レアクロエ式・マナリアウィッチの詳細を徹底解説!

シャドバ(シャドウバース)の十禍絶傑アディショナル後環境にて、有名プレイヤー考案のレアクロエ式・マナリアウィッチを紹介します。デッキの特徴や詳しいマリガンと立ち回りも記載。シャドバでウィッチデッキを作成する際の参考にしてください。

レアクロエ式マナリアウィッチ

レアクロエ氏について

レアクロエ氏について

レアクロエ氏は、ウィッチの構築やプレイングに定評のある強豪プレイヤーです。ウィッチクラスの勝利数は9,000を超えています。

デッキレシピ

3
術式の教師・ジル
3
マナリアの竜術士
3
未来視の魔女
3
マナリアナイト・オーウェン
3
マナリアの竜姫・グレア
3
殺戮の魔女・ヴェスパー
3
魔術の始祖・マナリア
3
オリハルコンゴーレム
3
光魔法の教師・ミラ
3
マナリアの魔導姫・アン
3
静寂の実験室
3
マナリアの知識
3
ノヴァフレア
1
ストームレイジ
作成コスト 43,400

デッキコードを発行

フォロワー パック 枚数
術式の教師・ジル
術式の教師・ジル
CGS 3枚
マナリアの竜術士
マナリアの竜術士
DBN 3枚
未来視の魔女
未来視の魔女
DBN 3枚
マナリアナイト・オーウェン
マナリアナイト・オーウェン
OOT 3枚
マナリアの竜姫・グレア
マナリアの竜姫・グレア
OOT 3枚
殺戮の魔女・ヴェスパー
殺戮の魔女・ヴェスパー
BOS 3枚
魔術の始祖・マナリア
魔術の始祖・マナリア
CGS 3枚
オリハルコンゴーレム
オリハルコンゴーレム
OOT 3枚
光魔法の教師・ミラ
光魔法の教師・ミラ
BOS 3枚
マナリアの魔導姫・アン
マナリアの魔導姫・アン
OOT 3枚
アミュレット パック 枚数
静寂の実験室
静寂の実験室
CGS 3枚
スペル パック 枚数
マナリアの知識
マナリアの知識
CGS 3枚
ノヴァフレア
ノヴァフレア
CGS 3枚
ストームレイジ
ストームレイジ
DBN 1枚

※黄色の表記は、新パック「十禍絶傑」です

マナリアウィッチの勝ちパターン

主に3つの勝ち方があります。その時の手札や相手のデッキタイプに応じて、勝ち筋を柔軟にきりかえていきましょう。

また、当記事に書かれている解説は、他のデッキレシピを使う場合でも応用できる点が多くあります。

コストを下げたフォロワーの展開で勝つ

ミラアンのマナリアカードプレイ時にコストが下がる能力を利用し、ドロシーウィッチの様なフォロワーの大量展開ができます。

フォロワーの大量展開は、マナリアデッキのメインの勝ち筋です。

ダメージスペルで相手の体力を削り切る

魔術の始祖・マナリアの効果を発動できた場合、ダメージスペル(バーン)でライフを削り切ることができます。

特に、魔術の始祖・マナリアとマナリアの黒竜の使用で大量の相手ライフを削れるため強力です。

ミラ進化+魔術の始祖・マナリアの後マナリアの黒竜のプレイで、マナリアの魔弾orマナリアの防陣(2+2or2)とマナリアの秘術(4+2)とマナリアの魔弾(2+2)で最低でも12点、最高で14点のダメージを7ターン目以降に出せるようになります。

アンの大魔法でリーサルを狙う

マナリアカードがデッキに24枚採用されているので、アンの大魔法のダメージを安定して稼ぐことができます。10ターン目時点で、アンの大魔法が11点程度のダメージになることが多いです。

アンの大魔法で勝利するプランの場合、リリエルのような全クラスで採用の可能性があるカードでダメージカットされる場合がある点に注意しましょう。

また、対ビショップでは安息の領域ブローディアでのダメージカットが予想されるため、他の勝ち筋を重く見たほうが良いでしょう。対ビショップでは、魔術の始祖・マナリアを絡めたダメージスペルで勝利を狙うべき場合が多いです。

カード詳細解説

カード一枚一枚に注目してデッキでの役割、立ち回り、マリガンでの基準を解説していきます。

マナリアの知識

マナリアの知識

1コスト→2コストと動くのでマナリアブーストをためやすいカードです。ミラアンが手札にある場合は積極的に使い、手札にない場合は極力温存するような立ち回りを心がけます。

トップのドローでのミラとアンの期待値を考えると、1ターン目に雑に使用し2ターン目に持ってきたカードを使用するより、3ターン目まで待ってから一気に使う意識を持つといいでしょう。

また

ギガキマウィッチなどと異なり序盤のスペルブーストに貢献しない
未来視の魔女から比較的高確率でサーチできる

以上のことからマリガン時点でマナリアの知識の単独キープはせず、ミラなどを引きにいきましょう。ミラやアンが手札にいる場合のみ、マナリアブーストのカードとしてセットキープを検討します。

術式の教師・ジル

術式の教師・ジル

2コスト2/2スタッツのマナリアカードとして採用しています。場に出すだけで相手の2/2スタッツを召喚しにくくさせ、相手のターンに処理を強要させるカードです。

2ターン目召喚がとても強いため基本キープしますが、後攻時などにミラをマリガンで探す必要がある場合は返します。

未来視の魔女

未来視の魔女

特定のカードをサーチするカードとしての採用ではないですが、デッキを掘ることによりターン開始時のドローでミラを引く期待値を上げることができます。

サーチしてくるカードは以下の3種類です。

マナリアの知識→ミラとアンのマナリアブーストを貯めれる
ノヴァフレア→未来視の魔女召喚時のテンポロスを回収できる
ストームレイジマナリア召喚後に優秀な全体除去スペル

未来視の魔女は、デッキを圧縮してトップを強くするのが役割なので、先攻時はキープして序盤で出したいカードです。

マナリアの竜術士

マナリアの竜術士

マナリアの黒竜が勝ち筋に絡む重要なカード

マナリアの黒竜をチョイスし、魔術の始祖・マナリアのスペルダメージ軸を強く通せるのが強みです。2コスト2/2スタッツのマナリアカードとして横展開しながらミラアンを出すような汎用性もあります。

基本的にマナリアの黒竜をチョイスをするための採用で、魔術の始祖・マナリアが見えない場合も6ターン目で出しておけば、後々魔術の始祖・マナリアをひいた際の勝ちにつながったりもします。

マナリアの黒竜のバリューが高いため2コストとして使いたくないカードですが、ミラの横展開が見込める場合やジルの効果を使うために出すなど、2コストでの使い道がある場合は普通に出してしまいましょう。

マナリアの白竜も場合によりチョイス

稀に、盤面で受けながらアンの大魔法で勝つ必要がある場合、マナリアの白竜をチョイスしたほうがいい時があります。

例えば、聖獅子ビショップやロイヤルの終盤の横展開&疾走は、終盤にこちらが相手のボードをさばききることが難しいです。

その場合はマナリアの白竜をチョイスしておき

・8~9ターン…マナリアの防陣で守護を召喚しつつアンなどを展開
・10ターン…盤面及びアンの大魔法でリーサルを狙う

というようなゲームプランを立てましょう。マナリアの竜術士は1枚でとれる選択肢の幅が広いため、うまく使えると非常に頼もしいカードです。

マナリアナイト・オーウェン

マナリアナイト・オーウェン

マリガンでキープし序盤で出すことでミラアンを引き込みにいけるカードです。サーチ先が多いため、オーウェンを出すだけでマナリアの大量展開ができるとは限らない点に注意しましょう。

マナリアウィッチにおいて、オーウェンによる先ドローはとても重要です。先に他のマナリアカード(特にマナリアの知識)を使ってしまったことで、サーチしたミラやアンがブースト損しないよう常に気をつけます。

テンポロスはヴェスパーノヴァフレアで回収できるため、早めに召喚すべきカードであり、マリガンでキープしたいカードです。マナリアフォロワーもセットでキープすると、結果的にオーウェンのサーチ先を絞れミラをひく期待値を上げれます。

序盤での役割が強いですが、終盤の守護を引けないと負けの場面で、オーウェンからグレアを引ける可能性がある点も忘れないようにしましょう。

静寂の実験室

静寂の実験室

2コストフォロワーとして優秀

追加の2コストスタッツ2/2としての採用です。序盤に盤面を取ることで、5ターン目で魔術の始祖・マナリアオリハルコンゴーレムを召喚する時に進化を切らないで置けるようにする役割もあります。

マナリアカードでないので、オーウェンのサーチ対象とならないところも強みです。2ターン目に強いカードなので、優先キープのカードがない場合にキープして2コストのマナカーブを埋める形で出します。

また、50%ですがクレイゴーレムが出ると、マナリアの防陣と組み合わせて守護を2体作れる場合もあります。

土の印を有効に使える

マナリアウィッチにはあまり見かけないカードですが、土の印を使うメリットとして、ヴェスパーの秘術効果で序盤の除去ができる点と、オリハルコンゴーレムの秘術効果を有効に使える点があります。

デメリットとしては、マナリアの大量展開の邪魔になる可能性があることです。1枚ならば雑に切っても問題ないカードですが、2枚目以降は手札や盤面のスペースと相談しながら出しましょう。

特にスペルダメージの勝利筋に貢献できるカードでかつ、ヴェスパーを絡めて盤面の取り合いを強くできる良いカードです。

マナリアの竜姫・グレア

マナリアの竜姫・グレア

マナリアの弱かった部分をカバーできるカード

グレアの追加により、今まで弱かった3ターン目のマナリアの動きが解消されました。オーウェンのサーチ先に絡みますが、このデッキは2ターン目からのフォロワーの展開を重視した構築のため3ターン目のグレア召喚は充分強いと言えます。

中盤は、グレアに進化を切って、チョイスしたスペルを使わずに抱えておくという立ち回りもあります。1ターンずらすとミラアンをブーストできる可能性が増える他、魔術の始祖・マナリアの召喚後に使う方がダメージが大きくなるからです。

進化を切らない場合であっても、グレアの進化時能力は相手の視点から見て脅威のため、処理を強要できる点も優れています。

グレアの炎熱をチョイスするメリット

後攻4ターン目で二面処理で使えるのはもちろんですが、グレア+1コストでマナリアブーストが加速できるのも強みです。

特に次のターンミラの展開が望める場合は、積極的にこちらをピックするといいでしょう。魔術の始祖・マナリアマナリアの黒竜の効果も乗るため、使いやすいスペルです。

グレアの灼熱をチョイスするメリット

魔術の始祖・マナリアの効果が乗った場合、2点×5で大抵の相手の盤面を更地にできます。

魔術の始祖・マナリアの効果が見えている時に選ぶといいでしょう。また、相手が潜伏フォロワーを使う可能性が高い場合(主にエルフ、ネクロのギルネリーゼ)も優先的にチョイスしましょう。

殺戮の魔女・ヴェスパー

殺戮の魔女・ヴェスパー

レアクロエ式・マナリアウィッチのプランニングのかじ取りができるカードです。カード自体は普通のフォロワーのため、未来視の魔女オーウェンのサーチ対象にはなりません。

アクセラレート2の役割

土の秘術を使用し魔女の大釜によるドローを見たい場合は、早いタイミングで切りたいカードです。元が4コストなので、4ターン目以降アクセラレートを狙う場合、他のカードをプレーした後でなければ使えなくなります。

後半は、アクセラレートがスペル判定のため、魔術の始祖・マナリアの後は2点ダメージの便利なカードとなります。また、未来視の魔女オーウェンを出した際、相手の2コスト2/2スタッツを1点除去と合わせてトレードできます。

先に魔女の大釜を置いておくことで中盤、オリハルコンゴーレムのアクセラレートでドローを見ることもでき、ミラアンのブーストの期待値を上げることもできます。

総評として、アクセラレートで撃ちたい場面の方が多いカードであり、撃てる盤面の際は先に積極的に使うと後の動きが柔軟になります。

4コストフォロワーとしての役割

土の印がある場合は、3点の除去ができる3/3フォロワーとして強力なカードとなります。特に、マナリアの大量展開の際に一緒に出せると、より効果的に使えます。進化を温存したい場面でも活躍するでしょう。

ヴェスパーの進化時効果は、基本的にはあまり活用しません。場にあるだけで「進化すると7/7スタッツになる」というプレッシャーを与えだけで十分であり、進化権はミラグレアに切った方が有効です。

ヴェスパーを進化しても良い例外は「対面が除去などを持っておらず、処理に確実に手間取る」という場合です。相手の進化権を弱い形で早めに使わせたい場面は、ヴェスパーに進化を切るという選択肢があることも覚えておきましょう。

ノヴァフレア

ノヴァフレア

4,5ターン目で投げて強いフォロワーを通すための採用

エルフの4ターン目妖精の調べやドラゴンの4ターン目ドラゴスネーク+侮蔑の信者などの厄介な盤面を1枚で解決できます。

4ターン目で更地盤面にして5ターン目で魔術の始祖・マナリアなどのフォロワーを通す択はもちろんですが、4ターン目フォロワー展開→5ターン目フォロワー召喚(進化温存)→6ターン目にノヴァで一掃といった使い方もできます。

マナリア後のコントロール札として強い

魔術の始祖・マナリア後は、全体3点除去になるのでボードをクリアにしやすく、相手の展開をアンの大魔法まで凌ぎやすくなります。

1番重要なのがドラゴン対面で、10コストでの暴竜・伊達政宗+ポセイドン原初の竜使い進化+小型フォロワーという展開を魔術の始祖・マナリアの効果のノヴァフレア→マナリアの魔弾で全処理できます。

魔術の始祖・マナリア

魔術の始祖・マナリア

勝ち筋を見出せるキーカード

レアクロエ式・マナリアウィッチのメインプランの軸となる1枚です。

魔術の始祖・マナリアは、マナリアの黒竜とのシナジーが高い点が最大のメリットです。一方、オーウェンのサーチに引っかかるカードの採用が多くなるため、ミラアンの大量展開の上振れがしにくくなるデメリットがあります。

しかし、上記のデメリット以上にスペルダメージ+1点の効果だけで、ケアできる盤面や勝ち筋の見え方がガラリと変わるので、なるべく試合中に1枚は召喚しておきたいカードです。

召喚時の隙に注意

魔術の始祖・マナリアは、スタッツが4/4と少々貧弱なため、5ターン目に召喚ができない場合はミラアンを絡めないと召喚しにくいです。

先行の場合はキープして5ターン目召喚による勝ち筋を狙い、後攻の場合は受けを強くするため返すという意識でマリガンするといいでしょう。

魔術の始祖・マナリア召喚時の注意点として「なるべく進化を切らない置き方をする」です。進化権を1つ残しておくだけでグレアグレアの灼熱が強く使えたり、ミラマナリアの秘術のダメージで勝ちきったりすることができます。

盤面を取られたうえでの負け筋が見えない限りは、強気に魔術の始祖・マナリアを進化権を温存しながら召喚しましょう。

オリハルコンゴーレム

オリハルコンゴーレム

サブプランとして採用

オリハルコンゴーレムはサブプランとして、役割が4つあり

・土の印でふさがれた盤面を空ける
・雑に召喚しスタッツの押し付けをする
・秘術効果で相手ライフの押し切りを期待する
・秘術効果でゴーレム召喚を期待しマナリアの防陣で守護面を作る

という意図で採用しています。

基本的に5コストフォロワーとして置きスタッツの押し付けを図り、次のターン回収してマナカーブを埋めるという使い方が良いでしょう。

フォロワーとしての5/5/5のスタッツは強力ですが、魔術の始祖・マナリア召喚と悩む場合は基本的に魔術の始祖・マナリアを優先して召喚します。

しかし、5ターン目オリハルコンゴーレム→6ターン目魔術の始祖・マナリア+オリハルコンゴーレムアクセラレートという動き方もとても強力です。状況に応じて使い分けましょう。

オリハルコンゴーレムの扱いに注意

オリハルコンゴーレムをフォロワーとして置く場合、基本的には進化は切らないようにしましょう。他に進化権を切りたいフォロワーがいるためです。

また、あくまでもサブプランなのでマリガンでは返すようにしましょう。アクセラレートの秘術効果もランダム効果のため過度な期待は禁物です。

ハンドを消費せずマナカーブをつなげるカードという認識で使用していきましょう。

ストームレイジ

ストームレイジ

魔術の始祖・マナリアありきのカードです。魔術の始祖・マナリアを召喚した後はとても強力です。

コストが重いため、ノヴァフレアほど強くは使えませんが、状況に応じて強い全体除去カードとして使用できます。

光魔法の教師・ミラ

光魔法の教師・ミラ

マナリアブーストでコストが下がり、ファンファーレ+進化で手札を回収できるマナリア最強のカードです。マリガンで必ずキープするようにしましょう。

基本的にミラに最優先で進化を切るべきで、着地時はなるべく他のマナリアカードと一緒に出すことで横展開を作るようにしましょう。

ミラの進化により、マナリアの黒竜の効果のかかるスペルを先に2枚抱えることができるため、黒龍を置く前に進化をするよう心がけましょう。

マナリアの秘術は、手札のダメージスペルや盤面によるリーサルが見えている場合は強気に相手ライフを削りにいきますが、打点+ガーディアンゴーレムの守護という性質上、相手フォロワーの処理で使ったほうが試合を優位に進めやすいです。

マナリアの魔導姫・アン

マナリアの魔導姫・アン

ミラと同じようにマナリアブーストでコストが下がり、終盤の横展開で強く使えます。自身の体力が4のため3点除去スペルで破壊されないのが強みです。

基本的にマリガンで返し、終盤でコストを下げたミラなどと同時出し、アンの大魔法をチョイスするように使います。

アンの大英霊について

2コストのカードとしては、守護面を作りながら突進除去もできる破格のカードです。ミラやアンが複数枚手札に被った場合、コストの高いアンを先に使ってアンの大英霊を抱え、次ターンに大量展開してアンの大英霊で蓋をするのが強力です。

スペルダメージで押し切れる場合もアンの大英霊が強く使えるため「10ターン目までに試合をこちらから終わらせるメドが立っている」という状況の場合はアンの大英霊をチョイスしましょう。

また「相手の動きを予測した場合、アンの大英霊を召喚したほうが効果的に刺さる」という場合も強く使えます。疾走ケアとして召喚しても結局負け盤面が続くだけなので、召喚した際にこちらが勝ちに行ける動きを心がけましょう。

アンの大魔法について

相手の手札が予測できない場合は基本的にアンの大魔法のチョイスで間違いないのですが、大魔法を取る場合は、アンは9ターン目に召喚しても間に合うという意識を持つといいでしょう。

アンの大魔法チョイスで立ち回る場合、相手の盤面を予測してライフを削る動きを考えるよりも、処理を中心に考えたほうがいいでしょう。

マリガン

常に単独キープ

光魔法の教師・ミラ

ミラを初手に抱えるのが最も理想的です。進化時に優秀なマナリアカードが2枚手に入りコストを下げられるミラは最重要のカードとなります。

また、ドローできる未来視の魔女オーウェンも十分なキープ候補になります。

先攻なら単独キープ

マナリアナイト・オーウェン 未来視の魔女 術式の教師・ジル 魔術の始祖・マナリア

先攻の場合、5ターン目の魔術の始祖・マナリア召喚が強力なためキープします。またマナカーブを外さないよう2コスト2/2スタッツのカードもキープ対象です。

後攻の場合は、ドロー数が多いため2コストフォロワーは何かしら引き直せるという前提で、全力でミラを探しましょう。

また、ミラ+マナリアの知識アンヴェスパー+未来視の魔女オーウェンはセットでキープしたいカードとなります。

立ち回り

序盤

相手に優位トレードを取られた際、テンポロスが生じないようにしながらプレイをします。

2コストフォロワーを召喚する優先度は

ミラがいない場合
オーウェン未来視の魔女静寂の実験室ジル竜術士
・ミラがいる場合
オーウェン>ジル>未来視の魔女>竜術士=静寂

となります。上記を基本として、手札と相手のケアするべきカードを考えながらプレイしましょう。

中盤

進化権をなるべく温存しながら立ち回ります。グレアミラを進化することでマナリアカードを確保できるため、進化権を切って盤面を処理する場合は優先的にこれらのカードに切りましょう。

グレアとミラ以外のフォロワーはできることなら進化させず、除去カードを有効なタイミングで切る意識が必要です。

5ターン目あたりから、手札を見ながらプランを決め勝ち筋をどう作っていくか大まかに考えていきましょう。

終盤

リーサルが見える場合は強気に早いタイミングでダメージスペルで相手のライフを削り、相手の動きを制限していきましょう。リーサルが見えない場合は、相手フォロワーの除去を丁寧に行いながらアンの大魔法でフィニッシュを狙いましょう。

聖獅子ビショップミッドレンジロイヤルなど疾走に対しては守護置き、エルフやネクロなどのギルネリーゼが召喚されそうなクラスに対してはグレアの灼熱を防御用カードとして相手の計算を崩す形で使えれば理想的です。

関連記事

ローテーションTier1デッキ

蝙蝠ヴァンパイアのデッキレシピ/立ち回りと対策
蝙蝠ヴァンプ
原初ドラゴンのデッキレシピ/立ち回りと対策
原初ドラゴン
アーカスネクロのデッキレシピ/立ち回りと対策
アーカスネクロ

ローテーション最強デッキランキングはこちら

アンリミテッドTier1デッキ

ミッドレンジネクロのデッキレシピ/立ち回りと対策ミッドレンジネクロ セラフビショップのデッキレシピ/立ち回りと対策セラフビショップ

アンリミテッド最強デッキランキングはこちら

クラス別環境デッキ一覧
アリサエルフ エリカロイヤル イザベルウィッチ ローウェンドラゴン
ルナネクロ ユリアスヴァンプ イリスビショップ ネメシスネメシス

シャドバ攻略トップに戻る

シャドバの注目記事

【PR】おすすめ事前登録ランキング

【事前登録受付中】
童話の世界を舞台としたRPGシリーズ最新作が登場!「これは、忘れられた1ページに、確かに存在した物語」

【事前登録受付中】
パズル×ドラゴン×ギルバト!次世代のパズルRPGがここに始動!1人でだけ遊ぶパズルRPGはもう古い!?最大20人の「パズル・ギルドバトル」!

【事前登録受付中】
放置ゲーなのに、2000ステージ以上に及ぶ壮大なストーリー!放置系本格ファンタジーRPG『バハムートラビリンス』事前登録受付中!

【事前登録受付中】
全世界2億人以上がプレイした伝説のRPG !日本でもPCオンラインゲームとして人気を博した 痛快コンボアクションRPG『ドラゴンネストM』がついに登場!

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー