ドロシーウィッチ(テンポウィッチ)のデッキレシピ/立ち回りと対策

新環境デッキ一覧を作成!次期環境の注目デッキを要チェック!
新環境デッキレシピ一覧

シャドウバース(シャドバ)のドロシーウィッチのデッキレシピを紹介します。大会入賞デッキや立ち回り、対策はもちろん、特徴や相性、おすすめ代替カードなどを記載しています。ドロシーウィッチデッキ構築の参考にしてください。

ドロシーウィッチ(テンポウィッチ)

ウィッチのおすすめデッキ
ドロシーウィッチ(テンポウィッチ) アグロウィッチ

▶ウィッチのデッキ一覧はこちら

ドロシーウィッチ(テンポウィッチ)の評価と特徴

評価点 91/100点
扱いやすさ
デッキタイプ コントロール

ドロシーウィッチの特徴

中盤までに怒涛の展開で盤面を制圧

ドロシーウィッチは、クラークやスペルを利用してブーストしていき、中盤以降にブーストでコストを下げたフォロワーを大量展開することで、盤面を制圧して勝利を狙うデッキです。

順調にスペルブーストしていけば、5ターン目にはドロシーを展開することができるため、ゲイザー刃の魔術師エミルなどを並べて中盤には盤面を制圧できるのが強みです。

また、進化時に紅蓮の魔術を生み出せるレヴィや、進化と組み合わせれば2コストで打てるルーンの貫きなどの優秀な除去カードも多いため、不利な盤面を取り返しやすい点も強力です。

ドロシーでドロシーを引くと手札が切れにくい

ドロシーの効果でドロシーを引けると、次ターン以降に低コストでプレイできるので、手札切れを起こさずに盤面にフォロワーを並べたり、相手フォロワーの除去が可能です。

ドロシーをプレイするときは、プレイ後に2PP程度余るようにプレイするのが理想です。PP残して置くことで、刃の魔術師などをすぐにプレイできるようになるため、ドロシー後の動きの幅が広がります。

全体除去と守護に弱い

ドロシーウィッチは、盤面にフォロワーを複数ならべて押し切るデッキなので、テミスの審判黙示録破砕の禁呪などの全体除去に弱いです。

また、守護を大量に展開する陽光ビショップなどには、思うように相手リーダーへダメージを与えられないため、押しきれない場合があります。

デッキの相性

ロイヤルやエルフのデッキに有利

ドロシーウィッチは、全体除去の手段が少ないロイヤルやエルフに有利です。

早い段階でドロシーを出してフォロワーを複数展開できれば相手の処理が追い付かず、そのまま押し切ることができます。

コントロール系のデッキが苦手

長期戦を意識したコントロールデッキには、盤面の有利を取れたとしてもテミスの審判黙示録などの全体除去で返されてしまい、長期戦になって息切れしてしまう可能性があります。

デッキレシピ

ドロシーウィッチ(テンポウィッチ)

作成コスト18,500

作成コスト:デッキのカードを全て生成した場合に必要な、レッドエーテルの総量

フォロワー 効果 コスト 枚数
古き魔術師・レヴィ 【古き魔術師・レヴィ】
-
2 3枚
マナリアウィザード・クレイグ 【マナリアウィザード・クレイグ】
ファンファーレ 手札のフォロワー1枚を2回スペルブーストする
2 3枚
ベビーウィッチ・エミル 【ベビーウィッチ・エミル】
スペルブースト コスト-1
3 2枚
神秘の探求者・クラーク 【神秘の探求者・クラーク】
ファンファーレ スペルブーストを持つ手札のフォロワーすべてを、2回スペルブーストする。
3 3枚
ゲイザー 【ゲイザー】
スペルブースト コスト-1
5 3枚
マジカルガール・メルヴィ 【マジカルガール・メルヴィ】
ファンファーレ 自分と相手はカードを手札が7枚になるまで引く。
5 2枚
刃の魔術師 【刃の魔術師】
疾走 スペルブースト コスト-1
6 3枚
次元の魔女・ドロシー 【次元の魔女・ドロシー】
ファンファーレ 手札をすべて消滅させ、カードを5枚引く。5回スペルブーストする。 スペルブースト コスト-1
9 3枚
スペル 効果 コスト 枚数
エンジェルスナイプ 【エンジェルスナイプ】
相手のリーダーか相手のフォロワー1体に1ダメージ。
1 3枚
知恵の光 【知恵の光】
カードを1枚引く。
1 3枚
マジックミサイル 【マジックミサイル】
相手のリーダーか相手のフォロワー1体に1ダメージ。 カードを1枚引く。
2 3枚
ゴーレムの練成 【ゴーレムの練成】
クレイゴーレム1体を出す。
2 3枚
ルーンの貫き 【ルーンの貫き】
相手のフォロワー1体に2ダメージ。相手のリーダーに2ダメージ。自分のフォロワーが進化したとき、このカードのコストを2にする。
4 3枚
運命の導き 【運命の導き】
カードを2枚引く。 スペルブースト コスト-1
5 1枚
変異の雷撃 【変異の雷撃】
相手のフォロワーすべてを《燃えネズミ》に変身させる。
6 2枚

デッキコードを発行

おすすめ代替カード

カード おすすめ理由
魔力の蓄積 【魔力の蓄積】
ドロシーを早い段階で出せるようになり、他のフォロワーのスペルブーストや手札補充もできます。運命の導きとの入れ替え候補。
デモンストライク 【デモンストライク】
メルヴィの効果と相性の良いバーンカードです。エンジェルスナイプなどと入れ替え候補。
フレイムデストロイヤー 【フレイムデストロイヤー】
スタッツが高いので全体除去カードを打たれても生存率が高いです。刃の魔術師との入れ替え候補。

大会入賞デッキ

大会名・結果 入賞者 時期
JCG 2nd Season Vol.19 優勝 澤村スペンサー英梨々 2017/4/2

キーカードやおすすめカード

神秘の探求者・クラーク

神秘の探求者・クラーク 神秘の探求者・クラーク
進化前:ファンファーレ スペルブーストを持つ手札のフォロワーすべてを、2回スペルブーストする。
進化後:-

クラークは、スペルブーストを持つ手札のフォロワーすべてを、2回スペルブーストすることができるため、ドロシーゲイザーなどを低コストでプレイしやすくなります。

スペルブーストでコストを減らすフォロワーを多く採用しているドロシーウィッチと非常に相性が良く、必須カードです。

ルーンの貫き

ルーンの貫き
進化前:相手のフォロワー1体に2ダメージ。相手のリーダーに2ダメージ。自分のフォロワーが進化したとき、このカードのコストを2にする。

ルーンの貫きは、相手フォロワー1体とリーダーに2ダメージ与えることができるスペルで、盤面制圧とバーンダメージ2つの役割をこなせる優秀なカードです。

自分のフォロワーが進化したときにルーンの貫きが手札にあれば、2コストで使用することができ、コスパが良い点も魅力です。

ゲイザー

ゲイザー ゲイザー
進化前:スペルブースト コスト-1
進化後:-

ゲイザーは、高い確率で低コストでプレイすることができ、序盤に出せれば高い盤面制圧力を持つフォロワーです。

ドロシーの効果で引くことができればコストを0にできる点も強みです。

変異の雷撃

変異の雷撃
進化前:相手のフォロワーすべてを《燃えネズミ》に変身させる。

変異の雷撃は、相手のフォロワーすべてを燃えネズミに変身させることができるスペルで、燃えネズミのバーンダメージ使ってリーダーへダメージを与えることができるフォロワーです。

序盤からダメージを与えることができていれば、フィニッシャーとして使うことも可能で、変身させる効果を持つためラストワード対策にもなります。

次元の魔女・ドロシー

次元の魔女・ドロシー 次元の魔女・ドロシー
進化前:ファンファーレ 手札をすべて消滅させ、カードを5枚引く。5回スペルブーストする。
スペルブースト コスト-1
進化後:-

ドロシーは、カードのドローとスペルブーストを同時こなすことができる強力なフォロワーです。

ドロシーの効果で、フォロワーを複数展開することもできるため、高い盤面制圧力を持つ点が強みです。

また、強制的に手札を5枚にすることができるため、手札補充として使うことも可能です。

ドロシーウィッチ(テンポウィッチ)を使った人の評価

ドロシーウィッチ(テンポウィッチ)に対するみんなの評価

2人グラフ グラフ グラフ グラフ グラフ 1人グラフ 1人グラフ 15人グラフ 17人グラフ 6人グラフ
10 20 30 40 50 60 70 80 90 100

※評価人数は使った人の声や独自の調査で集計した人数です

ドロシーウィッチ(テンポウィッチ)を使った人の声

【プレイヤーレベル】A0~3

強い点序盤でドロシーを引いていれば、早い段階でスペルブーストでだせる。速攻で押し切れるデッキ。
ドロシーでクラークを引いた場合、〇コストになるのが非常に大きい。スペルブーストしながら盤面の固定と相手のライフも削れる。
弱い点ドロシーでドロシーが来たらあ~ってなる。
使いたいカードが残ってるのにドロシーを使わざるを得ない場面が結構あってもったいない感じがする。
そういう時はだいたい負ける。

参考になった

31

【プレイヤーレベル】B0~3

強い点展開次第では秒殺も可能。全てが噛み合えばほんとに強いデッキ。あと、ドロシー可愛い。
弱い点序盤にフォロワー引けず、敵に展開負けでリーサル、なんてことも多々。ほんまに運要素が強いデッキ。圧倒的事故率

参考になった

41

【プレイヤーレベル】A0~3

強い点体感ではありますが、ネクロ相手には割と勝てる。
あと、とにかくドロシーがかわいい
弱い点ドラゴンにあんまり勝てない

参考になった

42
もっと見る

立ち回りのコツ

ドロシーウィッチは、いかに早くフォロワーを展開して盤面を制圧できるかが重要です。

序盤は低コストスペルやクレイグクラークドロシーゲイザーを積極的にスペルブーストし、早い段階でドロシーを出して一気にフォロワーを展開しましょう。

さらに、ルーンの貫き刃の魔術師で相手リーダーにダメージを与えられれば、早い段階で決着をつけられます。

引き直し(マリガン)

ドロシーを狙ってマリガン

マリガンではドロシーを積極的に探しに行くことをおすすめします。また、クラーククレイグ知恵の光は引いたらキープします。

ゲイザークラーククレイグを引き込めている場合のみキープします。

後攻ならばレヴィもキープ

後攻であれば、盤面の処理能力の高いレヴィをキープしても良いでしょう。ルーンの貫きと合わせて使用すると、4ターン目に盤面を返すことができます。

1~3ターン

相手がアグロ~ミッドレンジの場合

相手のフォロワー展開に負けないように、クレイグクラークなどのフォロワーを展開していき盤面の制圧をしていきましょう。

エミルをスペルブーストして早い段階で出せれば序盤を有利に進めることができます。

相手がコントロール系の場合

相手の除去が追いつかないよう、1~2ターンはスペルを使用してフォロワーをスペブし、3ターン目に2体以上のフォロワーを展開することが理想です。

また、超越ウィッチが相手の場合は、長期戦になると不利なのでリーダーへのダメージを最優先します。

4~6ターン

フォロワーを大量展開

中盤は、スペルブーストでフォロワーのコストを減らしつつ、エミルゲイザーなどのフォロワーを展開して盤面の制圧を狙います。

相手がアグロ系で、盤面が不利な状態であればレヴィルーンの貫きを盤面の処理に使いましょう。

ドロシーは早めに展開したい

ドロシーが手札にある状態であれば、早い段階で展開し、エミルゲイザーを引ければ一気に展開して盤面を制圧しましょう。

ただし、ビショップデッキにはテミスの審判の採用率が高く、6ターン目にフォロワーを一気に展開すると返されて不利になってしまう場合があるため、相手にテミスを使わせてから、フォロワーを展開することが重要です。

メルヴィで手札補強

ドロシーがない場合はメルヴィで手札を補強しましょう。

しかし、相手もドローする効果があるので、手札消費の激しいアグロ系統が相手の場合は、プレイしないようにしましょう。

7~9ターン

相手のフォロワーを燃えネズミに

相手の大量展開や大型フォロワーの召喚に合わせて、変異の雷撃を撃っていきましょう。

特に、大量展開後は燃えネズミのバーン効果によるリーサルの可能性もあるので、見逃さないようにしましょう。

早めの決着を意識

フォロワー展開力は高いですが、持久力があるデッキとは言えないため、できるだけ早いターンで勝負を決められるのが理想です。

相手のライフが低ければ、ルーンの貫きエンジェルスナイプでトドメを刺せる場面があります。中盤以降は相手リーダーのライフを意識しながらプレイして、勝てる場面を逃さないようにしましょう。

クラス毎の立ち回りのコツ

エルフ

OTKエルフを想定したマリガンを

環境で主流のエルフはOTKエルフなので、OTKを意識したマリガンを行います。先攻後攻問わずドロシークレイグクラークを狙ってマリガンします。

また、知恵の光は引いたらキープしましょう。他にスペブ対象が無くても1ターン目から発動します。

3ターン目まではエンシェントエルフを警戒

1ターン目と2ターン目に相手がフォロワーを出した場合、エンシェントエルフのスタッツをあげてしまう恐れがあるため、出来る限り処理に回りましょう。

盤面を制圧する

OTKエルフは展開力が低いため、ドロシーウィッチ側から展開して盤面を制圧して攻めていきます。

中盤ではドロシーなどの大型フォロワーはフェイスを攻めましょう。小型フォロワーは無視しても構わないです。

展開する際は相手の森の意志に注意しましょう。相手の手札の枚数分しかダメージはでないので、相手の手札の枚数は常に気を配ります。

相手のリーサルをしっかりと計算

守護フォロワーは採用していないので先に攻め切らなければ、リノセウスのバーストダメージを受けてしまいます。

終盤戦まで持ち込まれた場合は、相手の中型フォロワーは処理して相手のリーサルから逃れましょう。

ロイヤル

アルベールロイヤルを想定して引き直す

現在、ロイヤルで主流のアルベールロイヤルを想定したマリガンを行います。先攻後攻問わずドロシークレイグクラークを狙ってマリガンします。

後攻の場合は、4ターン目の進化先として優秀なレヴィをキープして、フォロワーの処理に徹します。

序盤から中盤は盤面を処理

アルベールロイヤルは序盤から積極的に攻めてくるので、盤面を処理しましょう。

レヴィルーンの貫きといった除去を使って、フォロワーは残さず処理することが基本です。

ドロシーから一気に攻める

アルベールロイヤルは全体除去の採用率が低いので、ドロシーから相手が処理できない量のフォロワーを展開しましょう。

ドロシーから展開に繋げられなかった場合は、引き続き盤面の処理に徹底しましょう。

ウィッチ

超越を想定してマリガン

現在は超越ウィッチの数が非常に多いので、先攻後攻問わずドロシークレイグクラークを狙ってマリガンします。

相手が超越ウィッチの場合、序盤から展開できれば優位な展開に持ち込みやすいです。

デッキタイプを見分ける

ウィッチはデッキタイプによって立ち回りが非常に大きく変わるリーダーなので、序盤は相手のカードを見てデッキタイプを見極めていきます。

魔力の蓄積ルゥを見たらほぼ超越ウィッチで確定です。フォロワーは無視してフェイスを攻めます。しかし、マーリンはスペブを加速させるので必ず処理しましょう。

クレイグクラークを見たら確定でドロシーウィッチです。基本は盤面を取っていきますが、自分の盤面が攻勢ならば、積極的にフェイスを攻めましょう。

ドラゴン

ランプドラゴンを想定してマリガン

環境に多いランプドラゴンを想定してマリガンします。先攻後攻問わずドロシークラークを狙ってマリガンします。

ランプドラゴン相手の場合は全体除去が多く、不利になるので強気にマリガンします。

序盤から強気に攻めていく

ランプドラゴンは序盤ではフォロワー展開がほとんどないので、先攻後攻問わず攻勢に回りましょう。中盤までにドロシーを展開することが理想です。

サラマンダーブレスには注意しなければなりませんが、ドロシーでリソースが切れないようならば、強気に横並びに展開して攻めるのも手です。

変異の雷撃で除去

変異の雷撃はできるだけバハムートイスラーフィールといった体力の高い大型フォロワーや、ラストワード持ちのウロボロスに使うようにしましょう。

特に、バハムートやウロボロスの展開まで、変異の雷撃を温存しておく立ち回りが有効になります。逆に、処理できないと押し切られる可能性が高いです。

ネクロマンサー

ミッドレンジネクロを想定してマリガン

最も主流なヘクターミッドレンジネクロを想定します。先攻後攻問わずドロシークラークを狙ってマリガンします。

また、エミルゲイザークレイグ、クラークがあればキープしましょう。序盤の盤面処理を行いやすいです。

ヘクターミッドレンジネクロ相手の場合はデッキパワーが高いため、自分も強気にマリガンします。

ひたすら処理に徹する

先攻後攻問わずに、骨の貴公子の効果対象を減らすためにも、序盤は相手フォロワーの処理に徹します。有利トレードは積極的に仕掛けていきましょう。

また、ヘクターミッドレンジネクロは低コストフォロワーのスタッツが低いため、序盤からエミルゲイザーを展開するのも有効な立ち回りです。

展開には変異の雷撃

変異の雷撃はできるだけヘクターからの展開に合わせて使いましょう。あらかじめ相手のライフを削っておくことで、リーサルを狙うことができます。

また、骨の貴公子シャドウリーパーの展開に合わせて使うことも非常に有効になります。

メルヴィは控えめに

ヘクターミッドレンジネクロは1枚で展開できるカードが多いためメルヴィの使用は控えましょう。

ドロシーが引けなかったり、息切れしそうなどのどうしようもない場合のみ、プレイするようにしましょう。

ヴァンパイア

疾走ヴァンパイアを想定してマリガン

現在主流の疾走ヴァンパイアを想定してマリガンしましょう。先攻後攻問わずドロシークレイグクラークを狙ってマリガンします。

エミルゲイザークレイグ、クラークがあればキープしましょう。序盤からの展開が重要になります。

後攻の場合はレヴィもキープしておきましょう。疾走ヴァンパイア相手には、中盤から盤面が厳しくなってくるためです。

序盤から攻めに行く

序盤から積極的に展開していきます。基本的には中盤までに、できるだけ盤面を優位に進めていきましょう。

また、フェイスをできるだけ攻撃しておくと、相手がソウルディーラーで復讐状態になるプランを選択していた場合に、戦いやすくなります。

復讐状態になっても盤面を重視

中盤にベルフェゴールなどで復讐状態になり、疾走フォロワーが立て続けに攻めてくるので、盤面の優位は保っておきましょう。

しかし、レヴィルーンの貫きがあるならば、バーンダメージでライフを削りに行くことも有効です。

黙示録は採用率が低いのであまり怖がらずに盤面を制圧していきましょう。

ビショップ

イージス系統を想定してマリガン

現在主流となるイージスビショップを想定してマリガンしましょう。先攻後攻問わずドロシークレイグクラークを狙ってマリガンします。

レヴィは後攻の場合のみキープしますが、狙いに行くほどのカードではないです。

序盤から終盤まで攻め続ける

イージスビショップの場合、イージスが出るまではひたすら耐える構築なので、イージスの展開まで攻め続けることが、大きなポイントになります。

序盤から基本的にはフェイス重視で攻め続けます。教会の護り手などが出てきても不利交換となるなら、フォロワーには攻撃しなくても良いです。

テミスの審判に注意

テミスの審判には注意しましょう。ドロシーからの展開に撃たれた場合、立て直しが難しくなります。

しかし、ドロシーからもう1枚ドロシーを引いたり、メルヴィがあるならば強気に展開して構わないです。

ビショップは手札にカードを抱えやすいのでメルヴィも使う機会に困りません。

ドロシーウィッチ(テンポウィッチ)の対策と有利デッキ

全体除去を有効に使う

ドロシーウィッチは4ターン目以降にドロシーを出してエミルゲイザーなどのフォロワーを一気に展開してくる可能性があるため、ドロシーを出したタイミングに合わせて全体除去打つことで息切れを狙えます。

テミスの審判黙示録破砕の禁術など、ドロシーやゲイザーも処理可能な全体除去を有効に使いましょう。

フォロワーを横に展開する

ドロシーウィッチは全体除去カードがなく、ファイアーチェインの採用率も低いため、フォロワーを横に展開することで盤面を有利にできます。

アグロ寄りのデッキであればフォロワーを複数展開し、序盤から攻めることで、相手に攻める隙を与えないのが理想です。

体力を高く維持する

ドロシーウィッチには、疾走を持つ刃の魔術師レヴィルーンの貫きをはじめとした直接ダメージを与えるカードの採用率が高いため、常にライフを高く維持しましょう。

フォロワーを複数展開できていれば、レヴィが生み出した紅蓮の魔術をフォロワーに使用させて3点のバーンダメージを防ぐことができます。

各デッキタイプの対策方法

タイプ 対策方法
アグロ ・とにかくフォロワーを並べてフェイスを攻撃
・有利トレードが出来る場合は盤面の制圧を優先
ミッド
レンジ
・盤面の制圧を優先して後半に持ち込む
・バーンダメージを意識して、ライフを高く維持する
コン
トロール
・フォロワーを徹底的に除去して息切れを狙う
・バーンダメージを意識して、ライフを高く維持する

その他のウィッチデッキ一覧

ドロシーウィッチ(テンポウィッチ) アグロウィッチ

ドロシーウィッチ(テンポウィッチ)を使ったことある方へ!
評価を募集してます!

  • プレイヤーレベル
  • 評価
    ①コストバランス②手札の回しやすさ③カードの強さの観点から見て点数付け
    ※評価人数は使った人の声や独自の調査で集計した人数です。
  • ドロシーウィッチ(テンポウィッチ)が強い点
  • ドロシーウィッチ(テンポウィッチ)が弱い点

2015y09m08d_165507318

おすすめ記事一覧

攻略メニュー