4ターン目に眷属の召喚と同時展開してヴァンピィに進化を使うことができれば、バーンダメージだけで3ダメージ稼ぐことができます。

レヴィオンデューク・ユリウス

レヴィオンデューク・ユリウス レヴィオンデューク・ユリウス
進化前:相手の場にフォロワーが出るたび、相手のリーダーに1ダメージ。
進化後:相手の場にフォロワーが出るたび、相手のリーダーに1ダメージ。

ユリウスは、相手がフォロワーを展開するたびに相手のリーダーに1ダメージ与えることができるため、アグロ系などのフォロワーを多く展開するデッキに対して有効です。

厄介な効果を持ちながら、1/3と高い体力を持つため場持ちも良く、相手に除去を強要できる点も強みです。

鋭利な一裂き

鋭利な一裂き
進化前:自分のリーダーに2ダメージ。
相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。

鋭利な一裂きは、自傷行為を行う変わりに 相手のリーダーかフォロワーに3ダメージ与えることができるため、守護フォロワーの突破やリーダーへのダメージソースとして活躍できます。

終盤でもフィニッシュカードとして活躍することができるため、手札で腐ることが少ない優秀なカードです。

インプランサー

インプランサー インプランサー
進化前:疾走
進化後:疾走

インプランサーは、3/6と高い体力と疾走を持つため、ダメージソースとして活躍しやすいカードです。

進化を使えば素早く相手リーダーへ5ダメージ与えることができ、体力が8と簡単に除去できないの点も魅力です。

アグロヴァンパイアを使った人の評価

アグロヴァンパイアに対するみんなの評価

3人グラフ グラフ グラフ 1人グラフ 2人グラフ 1人グラフ 1人グラフ 10人グラフ 14人グラフ 5人グラフ
10 20 30 40 50 60 70 80 90 100

※評価人数は使った人の声や独自の調査で集計した人数です

アグロヴァンパイアを使った人の声

【プレイヤーレベル】AA0~3

強い点4ターン目までのスピード感
中盤からのバーンダメージの応酬
一裂きジェネラル
弱い点序盤に足止めされるとダメージが伸びない
回復されるとしんどい
8ターン過ぎると勝機なし

参考になった

38

【プレイヤーレベル】AA0~3

強い点運さえあれば10連勝も余裕(自分の最多は21連勝)な爆発力と自傷復讐ダークジェネラルの決定力に尽きると思う
圧倒的なスピードがあるし決まれば気持ちいい
あと安い
弱い点回復されればまず詰むためドラゴンやビショにかなり弱い
その上現状最強のヘクターネクロにはパワー負けしやすく最強とは言い難い
事故れば完全にお亡くなりになり下手したら8連敗ぐらいなら平気で起こる

参考になった

36

【プレイヤーレベル】AA0~3

強い点低コストのカードが豊富で、事故が少ない。後攻でも、除去スペルなどをうまく使えばある程度の勝率はキープできる。そのうえ掛かるエーテルが非常に安いので、無課金の人でも楽に作ることができるのでオススメ
弱い点後半になってからは息切れしてしまうので、自傷ドロースペルの血の取引と復讐状態になると疾走を持つダークジェネラルを入れてもいいと思う。

参考になった

25
もっと見る

立ち回りのコツ

アグロヴァンパイアは、序盤はスペルを極力使わず、フォロワーで積極的に相手のライフを削っていくことが立ち回りのコツです。

中盤に差し掛かるまでにライフを大きく削っておければ、鋭利な一裂きデモンストライクなどのバーンスペルで、守護を気にすることなく残りライフを削れます。

鋭利な一裂きやデモンストライクなどは、バーンダメージを持つ貴重なスペルです。フォロワーを除去するための発動は極力避けて、相手リーダーへのダメージソースとして使いましょう。

引き直し(マリガン)

マナカーブ通りに引きたい

序盤はテンポ良くプレイするのが重要なので、PP順にプレイできるような手札を狙いましょう。蠢く死霊ユリウスヴァイトといったカードを1枚ずつ引けるのが理想です。

バーンカードは戻そう

序盤は、バーンスペルよりテンポよくフォロワーをプレイして盤面を制圧していきたいので、バーンカードは全て戻してしまいましょう。

ただし、後攻の場合は、エンシェントエルフグリームニルなどの厄介な守護フォロワーを出されてしまうとフォロワーを消耗させられ、手札が枯渇する要因になります。

序盤に守護フォロワーを立てられる可能性のある相手の場合は、鋭利な一裂きのキープを検討しましょう。

1~3ターン

テンポよくプレイしていこう

序盤はとにかくフォロワーを展開していくことが重要です。蠢く死霊ヴァンピィヴァイトや、蠢く死霊→ヴァンピィキラーデビルなどが理想です。

ひたすらフェイスを攻撃

フォロワーを展開したら、相手のフォロワーは無視してひたすらフェイスを攻撃しましょう。フォロワーのスタッツが低いので、トレードを繰り返しているとアグロヴァンプ側が先に息切れしてしまいます。

相手がエルフクラスの場合は、フォロワーを無視するとエンシェントエルフが裏目となります。1/2のフォロワーがいれば、フェアリーを1体でも処理しておくことで突破しやすいです。

4~6ターン

EPを積極的に使おう

進化権は、疾走を持ったフォロワーや、リーダーに攻撃できるフォロワーに使い、積極的にライフを削っていきましょう。

特にインプランサーは進化すると体力が8と高く、非常に場持ちが良くなるため、積極的に進化を使用したいフォロワーです。

残りライフに注意

順調にライフを削れていて、盤面が優勢であっても、自身の残りライフには注意しましょう。

アグロヴァンパイアは自身のライフを削るカードがあるため、気付いたら相手のリーサル圏内に陥っていたという状況は珍しくありません。

7~9ターン

トップを意識してプレイ

盤面が劣勢の場合、取り返すことはほぼ不可能であるため、何を引けば相手のライフを削れるか考えてプレイしましょう。

特にフォレストバットを出すカードは、ヴァンピィが場にいればダメージソースとなるので、無闇に出さずに温存しておくことが重要です。

クラス毎の立ち回りのコツ

エルフ

OTKエルフを想定したマリガン

エルフで最も主流なOTKエルフを想定して引き直します。先攻、後攻ともにマナカーブ通りにキープできているのが理想です。

また、序盤からエンシェントエルフを展開されと攻撃をと止められる可能性があるため、鋭利な一裂きのキープしましょう。

フォロワー処理を優先

序盤のフォロワーを無視すると、エンシェントエルフのスタッツを上げてしまう場合があるため、積極的にフォロワーを除去していきましょう。

しかし、早期決着を狙うデッキなので相手のフォロワー展開が遅い場合は、リーダーへの攻撃を優先しましょう。

リノセウスのダメージを警戒

OTKエルフは、リノセウスのコンボで中盤以降は10点以上のダメージを与えてくる場合があるため、注意が必要です。

リノセウスによるダメージを把握しておき、リーサル圏内に入っているのであれば、ヴァイトなどの守護フォロワーを優先して展開するようにしましょう。

ロイヤル

アルベールロイヤルを想定したマリガン

ロイヤルでもっとも主流なアルベールロイヤルを想定して引き直します。先攻、後攻ともにマナカーブ通りにキープできているのが理想です。

序盤からフォロワーをテンポ良くプレイしていきたいため、鋭利な一裂きなどのバーンダメージ系のスペルはマリガンで戻してしまいましょう。

ダメージレースで負けないことを意識

先攻であれば、フォロワーを複数展開してリーダーを優先的に攻撃します。フォロワートレードが有利な場合のみにして、ダメージレースで優位に立ちましょう

進化権は、少しでもリーダーへ与えるダメージを上げるために、リーダーへ攻撃できるフォロワーに使うことが重要です。

疾走フォロワーのダメージを警戒

アルビダの号令アルベールなど、疾走フォロワーが与えるダメージに注意が必要です。相手の方が早くリーサルに入ってしまった場合は、盤面を制圧していき、ヴァイトを展開するようにしましょう。

ウィッチ

超越ウィッチを想定したマリガン

ウィッチでもっとも主流な超越ウィッチを想定して引き直します。先攻、後攻ともにマナカーブ通りにキープできているのが理想です。

序盤からフォロワーをテンポ良くプレイしていきたいため、鋭利な一裂きなどのバーンダメージ系のスペルはマリガンしてしまいましょう。

リーダーを最優先で攻撃

早期決着を狙うために、相手がフォロワーを展開しても無視してリーダーを攻撃するようにしましょう。しかし、例外としてマーリンのようなスペブを加速させるフォロワーは必ず処理します。

虹の輝きを警戒

虹の輝きは2コスト以下のフォロワーが対象となるので、進化させるフォロワーは3コスト以上を優先しましょう。

ランプドラゴンを想定したマリガン

ドラゴンでもっとも主流なランプドラゴンを想定して引き直します。先攻、後攻ともにマナカーブ通りにキープできているのが理想です。

序盤からフォロワーをテンポ良くプレイしていきたいため、鋭利な一裂きなどのバーンダメージ系のスペルはマリガンしてしまいましょう。

サラマンダーブレスに注意

相手のPPが6以上の場合は、サラマンダーブレスで盤面を一掃される場合があるため、警戒が必要です。

進化権を使って、体力3以上のフォロワーを2体以上残すようにしましょう。

ネクロマンサー

ミッドレンジネクロを想定したマリガン

ネクロでもっとも主流なヘクターミッドレンジネクロを想定して引き直します。先攻、後攻ともにマナカーブ通りにキープできているのが理想です。

序盤からフォロワーをテンポ良くプレイしていきたいため、鋭利な一裂きなどのバーンダメージ系のスペルはマリガンしてしまいましょう。

リーダーへの攻撃を最優先

先攻、後攻ともに、フォロワーを複数展開してリーダーを優先的に攻撃しましょう。進化するフォロワーもリーダーへ攻撃できるフォロワーを優先します。

しかし、墓地が4以上ある場合は、破魂の少女で破壊される恐れがあるため、注意が必要です。

ヴァンパイア

疾走(復讐)ヴァンパイアを想定したマリガン

ヴァンパイアで主流な疾走(復讐)ヴァンパイアを想定して引き直します。先攻、後攻ともにマナカーブ通りにキープできているのが理想です。

序盤からフォロワーをテンポ良くプレイしていきたいため、鋭利な一裂きなどのバーンダメージ系のスペルはマリガンしてしまいましょう。

序盤は盤面制圧を優先

盤面制圧を最優先で行うようにしましょう。序盤からリーダーへダメージを与えていっても無駄になる場合があります。

ただし、スタッツが高い復讐の悪魔は不利交換となるため、無視しても構わないです。

復讐状態になったら攻め込む

相手が復讐状態になったら一気に攻め込みましょう。フォロワーの攻撃だけでなく、鋭利な一裂きなどのバーンカードも使ってライフを削りきります。

ビショップ

イージスビショップを想定したマリガン

ビショップで主流なイージスビショップを想定して引き直します。先攻、後攻ともにマナカーブ通りにキープできているのが理想です。

序盤からフォロワーをテンポ良くプレイしていきたいため、鋭利な一裂きなどのバーンダメージ系のスペルはマリガンしてしまいましょう。

リーダーを最優先で攻撃

序盤からフォロワーを展開してフェイスをを攻めましょう。相手に除去される前に決着を狙いたいです。

回復が追いつかなくなるように、疾走フォロワーや、相手リーダーを攻撃できるフォロワーを積極的に進化させてライフを削りましょう。

アグロヴァンパイアの対策と有利デッキ

フォロワーを積極的に処理

アグロヴァンパイアは、序盤から小型フォロワーを複数展開し、ダメージを与えるプレイを得意としています。相手の攻撃の被害を最小限に抑えるため、積極的にフォロワーを処理していきましょう。

特に、フォレストバットを場に残してしまうと、夜の群れなどのカードで利用されてしまうため、フォレストバットは優先的に処理するようにしましょう。

ライフを高く維持しよう

鋭利な一裂きなど豊富なバーンカードを使用してくるため、ライフが少ないと守護を用意しても削りきられてしまいます。

フォロワーからのダメージを最小限にするのはもちろん、バーンカードを複数枚打たれることを考慮して、ライフはなるべく高く維持するようにしましょう。

各デッキタイプの戦い方

タイプ 対策方法
アグロ ・デッキタイプによって戦い方が異なる
・先行であれば有利トレードだけ行いひたすらフェイス
・後攻の場合はフォロワーを徹底して処理し、被ダメを抑える
ミッド
レンジ
・先行後攻問わず、フォロワーを徹底して処理し、被ダメを抑える
・ライフと盤面に余裕がでてきたら相手のライフを削っていく
コン
トロール
・先行後攻問わず、フォロワーを徹底して処理し、被ダメを抑える
・ライフと盤面に余裕がでてきたら相手のライフを削っていく

その他のヴァンパイアデッキ一覧

アグロヴァンパイア 疾走(復讐)ヴァンパイア

アグロヴァンパイアを使ったことある方へ!
評価を募集してます!

  • プレイヤーレベル
  • 評価
    ①コストバランス②手札の回しやすさ③カードの強さの観点から見て点数付け
    ※評価人数は使った人の声や独自の調査で集計した人数です。
  • アグロヴァンパイアが強い点
  • アグロヴァンパイアが弱い点

2015y09m08d_165507318

攻略メニュー